INDEX

部屋干しでベタベタとして乾かない原因5選

部屋干しで乾かない原因①室内干しをする前から湿度が高い

雨の日

部屋干しで乾かない原因1つ目は、湿度が高いというものです。外干しで洗濯物が乾かない原因は、ほとんどが外気の気温と湿度が高いというものですが、部屋干しの場合には多くが湿度が高いのが原因です。外干しに比べて、部屋干しの場合には空間に限界があります。その為、どうしても一か所に湿度が溜まってしまいがちです。

それが結果として、部屋干しでは洗濯物が乾かないと思われてしまう直接の原因になってしまうのです。一般の部屋の湿度が50~60%に保たれているのに対して、梅雨の時期には70~80%程になってしまう為、それだけの湿度が溜まる事を考えると、部屋干しで乾かない理由も理解できますよね。

部屋干しで乾かない原因②部屋の気温が低い

寒い季節

部屋干しで乾かない原因2つ目は、部屋の気温が低いというものです。気温が高い夏は、部屋干ししたとしても、比較的早く洗濯物も乾きます。しかし、それに対し、部屋の温度も低くなりがちな冬場には、洗濯物も外干しだとしても乾きにくいという事も少なくありません。

部屋干しで乾かない原因③室内干しをする際の空気の流れ

部屋

部屋干しで乾かない原因3つ目は、空気の流れです。梅雨の時期などは、どうしても雨の影響で湿度が高くなってしまいがちですので、それだけ部屋の中にも低い部分に湿気が溜まってしまいます。それが結果として、洗濯物がなかなか乾かないという事になるので、サーキュレーターで空気の流れを変える必要があります。

部屋干しで乾かない原因④季節によって干し方のやり方を変えていない

洗濯物を干す女性

部屋干しで乾かない原因4つ目は、季節によって干し方を変えていないというものです。梅雨の時期に部屋干しをすれば、それだけ乾燥しにくいのは理解できると思います。その為、干し方一つで早く乾かす事も可能なんです。部屋干しで重要なのは、空気の通り道を作る事です。

その為、厚手のパンツなどは、筒状に干す事により乾きやすくなります。乾燥機を使用するのも良いですが、やはり乾燥機を使用するのは電気代も気になり、気軽に使えないという人もいると思います。その為、干し方を工夫し、サーキュレーターを併用するというのもおすすめです。

部屋干しで乾かない原因⑤室内干しをしている場所の換気をしていない

窓を開ける女性

部屋干しで乾かない原因5つ目は、換気をしていないというものです。室内干しをする時期は、天気が悪い日が多いと思いますがそれ故、湿度が上がる事を懸念して換気をしていない人も多いでしょう。しかし、換気をしなければ部屋には余計に湿気が溜まってしまう事にもなりかねません。

除湿機を上手く使って除湿をしていれば話は別ですが、そのような状態が続けば必然的にエアコンもカビの温床と化してしまうという事も少なくありません。その為、湿度が気になって除湿機を使うというのも良いですが、除湿機を付けっぱなしというだけでなく、しっかりと換気をするというのも大事なポイントです。

ここに、部屋干しのアイデアをテーマに、室内干しにおすすめの場所やグッズを紹介している記事があるので、この記事を参考に室内干しのやり方やカビを発生させずに早く乾かす方法を模索する参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 510916726
関連記事 部屋干しアイデア22選!室内干しにおすすめの場所やグッズは?

部屋干しの便利なアイデアはご存知でしょうか。雨の日はもちろん、気温が低

部屋干しにおすすめの除湿機の効果とは?

除湿機の効果①どんな場所にも置けて部屋の湿気を取り除いてカビを防ぐ

加湿器

除湿機の効果1つ目は、部屋の湿気を取り除いてカビを防いでくれるというものです。特に、梅雨の時期などのように雨が降り続く日は、必然的に部屋の中はジメジメと過ごしにくい日々となってしまいます。やはり、湿気を取り除いてくれるというのは、早く洗濯物を乾かすというメリットをもたらします。

除湿機の効果②どんな場所にも置けてエアコンの必要性がなくなる

起きる女性

除湿機の効果2つ目は、エアコンの必要性がなくなる期待が持てるというものです。湿度が下がるというのは、それだけ体感温度が低くなるという事です。その為、暑い日は汗でジトジトとした過ごしにくさを感じがちですが、除湿機を使えばエアコンを付けなくても良かったり、設定温度を下げなくても済む事も多いです。

ここに、部屋を涼しくするのに一役買ってくれるサーキュレーターのメリットをまとめた記事があるので、この記事を参考にしてサーキュレーターについての知識を深める参考にして下さい。

Small thumb shutterstock 257854208
関連記事 サーキュレーターと扇風機の違いや比較は?部屋を涼しくする方法や電気代は?

こちらの記事では、サーキュレーターと扇風機を比較しながら、それぞれの特

除湿機の効果③冬場でも結露を取り除いて室内干しで乾かすにも便利

タオルの山

除湿機の効果3つ目は、冬場でも結露を取り除いて、室内干しで乾かすにも便利だという事です。冬場は、外気と部屋の温度の差が大きい為に、どうしても窓に結露ができてしまいます。その為、それが結果として、室内干しで乾かすのを妨げている直接の原因となっている事も多いものです。

確かに、冬場などの乾燥する時期などは、適度に湿度を保つ事によりウイルスなどの病原菌やカビから身を守ってくれる事も期待できます。しかし、やはり湿度が高いというのはサーキュレーターや乾燥機などのアイテムがなければなかなか難しいというのも事実です。

また、除湿機を使用する最大のメリットは、室内干しをした時に早く洗濯物を乾かす事が出来るという事でしょう。除湿機は、サーキュレーターを使用したり、エアコンを併用すれば圧倒的に早く洗濯物を乾かすというのもポイントです。カビ対策にも一役買ってくれるはずです。

部屋干しでも早く乾かす効率の良いコツとは?

部屋干しでも早く乾かす効率の良いやり方のコツ①アーチ干しをする

洗濯物を畳む女性

部屋干しでも早く乾かす効率の良いコツ1つ目は、アーチ干しをするというものです。アーチ干しとは、文字通り、外側にタオルなどの丈の長い物を干し、内側に行くほど靴下や下着類などの丈の短い物を干すという遠くから見ると、アーチ型をしているように見える干し方を言います。これにより、風の通りも良くなります。

部屋干しでも早く乾かす効率の良いやり方のコツ②パンツは筒干し

デニムの山

部屋干しでも早く乾かす効率の良いやり方のコツ2つ目は、パンツは筒干しをするというものです。ジーンズやスカートは、裏返して筒状に干していきます。裏に布の重なりが多いデニムなどは、裏返して筒状に干す事により、風の通りが良くなります。

部屋干しでも早く乾かす効率の良いやり方のコツ③バスタオルは囲み干し

タオル

部屋干しでも早く乾かす効率の良いやり方のコツ3つ目は、バスタオルなどの大きなタオルは、囲み干しをするというものです。乾きの悪いバスタオルは、横長にして角ハンガーに周りを囲むようにして干していきます。これにより、効率よく水分を蒸発し、サーキュレーターや除湿機を使わずに乾かす事も可能です。

ここに、エアコンの除湿機能を上手く使って、電気代を押さえるコツを紹介している記事があるので、この記事を参考に、エアコンを使った部屋干しのコツを参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 793237669
関連記事 エアコンの除湿と冷房の違いとは?電気代を抑えつつドライを使う方法は?

エアコンの除湿(ドライ)と冷房は、気温や湿度によって使い分けることが大

室内干しで除湿機を使って速乾させるやり方は?

部屋干しを使った除湿機の速乾のやり方①除湿機を洗濯物の真下に置く

洗濯物の山

室内干しで除湿機を使って速乾させるやり方1つ目は、除湿機や乾燥機を洗濯物の真下に置いて乾燥させるというやり方です。洗濯物の水分は、床に近い部分に下に下に溜まっていきます。その為、乾きにくい素材の洗濯物は、より長い時間を要して乾かす事になるのです。早く乾かす為には、除湿機を真下に置きます。

サーキュレーターにおいても同様の事が言えるので、乾燥機などを使用する際にはできるだけ洗濯物の真下に置く事を意識してみて下さい。これにより、カビの増殖を防ぐ効果も期待できます。

室内干しで除湿機を使って速乾させるやり方②しっかり換気する

洗面所

室内干しで除湿機を使って速乾させるやり方2つ目は、しっかり換気してドアを閉めてから除湿機を使用するというものです。洗面所や脱衣所で除湿機を使用する際にも、洗濯物の真下に置く事が理想です。しかし、置けない場合もあると思いますので、その場合には乾燥機を横に置く事をおすすめします。

ここに、エアコンを使った暑さ対策を紹介している記事があるので、この記事を参考に、部屋の温度を下げて、電気代を節約する方法を模索してみて下さい。

Small thumb shutterstock 311738597
関連記事 夏の暑い部屋の温度を下げる方法は?エアコンなしの暑さ対策は?

夏の暑い部屋の温度を下げる方法は、エアコンをすぐに思い浮かべますが、エ

洗濯物の乾きを早める除湿機を使ったおすすめの場所とは?

乾きを早める除湿機を使ったおすすめの場所①部屋の中央や鴨居に干す

白いソファーの部屋

洗濯物の乾きを早める除湿機を使ったおすすめの場所1つ目は、部屋の中央や鴨居に干すというものです。部屋の隅というのはカーテンレールなどに干している人も多いと思いますが、湿気も溜まりがちなので、洗濯物も乾きにくいと言えます。また、カビも発生しやすいと言えます。

それに比べ、部屋の中央であれば風の通りも良く、空気も動いているのでそれだけ乾燥しやすいと言えます。その為、部屋干しをする際には、部屋の中央に干す事を意識してください。

乾きを早める除湿機を使ったおすすめの場所②効率的に乾かすなら断然小部屋

寝室

洗濯物の乾きを早める除湿機を使ったおすすめの場所2つ目は、乾燥機を使って部屋干しするなら断然小部屋でするのがおすすめという事です。衣類乾燥機を使う際には、狭い部屋だと湿気が籠りやすいと大部屋で部屋干しする人も多いですが、実はその逆で、狭い部屋の方が短時間でしっかり乾燥させる事ができるのです。

また、小部屋で部屋干しする際には、ドアをしっかり締めて密室状態にしておく事をおすすめします。ここに、部屋干しでもしっかり乾く衣類乾燥機を効率よく使用する方法についての記事があるので、この記事を参考に、効率よく乾燥させるポイントを学んでみて下さい。

部屋干しで早く乾燥させるには除湿機を置く場所で決まる

今回は、「部屋干しで早く乾燥させるコツ」をテーマに、除湿機の効率的な使い方やおすすめの場所についても詳しく紹介してきましたが、いかがでしたか?部屋干しで早く乾燥させるコツは、部屋干しする場所も重要でしたが、何より乾燥機を置く場所が一番の重要ポイントでした。

その為、部屋干しする時には、できるだけ狭い小部屋を選び、洗濯物を干している真下に置いて乾燥させるという事を意識しましょう。そうすれば、驚くほど早く乾燥させる事も可能だと思います。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。