INDEX

業務スーパーの冷凍野菜の安全性は?

業務スーパーの冷凍野菜の安全性①食品衛生法の遵守

スーパーの野菜コーナー

業務スーパーの冷凍野菜の安全性が高い理由1つ目は、厚生労働省が定める食品衛生法です。食品衛生法の中には遵守すべき項目が沢山あり、有毒物質が含まれていないかや放射能、さらには保存料や着色料なども含まれていないかまで徹底的にチェックされます。これらのチェックリストをクリアしないと販売許可が出ません。

業務スーパーの冷凍野菜の安全性②植物検疫

サラダを作る家族

業務スーパーの冷凍野菜の安全性が高い理由2つ目は、植物検疫です。海外から輸入された食べ物には病原菌が付着していることがあり、そこから病気が万円する可能性もあります。それを防ぐため輸出国政府機関からの検査クリアの証明書を発行してもらい、さらに国内で実施する検査をクリアしたものだけが輸入販売されます。

Small thumb shutterstock 558832264
関連記事 100均の扇風機10選!ダイソー・セリア別!ミニUSB扇風機もご紹介!

100均の扇風機は「種類が豊富でデザインも可愛い」と人気があります。ダ

業務スーパーの冷凍野菜の安全性③品質検査

冷蔵庫から野菜を取り出す

業務スーパーの冷凍野菜の安全性が高い理由3つ目は、品質検査です。こちらの検査では温度管理の行き届いた室内で外装の欠損や重量などを専門スタッフが目視などで満遍なくチェックしていきます。商品ごとにも複数のチェック項目を設け、それぞれの特徴を抑えてあらゆる角度からチェックしていきます。

業務スーパーの冷凍野菜の安全性④微生物・理化学検査

検査

業務スーパーの冷凍野菜の安全性が高い理由4つ目は、微生物・理化学検査です。食品衛生法をくぐりぬけた物でも業務スーパー独自の目線で衛生の再検査をします。甘さや塩辛さなど、味覚のひとつひとつにもそれぞれの規格があり、また輸入に際して味覚的に変質したものがないかなども含めて細かくデータ化し検査されます。

業務スーパーの冷凍野菜の安全性⑤官能検査

盛り付けるシェフ

業務スーパーの冷凍野菜の安全性が高い理由5つ目は、官能検査です。ここまで見た目やデータに頼った検査でしたが、最後に実際に一部を人間が実際に食べてみて判断します。個人の味の嗜好に左右されないように複数の専門スタッフがランダムに抜き出した食品を食べてチェックすることで平均的な結果が出るようにしています。

冷凍野菜が便利な理由

冷凍野菜が便利な理由①下準備がいらない

メジャーが巻き付く食べ物

冷凍野菜が便利な理由1つ目は、下準備がいらないことです。例えば皮を剥いたりカットしたり茹でたり、野菜の下準備は実に多岐にわたります。冷凍野菜は野菜それぞれの特徴に合わせて一番助かる形で下準備が完了されており、すぐに料理のメインの工程に入れるようになっています。

冷凍野菜が便利な理由②日持ちがする

保存食

冷凍野菜が便利な理由2つ目は、日持ちがすることです。特に野菜は足が早い者は2日後には駄目になることもありますし、それぞれに合わせた保存法を実践するのが煩わしい側面があります。その点、冷凍であれば買った姿そのままを冷凍庫に戻すだけでしっかりとしかも長期保存してくれます。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜13選

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜①ブロッコリー

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜1つ目は、冷凍ブロッコリーです。花弁の密度が高く埃が溜まりやすいため長時間水に浸けて置かなければいけなかったりと、面倒くさいことが多いものです。その手間を全て省いた冷凍は、ブロッコリーのシャキシャキ感は少ないまでもスープなどであれば使いたい分だけすぐに使えて便利です。

今様々なダイエット法が日々流行していますが、その中でも特に注目度が高く広く流行ったのが糖質制限ダイエットです。そのダイエット法の中で一番食べるべきとされる野菜が実はブロッコリーなのです。ダイエットしたいと考えている人は、こちらを参考にブロッコリーのことを知ってブロッコリーを食べてみてください。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜②ポテト

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜2つ目はポテトです。バリエーションに富んでいて和洋中どこにでも使いやすいポテトですが、皮を剥いたり芽をとったり下茹でしたりと工程が多い食材です。この冷凍であれば使いやすくカットもされていますし既に軽く塩味もついているのですぐに何でも使うことが出来ます。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜③塩味枝豆

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜3つ目は、塩味枝豆です。冷凍の枝豆は解凍時間も早く塩ゆでにされた状態で冷凍されているので、すぐにおつまみとして食べることが出来ます。生で買うと房付きしか無い場合も多く量の多い枝豆ですが、冷凍食品であれば枝豆入りがんもどきや枝豆入り茶碗蒸しなど気軽に少量から使えます。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜④オクラ

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜4つ目は、オクラです。この冷凍オクラの特徴は丸のままと輪切りと2種類あることです。オクラは冷凍食品感が少なく、そのままシンプルにソテーをするだけでも付け合せとして活躍します。水っぽくなりやすい野菜なので輪切りの場合はおひたしや納豆のトッピングなどに使うと良いでしょう。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑤玉ねぎみじん切り

玉ねぎ入りスープ

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜5つ目は、みじん切りの玉ねぎです。玉ねぎは食材として野菜の中でも一二を争う頻度で使用されるものですが、みじん切りに苦戦する人が後を絶たない野菜でもあります。使いやすく栄養が豊富で他の素材との融和性も高い玉ねぎが既にみじん切りで売られているとなれば使わない手はありません。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑥揚げなす乱切り

料理

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜6つ目は、揚げなすの乱切りです。主役にも脇役にもなりやすいなすを素揚げにしてくれています。なすはその使い勝手とは裏腹に色あせがしやすく油の吸収が良すぎたりするのでできれば素揚げしたいと思う人も多いですが、素揚げはなかなかにハードルが高いのでこれは嬉しいポイントです。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑦大根

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜7つ目は、大根です。分量的には大体1本の約半分が入っており、輪切りにされています。煮物や鍋物など使い方は多岐に渡るので、この大振りなカットが意外と嬉しいポイントです。すでに下茹でがされており、冷凍されることで細胞が壊れ味が染みやすくなっていますのでかなり時短が出来ます。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑧さといも

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜8つ目は、さといもです。特に和食に使われることが多いさといもですが、美味しさの秘訣であるそのぬめりが調理段階ではなかなか苦戦させる原因になりやすく皮がむかれた状態であることが嬉しいポイントです。大根と同じく味も染みやすくなっていますので実に様々に使いやすく出来ています。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑨いんげん

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜9つ目は、いんげんです。いんげんは季節によっての価格変動も大きく国産を生で買うと小分け状態でも目の飛び出そうな値段になることもしばしばあります。でも業務スーパーの大入り袋は破格でじゃんじゃん使うことが出来、味も国産と遜色ないのが嬉しいポイントです。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑩アボカド

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜10個目は、アボカドです。ここ数年で破竹の勢いで食卓に上がる率が増えたアボカドですが、生で買うと皮付きで中身が見えず剥いてみれば茶色く変色していたりとがっかりすることもしばしばあります。しかしこの冷凍アボカドは均等に綺麗な緑色なので安心して使うことが出来ます。

アボカドは栄養価はもちろん見た目にもおしゃれになりますから使いたい使ってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。しかし何分近年爆発的に人気が出た食材ですから、素材としてどんな使い方のバリエーションがあるかわからない人が多いのも現実です。そんな方はこちらの記事を参考に色々作ってみてください。

Small thumb shutterstock 540888421
関連記事 業務スーパーの冷凍アボカドを使ったレシピ12選|解凍方法も

冷凍アボカドをストックしておけば、いつでも料理に使えて便利ですよね。ア

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑪野菜ミックス

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜11個目は、野菜ミックスです。野菜ミックスの中では彩りの良いものをふんだんに使っており、少し大ぶりに切られているので野菜ミックスを炒めるだけでもしっかりと食卓の主役になります。煮込み料理にはこの野菜ミックスが一つあれば彩りも栄養もばっちりでお役立ちアイテムです。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑫きのこミックス

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜12個目は、きのこミックスです。複数種類揃えるのは難しいですがこの中にはゴロゴロ入っておりパスタに少しプラスするだけでもいろんな食感が楽しめます。さらにきのこは冷凍することによって旨味が増すのでこれはとても効率的な商品と言えます。野菜ミックスと合わせても豪華で良いです。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜⑬ポテト入りミックスベジタブル

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜13個目は、ポテト入りミックスベジタブルです。ミックスベジタブルとしては珍しくポテトが含まれているため、手軽にボリューミーな料理を作ることが出来ます。彩りもよくオムライスやスープなど洋食なら何に入れても外れがないのでかなり使い勝手が良い商品になっています。

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピは?

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ①早い安い野菜ミックスジャーマン

ジャガイモ料理

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ1つ目は、野菜ミックスを使った早くて安い変わり種ジャーマンポテトです。通常ジャーマンポテトとは玉ねぎとベーコンにポテトが加わったものですが、ここに野菜ミックスをプラスすることによって美味しいだけでなく栄養たっぷりで見た目も華やかなものが出来上がります。

材料(4人分)
  1. 冷凍ポテト 200g
  2. 冷凍野菜ミックス 100g
  3. 玉ねぎ 中1/2個
  4. ブロックベーコン 150g
  5. にんにく 1片
  6. 顆粒コンソメ 小さじ2
  7. オリーブオイル 大さじ2
  8. 乾燥パセリ 適宜
  9. 塩・黒胡椒 適宜
作り方
  1. にんにくの皮を剥いて半分に切り芽を取って包丁の側面で軽く押し潰す
  2. ポテトと野菜ミックスは軽く解凍、玉ねぎとベーコンは1cm幅に切る
  3. フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくを入れる
  4. ③に②を加えコンソメを加えて玉ねぎがしんなりしてくるまで炒める
  5. 塩と黒胡椒で味を整えたら乾燥パセリを混ぜて出来上がり

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ②大人なブロッコリーサラダ

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ2つ目は、マスタードを多めに入れることで少し大人っぽい味にまとめたブロッコリーサラダです。ブロッコリーは緑黄色野菜の中でもキャベツや白菜といった葉物野菜と違いそれだけでずっしり感があり、さらに卵を加えることによってこれだけでも大満足できる一品になります。

材料(4人分)
  1. 冷凍ブロッコリー 300g
  2. 卵 2個
  3. マヨネーズ 大さじ2
  4. マスタード 大さじ1
  5. 塩・黒胡椒 適宜
作り方
  1. ゆで卵をお好みの硬さで作る
  2. ブロッコリーを解凍する
  3. ゆで卵を潰しマヨネーズとマスタードを加える
  4. ③にブロッコリーを加えて塩・黒胡椒で味を整えたら出来上がり

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ③枝豆でヘルシー野菜ナゲット

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ3つ目は、ヘルシー野菜ナゲットです。カロリーの宝庫になりがちなフライ物であるナゲットを豆腐や枝豆などを使い揚げ焼きにすることによってできる限りヘルシーに仕上げました。フライパンに敷く油の量はナゲットの厚みによって更に減らすことも出来ます。

材料(4人分)
  1. 冷凍枝豆 2つかみ
  2. 人参 1/4本
  3. 絹豆腐 1丁
  4. 小麦粉 大さじ3~
  5. 片栗粉 大さじ3~
  6. 鶏ガラスープ顆粒 小さじ2~
作り方
  1. 解凍した枝豆を房から出しておく
  2. 人参をみじん切りにする
  3. 軽く水切りした豆腐を潰して小麦粉・片栗粉・鶏ガラスープを加えてよく混ぜる
  4. ③に枝豆と人参をさっくり混ぜ合わせる
  5. 1cm弱の油をひいたフライパンを熱しスプーンで④を一口大サイズずつすくって落として揚げ焼きにして出来上がり

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ④野菜ミックスでチーズ焼きカレー

チーズと牛乳

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ4つ目は、野菜ミックスを使った焼きカレーです。冷凍野菜ミックスと冷凍ポテトを使うことで野菜の下処理もいらず簡単に彩り良いカレーが出来上がります。ガーリックトーストを添えたり、耐熱皿によそう時にご飯を下に敷いてカレーライスとするのも良しです。

材料(4人分)
  1. 冷凍野菜ミックス 200g
  2. 冷凍ポテト 50g
  3. 豚ひき肉 150g
  4. カレールー 4~5皿分
  5. ローリエ 1枚
  6. オリーブオイル 大さじ1
  7. 水 カレールー箱記載分
  8. チーズ 好きなだけ
  9. 卵 4個
作り方
  1. 冷凍野菜ミックス・冷凍ポテトを解凍する
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し豚ひき肉を炒める
  3. 豚ひき肉の色が変わったら野菜ミックス・冷凍ポテトを加えて更に炒める
  4. 水を加えてひと煮立ちしたら火を止めてルーを加えローリエを投入して再度火を付けとろみが出るまで中火で煮込む
  5. 耐熱皿によそい分け中央を開けてチーズをかける
  6. 中央に生卵を落としてオーブンで10分熱すれば出来上がり

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ⑤ブロッコリーと枝豆のポタージュ

料理をする女性

業務スーパーの冷凍野菜のおすすめレシピ5つ目は、冷凍ブロッコリーと冷凍枝豆を使った簡単グリーンポタージュです。より滑らかにしたい方は、ハンドブレンダーを使用すればさらに滑らかにすることが出来ます。好みで仕上げに生クリームやフレッシュを浮かべればもっとおしゃれで可愛く出来上がります。

材料(4人分)
  1. 冷凍ブロッコリー 200g
  2. 冷凍枝豆 ひとつかみの半分
  3. 牛乳 1カップ
  4. ブイヨン 1カップ
  5. バター 15g
  6. 塩・胡椒 適宜
作り方
  1. ブロッコリーと玉ねぎをざく切りにしてバターで炒めしんなりしてきたらブイヨンを加えて煮る
  2. 柔らかくなったらミキサーに入れ温めた牛乳と枝豆も投入してスイッチを入れる
  3. なめらかになったら取り出しザルで裏ごしをする
  4. 塩・胡椒で味を整えて出来上がり

冷凍食品を美味しく長持ちさせる心得

冷凍食品を美味しく長持ちさせる心得①できるだけ容器内の空気を抜く

キッチン

冷凍食品を美味しく長持ちさせる心得1つ目は、できるだけ容器内の空気を抜くことです。袋状であるなど冷凍食品の容器が空気の抜きやすいものであるなら、できるだけ抜いてしまいましょう。食品に大敵なのは開け締めの際に触れる空気中に含まれる雑菌です。この雑菌たちをできるだけ入れて留めておかないようにしましょう。

冷凍食品を美味しく長持ちさせる心得②口はしっかりと締める

冷蔵庫

冷凍食品を美味しく長持ちさせる心得2つ目は、容器の口をしっかりと締めることです。チャックが半開きであったり縛ってある輪ゴムが緩かったりすると空気にも触れやすいですし、冷凍庫内でのニオイ移りの原因にもなります。冷凍食品はきっちりと閉じられることが前提での日持ちですので気を付けましょう。

時短やお手軽は「手抜き」ではないので安い冷凍食材をどんどん使おう

笑顔で料理する女性

業務用スーパーの冷凍野菜やレシピについて色々と見てきましたが、中には安い冷凍食材を使って時短やお手軽に料理をすることを「手抜き」だと感じて申し訳なくなる人も多いのではないでしょうか。しかし、時短や手抜きは効率を重視したアイデアであって決して「悪」ではありません。どんどん使っていきましょう。

業務スーパーには野菜だけでなく様々な冷凍食品が置かれています。冷凍食品は生物と違って長期保存できるところが料理をするものからするとなんとも魅力的です。そこで、他にどんな冷凍食品があって何を選べば良いのかを知るためにこちらの記事を参考にしてみましょう。料理の幅がぐっと広がります。

Small thumb shutterstock 371623984
関連記事 業務スーパー冷凍食品おすすめ25選!コスパの良い魚やフルーツは?

コスパが良く美味しい業務スーパーの商品を節約のために購入するには、保存

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。