INDEX

子供の名前の付け方の注意点は?

子供の名前の付け方の注意点①漢字の意味を把握したうえで名付ける

赤ちゃんの名前を考える人

子供の名前の付け方の注意点の1番目は、漢字の意味を把握したうえで名付けるということです。名前の響きや呼びやすさを重視して名付ける場合、その名前に合う漢字表記を後から探すということはよくあります。

ひらがなは思いついているけど、それに合った漢字がないから、当て字として使えそうな漢字を選ぶという人は少なくありません。このような名付け方をした場合、親が子供に託そうとする願いとはちぐはぐな漢字を付けてしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、愛情に満ちた子になった欲しいという願いを込めて「みちる」という名前をつけようと思ったものの「満」という名前は直接的だという理由で「未散」という名付けをした場合などは、名付けに込めた意味と漢字の意味がちぐはぐになってしまいますので注意が必要です。

子供の名前の付け方の注意点②名字との文字数や画数を意識して名付ける

名字とのバランスを考える人

子供の名前の付け方の注意点の2番目は、名字との文字数や画数を意識して名付けるということです。赤ちゃんに名付ける時には、名前を考えることに集中しすぎてしまって、名字とのバランスを考えることを忘れていたという方は珍しくありません。

特に名字が1文字や3文字の場合は、付ける名前の文字数や画数によって名前を書いた時の印象が少なすぎたり、多すぎたりすることがあります。そのため名前の文字数や画数を調節することでバランスの良い名付けができるので注意してみてください。

子供の名前の付け方13選

子供の名前の付け方①男の子・女の子に合う音の響きで名付ける

音の響きから名前を考える人

子供の名前の付け方の1番目は、男の子や女の子に合う音の響きで名付けるというものです。男の子であっても女の子であっても音の響きは重要です。子供の名前にあった音の響きを名付けることで、男の子や女の子に合った個性やアイデンティティに影響を与えます。

例えば力強くてたくましい男の子に育って欲しいという願いを込めたい場合には、「たいが」などの力強い響きを感じる名前を付けることで、子供自身も自らをたくましい人間であると自覚しやすくなると言われています。以下の記事では「たいが」と読む名前について紹介しているのでぜひお役立てください。

Small thub shutterstock 425598076
関連記事 【男の子の名前】「たいが」と読む漢字103選と意味!大/太/泰

「たいが」と読む男の子の名前は男の子らしい響きのあるカッコいい名前です

子供の名前の付け方②次男などの第二子・第三子を意識した名付け方をする

上の子がいる家庭の画像

子供の名前の付け方の2番目は、次男などの第二子・第三子を意識した名付け方をするというものです。今後、次男などの2番目の子供が生まれた時に、最初の子供とのつながりがある名付け方をすることで兄弟間や家族のつながりが強くなるイメージを持たせることができます。

例えば、音楽が好きな家庭の場合には「音」という漢字を名付けの際に入れるといった名前の付け方が人気です。第一子には奏音(かなと)と名付けて、次男には春音(はると)と名付けるなど、次男以降の子供が産まれた際の名付け方をイメージすると兄弟に一体感のある名前が付けられます。

以下の記事では男女兼用で使える名前について紹介しているので、第二子、第三子が男の子であっても女の子であっても役立つ内容となっています。今後のために役立ててください。

Small thub shutterstock 517952104
関連記事 男女兼用できる名前!漢字にもこだわった99選

男女兼用できる名前って、中性的でステキですよね。幼い頃に憧れた思い出が

子供の名前の付け方③画数を意識して名付ける

名付けられる赤ちゃんの画像

子供の名前の付け方の3番目は、画数を意識して名付けるというものです。姓名判断を頼りに名前の画数を意識して名付けることで、より運の良い人生を送ってもらえるような名前を付けることができます。

長い人生を生きていくうえでは、運を味方につけることが重要で、幸運に恵まれることで充実な人生を送れると考えられます。特に女の子の場合は、自分で人生を切り拓いていくというイメージよりも、家族やパートナー、周囲の人とのつながりによって幸せな人生を送れるかどうかが大きく左右されると言われています。

そのため、画数を意識した名付けをする人が少なくありません。以下のサイトでは女の子の名前に良いとされる画数が詳しく紹介されているので合わせてご覧ください。

子供の名前の付け方④生まれた季節からイメージして名付ける

季節感を感じる親子の画像

子供の名前の付け方の4番目は、生まれた季節からイメージして名付けるというものです。生まれた季節は赤ちゃんにとって、自分という存在を認識する際に大きな影響を与えると言われています。

そのため、しっかりとした自分をもってアイデンティティを確立できるよう、赤ちゃんが生まれた季節をイメージした名付けは人気があります。

例えば夏に生まれた女の子の場合には、ひまわりをイメージした日葵(ひまり)といった名前の付け方が人気です。以下のサイトでは日葵という名前のイメージや漢字の意味などについて詳しく紹介されているので、ぜひ合わせてご覧ください。

子供の名前の付け方⑤家族の漢字を含める

家族のイメージ画像

子供の名前の付け方の5番目は、家族の漢字を含めるというものです。家族の漢字を含める名付け方は、家族のつながりや絆をより強めるイメージがあることから人気の名付け方です。

例えばママやパパの名前に「誠」という漢字が使われている場合には、子供にも「誠」という漢字を含めた名付けをすることで家族のつながりをより強めたいというイメージを名前に込めることができます。

ちなみに以下の記事では誠実さを感じさせる名前であると言われる「ゆうと」という名前について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thub shutterstock 447066424
関連記事 【男の子の名前】「ゆうと」と読む漢字157選と意味!悠/優/勇

「ゆうと」と読む男の子の名前は人気ランキングで10年以上の間TOP5に

子供の名前の付け方⑥歴史上の人物からイメージを膨らませる

名前を考えるママのイメージ

子供の名前の付け方の6番目は、歴史上の人物からイメージを膨らませるというものです。歴史上の人物からイメージを膨らませるという名付け方は、歴史が好きな人や、歴史に名を刻むような大きな人間に成長して欲しいと考える親に人気の名付け方です。

例えば龍馬や武蔵など、歴史上の人物の名前をつけることによって、坂本龍馬や宮本武蔵のように偉大な功績を残せる人物に育ってほしいという願いを込めることができます。

有名な歴史上の人物についてはドラマなどで知ったという人も少なくありません。過去に偉大な功績を残した人物について手軽に楽しみながら知りたいという方は以下の記事も参考になさってください。

Small thub shutterstock 111689699
関連記事 【歴史ドラマ】おすすめ人気ランキング19選!時代劇・戦国時代の名作!

歴史ドラマは、気軽に日本の歴史を学べる機会ですよね!今回はそんな歴史ド

子供の名前の付け方⑦自然をテーマに名付けを考える

自然のイメージ画像

子供の名前の付け方の7番目は、自然をテーマに名付けを考えるというものです。自然のイメージは赤ちゃんにとって、自分らしく自然に生きていって欲しいという願いや、自然の持つ大らかさなどを持った人間に成長して欲しいといった願いが込められます。

例えば、海や空といった漢字を名前に付けることで自然の持つ大らかなイメージを子供に託すことができます。他にも太陽や風といった漢字を使うことで、自然の偉大なイメージを子供に託すことができることから人気の名付け方です。

自然のイメージから名付ける場合は、子供がありのままの自分に自信を持って生きていった欲しいと願う人もいます。そんな自己肯定感を持った子供は、自分なりの幸せを見つけられることにつながると言われています。自己肯定感を持った子供に育てる方法は以下のサイトで詳しく紹介されているので参考になさってください。

子供の名前の付け方⑧理想のイメージから連想する

理想のイメージを膨らませるママ

子供の名前の付け方の8番目は、理想のイメージから連想するするというものです。理想のイメージから連想するという名付け方は、親の願いをダイレクトに込めた名付け方であることから人気があります。

太陽のように明るい子に育って欲しい場合には「陽太」(ひなた)と名付けたり、幸せな人生を送ってほしいと願う場合には「幸人」(ゆきと)と名付けるなど、両親の願いを込めた名前の付け方にすることで、子供に対する愛情を込めることができます。

明るい子供や幸せになれる子供は、長所を伸ばせるよう褒めながら育てることが重要であると言われています。褒めて育てることで子供は自己肯定感を持てるようになって家庭の雰囲気も明るくなり、幸せな日々を送れると考える人もいます。褒めることで能力を育む方法は以下のサイトで紹介されているのでお役立てください。

子供の名前の付け方⑨植物からイメージを膨らませる

植物の画像

子供の名前の付け方の9番目は、植物からイメージを膨らませるというものです。植物のイメージは清らかなイメージや気品のある様子、小さいながらも力強い様子などの意味が込められます。花や実、葉という漢字を使うことで植物をイメージした名付け方ができます。

子供の名前の付け方⑩動物からイメージを連想する

名前を付けられる赤ちゃんの画像

子供の名前の付け方の10番目は、動物からイメージを連想するというものです。動物のイメージは力強い印象やそれぞれの個性を活かしたイメージなどを彷彿とさせることから特に男の子に人気の名付け方です。虎や馬など個性的なイメージを持つ動物を名付けに使うことで、親の思いを込めることができます。

子供の名前の付け方⑪日本の素敵さを象徴する名付けをする

日本の素敵さを象徴する画像

子供の名前の付け方の11番目は、日本の素敵さを象徴する名付けをする名付けをするというものです。日本の良さを象徴する名付けは自分のルーツが日本にあるという意識が強い人や、グローバルに活躍して欲しいと感じている親に人気の名付け方です。「雅」「和」などの漢字を使うと日本を象徴する名付けができます。

子供の名前の付け方⑫宇宙をイメージした名付けをする

宇宙のイメージ画像

子供の名前の付け方の12番目は、宇宙をイメージした名付けをするというものです。宇宙をイメージした名付けは、大きな人間になってほしいと願う親や情緒あふれる人になってほしいと願う親に好まれる名付け方です。「星」「月」などの漢字を使うことで宇宙をイメージした名付けができます。

子供の名前の付け方⑬文字数から連想する

赤ちゃんとママの画像

子供の名前の付け方の13番目は、文字数から連想するという名前の付け方です。文字数から連想する名前の付け方は、名字を含めた全体のバランスを大切にするという点で重要です。漢字表記した際に長すぎたり短すぎる名前になることをどう感じるかによって異なりますが、より良いバランスを考えてみてください。

男の子・女の子の人気の名前は?

男の子の赤ちゃんに人気の名前は蓮(れん)

男の子のイメージ画像

男の子の赤ちゃんに人気の名前は蓮(れん)です。蓮は蓮の花を連想させることから、苦しい状況下でも力強く生きていける人間のイメージにつながりやすいと言われています。蓮という漢字は1文字であることから、名前自体に力強い魅力を感じる人もいます。

女の子の赤ちゃんに人気の名前は陽葵(ひまり)

可愛い女の子の画像

女の子の赤ちゃんに人気の名前は陽葵(ひまり)です。陽葵は向日葵や太陽を連想させることから、明るくて周囲の人に愛されるイメージが持たれやすいと言われています。陽葵という名前については以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。

子供の名前の付け方に悩む|いつまでに決めなくてはいけない?

子供の名前の決め方に悩む人は14日以内を意識すると良い

赤ちゃんの名付けで悩む人

子供の名前の決め方に悩む人は14日以内を意識すると良いと言われています。子供の名前は14日以内に役所へ出生届を提出することになっているからです。

お七夜は生まれてから7日目に行うことから1週間以内に名前を付けなければいけないと考えてる方も多いですが、じっくりと名付けを考えたいという方は14日以内を意識すると良いでしょう。ちなみにお七夜で書く命名書については以下のサイトで詳しく紹介されているので、参考になさってください。

子供の名前の付け方に悩んで14日を過ぎても役所で受け取ってもらえる

14日を過ぎても大丈夫という画像

子供の名前の付け方に悩んだ人の中には14日を過ぎてしまう人もいますが、出生届は14日を過ぎても受け付けてもらえるので心配する必要はありません。赤ちゃんが生まれてから名前を付けるまでに時間がかかってしまい14日を過ぎてしまう場合は、念のため提出先の役所に連絡しておくと良いでしょう。

子供の名前の付け方を把握してより良い名前をつけましょう

子供の名前の付け方は様々ですが、子供に幸せな人生を歩んでほしいという願いは同じですので、より愛情を感じられる名前を付けてあげましょう。

赤ちゃんが生まれると夫婦関係は変わっていくと言われています。赤ちゃんがいるかどうかで夫婦関係は二極化する傾向があると言われているので、今後の参考のために以下の記事もご覧ください。夫婦関係を円満にして居心地の良い家庭環境を作ることはより良い子育てに重要であると言われています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。