INDEX

誤解されやすい言葉がたりない人の特徴4選

言葉がたりない人の特徴①感謝・労い・謝罪の言葉を言わない

怒った

言葉がたりない人の特徴の1つ目は、感謝・労い・謝罪の言葉を言わない人です。人間関係において、感謝・労い・謝罪の言葉を言えない人は、特に誤解されます。誤解をされるだけならまだしも人間性に疑念を抱く事もあります。世の中には、悪いと思っていても謝罪の言葉を口に出さない人がいます。

謝らない相手に対して、怒りは勿論、「簡単な事をなぜ?」と感じ、疑念を抱き、関係がギクシャクし始めます。最悪の場合、疎遠になってしまう事もあります。疎遠になってしまった関係を再構築していく事は難しいと言えます。

言葉がたりない人の特徴②空気を読まない

怒る

言葉がたりない人の特徴の2つ目は、空気を読めない人です。空気を読むことができないと、相手を思いやり話をする事ができなくなってしまいます。

相手を思いやり話をしないという事は、一人よがりの話ばかりをしているという事になり、相当な聞き上手な方でない限り不快に感じることが多いでしょう。

不快に感じてしまうと、会話をしたいという欲がなくなり、人望を集めることができず人間関係を円滑に保つことが難しいと言えます。

言葉がたりない人の特徴③自分勝手

怒っている

言葉がたりない人の特徴の3つ目は、自分勝手な人です。自分勝手な人は「これぐらい、分かっているだろう」と、勘違いをしています。

相手に聞いてもいないのに自分で決めつけて会話をしてしまう人とは、会話のキャッチボールができず相手を戸惑わせてしまいます。

この様に、戸惑う事だけではなく不快感を与えてしまい、会話のキャッチボールができていないと、お互い混乱が生じてしまいます。

言葉がたりない人の特徴④人望がない

会社

言葉がたりない人の特徴の4つ目は、人望がない人です。人望がない人は周りからの信頼・期待感がなく全体のイメージが頼りないと思われている事が多いと言えます。

会社や取引先での会話において信頼・期待感は、仕事を任せていくのにとても大事なことです。そして、人望がない人と思う人はコミュニケーション能力が低いと言えます。

言葉がたりない意味とは?

言葉がたりない意味とは①言葉を添えない

業務

言葉のたりない意味の1つ目は、慌てたり、焦ってしまい言葉を添えずに話をする事により会話の内容がさっぱり何を伝えているのか相手には伝わらず人間関係が円滑に保つ事ができません。

お仕事先の人との会話となれば、言葉を添えない事による影響は人間関係が円滑に保つ事ができない以外にも、自身の評価に繋がってしまいます。

そして、自身の評価が下がってしまう事により周りからの人望はなくなってしまう事になりかねません。このような、影響により業務に支障をきたしてしまいます。

言葉がたりない意味とは②会話のキャッチボールができない

不快

言葉のたりない意味の2つ目は、職場の同僚、友人、知人、パートナー、親子関係など誰と会話をするにあたっても会話のキャッチボールとは、とても重要な事の一つです。

人と会話をするにあたり、この会話のキャッチボールができない人と会話していると、相手に不快感を与えてしまう事になるでしょう。

「この人、私の話を聞いているのだろうか?」や、「この人と話していると会話が噛み合わない」と、不安に思ってしまい次の機会に会話をしたいと思わなくなります。

言葉がたりない意味とは③礼儀がない人

気持ちが伝わらない

言葉のたりない意味の3つ目は、気心知れた間柄である、友人、パートナー親子関係では、特に「ありがとう」や、「ごめん」と言った感謝・労い・謝罪の言葉は気恥ずかしい気持ちがあり、ついつい言わずに生活してしまいます。

人間関係において、礼儀と言うものは必須であり、特に気心知れた間柄では感謝・労い・謝罪の言葉は、当たり前だからこそ重要なものだと言えます。

言葉がたりない人にならない為の対処法とは?

言葉がたりない人にならない為の対処法①相手は何も知らないと思う事

仲良く

自分自身が言葉がたりない人ににならない為の対処法1つ目は、会話をしている相手は、何も知らない、と言う事を必ず頭に入れておきましょう。

この事を、頭に入れておく事により会話がスムーズに進められます。会話がスムーズに進めば人間関係を円滑に保つことができます。

そして、相手が何も知らないと言う事を頭に入れておくことにより自身の心のゆとりともなり、伝わらない時の不快感が減少されると思います。

言葉がたりない人にならない為の対処法②言葉の選び方に注意する

人望

自分自身が言葉のたりない人にならない為の対処法2つ目は、会話をしている相手とは常に言葉の選び方を注意し、丁寧な会話をすることを心掛けておくといいでしょう。

丁寧な会話を心掛けていても、「少し面倒だな」と感じることがあるかもしれません。そんな時も、面倒な気持ちが勝たないようにしましょう。

常日頃から、丁寧な会話を心掛けている事により、お仕事中にもついうっかりでミスをしてしまうなんて事にはならないで済みます。

言葉がたりない人にならない為の対処法③感謝・労い・謝罪を述べる

感謝

言葉がたりない人にならない為の対処法3つ目は、どんな些細なことでも当たり前だろう、と思う気持ちの概念を取っ払ってしまい、感謝・労い・謝罪を述べることが大切です。

特に、パートナーとの間や、気心知れた友人、親子での関係であると心のどこかで「分かっているはずだからいいか」や、「まっ、いいよね」とついつい伝えることを辞めてしまう事が多くなります。

伝えそびれることが増えるにつれ、関係がギクシャクして些細な事でのケンカが増えてしまう原因にもなってしまいますので注意しましょう。

言葉がたりない人に出会った時の対処法とは?

言葉がたりない人に出会った時の対処法①相手に伝える

伝える

言葉がたりない人に出会った時の対処法1つ目は、気心知れた間柄である友人、パートナー、親子関係ではとても有効的な対処法です。ハッキリ相手に伝える事により、本人が言葉がたりていない事に気づいてもらう事ができます。

ですが、言葉の選び方は重要になってくるので冷たく突き放すような言葉で言わないことをオススメいたします。そして、この方法は気心知れた間柄で通用する対処法なので間違っても、お仕事先の人には使わないでください。

言葉がたりない人に出会った時の対処法②確認をする

確認

言葉がたりない人に出会った時の対処法2つ目は、仕事の話の最中に言葉がたりないと感じた時には、確認をする事をオススメします。確認をする事により、会話がスムーズに進んでいくきます。

この時にも、言葉の選び方は重要になり冷たく突き放す言い方をせず、丁寧な言葉を使いトゲのない会話をして確認していくといいです。

確認をすると言っても、いちいち『ん?』と、感じた時に確認をするのではなく、一通り話を聞いたのち分からない部分に対しての確認をしましょう。

言葉がたりない人と出会った時の対処法③諦める

諦める

言葉のたりない人に出会った時の対処法3つ目は、最終手段として諦めることです。言葉がたりない人の特徴がある人と出会った場合、会話の何かしらで不快感に感じイライラしてしまいます。

イライラしてしまい、トゲのある言い方をしてしまったり、面倒になって会話を聞かずにいると、自身の評価に影響し人望が無くなってしまったら意味がないので諦めて話を聞く、又は、話題を変える事をオススメします。

言葉がたりない人を理解しコミュニケーションを円滑にしよう!

前向きな考え

言葉の選び方は、その時その時にあった場面で適切なものを選択していくしかありません。パートナーや、気心知れた友人、知人、仕事先の人、親子関係においても、どんな人と会話をするにあたっても言葉の選び方はとっても重要になってきます。

言葉の選び方の基準として相手の気持ち・立場になる、という事です。「自分だったらどう受け取るのだろうか?」と言う事を考えて会話を進めていく事で、同じ事を繰り返す事が無くなり、その時その時の場面の言葉を選んでいけると思います。

同じことを繰り返す人の心理とは?過去の失敗がトラウマの原因や克服法と言う記事などもありますので、相手の立場になって考える参考になるので併せてご覧ください。これから、人望を集め素敵な毎日を送ってください。

Small thumb shutterstock 1175344603
関連記事 同じことを繰り返す人の心理とは?過去の失敗がトラウマの原因や克服法も

今回は同じことを繰り返す人や、同じことを繰り返して過ちを犯す人の心理、

Small thumb shutterstock 566414284
関連記事 場面別ねぎらいの言葉例文90「労う」は魔法!仕事でも家庭でも

使い方によっては両刃の剣となるねぎらいの言葉。うまく使えばこれ以上ない

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。