INDEX

レザークラフトの手作り小物作品5選

レザークラフトの手作り小物作品①

レザークラフトの手作り小物作品1つ目は「名刺入れ」です。ビジネスシーンをはじめ、他の人の目が留まりやすい名刺入れは、革の洗練された風合い・高級感のある雰囲気との相性は抜群で、ハンドメイドとしても人気です。

レザークラフトの手作り小物作品②

レザークラフトの手作り小物作品2つ目は「スマホケース」です。革を用いて作られたスマホケースは、男女問わず持ちやすい高級感のある上品な風合いが魅力といえます。焼き印やステッチでデコレーションするのも良いでしょう。

レザークラフトの手作り小物作品③

レザークラフトの手作り小物作品3つ目は「小銭入れ」です。レザークラフト初心者にも手軽に手作りしやすいこちらの作品は、革の色合いや縫い方によっても雰囲気が異なってくるのが魅力といえます。

レザークラフトの手作り小物作品④

レザークラフトの手作り小物作品4つ目は「ショルダーバッグ」です。レザークラフトの作り方に慣れてくると、マチを付けたりパーツにこだわってみたりとアレンジを加えていく人も多いです。ショルダーバッグを革で作ることで、よりビンテージ感のある仕上がりになります。

レザークラフトの手作り小物作品⑤

レザークラフトの手作り小物作品5つ目は「メガネケース」です。独特の光沢や風合いが特徴的な革は、手作りのメガネケースとして使用しても高級感漂う仕上がりになります。

革を用いた作品はこの他にも、ブレスレットをはじめとしたアクセサリーなども大変人気です。関連記事では手作りの革紐ブレスレットの編み方をまとめた記事を掲載しています。

Small thumb shutterstock 414668071
関連記事 手作り革紐ブレスレットの編み方は?100均のスエードで簡単な作り方も

革紐は結んだだけで素敵なアクセサリーになります。今回は革紐で作るブレス

レザークラフトに使う革の選び方は?

レザークラフトに使う革の選び方①革の種類で選ぶ

レザークラフトに使う革の選び方の1つ目は「革の種類で選ぶ」という選び方です。レザークラフトに用いられる革にはなめし方によって特性が異なっており、大きく分けて2種類に分けられます。

タンニンと呼ばれる薬剤でなめした革は「タンニンなめし革」と呼ばれ、落ち着いた肌色系の色味と他の革と比べて伸びにくくて丈夫ですが、外部からの刺激で傷つきやすいのが特徴です。また、使用しているうちに形や色味がなじむため、ビンテージ感が演出できるのも魅力的です。

それに対して、科学薬剤のクロムでなめした革は「クロムなめし革」と呼ばれ「タンニンなめし革」と比べて安価であり、青・青緑色の見た目が特徴です。また、柔軟性・弾力性があり、高い耐熱性も持っています。革自体が大変柔らかいため、手縫いでのレザークラフトを作る場合には、比較的不向きな場合もあります。

レザークラフトに使う革の選び方②革の部位で選ぶ

レザークラフトに使う革の選び方2つ目は「革の部位で選ぶ」という選び方です。動物の皮をなめして作る革は、動物の体の部位によって繊維の方向が異なっているため、伸縮性が高い・低い場所も異なります。手作りのレザークラフトをする時には、自分が作りたいいグッズはどの部位の革が良いのかを考えて選ぶと良いでしょう。

レザークラフトに使う革の選び方③革の厚みで選ぶ

レザークラフトに使う革の選び方3つ目は「革の厚みで選ぶ」という選び方です。革は一般的に、厚さ0.5mm刻みで販売されていることが多いです。革は厚みによって曲げやすさや硬さ・強度などが変化するため、自分が作りたいレザークラフトに合わせた厚みの革を使用しましょう。

レザークラフト・小物作りに必要な道具は?

レザークラフト・小物作りに必要な道具①ハンマー

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として1つ目にご紹介するのが「ハンマー」です。レザークラフトにおいてハンマーは、革を縫い合わせるための穴を開けたり、模様・刻印を打つ時などに必要です。形状はシンプルなもので十分ですが、木製の場合には使っているうちにヘコミが出てくるため、ナイロン製がおすすめです。

レザークラフト・小物作りに必要な道具②ゴム板

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として2つ目にご紹介するのが「ゴム板」です。ハンマーやキリを使う時にこの板を下に敷くことによって、作業台や机を傷つけずに革に穴を開けることができます。

レザークラフト・小物作りに必要な道具③ヒシ目打ち

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として3つ目にご紹介するのが「ヒシ目打ち」です。厚みのある革を使ってレザークラフトをする時には針が通りにくいという場合も多く「ヒシ目打ち」は厚みのある革にあらかじめ穴を開けるための道具です。

ヒシ目打ちには先端が2~6本など、様々な種類が販売されていますが、先端が2本のヒシ目打ちの場合には穴を開ける時に時間がかかってしまうことがあるため、最低でも4本の先端を持つヒシ目打ちを用意しましょう。

レザークラフト・小物作りに必要な道具④カッターナイフ

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として4つ目にご紹介するのが「カッターナイフ」です。型紙に合わせて革を切り抜いたり、成形したりする時に必要となります。革を切り取ることに特化した革専用のカッターも販売されていますが、100均のカッターナイフでも十分に活用できます。使用時には下敷きも用意しましょう。

レザークラフト・小物作りに必要な道具⑤コバ磨き

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として5つ目にご紹介するのが「コバ磨き」です。カッターナイフで切り取った後の革の縁はザラザラとしており、外部からの刺激でボロボロになってしまう場合もあります。革の縁をコバ磨きで磨くことで、表面をキレイに整え、ツヤを出すことができます。

レザークラフト・小物作りに必要な道具⑥革用接着剤

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として6つ目にご紹介するのが「革用接着剤」です。革を縫い合わせる前に接着剤で固定させることで、より手縫いがしやすくなります。手芸用ボンドでは革との相性が悪く、なかなか固定できない場合もありますので、革用接着剤は初心者には特に用意してもらいたい道具です。

レザークラフト・小物作りに必要な道具⑦ハトメ抜き

Amazonで商品の詳細を見る

レザークラフト・小物作りに必要な道具として7つ目にご紹介するのが「ハトメ抜き」です。「ハトメ抜き」とは、レザークラフトを手作りするにあたって穴を開ける時に使用します。取り付けるボタンの大きさに合わせて穴を開けることができるため、財布やキーホルダーなどを作る時には必需品といえます。

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙3選

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙①キーホルダー

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙1つ目は「ベルトループキーホルダー」です。こちらの型紙は革細工の作り方・作品を掲載している『レザークラフトマンへの道』というサイトの型紙です。本体から飾り用のステッチまで、細かい部分の説明まで用意されていますので、初心者にもおすすめの型紙です。

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙②ペンケース

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙2つ目は「2ファスナーペンケース」です。こちらの型紙は『赤城革工房』にて掲載されている型紙であり、穴を開ける場所や長さのガイドも付いているため、初心者にも手軽におしゃれなペンケースを作ることができます。

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙③

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の型紙3つ目は「手縫いトートバッグ」です。長さや穴のガイド・本数もしっかり書かれており、実際に型紙を使用した作り方も掲載されているため、レザークラフト初心者にも手軽に便利なトートバッグを作ることができます。

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の作り方は?

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の作り方①

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の作り方の1つ目にご紹介するのは「レザークラフト小銭入れ用財布」です。エスニック調でおしゃれなこちらの小銭入れは、レザークラフトの基本的な道具の使い方を覚えたら手軽に作ることができますので、はじめて手作りするという方も是非チャレンジしてみてください。

初心者用レザークラフト小銭入れ用財布の作り方
  1. 革から本体にあたるひょうたん型の部分を1つ、返しの部分あたる部分(U字型)を1つ、ひょうたん型の一方に合わせた形のものを1枚、それぞれカッターナイフで切りぬきます。
  2. 返しの部分、ひょうたん型の一方の形に合わせて切りぬいた革のそれぞれの端に革用ボンドを塗り、本体に貼り付けます。
  3. 手縫いをするラインに印を付けてから、ヒシ目打ちなどで縫い合わせる部分に穴を開けていきます。
  4. 針と糸で穴を開けた部分に沿って手縫いをしていきます。
  5. ヤスリで一度縁の部分を磨き、縁から出っ張っている革を切り取ります。
  6. 水に濡らして革を柔らかくしたら、コバ磨きや手で革を成形していきます。
  7. 1日程度乾燥させ、ニートフットオイルを塗って革に味を出します。
  8. コバ磨きで縁の部分をきれいに磨きます。
  9. 縁の部分にコーバーを塗り、ボタンを付けたい部分にハトメ抜きで穴を開け、ボタンパーツをはめ込んだら、完成です。

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の作り方②

初心者向け!端切れで出来る簡単なレザークラフト小物の作り方の2つ目は「レザーエンブレム」の作り方です。こちらの作り方では、ストラップやペットの首輪に付けるタグとしてもおしゃれなエンブレムを作ることができます。複雑な型紙も必要なく、手順も少ないため、レザークラフト初心者にも手軽に作ることができます。

初心者用レザーエンブレムの作り方
  1. 革にコーバーをまんべんなく塗り、切り出すラインを描き込みます。
  2. ラインに沿ってカッターナイフで革を切り出し、ハトメ抜きで穴を開けていきます。
  3. ヒシ目打ち・キリで穴を開け、先ほどハトメ抜きで開けた穴に丸カンを通します。
  4. 穴に沿って手縫いをしていき、縁の部分を磨いていきます。
  5. 表面に焼印を付け、表面を軽く磨いたら完成です。

中級者〜上級者向け!レザークラフトで作るおしゃれ財布の作り方は?

中級者〜上級者用!レザークラフトのおしゃれ財布の作り方①縦型ロング財布

中級者〜上級者用!レザークラフトのおしゃれ財布の作り方の1つ目は「縦型ロング財布」です。一見複雑そうに見えるロング財布ですが、基本的なハンドメイドレザークラフトの作り方をマスターすれば簡単にこちらのようなおしゃれな財布を作ることができますので、挑戦してみましょう。

縦型ロング財布の作り方
  1. 革の床面をトコノールを塗って磨き、乾いたら型紙に合わせて裁断をしていきます。
  2. 財布の外側部分・内側部分にそれぞれゴムのりを付けて接着します。
  3. はみ出した外側の革を揃うように裁断し、全体・ヘリ部分を漉いて革を薄くします。
  4. 折り返し部分に跡を付け、ヘリ返しの部分にゴムのりを塗り接着します。
  5. コバから5~6mmの部分に縫い穴を開けて縫い合せます。
  6. ポケット下部分を肩口を合わせて縫い合せます。
  7. コイン入れ部分はファスナーに接着剤を塗り、縫い合せます。
  8. コイン入れとカードポケット部分の端にゴムのりを塗り、縫い合わせて組み立てます。

中級者〜上級者用!レザークラフトのおしゃれ財布の作り方②ミニ革財布

中級者〜上級者用!レザークラフトのおしゃれ財布の作り方2つ目は「ミニ革財布」です。こちらの作り方ではコンパクトで多機能のおしゃれな革財布を作ることができます。焼き印を付けたり、染めたりしてもさらにおしゃれに仕上げることができますよ!

ミニ革財布の作り方
  1. 型紙に合わせて革を切り抜き、トコノールを塗ります。
  2. 小銭入れのフタのボタン位置にハトメ抜きで穴を開け、ボタンをはめ込みます。
  3. 土台の内側の折りこみ部分をハトメ抜きで切り取り、サイビノールを塗ります。
  4. せんまい通し・ヒシ目打ちで手縫い部分のラインを引き、手縫いをしていきます。小銭入れの折り目部分にもヒシ目打ちで穴を開け、塗っておくと折り曲げやすくなります。
  5. お札入れ部分の端2か所にハトメ抜きで穴を開け、ボタンを付けます。
  6. 外側を手縫いし、サイビノールで接着してから縫い合わせていきます。
  7. トコノール・コバ磨きで全体を磨いたら完成です。

ハンドメイドのレザークラフト小物のお手入れ方法は?

ハンドメイドのレザークラフト小物のお手入れ方法①オイルトリートメント

ハンドメイドのレザークラフト小物のお手入れ方法の1つ目は「オイルトリートメント」です。ミンクオイルをはじめ、レザークラフトのお手入れに最適なオイルは様々なものが販売されており、オイルを塗った後に日干しをするのが一般的なお手入れ方法です。定期的にトリートメントをすることで長持ちさせることができますよ。

ハンドメイドのレザークラフト小物のお手入れ方法②汚れがついた時

ハンドメイドのレザークラフト小物のお手入れ方法2つ目は「汚れがついた時」のお手入れ方法です。レザークラフトは使えば使うほど革独特の風合いが現われてくるものですが、もし汚れがついてしまったら水を絞った布でやさしくふき取りましょう。拭き取った後にオイルを塗っておくと良いでしょう。

レザークラフトでおしゃれな小物を作ってみよう!

いかがでしたか?革には様々な特徴・選び方が存在しており、独特の光沢や高級感を活かした手作りレザークラフト作品もたくさん生み出されています。今回の記事も参考にしながら、是非レザークラフトに挑戦してみてくださいね。

手芸屋や100均などを訪れると、革やキルトなどといった様々な端切れが販売されています。「端切れ」はハンドメイドにおいて大活躍してくれる材料にもなります。関連記事では、端切れの多彩な活用方法についてまとめた記事を掲載しています。

Small thumb shutterstock 559598881
関連記事 はぎれの活用方法や使い方は?小物やハンドメイドの使い道も!

小物やハンドメイドにははぎれが大活躍します。「はぎれの活用方法は?」「

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。