INDEX

20代前半の平均貯金額は?

20代前半(20歳~24歳)の平均貯金額は52万円

男女

20代前半である20歳から24歳の平均貯金額は52万円です。20代前半と言いますと、大学生から社会人になりたての人を指す事がほとんどです。給料が少ない時期でもありますから、52万円もの貯金額というのは意外と多い数字だと驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

20代前半に当てはまる大学生は、親の扶養の元で生活している事がほとんどです。実家暮らしや仕送りのおかげで家賃や光熱費を払う必要が無く、時間もたっぷり残されているのでアルバイトでお金を稼ぐ事が出来ます。

そのため、貯金しやすい時期でもあるのです。また、社会人になったあとも、給料が安くても学生時代の貯金が残っていたり、忙しくて給料を使う時間がなかったりするなどの理由で貯金額の平均が52万円と高額なのです。

職業によって平均貯金額がいくらか変わって来る

札

もちろん20代前半の平均貯金額も職業によって差が出てきます。アルバイトの学生と一般企業のサラリーマンでしたら、貯金額も変わってきますし、入社している会社や就いている職業によって、お給料も違いますから平均的な貯金額も変わります。

職業によって平均的な貯金額が変わるとご紹介しましたが、その人が置かれている状況によっても変わってきます。もちろん実家暮らしですと家賃や光熱費がかかりませんから、その分貯金に回す事ができます。一方で、一人暮らしですと家賃や光熱費が高額でなかなか貯金できない人もいるのです。

毎月1~3万円貯金している

コイン

20歳から24歳にあたる、20代前半の人は毎月1~3万円程貯金しているとのデータがあります。もちろんそれ以上に貯金している人もいますし、ボーナスが入った月には10万円程、一気に貯金する人もいることでしょう。

20代前半の貯金額が52万円だった割には、毎月の貯金額が少額だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、塵も積もれば山となるということわざのように、コツコツ貯蓄していくと案外大きな数字になるものです。

また20代前半ですと、まだ遊びたい盛りで思うように貯金できない人もいますから、そのような人は親に貯金をお願いしているパターンもあります。毎月いくらか親にお金を渡し、親が積み立てている場合もあるのだそうです。特に女性は両親が結婚資金として積み立てているパターンが多いのだそうです。

20代後半の平均貯金額は?

20代後半(25歳~29歳)の平均貯金額は120万円以上

ドル

25歳から29歳にあたる20代後半の平均貯金額は120万円以上です。20代後半というと、昇進したり家庭をもったりなど、人生における転機が様々に生じる年代でもあります。また、どの企業も給料がアップする時期でもありますよね。

そのため20代後半になると、20代前半に比べて平均貯金額が一気にアップします。ケタが変わってきますから、毎月の貯金額がアップしていることも想像できますよね!また、20代前半は実家暮らしの人が多く、貯金に手をつける人もあまりいません。

そのため、20代後半の人は20代前半時代の貯金が、そっくりそのまま残っているパターンもあるのだそうです。そのため、3ケタ以上の貯金額が20代後半の平均貯蓄額となるのですね。

男性と女性によって平均貯金額も変わって来る

お金と手

20代前半、20代後半に限らず男性と女性によって平均貯蓄額は変わってきます。簡潔に申し上げると、どの年代でも女性の方が平均貯金額が少ないデータがあります。これは、女性の方が男性よりも給与が安い事が原因に挙げられます。

女性は結婚を視野に入れて就職する人も多く、一般職に就く人が多いので、給料の額も総合職の男性より少なくなります。また、女性は男性に比べて1月あたりの支出が多い傾向にあります。化粧品や洋服、美容院やネイルサロンなど毎月かかるお金が男性よりも高額なのです。

そのため、男性と女性では平均貯金額に差が生じます。最近では貧困層の女性が多いことが問題になっていますが、都内で一人暮らしなどしてしまうと、貯金できる金額はほとんどないという人も多いです。

既婚か未婚かで変わって来る

結婚式

20歳代前半、後半に分けて平均貯金額をご紹介してきましたが、未婚か既婚かによっても平均貯金額は変わってきます。20代前半で結婚している人はなかなかいませんが、20代後半になるとグッと既婚者の数字が増えます。

結婚しているかしていないかで、貯金額もかなり変わってきます。やはり所帯を持つと将来の事を考えますよね。出産や育児にはお金がかかりますから、なるべく貯蓄しようと、毎月の貯金額が増える傾向にあります。

20歳台で貯蓄は最低でもいくらあれば安心?

20歳代は最低貯蓄50万円あれば安心

紙幣

それでは20歳代は最低でもいくら貯蓄があれば安心なのでしょうか?20歳代全体を平均値化した場合、最低でも50万円の貯蓄があれば安心だと言えます。もちろん、20歳代前半の人は50万円が平均的な貯金額ですからこれよりもっと少なくても悩む必要はありません。

ただ、50万円ほど貯金があれば、何か緊急事態が起こったとしてもしのげるだけの金額にはなりますから、20歳代ならば貯蓄額50万円を最初の目標としましょう。貯金額が3ケタを超えてくるとかなり安心できる金額になってきますから、50万円を突破したら100万円を目指すように貯金するのがおすすめです。

ローンを組む事を念頭に入れて

車

もしも、車を購入したり家を購入するのならば、貯金額を増やす必要があります。20歳代だと主に男性は車を購入するケースが多いです。殆どの人がローンを組んで車を購入することでしょう。そうなるとある程度貯金がないと心配ですよね。

また、20歳代後半になってくると住宅ローンも視野にいれなければなりません。結婚して家を購入する人も段々増えてきますし、結婚して引っ越しをするとなっても初期費用などでかなりの金額がかかってきます。

20歳代ならば、今後家や車などでローンを組む事を念頭において、貯金することも重要になってきます。やはりお金は持っておいて損はありませんから、できるだけ貯金しておくことは自分のためになるはずです。

結婚を視野にいれるのならば貯蓄もしっかりと

1ドル

もしも結婚を視野にいれるのでしたら、貯金はしっかりしておかなければなりません。最近では昔ほどお金のかかる結婚式が主流なわけではないですが、やはり結婚式はもちろんの事、結婚するということはお金が必要になります。

親が結婚資金を貯めているケースもありますが、やはり自分自身でも結婚費用は貯蓄しておくべきです。だいたい自分がいくつまでに結婚したいのかを考えて、それに合わせて計画的に貯金していくように心がけましょう。

20歳代で結婚を視野に入れている人は多いでしょう。しかしなかには結婚の必要性や意味がわからないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?以下の記事では結婚する意味や、結婚願望のない人についてまとめてありますから是非参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 102766775
関連記事 結婚する意味とは?男や女の人が必要性や良さがわからないと思う理由も

あなたは結婚する意味を考えたことがありますか?この記事では「結婚する意

20代から貯金する方法・手段は?

20代から貯金する方法・手段|貯金口座を作る

貯金箱

20代から貯金をするためには貯金口座を作るのがおすすめです。銀行の口座が給料振り込みの口座1つだけしか持っていないと言う人は案外多いかもしれません。しかし、口座が一つだけだとなかなか貯金はしにくいです。

お金が入る口座も引き出す口座も貯金する口座も、全て同じにしていると、自分が今月いくら給料が入って、一体いくら使ったのかがわかりにくいですし、ついつい使いすぎてしまいます。そのため別で貯金する為の口座をつくることをおすすめします。

別で貯金用の口座を持っておけば、毎月給料が振り込まれたら決まった貯金額を下ろし、その貯金口座に振り込めばいいですし、自分が今現在どのくらい貯金があるのか一目で分かるようになります。ついつい貯金口座をつかってしまうという人は、親に通帳やキャッシュカードを預けるなど対策しましょう。

20代から貯金する方法・手段|小銭貯金

コインタワー

20代から貯金するためには、小銭貯金もおすすめです。小銭貯金には様々な種類がありますが、一番有名なのは500円玉貯金でしょう。財布に500円玉ができたら、それを貯金箱に貯金するという至ってシンプルな貯金方法ですが、気軽にゲーム感覚で貯金する事が出来ます。

500円玉貯金は気軽に貯金できるわりには案外お金が貯まりやすい貯金でもあります。500円玉貯金専用の貯金箱は簡単に開封できないようになっていますし、500円玉は小銭ですが高額なので1年も貯金すれば結構驚くような金額になっているはずですよ。

また、500円玉貯金でなく、その日の終わりに財布の中に入っている小銭を全て貯金するという貯金方法もおすすめです。小銭をたくさん持っているとついついジュースを買ってしまうなど無駄遣いのもとになってしまいます。逆に小銭が入っていないと1000円札を崩すことになるので節約もできますよ!

20代から貯金する方法・手段|貯蓄タイプの保険

女の子

20代から貯金する方法で、貯蓄タイプの保険に加入するというのもおすすめです。これは医療保険などの保険に加入しながらも、満期や解約時に、満期契約金や解約返金が受け取れるスタイルの保険です。

保険に加入しながらも、一定期間が過ぎるとお金が戻って来るという貯蓄型保険は若い人におすすめです。ただ注意したいのが、普通に個人的に行う貯蓄とは違い、いつでも銀行に行けば貯金しているお金を引き出せるというわけではありませんから、その点には充分注意が必要です。

20代からしっかり貯金をする為にできる節約術は?

20代からできる節約術|食費の見直し

クッキング

20歳代からできる節約術、1つ目にご紹介するのは食費の見直しです。特に一人暮らしをしている方は、ついつい自炊せずに外食やコンビニで済ませがちです。それを自炊にすることで随分と食費は節約することができます。

節約しようと思い立った時に、1番削減できるのが食費です。スーパーの特売などで安い食材を買いだめすることで、食費はガクンと下げられます。そうして浮いた分のお金を貯金に回すと、今まで以上に節約することができます。

仕事が忙しくて、毎日自炊する時間がないという方は、休みの日に作り置きしておくことをおすすめします。最近は作り置きレシピが流行っていますから、日持ちしてなおかつ安く手軽に作れる、美味しいレシピもたくさんありますよ。

20代からできる節約術|家計簿をつける

家計簿

20歳代からできる節約術、2つ目にご紹介するのは家計簿をつけることです。家計簿というと主婦がつけるものというイメージがあるかもしれませんが、独身の方でも家計簿は節約の味方になってくれます。

案外自分が何にいくら使ったか覚えていないですから、自分のお財布を把握するためにも家計簿はおすすめです。また、家計簿をちょくちょく見直すことで、無駄遣いが把握しやすくなり、節約も捗るはずです。

家計簿をいちいちつけるのが面倒だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。最近ではアプリで家計簿をつけることもできます。レシートをメモするだけですから、ズボラな人でも継続しやすくておすすめですよ。

20代からできる節約術|ポイントなどを利用

嬉い

20歳代からできる節約術、3つ目にご紹介するのはポイントを利用することです。最近は様々なポイントカードがありますよね!Tポイントのようにそのまま使うことのできるポイントももちろんおすすめですが、クレジットカードの利用も良いです。

公共料金や年金をクレジットカード払いにすることで、クレジットカードのポイントがどんどん溜まるようになります。会社によって違いますが、クレジットカードのポイントはショッピングや支払いに利用ができてお得です。

さらに、年金などをクレジットカード払いにすると割安で購入できるサービスもありますから、何かとお得です。以下の記事では利用者も多い、Tポイントカードについて詳しくまとめてあります。気になった方は是非チェックしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 383261746
関連記事 Tポイントのおすすめな使い道12選!お得な使い方や交換・利用方法も

この記事では、Tポイントのおすすめな使い道(使い方)や交換方法をご紹介

20歳代でも貯金はしっかりと!

いかがでしたか?20歳代は就職や結婚など、ライフステージの転換期でもあります。平均的な貯金額と貯金をするための節約術を身につけておくことで、将来のために貯蓄ができますよ!計画的に貯蓄しましょうね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。