INDEX

40代の貯金の平均額は?

40代の貯金の平均額は独身か既婚者かで変わる

豚

40代の貯金の平均額についてですが、これは独身か既婚者であるかによって変わってきます。独身の人は、お給料の全てを自分のためだけに使える人が多いかと思います。その分自由に使う事のできるお金も、既婚者の人より多いでしょう。

一方で、既婚者の人はお給料が家庭を支えていかねばなりませんから、全て自分の物にはなりません。夫婦の共有財産として、生活費や養育費などに割り振られていきます。そのため独身の人より自由に使う事のできるお金が無い人の方が多いでしょう。

また、夫婦によっては共働きの夫婦もいるはずです。そうなると貯金額も変わってきます。2人が働いているのでそのぶん所得が多くなり、貯金できるお金の金額も、専業主婦と会社員の夫婦よりは多くなるはずです。このように40歳代の貯金額は結婚の有無や夫婦の形態によって変わってきます。

40代の貯金の平均額は子供の数によって変わる

家族

40代の貯金の平均額は子供の数によって変わってきます。子供1人を育てるのには莫大なお金を必要とします。1人でもお金がかかるのに、それが2人3人と増えていくと、かなりのお金が必要になってきますよね。

そうなるともちろん、毎月の所得から出て行く出費は増えて、貯金に回すことのできる金額が少なくなっていくはずです。子供が1人の家庭と2人の家庭では、毎月の貯金額が全く違うはずです。

ただ、子どものために貯金をしている人は多いはずです。それは子供が増えれば貯金額も増やさねばならなくなりますよね。そのため、所得に余裕のある家庭は子供が多いため、貯金額を増やしているという家庭もあることでしょう。

40代独身の人の貯金の平均額は?

40代独身女性の貯金の平均額は959万円

本

40代の平均貯金額についてご紹介します。40代となると結婚して子供を持ち家庭を築いている人もいれば、独身でバリバリと働いている人もいる年代ですよね。そのためその人の環境によって40代の貯金額は大分変化があります。

40代の独身女性に限定して平均貯金額を見た場合、平均貯金額は959万円となりました。結構多い数字ですよね!40代で独身の女性は、仕事のキャリアも充分にあり、お給料も結構な額を貰っている事が多いです。

また、40代独身女性は、この先も結婚せず1人で生きていくぞという考えをしている人が多いので、老後の事やこれからの生活の事を考えて、多めに貯金をしている人が多い傾向にあります。そのため平均貯金額が1000万円近いのです。

40代独身男性の貯金の平均額は796万円

男性

40代の平均貯金額についてご紹介していますが、続いては40代の独身男性の平均貯金額についてご紹介します。40代で独身の男性の場合、平均的な貯金額は796万円とのデータがあります。40代独身女性に比べると200万円程少ない金額ですよね。

男性の場合、飲み代や交際費などが女性よりもかさむ傾向にあります。毎晩会社関係の飲み会があったり、休日はゴルフなどの接待があるなどで、毎月の出費が多いのです。それが重なると1年間でかなりの出費ですよね。もちろん貯金できる金額も減ってしまいます。

また、40代で独身の男性は「独身貴族」として自分の趣味などにお金をかけている場合が多いです。少し家賃の高い家を借りていたり、車やバイクなどの趣味にお金をかけている場合が多いため、堅実的な40代独身女性よりも貯金額が少ない結果になったように思われます。

40代夫婦の貯金の平均額は?

40代夫婦の貯金の平均額は940万円

コイン

40代の平均貯金額についてご紹介していますが、続いては40代で結婚している人に着目して平均貯金額を見て行きましょう。結婚をすると、貯金は夫婦2人のものになりますし、家族を養うために養育費や光熱費なども給料から全て引かれて行きます。

また、子どもがいると将来の事や学費を考えて、しっかりと貯金をしなければならないと思われる夫婦が多いようです。そのため40代夫婦の貯金の平均額は940万円と高めになっています。やりくりを上手にして、少しでも貯金できるようにしているのですね。

また、夫婦それぞれが独身時代に貯めていた貯金などを手につけず、そのまま共有の貯金にしている夫婦もあるようです。そのため、平均貯金額が1000万円近いという比較的高額な結果になったのではないでしょうか。

40代夫婦の貯金の中央値は602万円

ドル

先ほど、40代夫婦の貯金の平均額についてご紹介しましたが、平均値というのはその金額より多い人やもっと少ない人もたくさん存在すると言う事です。そのため続いては、もっと分かりやすくするために中央値をご紹介します。

中央値とは、各家庭の貯金額を全て順番に並べた際に、丁度真ん中にくる数値の事を指します。つまり裕福な家庭でも、貧乏な家庭でもないごく一般的な家庭の貯金額が分かるのです。40代夫婦の貯金の中央値は602万円という結果でした。これだと分かりやすいですね。

40代の夫婦となると、結婚からだいたい10年以上の期間が経ち、子どもが生まれて子育てもとりあえずひと段落したような家庭が多い年代なのではないでしょうか。そんな40代夫婦の理想の形とはどのようなスタイルなのでしょうか。以下の記事では40代夫婦の夫婦関係についてまとめてありますよ。

40代で貯金なしの人の割合は?

30歳代40歳代で貯金なしの人の割合は2割

札束

40代で貯金がなしという人は一体どのくらいの割合でいるのでしょうか。まず、既婚独身で関係なく30歳代40歳代で貯金が無い人の割合についてご紹介していきます。もしかするとこの年代で貯金がなしであることに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

30歳代40歳代で貯金なしの人の割合は約2割であるとされています。この統計は40歳代だけでなく、30歳代も含めて統計をとってしまっているため、40歳代のみに限定してみると、貯金なしの人の割合はもっと少なくなるはずです。

20歳代の貯金なしの割合は比較的多いですが、やはり30歳代40歳代と仕事でのキャリアを積み、ある程度お給料をもらえるようになってきた年代は、貯金なしの割合が少なくなるように感じますね。

40代の貯金ゼロ世帯は3割

壊した

40代の貯金なしの割合は約2割であるとご紹介しましたが、この統計は独身既婚関係なく30歳代40歳代で取った統計です。今回は40代で家庭を持っている人に限定して、貯金ゼロの割合を見て行きましょう。やはり40代だと所帯を持っている割合が圧倒的になりますよね。

40代の貯金ゼロ世帯は3割だと言われています。独身40代の貯金ゼロの割合が2割でしたから、それよりも多い結果となりました。やはり家庭があると言う事は、お給料のほとんどを生活に充てなければなりません。家族4人文の食費や光熱費、学費などで貯金をする余裕のない世帯が多いのでしょう。

子供がいるとなると将来を考えて、貯金をしようと努力する人が多いかと思います。そのため独身の人よりも既婚の人の方が貯金をする意欲ややりくりは多いのでしょうが、なにせ出費がかさむため、現実問題としては貯金したくてもできないという結果になってしまうのではないかと思われます。

40代で毎月貯金できる人はいくら貯めている?

40代で毎月貯金できる独身は15パーセントの貯蓄率

赤

40代で毎月貯金できている独身は、毎月約15パーセントの貯蓄率だと言われています。40代独身が毎月いくら貯金していると言っても、それはもらっている給料によって差が出てきますよね。20代前半であればどの企業に勤めていてもだいたいみんな同じ金額の給料になりますが40代となるとそうもいきません。

会社によって給料の設定は違いますし、40代になるとそれぞれ昇進して役職についている人も多くなってきますよね!其の役職によっても給料は変わってきますから、一概に40代独身が毎月いくら貯金しているという数字は算出するのが難しいです。しかし、パーセンテージで数字を出すことは可能です。

40代独身で毎月貯金をしている人は、給料の15パーセントを貯蓄していると言われています。15パーセントと言うと少ないように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばお給料を30万円もらっているとすると、4万5000円を貯蓄に充てている計算となります。

40代で毎月貯金できる既婚者は10パーセントの貯蓄率

眼鏡

40代で毎月貯金できる既婚者の人は、毎月10パーセントの貯蓄率であると言われています。先ほど独身の40代が毎月15パーセントの貯蓄率であるとご紹介しましたが、やはり既婚者で家庭がある人となると毎月の出費も独身の人には考えられないほどの額になってきますから、その分貯金をする余裕がないのも事実です。

そのため独身の人の貯蓄率15パーセントよりも少ない10パーセントという数字になってきます。ただ、毎月10パーセントでも結構な金額になりますよね。少ない金額でもいいですから、貯金をするというのは経済的にも安心しますし、精神的にも安心することができますから、毎月ちょっとでも貯蓄する事をおすすめします。

40代で既婚者だと子供がいる家庭も多いはずです。だいたい日本では4人家族が一般的ですよね。以下の記事では4人家族の一か月の生活費の平均的な相場と、少しでも貯金する為の節約術が掲載されています。自分の家庭の生活費を見直す良いきっかけになるかもしれませんし、節約術で貯蓄を増やしてみましょう!

Small thumb shutterstock 278188052
関連記事 4人家族の1ヶ月の生活費の平均相場は?少しでも貯金できる節約術とは?

4人家族の1ヶ月の生活費って、贅沢もしていないのに知らず知らずのうちに

40歳までに貯めておきたい貯金額は?

40歳までに貯めておきたい貯金額は独身女性なら500万

ピンク

40歳までに貯めておきたい貯金額についてご紹介します。40歳は人生がだいたい安定してくる年齢ですよね。仕事もある程度のキャリアが構築され、バリバリと働く年代ですし、プライベートでも結婚や出産などのライフステージがひと段落する年齢化と思われます。そんな40歳までに貯金すべき金額はいくらでしょうか?

独身女性であれば、40歳までに500万円貯めておくのが理想的だと言われています。30歳代は仕事に追われて、少しでも結果を残そうと邁進しているキャリアウーマンの女性が多かったのではないでしょうか。なるべく30歳代のうちにたくさん稼いで40歳からは少し余裕のある人生を送りたいですよね。

また、「自分は一人で生きて行くぞ!」と決意している女性も多いはずです。少しでも老後を豊かにするために今のうちからしっかりと貯金して、人生を頑張ってきた自分に対して大きなご褒美をあげたいですよね。そのためにも40歳までに500万貯金をして、自分の貯蓄を増やすようすることをおすすめします。

40歳までに貯めておきたい貯金額は既婚者なら600万

夫婦

40歳までに貯めておきたい貯金額についてご紹介しています。先ほどは独身女性が40歳までに貯めておきたい貯金額をご紹介しましたが、続いては既婚者の方が40歳までにためておきたい金額についてご紹介します。既婚者の方の場合、40歳までに600万円貯めておくのが理想的だとされています。

なぜなら、30歳代のうちは貯金しがいのある年代だからです。子供を持っているとなると高校や大学生が最もお金のかかる年齢になってきます。それが40歳代に当たるのです。そのため、40歳代は貯金をしたくても、その分出費が多かったり、まとまった学費が必要になってくるのです。

ですから、子どもが小学生などでまだお金がかからない30歳代の時期になるべく貯金をしておくのが賢いとされています。30歳代は年収もどんどん上がっていくような年代ですから、ちょっとでも貯蓄に回せるようにして、40歳になるまでに夫婦合わせて600万円貯金が貯まっているようにしましょう。

しっかり貯金して未来への投資をしよう

いかがでしたか?貯金するということは未来への投資になります。40歳代は結婚や出産が終わり、人生のライフイベントが安定してくると同時に、仕事でのキャリアも長くなって年収が上がることが多い年代になってきます。そのためしっかりと貯金しておきたい年代なのです。

なかなか周りがいくら貯金できているかなんてわからないですから、是非平均値や中央値、貯蓄率などの数字を参考にして、今一度自分の貯金に対して見直してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。