INDEX

美味しいさんまの作り方とアレンジ方法

定番のさんまの作り方|定番の塩焼き

さんまと言えば定番は塩焼きです。さんまは炭火を使った七輪でじっくりと焼く方法が1番美味しいのですが、ご家庭で行うのは難しいので魚焼きグリルを使った基本の美味しい焼き方をご紹介します。

さんまの皮をパリパリに焼き上げるためには、あらかじめ塩を振っておきます。そうする事で皮はさんまの脂と馴染み、パリッと焼き上がります。またグリルの火加減は中火がベストです。さんまは脂が多い魚なので火が強いとすぐに焦げてしまいます。少しのコツを抑えるだけで、いつもより美味しくさんまが焼き上がりますよ。

基本のさんまの塩焼きの作り方
  1. さんまを流水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭きとる。
  2. さんまの20㎝程上から塩をかける。まんべんなくかけたら手でさんまに塩を揉みこんでおく。
  3. あらかじめグリルを中火で温めておき、グリル内の温度が安定したらさんまを入れる。
  4. さんまの表面に焦げ目がついたら完成です。

美味しいさんまのアレンジ方法・種類|さんまの炊き込みご飯

美味しいさんまのアレンジ方法・種類は、さんまの炊き込みご飯です。さんまの旨味がギュッと詰まった美味しい炊き込みごはんです。下処理をしっかりと行えば生臭さが残ることはありません。お好みの薬味をたっぷりと乗せて食べてくださいね。お茶漬け風にしたり、おにぎりにしても美味しいのでおすすめです。

さんまの炊き込みご飯の材料(2合分)
  • お米  2合
  • さんま 1尾
  • 生姜  1片
  • 塩   少々
  • ミョウガ、大葉、小葱など お好みで
  • 【調味料】
  • 醤油・みりん 大さじ1
  • 酒  大さじ2
さんまの炊き込みご飯の作り方
  1. お米を洗い水気を切っておく。
  2. さんまの内臓を取り除き、水でよく洗い流す。キッチンペーパーで水気を取り塩をふっておく。
  3. フライパンを熱して2を両面焦げ目がつくまで焼く。
  4. 炊飯器に1と3を入れて、2合の目盛りまで水を入れてよくかき混ぜる。
  5. 生姜を千切りにして4に入れて炊飯のスイッチを入れる。
  6. 大葉やミョウガなどの薬味を切っておく。
  7. ご飯が炊きあがったらさんまの頭や骨を取り除き、よくかき混ぜる。
  8. 器に盛り付け、薬味を乗せたら完成です。

さんまに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【定番編】

さんまに合うおかず・付け合わせ【定番編】①肉じゃが

さんまに合うおかず・付け合わせ定番編の1つ目は、肉じゃがです。あっさりとしたさんまの塩焼きには、こってりとしたおかずが欲しくなりますよね。煮物の定番である肉じゃがは小さなお子さんからご年配の方まで、幅広い世代に人気のあるおかずです。野菜もたっぷりと使うので栄養面でもバランスが良いです。

肉じゃがに使用するお肉は牛肉を使う方が多いですが、さんまの付け合わせには豚肉を使用する事をおすすめします。コクが出る牛肉よりも豚肉を使用した方があっさりとした味わいの肉じゃがに仕上がります。さんまは脂がのっている魚なので、豚肉を使用したの肉じゃがの方が食べやすいですよ。

さんまに合うおかず・付け合わせの料理【定番編】②玉子焼き

さんまに合うおかず・付け合わせ定番編の2つ目は、玉子焼きです。和食のおかずの定番とも言える玉子焼きは、やさしい味わいなので誰にでも好まれます。またアレンジのバリエーションが豊富なので、ヒジキ、ほうれん草、紅ショウガ、粉チーズなどお好みの具材をプラスして作ると普段とは違った味わいを楽しめます。

以下の記事では、卵焼きで作るサンドイッチのレシピを紹介しています。和食のおかずというイメージが強い卵焼きですが、サンドイッチの具としても美味しくいただけます。電子レンジで作る簡単な卵焼きの作り方も紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 515921338
関連記事 卵焼きサンドイッチの人気レシピ14選!電子レンジで作る厚焼き玉子も

近年ではふわふの卵焼きサンドイッチが人気がありますよね。パンにだし巻き

さんまに合うおかず・付け合わせ【定番編】③野菜炒め

さんまに合うおかず・付け合わせ定番編の3つ目は、野菜炒めです。おかずがさんまだけでは男性や育ちざかりのお子さんでは物足りなく感じます。野菜炒めは見た目にもボリュームのあるので、満足度が高くなる1品になりますよ。

野菜炒めにはキャベツやもやし、ニンジンが使われることが多いですが、ご家庭の好みに合わせて色々と追加してみるのも良いですね。冷蔵庫で余っている野菜も加えれば、腐らせて捨てることも防げます。

さんまに合うおかず・付け合わせ【定番編】④春巻き

さんまに合うおかず・付け合わせ定番編の4つ目は、春巻きです。パリパリの皮の食感と、中にたっぷり詰まったジューシーな具材が食欲を刺激してくれるおかずです。

春巻きの具にはお肉やきのこ、春雨といったさんまだけでは不足しがちな栄養素を摂ることが出来ます。具のアレンジ方法もたくさんあるので、各ご家庭の好みに合わせて作るのも楽しいですね。

さんまに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【簡単に作れるおかず編】

さんまの付け合わせ【おかず編】①やみつきキャベツ

さんまの付け合わせ・簡単メニューの1つ目は、やみつきキャベツです。ビニール袋で調理が出来るので、洗い物も少なくて済む楽ちんなメニューです。手でちぎったキャベツをビニール袋に入れ、塩とごま油で味付けをすれば完成です。お好みでゴマや塩昆布を加えれば、栄養価も高くなりますよ。

さんまの付け合わせ【おかず編】②冷奴

さんまの付け合わせ・簡単メニューの2つ目は、冷奴です。豆腐は脂質やタンパク質を多く含んでおり、健康を保つための機能性食品です。近年は日本だけでなく、世界中で身体に良い食品として注目され食べられています。

冷奴はそのままでも美味しいですし、お好みの薬味をプラスしたりとバリエーションが豊富なメニューです。忙しいときやもう一品欲しいときにパッと食卓に並べることが出来るので、冷蔵庫に豆腐をストックしておくと助かりますね。

さんまの付け合わせ【おかず編】③胡麻和え

さんまの付け合わせ・簡単メニューの3つ目は、胡麻和えです。小松菜、ほうれん草、菜の花など季節の青菜を使った胡麻和えは簡単に出来る上に、栄養が豊富に摂れる優秀な副菜です。青菜は茹でる手間がかかりますが、電子レンジを利用すればアッという間に完成します。もう一品欲しいときに助かるメニューですね。

水で洗った青菜をラップでぎゅっと巻いて電子レンジで加熱してください。加熱している時に胡麻ダレを作っておけば、時短につながります。ほうれん草に熱が通ったらアクを取るために再度洗って、食べやすい大きさにカットし、タレと混ぜ合わせれば完成です。小分けにして冷凍しておけば、お弁当のおかずにもなりますよ。

さんまの付け合わせ【おかず編】④納豆和え

さんまの付け合わせ・簡単メニューの4つ目は、納豆和えです。茹でた野菜に納豆を混ぜ合わせ、醤油を軽くかけたら完成というお手軽なメニューです。使用する野菜は何でも良いので、冷蔵庫に余っている物を使えば食材の整理にもなります。簡単なのに栄養バランスが高い1品なので、ぜひお試しください。

次の記事では、おすすめの納豆を紹介しています。スーパーに行くと数多くの納豆が陳列されていますが、どんな種類が人気なのか気になりませんか?有名なおかめ納豆やくめ納豆も紹介されています。ランキング形式なので読んでいて楽しい記事になっていますよ。ぜひ併せてご覧ください。

Small thumb shutterstock 379445158
関連記事 おすすめ納豆ランキング14選!種類・食べ方は?おかめ納豆/くめ納豆

納豆は健康によいと聞くけどどんな種類があるのか、おすすめの美味しい食べ

さんまに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【汁物・スープ編】

さんまに合うおかず・付き合わせ【汁物編】①豚汁

さんまに合うおかず・付き合わせメニューの汁物の1つ目は、豚汁です。たっぷりの野菜と豚肉が入っている豚汁はボリュームがあり、心も身体もホッと温まる1品です。

味噌は沸騰させてしまうと香りが飛んでしまうので、火加減に気をつけながら調理してくださいね。また隠し味にみりんを少し入れるとまろやかな風味が出るので、ぜひ試してみてください。

さんまに合うおかず・付き合わせ【汁物編】②赤だしの味噌汁

さんまに合うおかず・付き合わせメニューの汁物の2つ目は、赤だしの味噌汁です。赤だしの味噌汁はコクと旨味があるので、サッパリとした味のさんまに良く合います。

お味噌汁の具は豆腐や油揚げ、わかめなどが定番ですが、赤だしの味噌汁にはズッキーニやさつまいも、キャベツなどの変わり種も良く合います。歯ごたえのある野菜を使うと噛む回数も増えて満腹感もアップするので、いつもと違ったお味噌汁にチャレンジしてはいかがでしょうか。

下記の記事では、人気の味噌のおすすめの種類を紹介しています。味噌は作られる産地や材料によって味に大きな違いが表れます。塩分濃度や米味噌なども紹介されており、読み応えのある記事です。ぜひ参考にご覧ください。

Small thumb shutterstock 515248924
関連記事 【人気】味噌のおすすめ種類は?塩分濃度・米味噌・甘口の使い分けも

お味噌汁と言えば、日本人であれば誰でも知っている和食の定番です。今、お

さんまに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【野菜・サラダ編】

さんまに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】①バンバンジーサラダ

さんまに合うおかず・副菜・野菜サラダ編の献立の1つ目は、バンバンジーサラダです。真っ赤なトマトと緑色のきゅうりの彩りが美しく、食欲を刺激されるサラダです。鶏肉も使われているのでボリューム感もあり、食卓が華やかになりますよ。

バンバンジーサラダに使われる鶏肉は、適量の酒と塩を振って電子レンジで調理することが出来ます。火を使わずに作れるので洗い物が少なくて済みますし、しっとりと美味しく仕上がります。バンバンジーサラダは見た目には手の込んだサラダに見えますが、実は短時間で出来上がります。栄養バランスもバッチリですよ。

さんまに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】②カボチャサラダ

さんまに合うおかず・副菜・野菜サラダの献立の2つ目は、カボチャサラダです。カボチャには食物繊維とビタミンが豊富に含まれているので、積極的に食べたい野菜の1つです。旬の時期である夏から秋にかけてのカボチャは特に栄養価が高く、値段もリーズナブルなのでぜひたくさんのカボチャ料理を味わってみてください。

カボチャサラダは甘くて優しい味付けなので、脂がのったさんまとの相性が抜群です。そのまま食べても美味しいですが、サンドイッチの具にしたり、コロッケのタネにしたりとアレンジの方法がたくさんあります。小さなお子さんも食べやすい味なので、副菜として多めに作っておくと便利ですよ。

さんまに合うおかず・副菜の献立【野菜・サラダ編】③チョレギサラダ

さんまに合うおかず・野菜・サラダの献立の3つ目は、チョレギサラダです。焼肉屋さんでお馴染みのチョレギサラダは、ごま油の風味が香ばしくクセになる美味しさです。

辛い物が好きな方はごま油にコチュジャンをプラスしてくださいね。また韓国海苔や糸唐辛子をトッピングすれば見た目にも美しく、サラダの良い味のアクセントにもなります。

さんまに合うおかず・副菜の献立【野菜・サラダ編】④おひたし

さんまに合うおかず・副菜・野菜サラダの献立の4つ目は、おひたしです。作り方が簡単で季節の野菜を使えば、食卓がパッと明るくなりますね。おひたしは電子レンジで作ることも出来ますが、お湯で茹でた方が色味は美しいです。お湯に塩を一つまみいれると、綺麗な緑色の発色を保つことが出来ますよ。

さんまに合うおかず・副菜【野菜・サラダ編】⑤ナムル

さんまに合うおかず・副菜・野菜サラダの献立の5つ目は、ナムルです。茹でた野菜をごま油であえたナムルは風味が良いので、野菜をたっぷりと食べることが出来ます。

さんまをほぐしてナムルと一緒にご飯に乗せれば「さんまのビビンバ丼」が完成します。お肉の代わりにさんまを使用していますが、違和感がなく美味しくいただけます。上に目玉焼きも乗せれば五大栄養素がすべて含まれるので、健康にも良い献立になります。

さんまに合うおかず|副菜や付け合わせの献立【肉編】

さんまに合うおかず・もう一品【肉編】①焼き鳥ともやしのケチャップ和え

さんまに合うおかず・もう一品のメニュー肉編の1つ目は、焼き鳥ともやしのケチャップ和えです。フライパンでもやしを炒め、焼き鳥の缶詰を加えます。仕上げにサッとケチャップを絡めば完成です。

焼き鳥の缶詰を使うことで味付けがバッチリ決まりますし、お子さんでも食べやすい甘辛の味付けです。忙しいときでも短時間で仕上がるので、もう一品欲しい時にぴったりのメニューです。

さんまに合うおかず・もう一品のメニュー【肉編】②豚バラ大根

さんまに合うおかず・もう一品のメニュー肉編の2つ目は、豚バラ大根です。味が染み込んだジューシーな大根と、豚バラの旨味がたまらなく美味しいおかずです。甘辛味なのでさんまの味をじゃませず、ご飯が進むこと間違いなしです。茹で卵も加えれば、彩りもボリュームもアップしますよ。

さんまに合うおかず・もう1品のメニュー【肉編】③しいたけの肉詰め

さんまに合うおかず・もう一品のメニュー肉編の3つ目は、しいたけの肉詰めです。しいたけには食物繊維がたっぷりと含まれており、肥満を防止したりコレステロール値を下げる働きがあります。低カロリーで消化に優しい食材なので、積極的に食事に取り入れたいですね。

しいたけの肉詰めは見た目が可愛らしく、ジューシーで旨味がギュッと詰まったおかずです。上にかけるソースをポン酢にしたり、甘酢ダレにしたりとバリエーションを変えることで、いつでも美味しく食べられます。またしいたけの軸は、細かく刻んで肉だねに混ぜれば無駄になりませんよ。

さんまに合うおかずで栄養もバランス良く摂ろう!

さんまに合うおかず・副菜・もう一品のメニューを18選紹介しました。いかがでしたでしょうか?さんまだけでは不足してしまう栄養を他のおかずで補うことで、バランスの良い食事のメニューになります。どれも簡単に出来るメニューなので、献立に困ったときはぜひ参考にしてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。