INDEX

ハイカラの意味とは?

ハイカラの意味①外国人のような

ハイカラの意味を考える人

ハイカラの意味の1番目とは、外国人のようなという意味です。外国人のような格好や発言、仕草などをする人に対してハイカラという表現が使われました。

ハイカラという言葉は明治時代から使われ始めた言葉だと言われています。明治時代は珍しかった外国人のような雰囲気を醸し出している日本人のことをハイカラと表現しました。

ハイカラという言葉を外国人のようなという意味で使う場合には、「ハイカラな服を着ている」「ハイカラなことを言う人だ」「ハイカラな身振りで話す人」といった表現がされます。

ハイカラの意味②流行に敏感な

流行に敏感な女子の画像

ハイカラの意味の2番目とは、流行に敏感なという意味です。流行に敏感な服装をしていたり、まだあまり浸透していない言葉遣いをする人などに対して使われる際に、流行に敏感なといった意味合いを含めてハイカラという表現がされます。

現代でも聞きなれない言葉やカタカナ英語などを使って得意げになる人は少なくありません。このようにあまり浸透していない言葉や難しい英単語を使うことで、自分の知識や知性をアピールしたいという自己顕示欲の強い人はハイカラと言われていました。

他にも時代の先端をいこうとして一般的には着られていない服を好んで着たり、珍しい髪型をする人などはハイカラと呼ばれていました。流行に敏感なという意味合いでハイカラという言葉を使う場合には「あんなにハイカラなバッグは私には似合わない」「ハイカラな言葉は理解できない」といった使い方がされます。

ハイカラの意味③お洒落

お洒落な人の画像

ハイカラの意味の3番目とは、お洒落という意味です。ハイカラという言葉には、外国人のようなといった意味や流行に敏感なといった意味合いがあることから、お洒落というニュアンスが含まれることもあります。

明治時代の日本は外国の文化が流入し始めた時代であることから、外国人のような服装や話し方は時代を先取りしているようなお洒落な印象を周囲の人に与えたと言われています。そのようなお洒落なイメージが流行に敏感というイメージにつながって、そこからお洒落という印象につながっていったと言われています。

ハイカラという言葉をお洒落という意味合いで使う場合には「私もあんな風にハイカラな靴が欲しい」「少しはハイカラな髪型を意識したらどう?」などといった使い方がされます。

ハイカラの語源とは?

ハイカラとは明治時代の記者が使った「ハイカラア」を語源にした言葉

ハイカラの語源を考える人

ハイカラとは明治時代の記者が使った「ハイカラア」を語源にした言葉です。ハイカラアという言葉を使った人は石川半山さんというジャーナリストであると言われています。石川半山さんは毎日新聞の中の当世人物評というコーナーでハイカラアという表現を使ったと言われています。

ハイカラアという表現が使われ始めた際の意味合いには、新しい価値観を受け入れる人といった意味が含まれており、革新派といったニュアンスが込められていたと考えられています。ちなみに革新派の反対の意味合いを持つ保守派を表す言葉にはちょんまげ派といった表現があったと言われています。

明治時代の日本は海外からの文化や価値観が入ってきた時代になることから、ハイカラア派と言われる人は開国派で、ちょんまげ派と呼ばれる人の考え方は尊王攘夷派といった表現が使われることもありました。

ハイカラの語源とは英語のhigh-colorに由来する

英語教師の画像

ハイカラの語源とは英語のhigh-colorに由来します。high-colorとは明治時代の外国人が着ていた高い襟のある服装を意味します。つまり、ヨーロッパやアメリカ風の服装の特徴であるhigh-colorな格好をしている人のことをハイカラア派と呼んだということです。

こういったことからもわかる通り、ハイカラア派と呼ばれる人は外国の文化を受け入れる考え方をしていた傾向があります。そのために革新派や開国派といった意味合いでハイカラア派と呼ばれたと考えられています。そのためハイカラの語源はhigh-colorに由来します。

その一方で明治時代の日本はまだまだ外国の文化に馴染みのない人が多く、日本特有のちょんまげをしていたり、和服を好んだ人が大勢いたと言われています。このように外国の文化を受け入れることに抵抗を示していたからこそ、ハイカラア派と対比して保守派・尊王攘夷派などと呼ばれていたということです。

明治時代のハイカラ・はいからさんって?

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味①外国かぶれした人

外国人のイメージ画像

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味の1番目は、外国かぶれした人という意味合いです。明治時代の日本において、ハイカラ・はいからさんという言葉は、相手を悪く言う際などに使われることが多かったと言われています。

明治時代の日本ではまだまだ外国の文化は目新しいものであり、これまでの生活の中で全く馴染みのないものであったことから、毛嫌いする人が少なくありませんでした。そんな中で新しい時代の幕開けを信じて外国の文化を受け入れようとする人は、保守派の人や尊王攘夷派の人から批判を受けることも多かったと言われています。

このような時代背景があり、ハイカラ・はいからさんと言う場合には嫌味が込められたケースが多く「外国人かぶれして日本人としての誇りを持っていない人」といった意味合いで使われることも少なくありませんでした。

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味②かっこつけな人

かっこつけな人の画像

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味の2番目は、かっこつけな人という意味合いです。明治時代の日本において、外国人は堂々とした言動が印象的であったと言われています。自分の思ったことや感じたことをハッキリと相手に伝える姿勢や、他人の国であるにもかかわらず堂々とした立ち居振る舞いが見受けられたからです。

このように自分の考え方をしっかりと持って堂々とした態度をとる外国人を見た日本人の中には、外国人のことをかっこつけな人と感じる人も少なくありませんでした。そういったことから外国人のような服装や言動をするハイカラな人やはいからさんと呼ばれる人はかっこつけな人という印象を与えがちであったと言われています。

こういった価値観があったため、ハイカラな人やはいからさんと呼ばれる際には「あの人はかっこつけで鼻につく人」といった意味合いが込められるケースが少なくありません。ハイカラという言葉やはいからさんという言い回しには、どこか皮肉めいた意味合いや相手を悪くいうといったニュアンスが含まれます。

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味③浅はかな人

若くて思慮深くない人の画像

明治時代のハイカラ・はいからさんの意味の3番目は、浅はかな人という意味合いです。明治時代の日本では押し寄せてくる外国文化に圧倒される人や脅威を感じる人が少なくありませんでした。そのため従来の文化や価値観を維持したいといった考え方をするの人の中には、気軽に外国文化を受け入れられないと考えた人もいます。

そういった保守的な考え方の人の中には尊王攘夷の信念をもとに外国勢を追い払おうとした人もいます。そんな中で外国文化を受け入れてむやみに流行にのっているような人を見かけると、浅はかな考えを持っている人に見えたと言われています。

外国の文化や考え方が流入してきて、油断をしているうちに日本が外国に乗っ取られるかもしれないといった危機感を抱いていた人も少なくありません。そのため外国人かぶれの服装や言葉遣いをする人は自国を軽んじる人だと見られることもあり、はいからさんという表現には浅はかな人という意味が込められたと言われています。

現代のハイカラとは?

現代のハイカラとは死語になった言葉

ハイカラが死語になったことを伝える人のイメージ画像

現代のハイカラとは死語になった言葉だと言われています。ハイカラという言葉は外国人のようなといった意味合いが主なものであることから、外国文化をたくさん受け入れた現代の日本においては死語になったと言われています。

外国の文化に対して興味を抱いたり、受け入れたりといった姿勢が定着していくにつれてハイカラという言葉やはいからさんといった表現は次第に使われなくなり、死語となりました。今では死語となったハイカラという言葉には、流行に敏感なといった意味やお洒落なといった意味合いも含まれます。

そのため、現代においてもハイカラという表現を使えなくはありません。しかし明治時代から外国文化を受け入れる人を悪く言う表現であったことから、ハイカラの持つメインの意味合いが成り立たなくなったため、現代において死語になったと考えられています。

現代でハイカラを使うなら外国の文化や考え方を重視する人

外国文化を重視する人の画像

現代でハイカラという言葉を使う場合、外国の文化や考え方を重視する人といった意味合いで使うことができます。現代においては外国文化が広く浸透してきましたが、日本の文化がなくなったわけではありません。

外国文化がたくさんの人に受け入れられたことやインターネットなどを利用して情報が手軽に入手できるようになりましたが、日本人の生活には日本の文化が根付いています。こういった現代の時代背景をとらえてハイカラという言葉を使うとすると、過度に外国文化を重視した人という意味合いで表現することができます。

日本人にもかかわらず、これといった目的もなく英語漬けの日々を送ったり、外国人との付き合いがないにもかかわらず家の中でも土足で生活するなど、度を越して外国かぶれをしてしまっている人は皮肉な意味合いを込めてハイカラと呼ばれることもあります。ちなみに皮肉を言う人の特徴などは以下の記事をご覧ください。

Small thumb shutterstock 361861517
関連記事 皮肉・嫌味を言う人の心理や特徴11選|皮肉・嫌味を言う人への対処法とは?

皮肉や小言は言われる側もあまり気持ちの良いものではありませんよね。皮肉

ハイカラやはいからさんの意味を理解して適度に外国文化を受け入れましょう

ハイカラやはいからさんという言葉が使われていた当初は、皮肉めいた意味合いがあり、外国かぶれやかっこつけといったニュアンスが含まれていました。その背景には突如押し寄せてきた外国文化への脅威や不安といった感情がありましたが、現代においては外国文化は珍しい物ではなくなりました。

そのため現代において度を越さない範囲で外国文化を尊重し、それと同時に日本の文化も大切にすることでバランスの良い生き方ができると言われています。度を越した考え方は周囲の人に馴染めない原因となってしまうので、ハイカラやはいからさんといった表現から学び、適度に外国文化を受け入れましょう。

今では死語となったハイカラは、充実した毎日を過ごす人に多かったと言われています。今で言うリア充な人がお洒落や流行を楽しんだということですね。リア充な人については以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひあわせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 494939341
関連記事 リア充が多い大学ランキングTOP10!彼女がいるイケメンやサークルも

この記事ではリア充が多い大学ランキングを紹介します。「イケメンの彼氏や

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。