INDEX

マハロとはどういう意味?Mahaloの由来は?

マハロとは「ありがとう」という感謝の意味を表す言葉

感謝の花

まず、マハロという言葉とは、ハワイ語で「ありがとう」という感謝の意味を表す言葉です。より詳しく見ていくと、この言葉は「感謝する」「称賛する」「敬意を払う」というニュアンスを持つ言葉だとされています。相手が自分にしてくれた言動に対してそれに敬意を払い感謝するという意味で用いられます。

日本からも観光客が非常に多いハワイですが、例えばお店で何かを購入したり、レストランで食事をした後に定員さんがこの「マハロ」という言葉を使うのを良く耳にするでしょう。また、利用客側がお店の人のサービスなどに感謝をする意味で「マハロ」と使うこともできます。ぜひ現地でこの言葉を活用してみてくださいね。

Mahalo(マハロ)の由来は3つのハワイ語から来ている

由来を調べる女性

次に、マハロ(Malaho)という言葉の由来についてですが、Mahalo(マハロ)の由来は3つのハワイ語から来ているとされています。その3つのハワイ語が以下で、Maはinは「~の中に、haは、breath「息」aloはpresence、front、face「〜の前に」という意味をそれぞれ表します。

また、ハワイ語の「ha」という言葉には、「呼吸、生命、魂」などを表す意味が含まれるとされており、このことからMahaloという言葉は「(May you be) in (Divine) Breath.」として、「あなたが神の息吹の中にありますように」とも解釈できると言われているそうです。

マハロ(Mahalo)の使い方とは?使用例3選!

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例①マハロ

感謝を表す花飾り

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例の1つ目は、最も基本的な使い方である「マハロ」です。冒頭でお伝えした通り、この言葉は感謝の意を伝えるハワイ語ですが、「マハロ!」と元気な印象で使うことで、お店やレストランなどの帰り際などでの相手への挨拶代わりに使用することが可能です。使いやすい使用例ですね。

具体的には、ショッピング後やレストランでの買い物の後に「マハロ!」と元気に使用したり、街で思いがけず親切にしてくれた見知らぬ人に対して「マハロ」と優しく使用したりできます。この言葉はハワイに旅行で行った際にも非常に気軽に身近な表現として活用チャンスの多いものですので、ぜひ実際に使ってみましょう。

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例②マハロ・ヌイ・ロア

感謝を伝え合うカップル

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例の2つ目は、「マハロ・ヌイ・ロア」です。「Mahalo nui loa」とハワイ語では書くこの言葉は、日本語に訳すと「ありがとうございます。」という意味を表す言葉になります。「マハロ」よりも少し丁寧に、礼儀正しく相手に感謝の意味を伝えられるマハロの応用形ですね。

「nui」という言葉には「大きい、重要な」という意味、また「loa」には「非常に」や「大いに」という意味があります。このことから、このヌイ・ロアという部分は英語で言うところの「very much」の意味ということになります。目上の人やそれ以外の人でも丁寧に感謝を述べたい際にぜひ使用してみましょう。

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例③メ・カ・マハロ

感謝を表すハートの土地

マハロ(Mahalo)の使い方と使用例の3つ目は、「メ・カ・マハロ」です。これは、ハワイ語では「Me ka mahalo」と書き、意味としては「感謝を込めて」という意味になります。「me(メ)」は英語単語の「with」に置き換えられ、このことからこの言葉は「~と共に」という意味を表すことになります。

一方、「ka(カ)」は定冠詞なのでここでは「with gratitude」、日本語にすると「感謝と共に」という意味となり、それが転じて「感謝を込めて」という意味になります。この「メ・カ・マハロ」は、ハワイ語では決まり文句とされており、特にメールや手紙などの結びの言葉として頻繁に使用されています。

以上までで、ハワイ語である「Mahalo(マハロ)」という言葉の意味と具体的な使い方についてご紹介してきました。書き関連記事内では、ハワイ語のことわざや名言を厳選して分かりやすくお伝えしています。素敵で面白い言葉や格言などもありおもしろいですよ。興味のある方はぜひこちらの内容も参考にしてください。

Small thub shutterstock 520314997
関連記事 ハワイ語のことわざ・名言24選!素敵な・面白い言葉・格言は?

ハワイ語にはとても神秘的な言葉がたくさんあります。ハワイ独特の言葉をつ

アロハ(Aloha)とは?意味・使い方とマハロとの違いは?

アロハ(Aloha)の意味は「こんにちは」「初めまして」

笑顔の女性

ハワイ語の挨拶で良く使われるアロハ(Aloha)という言葉の意味は、「こんにちは」「初めまして」です。この言葉は、ハワイに行ったことがある方、あるいはハワイに興味がある方なら一度は聞いたことのある耳慣れた表現でしょう。誰かと挨拶を交わす際に、「アロハ!」と元気に呼びかけると楽しい気分になれます。

このアロハ(Aloha)の構造を見ていくと、Aloは顔、haはbreath(息)というハワイ語2語でできていることが分かります。このことから、アロハ(Aloha)は相手に感謝や敬意を表すニュアンスも持つ挨拶語だとも言われています。また、挨拶する人数の変化によってその形が変わる変化に富んだ表現です。

アロハ(Aloha)の使い方はアロハ・カカヒアカなどに応用可能

挨拶する二人のメタファー

次に、アロハ(Aloha)の使い方についてです。アロハ(Aloha)という言葉は、例えばアロハ・カカヒアカ「Aloha kakahiaka」、アロハ・アヒアヒ「Aloha ahiahi」などの言葉に応用して使用されます。アロハ・カカヒアカは日本語で「おはよう」、アロハ・アヒアヒは「こんばんは」です。

この他にも、もっと厳密に時間によってその使用が区切られている「アロハ・アウァケア」や「アロハ・アウイナラー」などの言葉もあります。このように、ハワイアンが使用するハワイ語はその時間や内容によって非常に豊富な種類があり、そこからは彼らの繊細な心の動きと文化の深さを感じますね。

アロハ(Aloha)とマハロ(Mahalo)の違いは基本的な意味の違い

読書本

アロハ(Aloha)とマハロ(Mahalo)の違いは、先述した通りアロハは「こんにちは」という意味を表し、マハロは「ありがとう」を表すことから、基本的な意味を異にするという点だということが分かります。ただ、どちらも相手に敬意を表し、挨拶代わりに使われるハワイ語だという点では共通しています。

ここまで、アロハ(Aloha)とマハロ(Mahalo)というハワイ語の挨拶の仕方などを中心にお伝えしてきましたが、思わずハワイに行きたくなった!という方もいるのではないでしょうか?下記関連記事内では、女子旅にも人気なハワイのおすすめホテルをご紹介していますよ。ぜひこちらもチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 561371275
関連記事 ハワイのおすすめホテル15選|人気ランキングも!観光/宿泊/高級/女子旅

海外旅行の定番であるハワイには、日本人が宿泊しやすいおすすめのホテルが

マハロ(Mahalo)とアロハ(Aloha)以外のハワイ語の挨拶とは?

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶①さようならの意味のアー・フイ・ホウ

別れる二人

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶の1つ目は、日本語で「さようなら」の意味を表す「アー・フイ・ホウ」です。「a hui hou」とハワイ語では表記します。[hui」は「会う、繋がる」、「hou」は「再び」という意味があるとされています。

このことから、この「アー・フイ・ホウ」は英語の「See you again.」に近い言葉と考えられます。英語での使用の際と同様、ぜひまた近く会いたいな、と思う人に向かって「さようなら」という意味を込めてこの言葉を使うことができます。日常生活でも使用頻度が高い身近なハワイ語として重宝しそうです。

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶②調子を尋ねるペヘア・オエ?

元気そうな女性

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶の2つ目は、相手に調子を尋ねる表現である「ペヘア・オエ?」です。これは、「Pehea 'oe」とハワイ語では表記し、日本語では「調子はどうですか?」という意味になります。このことから、英語フレーズの「How are you doing?」と同じ意味と言えますね。

「Pehea?」という言葉は、それ自体で「いかがですか?」という意味がある言葉で、「‘oe?」は「あなた」という意味を表します。この言葉は、挨拶ではもちろんのこと、職場や日常生活で相手の様子や体調を尋ねる際に活用できる便利なハワイ語です。ぜひ積極的にハワイ現地でも使用してみるとおもしろいでしょう。

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶③歓迎の意味を表すエ・コモ・マイ

歓迎されるゲスト

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶の3つ目は、「エ・コモ・マイ」です。これは、「E komo mai」とハワイ語では表記し、意味は「ようこそ」という意味です。「komo」は「内に入る」、「mai」には「こちらへ」という意味を表す言葉だとされ、ハワイ現地でもホテルでの出迎えなどの際に耳にします。

英語で一番近い表現はシンプルに「Welcome.」や「You're welcome.」でしょう。どちらも「ようこそ、あなたを歓迎します。」という意味で用いられます。このように、ハワイ語で現地の人にホテルや訪問先で歓迎されると、とても嬉しい気持ちになりますよね。返答にはぜひ「マハロ!」と答えましょう。

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶④別れの言葉マーラマ・ポノ

旅立つ少女

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶の4つ目は、別れの言葉として使われる「マーラマ・ポノ」です。ハワイ語表記では、「mālama pono」と表記され、日本語にすると「お元気で」という意味になります。これは、単に「さようなら」と相手に伝えるというよりは、相手の未来の様子を気遣うニュアンスが強いです。

これは世界中どこにいても共通ですが、やはり友達や家族など自分が親しくしている人と別れるのは辛いことです。しかし、その気持ちを乗り越えて相手の将来を気遣い、見送ってあげることは別れの際に非常に重要なことですよね。ハワイを離れる際にも、ぜひこの「マーラマ・ポノ」を使って誰かに別れを告げてみましょう。

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶⑤再会を誓う言葉ア・フイ・ホウ

再会するカップル

マハロとアロハ以外のハワイ語の挨拶の5つ目は、再会を願う言葉として使われる「ア・フイ・ホウ」です。ハワイ語では、「A hui hou」と表記され、日本語では「また会いましょう」という意味となります。英語の挨拶で使われる言葉「I hope I can see you soon.」と同じニュアンスです。

この言葉は、特に離れがたいと感じる、思い入れの深い相手に使うとより効果的です。そうすることで相手にも自分の相手に対する好意がしっかり伝わり、相手とまた実際に再会するチャンスも掴む可能性が高くなるでしょう。人との出会いは縁ですが、その縁をこのような言葉を活用してしっかり繋ぐのも良いかもしれません。

下記関連記事では、ハワイ現地に行った際に参考にできる大人女子コーデをたっぷりご紹介しています。レストランやホテルにぴったりのドレスコードのご紹介もありますよ。ハワイの服装コーデが気になる人はこちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 653348797
関連記事 【ハワイの服装】大人女子のコーデ20選|レストラン・ホテル編

ハワイのレストランやホテルに出掛ける際に、服装選びに迷う女性も多いので

マハロ(Mahalo)の意味をしっかり理解してハワイ文化を楽しもう!

笑顔がまぶしい女性

この記事では、マハロ(Mahalo)の意味やその具体的な使い方、アロハやその他ハワイ語の挨拶で使える表現を沢山ご紹介してきました。ハワイは日本人観光客にも未だ非常に人気のある土地ですが、この記事を読んで色んなハワイ語に触れることで、「私もハワイに行ってみたい!」と思った方も多いのではないでしょうか?

ハワイは、神道を中心とした自然を慈しむ文化を当たり前のこととして生活する日本人とも非常に親和性の高い土地だとも言われています。美しいビーチに新鮮な魚介類など共通する点も沢山ありますよね。ぜひこの記事を参考にしてハワイ文化への理解を深め、その独自で素敵な文化を堪能してみてくださいね。

下記関連記事内では、かわいいハワイ語の単語を厳選して10個ご紹介しています。可愛い女の子にもぴったりの素敵な名前についてもたっぷりご紹介していますよ。この記事を読んでますますハワイ語に興味を持った!という方にもおすすめの記事となっています。この記事と合わせてぜひこちらもチェックしてみてください。

Small thub shutterstock 367709207
関連記事 かわいいハワイ語の単語10選一覧|可愛い女の子の素敵な名前も

かわいいハワイ語の単語やハワイ語の素敵な名前をご存知ですか?ハワイ語に

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。