INDEX

浪費癖とは?

浪費癖とは先のことを考えないでお金を使ってしまう浪費家

浪費する女性

浪費癖とは、先のことを深く考えずに、ついついお金を使ってしまう浪費家のことをいいます。どうして先のことを考えないかというと、浪費癖のある人はどれだけお金を使っても「どうにかなるだろう」と楽観視してしまうからです。今月のお給料を全部使い切ったとしても、どこかから借りればよいと軽く考えています。

浪費癖とは自分を良く見せようと見栄を張ってお金を使ってしまうこと

見栄

浪費癖とは、自分を良く見せるために見栄を張ってお金を使ってしまいことをいいます。浪費へ気のある人の多くは、自分を良くみられたい、自分をよく見せたいという気持ちが強い人が多いです。したがって、周りの人より高級品を手にしたり、食事に行けば奢ったりとお金持ちであるかのように振舞います。

浪費癖のある人の心理・特徴14選

浪費癖のある人の心理・特徴①コンプレックスを隠そうとして浪費してしまう

コンプレックスを克服したい女性

浪費へ気のある人の心理・特徴1個目は、コンプレックスを隠そうとして浪費することです。この場合、コンプレックスを克服するために浪費するわけではありません。コンプレックスにより感じる劣等感をお金を埋めようとしているだけですので、コンプレックスを克服することもできず、まさに浪費となってしまうでしょう。

浪費癖のある人の心理・特徴②今さえ良ければとお金を使ってしまう浪費家

買い物する女性

浪費へ気のある人の心理・特徴2個目は、今さえ良ければとお金を使ってしまう浪費家だということです。したがって、未来のために将来のためにと貯金しておくということは考えません。しかし、まだ来ぬ未来や将来のことで不安になったり悩んだりすることがなく、今だけを楽しめるうらやましい性格でもあります。

浪費癖のある人の心理・特徴③得体の知れない不安から浪費家となってしまう

不安でうつむく女性

浪費癖のある人の心理・特徴3個目は、得体の知れない不安から浪費家となってしないことです。生きていると何となく不安になるということは、人間であれば誰しも経験のあることです。このタイプの浪費癖のある人は、その不安をお金使って商品やサービスなどを手に入れることによって安心感を得ようとするのです。

得体の知れない不安を感じるというのは、浪費癖が出てくるだけではなく、色々と良くない事が起こってくるものです。こうならないためにも、不安を感じた時には下記の「心が落ち着く方法9つ」の記事をチェックして、自分に合った不安な精神をコントロールする方法を見つけてみましょう。

Small thumb shutterstock 504503110
関連記事 心が落ち着く方法9つ|不安な精神をコントロールして落ち着かせる術は?

心が落ち着く方法を知っていると大変便利です。心を落ち着かせると、精神的

浪費癖のある人の心理・特徴④今必要ではないものまで衝動買いしてしまう

衝動買いする夫婦

浪費癖のある人の心理・特徴4個目は、今必要ではないものまで衝動買いすることです。本来、買い物は必要なものを買うことですが、浪費癖のある人は「ちょっと良さそうな商品だな」という衝動によっても商品を買います。あまりにも必要なものと不要なものが区別できないと、不要なものを買う事が習慣になってしまいます。

浪費癖のある人に心理や特徴があるように、衝動買いしてしまう人にも心理や理由があります。下記の「衝動買い・無駄買いをする心理10選」の記事をチェックして、衝動買いの根底にある心理を知っておきましょう。

Small thumb shutterstock 1106102402
関連記事 衝動買い・無駄買いをする心理10選!お金を使いたくなる理由とは?

衝動買いや無駄買いをしてしまうということはありませんか?これらの心理は

浪費癖のある人の心理・特徴⑤ブランド品が好きである

ブランドコスメ

浪費癖のある人の心理・特徴5個目は、ブランド品が好きであることです。このタイプの浪費へ気のある人は、お金を湯水のように使っていくのが特徴です。そして、ブランド品であるということだけが重要であるため、同じような商品がノーブランドで発売されてもノーブランドには目もくれず、ブランド品だけを追い求めます。

浪費癖のある人の心理・特徴⑥外食をするのが好きである

外食する女性

浪費癖のある心理・特徴6個目は、外食をするのが好きなことです。食事は毎日のことですから、このタイプの浪費家もお金の使い方が激しいです。また、外食は何も手にすることはなく、残るのは重くなった体のみです。そして、重くなった体を軽くするためにまた浪費し、その後ご褒美に外食すると浪費のループとなるでしょう。

浪費癖のある人の心理・特徴⑦人におごったり高価なものを贈るのが好き

プレゼントボックス

浪費癖がある人の心理・特徴7個目は、人に奢ったり高価なものを贈るのが好きです。人に奢ったりすることは、悪いことではありません。しかし、このタイプの浪費癖がある人は奢ったりして優位に立つのが好きなだけです。したがって、知り合いだけではなく時には知らない人にまで奢るという事を平気でしてしまいます。

浪費癖のある人の心理・特徴⑧1ヶ月の収支を理解できていない

収支の計算

浪費癖のある人の心理・特徴8個目は、1ヶ月の収支を理解できていないことです。1ヶ月の収支を理解し手入れば、浪費癖のある人でも貯金ができなかったり1ヶ月のお給料を使い果たすだけで済みます。しかし、1ヶ月の収支を理解していないと借金をしたりクレジットカードを使い支出が上回ってしまうので厄介です。

浪費癖のある人の心理・特徴⑨お金が必要となる趣味をしている

趣味に没頭する男性

浪費癖のある人の心理・特徴9個目は、お金が必要となる趣味をしていることです。その種類は色々ですが、楽器を趣味としている人は高い楽器を買ったり、車を趣味としている人はカスタマイズや維持にお金がかかるでしょう。趣味を持つことは非常によいことではありますが、自分のお給料に合った趣味を選ぶことも大切です。

お金が必要となる趣味も色々とありますが、お金があまり必用とならない趣味ももちろんあります。今の趣味が自分のお給料に合っていないと感じる方は、下記の「お金のかからない趣味ランキングTOP24」の記事を参考に、趣味を見直してみてはいかがでしょうか。

Small thumb shutterstock 613446836
関連記事 お金のかからない趣味ランキングTOP24|アウトドアやスポーツは?

お金のかからない趣味を、アウトドア、スポーツ、インドアなど様々なジャン

浪費癖のある人の心理・特徴⑩ちょっと先の事を考えることすら苦手

悩む女性

浪費癖のある人の心理・特徴10個目は、ちょっと先のことを考えることすら苦手ということです。浪費癖のある浪費家の多くは、人生の先を考えて貯金をする事が苦手です。それだけではなく、1ヶ月の中でも先を考えてお金を使うことができず、光熱費やカード決済代などの引き落としができないという事態に陥ってしまいます。

浪費癖のある人の心理・特徴⑪忍耐力がなく我慢するのが苦手

我慢する女性

浪費癖のある人の心理・特徴11個目は、忍耐力がなく我慢するのが苦手です。したがって、商品やサービスなどが欲しいと思えばすぐに購入してしまいます。そして。ストレスを受けた状態を我慢するのも苦手ですので、ストレスを発散するために物欲を満たすということも多いでしょう。

浪費癖のある人の心理・特徴⑫現金を持ち歩かない主義である

クレジットカードを差し出す女性

浪費癖のある人の心理・特徴12個目は、現金を持ち歩かない主義であることです。浪費癖のある人は、欲しい時に欲しいものが買えるようにキャッシュカードで決済する事が多いです。したがって、引き落としの日に口座の残高が不足しているという可能性も高いです。

浪費癖のある人の心理・特徴⑬高価なものをローンを組んだり分割で購入する

ローンを組む人

浪費癖のある人の心理・特徴13個目は、高価なものをローンを組んだり分割で購入することです。ローンや分割というのは、今はお金がないけれど必要なものがあるというときには有効な方法です。しかし、1ヶ月の収支を管理できない浪費家には無謀な支払い方法といえるでしょう。

浪費癖のある人の心理・特徴⑭飽き性が治らない

飽き性な女性

浪費癖のある人の心理・特徴14個目は、飽き性が治らないことです。したがって、欲しいと思ったものを買っても、翌日にはもう新しいものが欲しいと思っています。ですので、なかなか物欲を満たすことができずお金があるだけ物を買うのに使ってしまうのでしょう。

浪費癖の原因は?

浪費癖の原因①ストレス発散のためにお金を使ってしまう

ストレス発散したい女性

浪費癖の原因1個目は、ストレス発散のためにお金を使ってしまうことです。ストレス発散方法というのは色々ありますが、浪費家は物欲を満たすことによってストレスを発散しようとする人が多いです。それが癖になる事が原因で、浪費癖となるのです。

浪費癖の原因②高価なものを1つ買うとそれに合わせて物を買い借金をする

借金が積もる

浪費癖の原因2個目は、高価なものを1つ買うとそれに合わせて物を買い借金をすることです。1つ高価なものを買うと、回りのものもそれに合わせて高価なものに買い換えたくなるのが人間の心理です。この心理から、浪費癖をこじらせ借金を重ねる人も多いです。

浪費癖の心理の改善方法は?

浪費癖の心理の改善方法①お財布にクレジットカードを入れておかない

クレジットカード

浪費癖の心理の改善方法1個目は、お財布にクレジットカードを入れておかないことです。いくら浪費癖のある人でも、買う手段がかければ物を買うことはありません。したがって、現金は最小限、クレジットカードはお財布に入れないようにしておくことが改善への近道です。

浪費癖の心理の改善方法②ネットショッピングや通信販売をしないようにする

ネットショッピング

浪費癖の心理の改善方法2個目は、ネットショッピングや通信販売をしないことです。ネットショッピングや通信販売というのは、非常に便利なものですので必要なものがあるときには有効です。しかし、お金を払っていいる意識が乏しいので、高価なものに手を出す原因となります。改善したければ、控えるように努力しましょう。

浪費癖の心理を持つ人と上手に付き合う方法は?

浪費癖の心理を持つ人と上手に付き合う方法①うつらないように気をつける

断る

浪費癖の心理を持つ人と上手に付き合う方法1個目は、写らないように気をつけることです。浪費癖のある人と一緒に食事をしたり買い物をして浪費を目の当たりにする事が原因で自分にも浪費癖がうつることがあります。一度、浪費が癖になると改善が難しいですので流されないように注意しましょう。

浪費癖の心理を持つ人と上手に付き合う方法②節約している様子を見せる

節約

浪費癖の心理を持つ人と上手に付き合う方法2個目は、節約している様子を見せることです。浪費癖のある人は、自分が浪費していることに気付いていません。他人が節約している様子を見ることで、浪費を自覚するさせると付き合いやすくなるでしょう。

浪費癖の心理からは逃げずにしっかりと向き合う事が大切です!

いかがでしたでしょうか。浪費癖の心理と一口にいっても、多方面にわかり様々な心理があります。浪費癖を改善するには、それぞれの心理に逃げずにしっかりと向き合う事が大切です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。