INDEX

ご希望に添えず(沿えず)の意味

ご希望に添えず(沿えず)とは相手の希望に答えられないときに使う言葉

断りの言葉

「ご希望に添えず(沿えず)」とは、相手の希望や要望に応えることができないことを丁寧に表現した言葉です。相手に対して「申し訳ない」という気持ちを込めて使われることが多いです。そのため「申し訳ございません」などの謝罪の言葉とともに使われることが多くみられます。

主にビジネスシーンで使われることが多いこの言葉ですが、敬語表現的にもしっかりとした言葉のため、目上の人や年上の人など、自分自身が尊敬している人に対しても使うことができます。ほかにも、式典などの公的場面でも使われています。

「添う」と「沿う」の2つの使い分けについてですが、「沿う」は方針や基準に従うという意味で用いられ、「添う」は元々あるものに別のものが加わるという意味で用いられています。そのため、どういった理由でお断りするのかによってどちらを使うのかを選ぶことになります。状況に応じて変えていきましょう。

ご希望に添えず(沿えず)はトラブル回避表現としても使われる

断り方も大切

ご希望に添えず(沿えず)は、ビジネスシーンで「トラブル回避表現」としても使われることがあります。この言葉自体に、相手に対する申し訳ないという気持ちや謝罪が込められているためです。そのため、相手とのトラブルやもめ事などを事前に予防することができると言われています。

話し言葉としても、ビジネスメール上でも謝罪の表現としてやりとりされています。「ご希望に添えず申し訳ありません」と謝罪の言葉とともに使われます。相手の希望に対して応じることができないということを、やんわりとした表現で相手に伝えることができる表現方法なので、覚えておいた方が良いでしょう。

ご希望に添えず(沿えず)の使い方5選!ビジネスメール例文は?

ビジネスメール例文①ご希望に添えず申し訳ございません。

ご希望に添えず申し訳ございません。

ご希望に添えずの使い方1つ目は「ご希望に添えず申し訳ございません」です。相手が望んでいる要望に対して、適えることができない場合の断りの言葉として使われています。相手の要望が変更できないようなことであったり、元々定められたルールであった場合によく使われています。

例えば相手の要望が「自分の所属している会社」と「相手の会社」以外にも大勢の人がかかわっているため、変更すると大多数に迷惑が掛かってしまう場合などがこれに当たります。ほかにも、すでに決定済みで変更の必要性が感じられないものに対する要望の場合にもこの表現を使います。

\ POINT /

ご希望に添えず申し訳ございませんの例文

当店でクレジットカードの利用ができません。ご希望に添えず申し訳ございません。

ビジネスメール例文②結果的にご希望に添えず誠に申し訳ございません。

努力はしたのですが

ご希望に添えずの使い方2つ目は「結果的にご希望に添えず誠に申し訳ございません」です。この表現は、相手からの要望に対して、努力を尽くした結果、要望を適えることが難しいことが分かったときに使われています。「結果的に」の一言があるだけで、こちらが相手の要望に寄り添おうとしたことが伝わります。

希望や要望に対して、社内でしっかりと話し合いや変更できることがないかを確認した結果、どうしても変更できないため、相手の要望を適えられなかったことを柔らかい言い方で相手に伝えるためにこのような表現をすることがあります。「申し訳ございません」と一緒に使われる言葉です。

\ POINT /

結果的にご希望に添えず誠に申し訳ございませんの例文

要望にお応えしようと尽力いたしましたが、結果的にご希望に添えず誠に申し訳ございません。

ビジネスメール例文③今回はご希望に添うことができません。

今回は希望を適えられません

ご希望に添えずの使い方3つ目は「今回はご希望に添うことができません」です。相手の要望に対して合わせていたけれど、今回の要望に対してはこちらも譲ることができないという場合に使われることが多い表現です。ビジネスメールでは、少し堅くきつい印象を相手に与えてしまうこともある表現です。注意しましょう。

「ご希望に添えず」の中でも、この言い方ははっきりと言い切ってしまう言い方のため、相手に誤解されてしまうことがあるので、あまり多用しないようにしましょう。希望を適えることが難しく、そのことがはっきりと分かっているときに使いましょう。「申し訳ございません」と一緒に使うと多少柔らかい表現になります。

\ POINT /

今回はご希望に添うことができませんの例文

先日の案件ですが会議にかけた結果、今回はご希望に添うことができません。

ビジネスメール例文④ご希望に添えられなかったこと誠に申し訳ございません

希望は適えることができません

ご希望に添えずの使い方4つ目は「ご希望に添えられなかったこと誠に申し訳ございません。」です。相手からの要望に対して、応えることができない・応える予定がない場合に使われることが多い表現方法です。ビジネスシーンでは、相手に対してとても丁寧な断り方として使われています。

変更する予定がないものや、変更することがどうしてもできないものに対して使われる断り方ですが、その中でも「日時」や「場所」など、はっきりと決まっているものに対する要望を断るときに使うことが多くみられています。使う場面を意識してこの言い方をするようにしましょう。

\ POINT /

ご希望に添えられなかったこと誠に申し訳ございませんの例文

ご希望の施設再開の件ですが、再開予定はございません。ご希望に添えられなかったこと誠に申し訳ございません。

ビジネスメール例文⑤ご希望に添えず大変申し訳ございませんがご了承下さい

希望に答えられませんがご理解ください

ご希望に添えずの使い方5つ目は「ご希望に添えず大変申し訳ございませんがご了承ください」です。相手の希望に対しては、応えることができないことを理解して欲しいときに使われることが多い表現です。「ご了承ください」は「ご理解ください」と言われることもあります。

社内での話し合いも重ね、その上で「ご希望に添えず」という表現のため、「今回はご希望に添うことができません」と似た表現になりますが、こちらの方が多少相手に対して柔らかい断り方という印象を与えてくれます。

\ POINT /

ご希望に添えず大変申し訳ございませんがご了承くださいの例文

会場に対する変更のご意見ですが、変更はございません。ご希望に添えず大変申し訳ございませんがご了承ください。

ご希望に添えず(沿えず)の類語と使い方例文

類語と使い方例文①ご期待に添えず

ビジネスシーンでのご期待に添えず

ご希望に添えずの類語1つ目は「ご期待に添えず」です。相手からの期待に応えることができなかった場合に使われる表現ですが、「ご希望に添えず」とほぼ同じ意味と言って良いでしょう。「ご希望に添えず」と「ご期待に添えず」では、「ご希望」の方が取引先やお客様に対して使うことが多いとされています。

また、「ご期待に添えず」ではなく、「ご期待に添う」という表現になるとビジネスシーンでは、決意表明として使われることも多いです。「ご期待に添えるように精一杯努力いたします。」など、社内での自分の目標として「ご期待に添う(ご期待に添えず)」が掲げられる場合もあります。

\ POINT /

ご期待に添えずの例文

お客様のご期待に添えず誠に申し訳ございませんでした。

類語と使い方例文②ご要望に添えず

ご要望に添うことができません

ご希望に添えずの類語2つ目は「ご要望に添えず」です。ご要望とは、「強く期待・求めること」という意味があります。そのため、相手が「強く期待・求めることを達成することができない」場合にこの言葉が使われます。「ご希望」と「ご要望」を比べると「ご要望に添えず」の方が現実的で、強い望みだと言えます。

相手が強く期待・求めることに対して達成できないという申し訳ない気持ちが「ご要望に添えず」という言葉には含まれています。また、ご要望に添えずよりもより強い望みの場合には「御所望(ごしょもう)」という言い方が使われることもあります。

\ POINT /

ご要望に添えずの例文

今回の件は、折り合いがつかず、ご要望に添えず申し訳ございません。

類語と使い方例文③ご意向に添えず

ご意向に添えず申し訳ございません。

ご希望に添えずの類語3つ目は「ご意向に添えず」です。「ご意向」とは、物事に対する意志・意見をどのようにするかの方向性のことを言います。ただし、決まり文句として使われる場合には「意見」「要望」という言葉を丁寧に言い換えたいときにも「ご意向に添えず(ご意向に添う)」という言い方をします。

また、「ご意向」は第三者からの意見や考えを別の第三者に伝えるときにも使われる敬語表現です。「ご意向に添えず」の場合は「取引先・お客様」の意見を「自身の所属する会社・企業」が適えることができない。と言った場合に使います。「ご意向に添えず」という言葉だけでなく適した使い方もしっかりと覚えておきましょう。

\ POINT /

ご意向に添えずの例文

日時の変更はお受けできません。ご意向に添えず申し訳ございません。

類語と使い方例文④恐縮です

適えることができず恐縮する

ご希望に添えずの類語4つ目は「恐縮です」です。相手に対して申し訳なく思う気持ちを表している言葉です。謝罪としての「ご希望に添えず」に近い言葉であると言えます。相手の希望・要望を適えることができずに大変に申し訳ないという気持ちを伝えるときに使われます。

この言葉はほかにも、物事を依頼するときや相手から受けた好意に対しての感謝の気持ちとしても使われています。ある意味万能性のある言葉ともいわれています。そのため、過剰に使いすぎてしまうことも多くみられます。過剰に使うことで、自己評価の低い自信のない頼りない人だと思われてしまうので気を付けましょう。

\ POINT /

恐縮です(謝罪)の例文

大変恐縮ですが、今回の行事に参加できそうにありません。

ご希望に添えず(沿えず)の意味の英語と使い方例文

ご希望に添えずの意味の英語はWithout your request

英語表現も覚えておきたい

ご希望に添えず(沿えず)の英語は「Without your request」です。希望は「request(リクエスト)」と表現されています。元々の「request(リクエスト)」には「要求」という意味があるのでご希望に添えずという意味として使うことができます。下記の例文の様に使用すると良いでしょう。

ご希望に添えず(沿えず)の意味の英語と例文
  • Sorry for not meeting your reques.(ご希望に添えず申し訳ございません)
  • As a result I apologize for not meeting your request.(結果的にご希望に添えず申し訳ございません)
  • We apologize for not meeting your request.(ご期待にお答えできないことをお詫び申し上げます)

ご希望に添えずの類語英語はWithout your intention

相手に気持ちを伝える英語表現

ご希望に添えずの類語英語は「Without your intention」です。「intention(インテンション)」には「意図」という意味があります。ご希望に添えずに近い翻訳をするとすれば「ご意向」が近いでしょう。「ご期待に添えず」「ご意向に添えず」「ご要望に添えず」の例文は下記の様になります。

ご希望に添えず(沿えず)の類語の意味の英語と使い方例文
  • Sorry for not meeting your expectations.(ご期待に添えず申し訳ございません)
  • I can not meet your request.(ご要望に添うことができません)
  • I'm sorry I can not keep up with your intention.(ご意向に添えず申し訳ありません)
  • I'm afraid that I'm not helpful.(お役に立てず恐縮です)

ビジネスシーンでは「ご希望に添えず」とともに多くみられる表現があります。それが「誠に勝手ながら」です。正しい意味や使い方をしっかりと理解していますか?下記の記事では「誠に勝手ながら」の使い方や意味、英語での言い方について詳しく紹介しています。是非こちらもご覧ください!

Small thumb shutterstock 524316091
関連記事 誠に勝手ながらの使い方例文8選|メールでの使い方や英語での言い方も

「誠に勝手ながら」を正しく使えていますか?「誠に勝手ながらの意味や、例

ご希望に添えず(沿えず)を使いこなそう!

使いこなして立派なビジネスマンになろう

ご希望に添えず(沿えず)は、相手に対して要望や希望を適えることができずに、申し訳ないという意味が込められています。その類語には「ご期待に添えず」「ご意向に添えず」「ご要望に添えず」「恐縮です」があります。どの表現も、相手に対して適えられなかったことを申し訳なく思う気持ちが同じように込められています。

「申し訳ございません」という謝罪の言葉と一緒に使うことで、相手に対して申し訳なく思っている気持ちをよりはっきりと伝えることができるでしょう。外国の取引先・お客様に対しても同じように気持ちを伝えられるように英語表現もいくつか覚えておいても良いかもしれません。

ビジネスシーンでは、謝罪の表現以外にも、様々な表現があります。その1つが「先日(せんじつ)」です。先日とは、具体的にはいつなのでしょうか。昨日?一昨日?もっと前なのでしょうか。少し曖昧に覚えてしまっている人の多い「先日(せんじつ)」について下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

Small thumb shutterstock 556907218
関連記事 先日っていつ?意味は?過日と使い分けたいビジネスでの使い方は?

会話やビジネスでもよく使う「先日」ですが、その意味はわりと曖昧。「先日

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。