INDEX

業務スーパーの冷凍ハンバーグのおすすめ3選

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグ①チーズ入りトマトハンバーグ

トマトがたっぷり

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグの1つ目は、チーズ入りトマトハンバーグです。1個ずつ真空パックの個包装になっています。パックの中にはトマトソースとチーズが入っており、湯煎、もしくはレンジを使って調理します。同シリーズで色々な味があるので、ぜひ全種挑戦してみましょう。基本情報は以下の通りです。

チーズ入りトマトハンバーグ基本情報
  • 値段:97円(税抜)
  • 容量:1個(155g)

気になる味ですが、チーズとトマトソースが混ざり合い、濃厚な味わいです。トマトソースはケチャップソースに近い味のため、お子さまにもおすすめです。玉ねぎが大きめにカットされているため、野菜の歯ごたえもありますよ。こちらの記事でもチーズ入りトマトハンバーグを紹介していますので、ご参考になれば幸いです。

Small thumb shutterstock 618433028
関連記事 安いコスパの良い業務スーパーのチーズ12選!ハンバーグ/スライスチーズ

こちらの記事では、安いコスパの良い業務スーパーのチーズを紹介します。業

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグ②和風おろしソースハンバーグ

鍋を使ってゆでるハンバーグ

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグの2つ目は、和風おろしソースハンバーグです。先ほど紹介したチーズ入りトマトハンバーグと同じシリーズのハンバーグです。昆布とかつおだしを使った醤油風味のおろしソースがパックの中に一緒に入っています。調理方法は同じく湯煎もしくはレンジで温めるタイプです。

和風おろしソースハンバーグ基本情報
  • 値段:97円(税抜)
  • 内容量:1個(150g)

トマトハンバーグに比べると、あっさりした味わいのハンバーグです。ソースにとろみがあるので、ハンバーグにもしっかりと絡んでいるので、物足りなさを感じることなくおいしく食べることができます。和風の味付けなので、和食メニューのおかずの一品としても十分通用します。ぜひ一度食べてみてください。

和風おろしハンバーグは鶏肉がメインのハンバーグなのでふわふわとした食感です。人によっては鶏つくねのような印象を受ける方もいらっしゃいます。入っているソースだけだと大根おろしが少し足りないという方もいらっしゃいます。大根おろしを足したり、大葉や生姜などの薬味をプラスしてもおいしいですよ。

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグ③焼上ミニハンバーグ

フライパンを使って調理

業務スーパーのおすすめ冷凍ハンバーグの3つ目は、焼上ミニハンバーグです。先の2つのハンバーグとはシリーズが異なります。焼上ミニハンバーグはその名の通り、大きさが約45×65mmのミニサイズの冷凍ハンバーグです。調理方法はレンジで温めるか、凍ったままフライパンで温める方法の2つです。

焼上ミニハンバーグ基本情報
  • 値段:298円(税抜)
  • 内容量:30個入(900g)

鶏、豚、牛を合わせたハンバーグのため、ほどよい柔らかさがあります。味付けはほとんどされていないので、お好みの味付けで食べることができます。食卓に並べて複数のソースを作って味わったり、デミグラスソースと煮込めば時短で煮込みハンバーグを作るなど、様々な楽しみ方がありますよ。

また、小さめのハンバーグですのでお弁当のおかずにする方も多くいらっしゃいます。毎日お弁当を作る方にとっては、便利でありがたい一品ですよね。毎日食べるお弁当ですので、色々なアレンジを試してみましょう。こちらの記事にハンバーグを使うお弁当のレシピを紹介していますので、ぜひご参考ください。

Small thumb shutterstock 359672333
関連記事 ハンバーグを使うお弁当の人気&簡単レシピは?おすすめのおかずも!

ハンバーグが入ったお弁当は子供だけではなく、大人も大好きです。人気のハ

業務スーパーのチーズインハンバーグのカロリー・糖質は?日持ちも

チーズインハンバーグの情報①カロリー・糖質・値段など基本情報

ハンバーグに含まれる糖質

1つ目に紹介する業務スーパーのチーズインハンバーグの情報ですが、まずは基本情報からです。チーズインハンバーグは冷凍保存タイプのミニサイズハンバーグです。鶏肉と豚肉を混ぜて作られており、安心の国内生産商品です。冷凍保存で約1年半くらい日持ちします。カロリー、糖質、値段は以下の通りです。

チーズインハンバーグ基本情報
  • 値段:398円(税抜)
  • 内容量:8個入(960g)
  • カロリー:1個(120g)あたり244Kcal
  • 糖質(炭水化物):13.1g

あくまで平均的な数値ではありますが、100gのハンバーグ1つにつき約18gの糖質が含まれていると言われています。それを考えると、チーズが入っていながらも比較的糖質を抑えたハンバーグですね。糖質減量中という方も、がっつりしたものが食べたくなった際にはおすすめの一品です。

チーズインハンバーグの情報②中にはチーズがたっぷり入っている

チーズが入っているイメージ

2つ目に紹介する業務スーパーのチーズインハンバーグの情報は、気になる味についてです。中はチーズぎっしりという点です。片面5分ずつフライパンで焼いて調理した後、ハンバーグを切るとチーズがとろりと出てきます。ほどよいチーズの甘さと、歯ごたえの少ない柔らかめのお肉はお子さまにもぴったりの味です。

チーズインハンバーグの情報③トマト煮にアレンジしてもおいしい

料理をする人

3つ目に紹介する業務スーパーのチーズインハンバーグの情報はアレンジ方法です。焼いて食べるのに飽きたら、トマト煮にアレンジしてみましょう。レシピは下記をご参考ください。たっぷりのチーズとトマトスープが絡み、違った味わいがありますよ。一緒にお野菜を煮れば、野菜不足も防げますね。ぜひ一度お試しください。

チーズインハンバーグのトマト煮
  1. ハンバーグをフライパンで焼いておき、皿に取り出しておく。
  2. フライパンにトマト缶、水、コンソメを入れ煮立たせる。
  3. 煮立ったら取り出しておいたハンバーグを加える。
  4. すぐにお好みの具材(野菜など)も加える。
  5. 砂糖、中濃ソース、塩コショウで味を調えひと煮立ちしてできあがり。

業務スーパーの煮込みハンバーグのカロリー・糖質は?日持ちも

煮込みハンバーグの情報①カロリー・糖質・値段など基本情報

野菜も調理している人

1つ目に紹介する業務スーパーの煮込みハンバーグの情報ですが、まずは基本情報からです。冷蔵保存タイプの小さめのハンバーグで、細長いケースにデミグラスソースと一緒に真空パックされています。安心の国内加工ですが、冷蔵商品のため賞味期限は約40日程度です。カロリー、糖質、値段は以下の通りです。

煮込みハンバーグ基本情報
  • 値段:298円(税抜)
  • 内容量:5個入
  • カロリー:1個(100g)あたり169Kcal
  • 糖質(炭水化物):1個(100g)あたり9.3g

煮込みハンバーグの情報②デミグラスソースがたっぷり染み込んでいる

煮込みを作る女性

2つ目に紹介する業務スーパーの煮込みハンバーグの情報は、味についてです。デミグラスソースがハンバーグにたっぷりと染み込み、しっかりとした味付けのためご飯にも合うと評判もあります。柔らかめで、ひき肉の食感は比較的控えめです。小さめのハンバーグなので、お弁当のおかずにする方も多いです。

煮込みハンバーグの情報③ロコモコ丼にアレンジしてもおいしい

アレンジ料理をする人

3つ目に紹介する業務スーパーの煮込みハンバーグの情報は、アレンジ方法です。業務スーパーの煮込みハンバーグはデミグラスソースがたっぷりなので、ハンバーグ丼やロコモコ丼に向いています。ご飯に乗せていくだけで簡単においしいロコモコ丼に仕上がります。がっつり食べたい方にはおすすめの一品です。

煮込みハンバーグのロコモコ丼
  1. 深めの皿にご飯を盛る。
  2. デミグラスソースを薄く乗せる。
  3. キャベツを切り、ご飯の上にたっぷり乗せる。
  4. その上からハンバーグを乗せる。
  5. ハンバーグの上に半熟の目玉焼きを乗せる。
  6. 最後にデミグラスソースをたっぷりとかけてできあがり。

業務スーパーのあらびきハンバーグのカロリー・糖質は?日持ちも

あらびきハンバーグの情報①カロリー・糖質・値段など基本情報

ハンバーグに含まれるカロリーの情報

1つ目に紹介する業務スーパーのあらびきハンバーグの情報ですが、まずは基本情報からです。先ほど紹介したチーズインハンバーグと同じシリーズで、ミニサイズのハンバーグです。鶏肉と豚肉を混ぜて作られており、冷凍保存で約1年半くらい日持ちします。気になるカロリー、糖質、値段は以下の通りです。

あらびきハンバーグ基本情報
  • 値段:378円(税抜き)
  • 内容量:8個入(960g)
  • カロリー:1個(120g)あたり206Kcal
  • 糖質(炭水化物):16.2g

あらびきハンバーグの情報②玉ねぎやひき肉の歯ごたえがしっかりしている

塩味がついたお肉

2つ目に紹介する業務スーパーのあらびきハンバーグの情報は、味についてです。チーズインハンバーグに比べると、商品名通り玉ねぎやひき肉の粒が粗めなので、しっかりとした歯ごたえのある食感です。うす塩味がついているので、ソースなしでも食べられます。実はご飯によく合うと評判の一品です。

あらびきハンバーグの情報③グラタンにアレンジしてもおいしい

パンにハンバーグをはさんで食べる

3つ目に紹介する業務スーパーのあらびきハンバーグの情報は、アレンジ方法についてです。玉ねぎや肉の歯ごたえがしっかりしているのでハンバーググラタンにアレンジすることで、また違った味わいを楽しむことができます。今回紹介しているのはホワイトソースグラタンですが、様々なアレンジを楽しんでくださいね。

あらびきハンバーグのグラタン
  1. ハンバーグとお好みの野菜(じゃがいも、玉ねぎなど)をフライパンで焼いておき、グラタン皿に取り出しておく。
  2. バターと薄力粉を別の容器に入れ、600Wで30〜60秒程レンジでチンする。
  3. レンジから取り出し、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。
  4. ある程度混ざったら、再度600Wで3分レンジでチンする。
  5. ソースがダマになっていないことを確認し、グラタン皿のハンバーグにまんべんなくかける。
  6. グラタン皿にピザ用チーズを散らし、その上からパン粉を軽くかけ、オーブンで5分程焼く。

業務スーパーの生ごねハンバーグのカロリー・糖質は?日持ちも

生ごねハンバーグの情報①カロリー・糖質・値段など基本情報

気になる値段

1つ目に紹介する業務スーパーの生ごねハンバーグの情報ですが、まずは基本情報からです。普通のハンバーグに比べると平べったい形をしています。ハンバーガーに挟まっているパテをご想像ください。冷凍保存で約1年半くらい日持ちします。カロリーなどの情報は下記情報をご参考ください。

生ごねハンバーグ基本情報
  • 値段:298円(税抜)
  • 内容量:6個入(720g)
  • カロリー:1個(120g)あたり215Kcal
  • 糖質(炭水化物):17.9g

生ごねハンバーグの情報②鶏肉と豚ハツのミックスで独特の食感がある

食事を楽しむ人

2つ目に紹介する業務スーパーの生ごねハンバーグの情報は、味と独特な食感についてです。鶏肉と豚ハツをミックスしているため、柔らかいお肉の中にハツの歯ごたえがあり、独特ながらも食感を楽しめるハンバーグとなっています。下味はほとんどついておらず、ソースなどをかけて食べると丁度いい味わいになります。

生ごねハンバーグの情報③照り焼きハンバーガーにアレンジしてもおいしい

ハンバーガーにアレンジする

3つ目に紹介する業務スーパーの生ごねハンバーグの情報は、アレンジ方法についてです。生ごねハンバーグは先程紹介した通り、平べったい形をしているので、ハンバーガーにするにはもってこいです。今回紹介するのは照り焼きハンバーガーです。お好みの素材を挟んで、あなた好みのアレンジを探すのも楽しいですよ。

生ごねハンバーグの照り焼きハンバーガー
  1. お好みのパン(ハンバーガー用のパン、食パン、ベーグル、何でも可)を半分に切り、バターを塗っておく。
  2. パンにレタスを敷いておく。
  3. ハンバーグをフライパンで焼き、すきやきのたれで味を付ける。
  4. ハンバーグの両面に焦げ目がついたら、パンの上に乗せる。
  5. ハンバーグが熱いうちにクリームチーズやスライスチーズを乗せて挟む。

業務スーパーの冷凍ハンバーグの解凍・調理方法は?

業務スーパーの冷凍ハンバーグ解凍・調理方法①レンジを使う方法

電子レンジを使う方法

業務スーパーの冷凍ハンバーグの調理方法の1つ目は電子レンジを使った方法です。基本的には袋に書いてある温度と時間に従って解凍、調理しましょう。例ではありますが、150gの冷凍ハンバーグ1つにつき、500Wのレンジで約3分ほどで解凍できます。焦げる心配もなく、時短にもなるので忙しい時におすすめ方法です。

ちなみに、油などを使用しないので一番カロリーをカットできる方法と言えるでしょう。油分が気になる方は、レンジを使って調理するのもおすすめです。

業務スーパーの冷凍ハンバーグの解凍・調理方法②湯煎

鍋を使ってゆでている人

業務スーパーの冷凍ハンバーグの調理方法の2つ目は湯煎です。お鍋にたっぷりの水を沸かし、そこに真空パックされている冷凍ハンバーグを入れて煮るだけ。およそ5分くらい鍋にかけることで、ふっくらとした仕上がりになります。レンジに比べ時間はかかりますが、ムラなく温めることができ、ふわふわの触感を楽しめますよ。

湯煎の際には調理中に袋が破れてしまったり、鍋から出すときに火傷してしまうこともあります。焦らずにゆっくり慎重に調理するよう気を付けましょうね。

業務スーパーの冷凍ハンバーグ解凍・調理方法③フライパンを使う方法

フライパンを使っている人

業務スーパーの冷凍ハンバーグの調理方法の3つ目はフライパンを使う方法です。凍った冷凍ハンバーグをそのまま油を敷いたフライパンに並べ、弱火から中火で片面5分ずつほど焼きます。様子を見ながら時間や火加減を調整しましょう。ほどよく焦げ目がつき、香ばしい味になります。時間がかかる分、おいしく仕上がります。

油を使うことで、少しカロリーが上がってしまうことがあります。おいしく焼き上げたり、フライパンに焦げ付かないためには油がどうしても必要になりますよね。その時はキッチンペーパーなどで軽く油をふき取って、食べるようにすると微量ではありますがカロリーカットにつながりますよ。

業務スーパーのハンバーグは簡単・美味しい・コスパ良しの三拍子!

業務スーパーで販売されている冷凍ハンバーグを紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたか?そのまま食べてもアレンジしてもおいしく食べられます。簡単に調理できますので、時短調理にもなりますよ。比較的安価で購入出来るので、買い置きしておくといざというときに役立ちます。

また、商品によっては糖質控えめになっていますので、カロリーや糖質量を確認して、うまく食卓に取り入れてみましょう。ダイエット中にお腹が空いた際にも、罪悪感なく食べられます。ぜひ一度お試しください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。