INDEX

器量よしの意味は?

器量よしの意味①「器量よし」とは美しい見た目のこと

花に囲まれた女性

器量よしの意味の1つ目は、美しい見た目のことです。主に、美しい見た目の女性を指して使用します。「器量よし」の意味の中では、最も一般的なものですね。

「器量」は、もともと、人の持つ才能や能力のことを意味します。しかし、女性に対して使用する場合は、「器量よし」という表現が最も多くなります。こちらの表現が生まれた時代では、女性にとって最も優れた能力は、見た目であると認識されていたのかもしれません。

器量よしの意味②男女問わず度量があること

手をつないで街を眺める男女

器量よしの意味の2つ目は、男女問わず度量があることです。見た目のことを指しているのでなければ、人が持つ度量の大きさを示していると解釈されます。度量とは、心が大きく、他人の言動を柔軟に受け入れる性質のことをいいます。とくに男女差があるわけでもなく、人としての器が大きい場合に用いられます。

器量よしの意味③人としての魅力にあふれた性格のこと

部下に囲まれる男性

器量よしの意味の3つ目は、人としての魅力にあふれた性格のことです。人の性格は様々ですが、特にたくさんの人を惹き付けたり、好かれたりするタイプの人がいます。どちらかというと、男性に対して使用するケースの方が多い表現です。しかし、男女平等が謳われる現代では、女性に対して用いるのも間違いではありませんね。

では、具体的に、どのような性格の持ち主が「器量よし」と判断されるのでしょうか。それぞれの特徴についてチェックしてみましょう。

器量よしな性格の人の特徴8選

器量よしな性格の人の特徴①度量が広い

スーツ姿の金髪の女性とメモをとる人々

器量よしな性格の人の特徴の1つ目は、度量が広いことです。他人の意見に耳を傾けて、必要であれば取り入れる性格のことです。簡単そうですが、実践しようとすると、意外に難しいですね。自分を守るために、他人の意見に頑なになることは、よくあることです。

しかし、器量よしな性格の人は、そんなことを気にしないだけの、懐の深さがあります。良いものは良いものとして、快く受け入れられる人間を目指したいですね。

器量よしな性格の人の特徴②他人を気遣うことができる

女性の肩に手をかける男性

器量よしな性格の人の特徴の2つ目は、他人を気遣うことができることです。忙しい日々を送っていると、自分のことだけで精一杯になってしまいがちですね。器量よしな性格の人は、それでも他人を疎かにはしません。困っているようであれば、さり気ないサポートをする優しさを持っています。

どんなに忙しくても、気遣いを忘れないということは、大きな才能ですね。ほんの小さな気遣いでも、された方にとっては嬉しいものです。

器量よしな性格の人の特徴③落ち着いた物腰

古い町並みと傘をさした女性

器量よしな性格の人の特徴の3つ目は、いつも落ち着いた物腰だということです。仕事でも私生活でも、想定外の出来事があると、取り乱してしまうことも多いですね。焦ってしまうと、それだけ冷静に対処する力が失われていきます。取り乱してはいけないと分かっていても、自分でコントロールするのは難しいことです。

しかし、どんな時でもどっしりと構えて、対処することができる人も存在します。焦らずに、やらなければいけないことをやり遂げる姿勢は、見習いたいものですね。

器量よしな性格の人の特徴④感情的にならない

壁にもたれる女性

器量よしな性格の人の特徴の4つ目は、感情的にならないことです。怒りや苛立ちなどを感じると、どうしても顔に出してしまったり、周囲にあたってしまったりすることがあります。しかし、される側になってみると、迷惑以外の何物でもありませんね。

器量よしな性格の人は、感情をコントロールして、周囲に迷惑をかけないように心がけます。怒りや苛立ちを、別の方法で解消して、うまく付き合っていきます。

器量よしな性格の人の特徴⑤プレッシャーに強い

朝日を浴びてジョギングする女性

器量よしな性格の人の特徴の5つ目は、プレッシャーに強いことです。仕事や勉強などで良い結果を出すことを、周囲から期待されるとプレッシャーを感じてしまいますね。頑張らなければと、張り切る一方で、「これだけ期待されているのに、失敗してしまったらどうしよう!」という不安に苛まれることになります。

しかし、プレッシャーや期待を糧にして、伸びていく人も存在しますね。器量よしな人は、プレッシャーに押しつぶされるのではなく、プレッシャーを足がかりにする力を秘めています。

器量よしな性格の人の特徴⑥人前で愚痴を言わない

オフィスのガラスにもたれる女性

器量よしな性格の人の特徴の6つ目は、人前で愚痴を言わないことです。何かに対して不満を持つと、愚痴をこぼしたくなりこともありますね。口にすることでスッキリすることもあるかもしれませんが、口は災いのもととも言います。

器量よしな性格の人は、愚痴を言う前に、現状を改善しようと努力していきます。王様の耳はロバの耳のように、人知れず叫ぶことはあるかもしれませんが、決して聞こえるところで口にすることはありません。

器量よしな性格の人の特徴⑦多くの人に認められる

集まって談笑する男女

器量よしな性格の人の特徴の7つ目は、多くの人に認められることです。周囲への気遣いを忘れず、落ち着いた物腰など、すぐれた特徴を備えているのですから、認められる要素は十分ですね。もっている才能に嫉妬されて、嫌われることはあるかもしれませんが、それも器量を認めていることの裏返しとなりますね。

器量よしな性格の人の特徴⑧身だしなみにも気を配る

赤いハイヒールとバッグ

器量よしな性格の人の特徴の8つ目は、身だしなみにも気を配ることです。決して派手なものに身を包んでいるわけではないのに、装いが魅力的な人はいますね。逆に、豪華なものを使用していても、品がなかったり、魅力を感じなかったりすることもあります。器量のよさには、身だしなみへの配慮も必須です。

身だしなみをきちんと整えることは、美人の度合いを上げることにもつながります。見た目に自信がなくても、適切な髪型やメイク、ファッションに注意するだけで雰囲気美人が仕上がりますね。雰囲気美人のなり方については、こちらの記事の内容をチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 645401338
関連記事 雰囲気美人の特徴10つ|綺麗な人の髪型・メイク・ファッションは?

綺麗な人でもないのにモテて仕方がない女性、それが雰囲気美人。どうしてそ

器量よしと気立てのいいの違いは?

器量よしと気立てのいいの違い①外見よりも内面重視

男性の肩に手をまわす女性

違いの1つ目は、気立ては、外見よりも内面を重視しているということです。女性に対して器量よしといえば、外見が優れていることになります。対して、気立てがいい女性と使った場合は、優しく気の利く性格をしていることを意味します。器量よしで気立てがいい女性であれば、言うことなしかもしれません。

器量よしと気立てのいいの違い②男性と女性で表現が異なる

ドルマークの上の男女

違いの2つ目は、気立ては、男性と女性で表現が異なることです。内面のいい男性に対して、気立てがいいと使うことはありません。男性の場合は、爽やかで性格がいいことを意味する「気風(きっぷ)のいい」を用いるようにしましょう。

ここで紹介したもの以上に、「気立てがいい」という表現について詳しく調べてみたい方は、こちらの記事がおすすめです。特徴を始めとした、気立てがいい人についてのすべてが詰まっています。特徴を見につけて、気立てがいい女性になってみましょう。

Small thumb shutterstock 558832264
関連記事 気立ての良い人の特徴10個!「気立てが良い」の意味とは?

気立ての良い人の特徴と聞くとどんなイメージを抱きますか?「気立てが良い

器量よしの使い方は?

使い方①女性の容姿を褒める

髪の長い東洋系美人

使い方の1つ目は、女性の容姿を褒めるときに使うものです。もっとも一般的な意味が、女性の見た目を表すものなので、この使い方が基本となります。「近所でも器量よしと評判の娘さん」や、「○○さんは、器量よしで気立てがいいと人気だ」のような使い方ができます。

使い方②度量の大きさを表す

ビル群を眺める男性

使い方の2つ目は、度量の大きさを表すものです。例えば、「人並み以上に器量よしなので、頼もしく思っている」や、「その程度の心持ちでは、器量よしとは言えない」のような使い方が考えられます。

ただし、「器量よし」は、現代では女性の見た目に関する意味合いが強いという問題があります。「器量がいい」という表現に置きかえると、混同されにくくなります。

使い方③才能や能力を認める

オフィスで握手するビジネスマン

使い方の3つ目は、才能や能力を認めるための使い方です。「敏腕で誰もが認める器量よし」のような使い方が考えられますね。しかし、こちらも「器量よし」では女性の見た目と間違えられやすくなるので、表現を少し変えてみると良いでしょう。

「敏腕で誰もが認める器量がある」や「優れた器量の持ち主」のような使い方が考えられます。「器量」に付け加える表現を少し変えるだけで、印象が大きく変わりますね。

器量よしの類語は?

類語①小股の切れ上がった

スタンドに座る女性

類語の1つ目は、「小股の切れ上がった」という表現です。「小股の切れ上がったいい女」と続けることもあります。小股は、膝と腿の部分のことです。もとは、着物の裾からちらりと見える脚がきれいな女性を意味する言葉でしたが、転じて、美しい女性を指すようになりました。類語として、申し分のない表現ですね。

類語②べっぴんさん

桜と傘をさした着物の女性

類語の2つ目は、「べっぴんさん」です。漢字で表記すると「別嬪さん」となります。他の品物と比べて、格別に質が良いこと意味する「別品」が語源でした。時間の流れとともに、美しい女性を指すようになり、高貴な女性を意味する「嬪」という漢字が当てられました。「小股の切れ上がった」と同じ、見た目に関する類語です。

類語③人格者

レンガの壁にもたれる男性

類語の3つ目は、「人格者」です。人としてのお手本となる、優れた人柄のことを指す言葉です。度量があることを示す、類語ですね。また、男女関係なく使用することができる点も似ています。誰からも尊敬される、魅力のある人物となります。

類語である人格者の意味や特徴を詳しくチェックしたい方は、こちらの記事を読んでみましょう。特徴から人格者になる方法まで、いろいろとまとめられています。

Small thumb shutterstock 593494403
関連記事 人格者の特徴13選|仕事でも重宝される人格者になるにはどうすれば良い?

人格者の意味とは何でしょうか。ここでは、仕事で重宝される人格者の特徴や

見た目も度量も伸ばして完璧な器量よしを目指そう

器量よしは、主に女性の見た目を褒めるときに使う言葉です。また、男女関係なく度量があることを意味する言葉でもありますね。昔は、女性に求められるものは、外見だけだったのかもしれませんが、現代では違います。

見た目も度量も備わってこそ、器量よしと認められるのではないでしょうか。自分磨きをして、完璧な器量よしを目指してみませんか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。