INDEX

しみ・そばかすの原因って何?

しみ・そばかすの原因①紫外線

日光浴する女性

しみ・そばかすの原因1つ目は、紫外線です。紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞が活性化し肌の色や髪色を作るメラニン色素を生成します。メラニンには、皮膚の奥まで紫外線が入らないように皮膚を守る働きがあります。

しかし、紫外線を過剰に浴びすぎると、メラニンの生成が異常となり肌に蓄積してしまいます。メラニン色素が蓄積してそこに留まると、しみやそばかすとなって定着してしまうのです。

しみ・そばかすの原因②ホルモンバランスの乱れ

妊婦

しみ・そばかすの原因2つ目は、ホルモンバランスの乱れです。女性は、生理になったり妊娠したりすると、黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。黄体ホルモンが急激に増加することにより、体や心には様々な変化が訪れます。

体の変化では、肩こりや便秘、腰痛といったような不調が現れます。心の変化では、イライラしたり不安になってしまうことが多くなります。肌への影響も大いにあり、しみやそばかすができやすくなります。

しみ・そばかすの原因③生活習慣の乱れ

食事をする人

しみ・そばかすの原因3つ目は、生活習慣の乱れです。しみやそばかすを作らないためには、肌が生まれ変わる周期ターンオーバーを正常に機能させることが大切です。ターンオーバーを正常に機能させるには、偏った食生活やカフェインの摂り過ぎ、睡眠不足やストレスなどを改善する必要があります。

しみ・そばかすを上手に消すには?|コンシーラーを使う

しみやそばかすはコンシーラーを使ったメイク方法で簡単に消せる!

メイクする女性

しみやそばかすを消すには、長い月日が必要です。しかし、普段からしみやそばかすを目立たなくしたいと思う人も多いですよね。コンシーラーを使ったメイク方法を普段から取り入れたら、しみやそばかすを簡単に消すことができます。

コンシーラーを使ったメイク方法では、まず始めにコンシーラーの色選びが大切になります。コンシーラーの色選びを誤ると、白浮きする原因にもなります。薄いしみやそばかすには、肌色に近い色もしくはやや暗めの色を選びます。濃いしみやそばかすには、ワントーン暗めを選びます。

また、コンシーラーを使うとメイクがヨレたり崩れやすくなってしまうことがあります。コンシーラーを選ぶ時は、色の明るさが肌色に合ってフィット感が良いものを選ぶようにしましょう。

小さいしみやそばかすを消すにはスティックコンシーラーがおすすめ!

ファンデーション

小さいしみやそばかすをきちんと消すには、スティックコンシーラーやペンシルタイプのコンシーラーを使うのがベストです。小さいしみやそばかすを逃すことなくダイレクトに消すことができます。薄づきのスティックコンシーラーやペンシルタイプのコンシーラーなら自然な仕上がりにもできます。

下記の動画では、大きいしみをスティックコンシーラーで簡単に消す方法を紹介しています。スティックコンシーラーを上手に使って、しみやそばかすが元からなかったようなメイクを目指しましょう。

コンシーラーを塗った周りをトントンぼかすと簡単に消せる!

メイク中の人

コンシーラーでしみやそばかすを消す時にトントンとぼかす人も多いですよね。しかし、ぼかすとしみやそばかすが隠れるどころか浮き出てくるという悩みが出てきます。

コンシーラーを塗ってもしみやそばかすが浮き出てくるという悩みを解消するためには、コンシーラーを塗った部分ではなくその周りを指でトントンぼかすようにします。そうすることで、綺麗にしみやそばかすを消すことができます。

スティックコンシーラーを使ってしみやそばかすを消す方法
  1. しみやそばかすより広めにスティックコンシーラーを塗る
  2. 指でコンシーラーの境目をトントンぼかす

\ POINT /

コンシーラーを使う時のポイント

パウダーファンデーションを使う場合は、パウダーファンデーションを塗る前に使用します。リキッドファンデーションを使う場合は、リキッドファンデーションを塗った後に使用します。

しみ・そばかすを上手に消すには?|紫外線対策用のBBクリームを使う

紫外線対策用のBBクリームを使えば予防もできて時短メイクにもなる!

ファンデーション

しみやそばかすを消すメイク方法は、コンシーラーを使う以外にもあります。しみやそばかすを自力で消すには、紫外線対策用のBBクリームも効果的です。紫外線対策用のBBクリームは、化粧下地・コンシーラー・ファンデーションが1つになっていてUVケアもできます。

紫外線対策用のBBクリームでメイクすればしみやそばかすの予防もできますし、美容液や保湿成分も含まれたBBクリームなら肌のケアもすることができます。化粧下地やファンデーションが一つになっているので時短メイクにもなります。忙しい朝にも手間をかけることなく、しみやそばかすの予防ができるのは嬉しいですね。

下記の記事では、年代別におすすめのBBクリームを紹介しています。シミを消して他の肌悩みもきちんとカバーできるBBクリームも紹介されています。石鹸のみで落とせるBBクリームや肌に優しい処方のBBクリームも参考にしてください。

Small thub shutterstock 600689573
関連記事 BBクリームおすすめ28選!プチプラのランキング・口コミは?

BBクリームのおすすめについて、人気なものからランキング形式でまとめま

しみやそばかすを上手に消すにはハイカバーのBBクリームを選ぼう!

コスメ

しみやそばかすを上手に消すには、紫外線対策用のBBクリームの色味にも注目です。色味が薄くてカバー力のない紫外線対策用のBBクリームでは、しみを綺麗に消すことができません。色味がしっかりあり薄くつけてもカバー力の高い紫外線対策用のBBクリームを選ぶと、しみやそばかすが自然に隠せるメイクができます。

しみ・そばかすを上手に消すには?|ファンデーションを使う

しみやそばかすを上手に消すにはフィット感のあるファンデを選ぼう!

メイクする女性

しみやそばかすは、ファンデーションで簡単に消すことができます。しみやそばかすをファンデーションで隠す時は、フィット感のあるものを選びます。ファンデーションの密着度が高いと、崩れてしみやそばかすが出てきてしまうという心配がありません。

カバー力抜群なリキッドファンデなら自力でしみやそばかすが消せる!

ファンデーション

ファンデーションを使って、自力で綺麗にしみやそばかすを消すにはファンデーションの質感が重要です。ファンデーションには、パウダーファンデーション・リキッドファンデーション・クリームファンデーションなどがあり質感や仕上がりがそれぞれ異なります。

パウダーファンデーションはサラっとした使用感ですが、しみやそばかすを隠そうと思って重ねると厚塗り感が出てしまいます。ブランドにもよりますが、カバー力が低くしみやそばかすを隠せないまま厚ぼったい顔になってしまうなんてこともあります。

パウダーファンデを使ってしみやそばかすを消す時は、コンシーラーを兼用するのがおすすめです。リキッドファンデは、カバー力が高く肌への密着度が高いのが特長です。ファンデのみでしみやそばかすを隠したいなら、パウダータイプよりもカバーがありクリームタイプより厚塗りにならないリキッドタイプがベストと言えます。

しみ・そばかすをこれ以上増やさない!|予防対策で日焼け止めを使う

美白日焼け止めならしみやそばかすも薄くなる!

クリーム

しみやそばかすをこれ以上増やさないためには、普段から日焼け止めで予防する必要があります。美白成分が入っている日焼け止めなら、予防しながら今あるしみやそばかすを薄くすることも夢ではありません。

下記の記事では、日焼け止めの選び方を紹介しています。日焼け止めを買う時によく目にするPA・SPFの意味や日焼け止めに含まれる成分も学ぶことができるので、ぜひ参考にしてください。

めんどくさがり屋は飲む日焼け止めがおすすめ!

飲み物を飲む人

しみやそばかすができないように予防するには、日焼け止めをこまめに塗ることが大切です。汗や水で日焼け止めが落ちてしまったら塗り直す必要がありますし、自宅にいても紫外線を浴びることがあるので抜かりなく塗らなくてはいけません。しみやそばかすを予防したくてもこまめに日焼け止めを塗るのは大変ですよね。

仕事中や忙しくて日焼け止めを塗ることができない時もあります。日焼け止めをこまめに塗れない人やめんどくさがり屋さんは、飲む日焼け止めがおすすめです。近年では、簡単に紫外線対策ができるのでモデルの間でも飲む日焼け止めは人気になっています。塗る日焼け止めと併用して使えば、日焼け止め対策もバッチリですね。

「飲む日焼け止めって安全なの?」と疑問に思う人もいると思います。飲む日焼け止めを選ぶ時は、安全性があり信頼できる商品を選ぶようにしましょう。下記のサイトでは、人気の飲む日焼け止めを口コミと共に紹介しています。安全性や入っている成分も参考にしてくださいね。

日焼けしてしまったら自宅でのケアが肝心!

ボディクリーム

日焼け止めで紫外線対策をしていても、日焼けしてしまうこともありますよね。万が一日焼けしてしまったら、自宅でのケアが肝心です。メラニンが肌に蓄積してしみやそばかすになってしまう前に、保湿をしっかりして肌を潤してケアします。肌が赤くなってしまった場合は、冷やして鎮静作用のあるジェルやクリームを塗ります。

自宅でのケア次第で、簡単にしみやそばかすができるのを防ぐことができます。下記の記事では、おすすめの美白ボディクリームを紹介しています。美白ボディクリームの選び方や効果的な使用方法もご覧ください。

Small thub shutterstock 547046794
関連記事 おすすめの美白ボディクリーム17選|選び方・注意点・使い方などもご紹介!

おすすめの美白ボディクリーム17選をご紹介!女性なら誰しも気になるのが

しみ・そばかすを上手に消すには?|予防対策でビタミンを摂る

ビタミンを摂ってしみやそばかすを予防する方法①食事

フルーツ

しみやそばかすを上手に消すには、予防対策でビタミンを摂る方法があります。ビタミンCには、メラニンの生成を抑える効果があります。ビタミンB2には、ターンオーバーを正常に整える効果が期待できます。ビタミンEには、色素沈着した黒色メラニンを排出する働きがあります。

これらのビタミンをバランス良く摂取することが大切です。下記のリストに、しみやそばかす予防におすすめな食材をまとめています。ぜひ、参考にしてください。

しみやそばかす予防におすすめの食材
ビタミンC ビタミンB2 ビタミンE
トマト 牛肉 アボカド
かぼちゃ 豚肉 アーモンド
ブロッコリー 鶏肉 緑茶
レモン レバー ニラ

上記に挙げた食材はほんの一部です。この他にもビタミンAが含まれる食材もしみやそばかすに効果があります。しみやそばかすに効果のある食材を内側から取り入れて綺麗な肌を目指しましょう。

ビタミンを摂ってしみやそばかすを予防する方法②サプリメント

サプリメント

食材でビタミンを摂るとなると、食事も気をつけて摂らなければなりません。1日にたくさんのビタミンを摂ることが困難な場合、サプリメントで摂取する方法があります。サプリメントなら簡単に摂ることができますし、美白効果のあるL-システインも同時に摂ることができるサプリもあります。

薄いしみやそばかすは自宅でのケアで消せる!

スキンケアする女性

薄いしみやそばかすなら自宅でのケアで消すことができます。しみやそばかすに効果的な食材やサプリメントで予防する以外に、ビタミンが含まれた美容液や美白化粧品を使って毎日お手入れすることも大切です。

自宅ケアでしみやそばかすを予防するには、長い時間が必要になります。ですが、諦めることなく続けることで効果を実感できるようになります。

しみやそばかすを自力で撃退しよう!

いかがでしたでしょうか?老けて見えるしみやそばかすは、自力で消すことができることがわかりました。しみやそばかすが消えるメイク方法を取り入れて周りにバレないようにすることもできます。普段からしみやそばかすに効果的な食材を食べるように意識しながら自宅でのケアもしっかりしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。