INDEX

マワハンガーとは?

マワハンガーとは①ドイツで生まれたハンガー

ドイツの象徴

マワハンガーこと、「mawaハンガー」は、ドイツで生まれました。「mawa」というブランドが作り上げたハンガーで、デザインに優れ、かつシンプルで使いやすいものです。

マワハンガーとは②収納に特化した点

連なるハンガー

マワハンガーは、とにかく収納に特化しています。シンプルなデザインで、幅が非常に狭いのが特徴です。普通のハンガーよりもずっと幅が狭く、服の量にもよりますが、マワハンガーに取り替えるだけで、十数センチの空きができます。

マワハンガーのおすすめなところ

マワハンガーのおすすめなところ①滑りづらい

青い服を持つ女性

マワハンガーのおすすめなところの1つ目は、滑りづらい点です。マワハンガーには特殊なコーティングがされており、キャミソール、水着など、滑りやすい材質の服をかけても落ちません。その上、傾けても全くずれない優れものです。

マワハンガーのおすすめなところ②省スペース

たくさんある服を覗く女性

マワハンガーのおすすめなところの2つ目は、スペースを取らない点です。非常にシンプルな形をしていて、幅も狭いため、たくさんの服を収納することができます。

クローゼットの中が狭い、服がたくさんあってかける場所がなくなった、などの場合に非常におすすめです。例えば14つの他のハンガーを全てマワハンガーにすると、15cm近く場所を開けることができます。

マワハンガーのおすすめなところ③シンプルでおしゃれなデザイン

シンプルなハンガー

マワハンガーのおすすめなところの3つ目は、そのデザイン性です。シンプルでかつ、見た目が洗練されたおしゃれなデザインをしています。男性も女性も使える、ジェンダーレスなデザインですので、多くの人が使っています。

マワハンガーのおすすめなところ④色分けしてクローゼットをおしゃれに

カラフルな服

マワハンガーのおすすめなところの4つ目は、たくさんのカラーバリエーションです。シンプルで男性向きなラメブラック、ラメシルバー、ラメブルーから、女性にも人気なラメピンク、4つのパステルカラーと、様々な種類があります。

その中のホワイトは男性も女性も使いやすい色で、非常に人気な色の1つです。それと同じくらい人気なのが、ラメシルバーとなっています。

他のハンガーとマワハンガーの違い

他のハンガーとマワハンガーの違い①特殊コーティング

まさにハンガー

他のハンガーとマワハンガーの違いの1つ目は、表面に特殊コーティングがされていることです。この特殊コーティングにより、滑りやすい材質の服や、水着なども、形を崩すことなくハンガーにかけることができます。

特に、形が崩れやすいニットのセーターなどはマワハンガーがおすすめです。ハンガー自体の大きさや形もそれぞれに合ったものが購入できるので、セーターの形をそのままにクローゼットにかけられます。

他のハンガーとマワハンガーの違い②型崩れを防ぐデザイン

かっちりスーツ

他のハンガーとマワハンガーの違いの2つ目は、そのデザイン性です。様々な服に対応できる形をしていて、滑りづらい性質もあって服が型崩れしません。スーツにも、普段着にも使い分けできるものになっています。

他のハンガーとマワハンガーの違い③とにかく場所を取らない

クローゼットのイラスト

他のハンガーとマワハンガーの最大の違いである3つ目の違いは、省スペースなデザインです。ハンガー自体の幅が狭く、服をかけても全く場所をとりません。

さらに、収納用のアイテムを使うことでさらにクローゼットを広くすることができます。そんな洋服の収納の方法をまとめた記事がこちらにあります。

Small thumb shutterstock 424656016
関連記事 洋服の収納アイデア25選!ラック・ケースでおしゃれなクローゼットに!

着ていない洋服が捨てられない!クローゼットや収納がいつもごちゃごちゃ!

他のハンガーとマワハンガーの違い④様々な種類の衣類に対応

冬服の女性

他のハンガーとマワハンガーの違いの4つ目は、多種多様な服に対応している点です。レディース、メンズをはじめとして、スーツ、ブラウス、パンツ・スカート、スカーフ・マフラー、アクセサリーにも対応しています。

他のハンガーとマワハンガーの違い⑤カラフルな色合い

カラフルな鉛筆

他のハンガーとマワハンガーの違いの5つ目は、たくさんある色のバリエーションです。具体的には、ラメブラック、ラメシルバー、ラメブルー、ラメレッド、ホワイト、ブラック、ブルー他4種のパステルカラーがあります。クローゼットに統一感を出してもいいですし、逆にカラフルにすることもできます。

クローゼットといえば、ウォークインクローゼットがハンガーを一番使うところです。そんなクローゼットをおしゃれにすることができる記事もありますので、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 690107323
関連記事 ウォークインクローゼットの収納方法・アイデア25選|おしゃれDIYも

衣類やカバン、小物など便利に収納することのできるウォークインクローゼッ

マワハンガーのおすすめな選び方

マワハンガーのおすすめな選び方①キャミソールなど滑りやすい衣類に

キャミソールセット

マワハンガーのおすすめな選び方の1つ目として、キャミソール、水着などの滑りやすい衣類に選ぶのが良いです。マワハンガーには特殊なコーティングがされていて、滑りづらくなっています。

キャミソールなどの滑りやすい衣類をかけた状態で、ハンガーを傾けても落ちない優れものです。外干しで風が吹いていても飛ばされることがありません。ハンガーでキャミソールや水着などを乾かしたいときにおすすめです。

マワハンガーのおすすめな選び方②型崩れしやすいニットに

ハンガーのセーター

マワハンガーのおすすめな選び方の2つ目は、ニットなどのセーター系のために選ぶ方法です。ニットは滑りやすく、またセーターは基本的に重いため、自分の重みで形が崩れてしまいます。

しかし、このマワハンガーは滑りづらさを売りにしています。一度かけたら絶対に滑らないため、自分の重みで滑ってニットが伸びたりすることはありません。

マワハンガーのおすすめな選び方③ズボン・スカートの収納に

スカートのセット

マワハンガーのおすすめな選び方の3つ目は、ズボン・スカートの収納用です。マワハンガーには様々な種類があり、その中にはズボン・スカートに対応するものがあります。

ズボンやスカートをかけるためのハンガーは、ピンでとめるものが多いですが、マワハンガーは普通のハンガーのようにズボンやスカートをかけることができます。取り出しやすく、収納しやすいという素晴らしい点を持っています。

マワハンガーのおすすめな選び方④クローゼットが狭い時に

みちみちのクローゼット

マワハンガーのおすすめな選び方の4つ目は、クローゼットがいっぱいになってしまって狭さを感じてしまうときのためです。マワハンガーの特殊な点の1つは滑りづらさですが、もう1つはスリムな幅と大きさです。

幅が狭く、大きさも小さいため、場所を取らないのです。ほとんど服の幅しか場所を取りません。そのため、狭くなっていたクローゼットのハンガーをマワハンガーに変えると、あっという間に空きができます。

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気①ボディフォーム

1つ目のマワハンガーのおすすめな種類は、「ボディフォーム」です。こちらは体のラインに沿ったデザインをしており、肩の部分が少し厚くなっているため、スーツなどをしっかりと支えてくれます。

ボディフォームは男性におすすめで、スーツやジャケットをよく使うサラリーマンのみなさんに向いています。スリムな幅と大きさをしているにも関わらず、しっかりと衣服をキャッチし、形が崩れないようにしてくれます。

色はブラック、ホワイト、ラメブルー、ラメシルバーと男性が使いやすい色合いとなっています。大きさは、38cm、42cm、46cmの3つです。

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気②エコノミック(レディース)

41qzaezaxbl. sl1000

mawa

エコノミック(レディース)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

マワハンガーのおすすめな種類の2つ目は、「エコノミック」です。別名をレディースと言います。エコノミックは全体のラインが丸みを帯びており、その緩やかなカーブのおかげで衣類の形を崩しません。

女性がよく使うブラウスやカーディガンに向いています。色は11種類もあり、クローゼットの中が鮮やかになります。幅はなんと1cmしかありません。大きさは30cm、36cm、40cmの3つがあり、その中でも40cmが万能なので人気です。

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気③シルエット

マワハンガーのおすすめな種類の3つ目は、「シルエット」というものです。肩の部分が緩やかなカーブになっており、セーターやドレス、ジャケットなどを形を崩すことなく収納することができます。

シルエットは男性にも女性にも向いている万能ハンガーです。女性であればブラウス、男性であれば軽いジャケットなどは、シルエットが一番向いています。色は11種類あります。大きさは、36cm、41cm、45cmの3つです。

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気④パンツシングル

マワハンガーのおすすめな種類の4つ目は、「パンツシングル」です。パンツ、特にチノパンやスーツのパンツなどは畳むとシワがついてしまいます。しかし、このハンガーはクリップを使うことなく、パンツを吊るしておくことができます。

シンプルなデザインをしていますが、特殊コーティングのおかげで滑り落ちることはありません。色はブラック、ホワイト、ダークブルー、ラメブルー、ラメシルバー、ラメブラック、と男性向けな色をしています。

マワハンガーのおすすめな種類・サイズと人気⑤スカート

マワハンガーのおすすめな種類の5つ目は、「スカート」です。スカートは、その名の通りスカートのための商品で、女性にとって必需品になってきます。仕組みが独特で、ハンガーの両脇に滑り止めがついており、ハンガー自体がスプリングでサイズ調整できます。

女性としても、クリップなどでスカートを吊るすと跡がついてしまったりして、困ることがあると思いますが、「スカート」ならばその心配はありません。スプリングを縮めてスカートの間に通し、そのまま広げるだけでスカートを吊るすことができます。

滑り止めがついているので、落ちることはありません。色はブラックとレッドの2つです。大きさは、「ミニ」と「エル」があります。「ミニ」はウエストが45〜74cmのスカートに、「エル」は58〜100cmに対応しています。

マワハンガーを使って便利に服を収納しよう

様々な色があり、収納に便利なマワハンガーを使い、クローゼットをきれいに整えましょう。色を統一してシンプルにキメるのも、様々な色を使ってカラフルに彩るのも、どちらでも楽しいです。たくさんの服を収納することができるようになるので、クローゼットが使いやすくなりますので、ぜひお使いください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。