INDEX

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴10選!

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴①大人になっても内向的

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴一つ目は、大人になっても内向的であるということです。積極的に人と関わろうとしないような内向的なタイプの人は、引きこもりになりやすい性格であるということができます。自ら他人と接することを拒んでいるようでは、外の世界に打ち解けることはできないでしょう。

これでは、引きこもりになってしまうのも仕方がないといえます。内向的だという自覚のある人は、早々に心理を改善しないと取り返しのつかないことになってしまう恐れがあるでしょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴②コミュニケーションが苦手

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴二つ目は、コミュニケーションが苦手であるということです。コミュニケーションを取るのが苦手なタイプの人は、引きこもりになってしまいやすくなります。積極的に人とコミュニケーションを取ることができないのに、外の世界に溶け込むことはできないでしょう。

誰かから話しかけられてもうまく答えることができなかったり、なんといって話を盛り上げて良いのかわからないというような人は、総じてコミュニケーションが苦手であるということができます。自覚を持ったら、コミュニケーションが得意になれるように対策を講じるべきです。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴③ネガティブ気質

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴三つ目は、ネガティブだということです。ネガティブでなんでも悪い方向に考えてしまいがちな性格の人は、引きこもりになってしまいやすくなります。考え方ひとつで、楽しいと感じられるようなことも、一転してつまらない出来事になってしまうでしょう。

ネガティブ思考が行き過ぎると、人と話していても、全く面白いと感じることができず、次第に話すこと自体が嫌になってしまいます。こうして引きこもりになっていってしまうこととなるのです。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴④被害妄想が激しい

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴四つ目は、被害妄想が激しいということです。誰も自分のことを批判していないのにも関わらず、勝手に「自分は嫌われているに違いない」「誰も自分を求めていない」などと思い込んでしまうことにより、外の世界が怖くなり、次第に引きこもりになってしまうということがあります。

このように、周りの環境が悪いのではなく、自分自身の暗い性格が原因で引きこもりになってしまうというパターンは多く見受けられます。自分で自分の首を絞めていることに気がつたら、早急に改善するべきでしょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑤感情・心理の起伏が激しい

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴五つ目は、感情の起伏が激しいということです。引きこもりになってしまいやすい人は、常に感情の起伏が激しく、ちょっとしたことでイライラしたり、はたまたふさぎこんでしまったりします。そんなネガティブな感情に踊らせられがちな人は、日頃から気をつけましょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑥排他的

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴六つ目は、排他的だということです。自分以外の人のことを認めないような排他的な人間は、引きこもりになりやすくなってしまいます。何をするにも常に否定から入ってしまったり、あまり知らない人が相手だとあら探しばかりしてしまうような人は特に気をつけましょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑦人目を気にしがち

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴七つ目は、人目を気にしがちだということです。人目を過剰に気にするような人であればあるほど、引きこもりになってしまいやすくなります。周りの人の目を気にすれば気にするほど、生きづらくなってしまいがちなものであるためです。人目を気にするのは、なるべくやめましょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑧真面目すぎる

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴八つ目は、真面目すぎるということです。真面目な性格の人が引きこもりになるなんて、と信じ難いかもしれませんが、人は真面目すぎると次第に細かいところにまで目がいってしまうようになります。妥協点を見いだすことができず、無為に苦しむことになってしまうのです。

真面目なのは悪いことではありませんが、それによって自分自身を苦しめてしまっていないか、今一度よく考えてみましょう。真面目すぎるが故に引きこもりになってしまっては、本末転倒です。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑨気を遣いすぎる

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴九つ目は、気を遣いすぎる性格です。他人に対して気を遣いすぎるような性格の人は、引きこもりになりやすい性格であるということができます。細かいところにまで気をつかってしまったり他人よりも明らかに気を回しすぎるような人は、気をつけるようにした方が良いでしょう。

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴⑩好奇心が少ない

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格や気質の特徴十つ目は、好奇心が少ないということです。好奇心が少ないと何をしていても楽しいと感じられなくなってしまい、次第に無気力になってしまいます。そんな状態では、積極的に外に出ようとも思えなくなってしまうでしょう。何か楽しいと思えることを見つけるべきです。

引きこもりになりやすい性格の原因は?引きこもりたい理由は?

引きこもりになりやすい性格の原因・理由①友達がいないから

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格の原因や理由一つ目は、友達がいないからです。友達がいないと、家から出ようという気にもなれず、次第に引きこもってしまうこととなります。引きこもりから脱するきっかけになる人もいないと、そのままズルズルこもり続けてしまうことになるでしょう。

引きこもりになりやすい性格の原因・理由②狭い価値観の中で生きている

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格の原因や理由二つ目は、狭い価値観の中で生きているからです。狭い価値観の中だけで生きているとそれが原因で引きこもりになりやすくなってしまいます。自分の見えている世界だけが全てだと感じてしまうことで、次第に窮屈で息苦しくなってしまうためです。価値観が狭いのは大問題なのです。

引きこもりになりやすい性格の原因・理由③傷つきたくないから

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格の原因や理由三つ目は、傷つきたくないからです。傷つくことを過度に恐れるような人は、引きこもりになりやすい性格であるということができます。傷つきたくないあまり、他人と比較されたり苦言を呈されるのが怖く、それが原因・理由で他者との関わりを避けることとなってしまうからです。

引きこもりになりやすい性格を改善するには?

引きこもりになりやすい性格を改善する方法①前向きな考えを持つ

楽しい笑顔

引きこもりになりやすい性格を改善する方法一つ目は、前向きな考えを持つことです。前向きな考え方をすることができたら、引きこもりになる理由もなくなるでしょう。どんなことも楽しく考えることができれば、自分を取り巻く環境が変わらなくても、世界は一変して見えるからです。

引きこもりになりやすい性格を改善する方法②積極的に人と話をする

握手する人

引きこもりになりやすい性格を改善する方法二つ目は、積極的に人と話をすることです。積極的に人と話をするように心がけることで、次第に見えてこなかった世界が見えてくるようになります。その世界には楽しいことがたくさんあると気付けるようになるでしょう。

以下に関連記事として、コミュニケーション能力向上のための本をまとめたものがあります。参考にすることで、引きこもりを脱するための手立てが見つかること間違いなしです。

Small thumb shutterstock 547272460
関連記事 コミュニケーション能力向上のための本15選|会話術のスキルアップには?

コミュニケーション能力というのは仕事や生活で、常に必要とされるスキルで

引きこもりになりやすい性格を改善する方法③価値観を広げる

落ち込む人

引きこもりになりやすい性格を改善する方法三つ目は、価値観を広げることです。価値観を広げることによって、これまで抱えていた悩みの理由などちっぽけなものに見えること間違いありません。楽しいと感じられることも増え、部屋を出ることができるようになるでしょう。

引きこもりになってしまった時の改善方法7選!

引きこもりになってしまった時の改善方法①部屋から徐々に外の世界に慣れる

外の世界

引きこもりになってしまった時の改善方法一つ目は、徐々に外の世界に慣れることです。少しずつ他人との関わりに慣れることによって、引きこもりから脱することができます。無理せず少しずつ進みましょう。

引きこもりになってしまった時の改善方法②周りの人の助けを借りる

人の助け

引きこもりになってしまった時の改善方法二つ目は、周りの人の助けを借りることです。意固地にならず、素直に周りの人の助けを借りれば、簡単に部屋から脱することができるでしょう。

引きこもりになってしまった時の改善方法③夢や目標を見つける

上を目指す

引きこもりになってしまった時の改善方法三つ目は、夢や目標を見つけることです。将来こうなりたいといった具体的なものを見つけることで、それに向かって前進しようという気が湧きます。

引きこもりになってしまった時の改善方法④好きになれる趣味を見つける

可愛い趣味

引きこもりになってしまった時の改善方法四つ目は、好きになれる趣味を見つけることです。その趣味のために人と関わったり、外のイベントに参加したいと思えるようになるとベストです。

以下に関連記事として、20、30代の女性にオススメの趣味をまとめたものがあります。参考にしながら、好きになることができる趣味を見つけてください。

Small thumb shutterstock 403536004
関連記事 20代・30代女性の趣味おすすめランキング20選!家でできる/おしゃれ

20代30代の女性にうってつけな趣味に興味はありませんか?趣味があると

引きこもりになってしまった時の改善方法⑤楽観的になる

楽観的な人

引きこもりになってしまった時の改善方法五つ目は、楽観的になることです。どんなことも深刻に捉えすぎないようにすることで、外の世界に出ても幸せに生きていくことができるようになるでしょう。

引きこもりになってしまった時の改善方法⑥引きこもりを脱した体験記を見る

落ち込む人

引きこもりになってしまった時の改善方法六つ目は、引きこもりを脱した体験記を見ることです。他人が引きこもりを卒業した過程を見ることで、勇気がもらえることでしょう。

引きこもりになってしまった時の改善方法⑦規則正しい生活リズムにする

起きる人

引きこもりになってしまった時の改善方法七つ目は、規則正しい生活リズムにすることです。規則正しい生活を送れば、次第に明るい気持ちが湧き、外の世界に順応できるようになります。

引きこもりやすい性格の人がふさぎ込まないための付き合い方の注意は?

ふさぎ込まないための付き合い方の注意①人に合わせすぎない

落ち込む人

ふさぎ込まないための付き合い方の注意一つ目は、人に合わせすぎないようにすることです。他人に合わせることで得られるものはありません。自分を大切にしてあげることで引きこもりから卒業することができるようになるでしょう。

ふさぎ込まないための付き合い方の注意②言いたいことはハッキリと伝える

落ち込む人

ふさぎ込まないための付き合い方の注意二つ目は、言いたいことはハッキリと伝えることです。臆さずにはっきり自分の意見を伝えることができるようになったら、ふさぎこんで暗い気持ちになることもなくなるでしょう。

引きこもりになりやすい性格を改善しよう!

引きこもりになりやすい性格にはいくつかの特徴や共通点が見られます。そうしたもの一つ一つを改善して行くことで、引きこもりから脱することは可能になるでしょう。自分が引きこもりになりやすい性格だと気がついたら、少しずつでも直して行こうとする努力が必要です。一度引きこもるとそこから脱するのは難しくなります。

ただ、すでに引きこもってしまっているという人が、そこから二度と這い上がれないかというと、そうではありません。もちろん努力は必須ですが、必ず元の生活に戻ることはできるはずです。改善方法としては、ここに挙げたものを参考にしながら、無理のない範囲内で実現することが近道だと言えます。少しずつ頑張りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。