INDEX

物を減らしたい心理・理由6選

物を減らしたい心理・理由①散らかった部屋を片したい

掃除機

物を減らしたい心理・理由1つめは、単純に散らかった部屋を片づけたいと思うからです。忙しくて片付けられなかった時や、面倒で掃除や整理整頓を後回しにしていた時など、急に掃除がしたくなる時があるかと思います。そういうときに断捨離をすると、掃除や整理整頓もしやすくなりますので物を減らしたいと感じるのです。

物を減らしたい心理・理由②頭の整理をしたい

頭の整理

物を減らしたい心理・理由2つめは、頭の整理をしたいからです。お部屋の片付けや整理整頓をすると、なぜか頭の中も一緒にすっきりと整理されていたという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は部屋の中と頭や心の中には繋がりがあります。

モヤモヤしているときに急に物も減らしたくなるのにはこのような心理が隠されているのです。ぜひ頭の整理をしたいときには物を減らしてお部屋を整理してみてくださいね。

物を減らしたい心理・理由③仕事や勉強の効率をあげたい

勉強

物を減らしたい心理・理由3つめは、仕事や勉強の効率をあげたいと思うからです。先程ご紹介した頭の中を整理したいというところでもお話ししましたが、部屋の中がすっきり片付いていると、仕事や勉強もはかどります。物を減らしてすっきりさせることで、余計な気が散らなくなり、仕事や勉強も集中しやすくなります。

物を減らしたい心理・理由④前に進みたいとき

自転車と風船

物を減らしたい心理・理由4つめは、前に進みたいときです。物を捨てるととても気持ちよくすっきりとした気持ちになりませんか?失敗をしたときや失恋をしたときに、再び前を向いて進みたい!と感じるときに、物を減らしてすっきりさせたいという感情が生まれます。

物を減らすことで気持ちの整理もつき、気分転換にもなりリフレッシュができますので、前に進みたいとき、なにか壁にぶつかったというときは、ぜひ物を減らしてみてはいかがでしょうか。

物を減らしたい心理・理由⑤ものを持たないシンプルライフを送りたい

シンプルな暮らし

物を減らしたい心理・理由5つめはものを持たないシンプルライフを送りたいからです。ミニマリストという生き方が流行しているのをご存知ですか?ミニマリストとは必要最低限のものしか持たないシンプルライフを送る人たちのことです。最近このミニマリストな生活に憧れて断捨離を始める人が増えています。

こちらの記事ではシンプルライフを送るミニマリストの持ち物リストをご紹介しています。ぜひこちらの記事を参考にしながら、必要なものと不要なものをわけて断捨離をはじめてみてはいかがでしょうか。シンプルな暮らしに必要なものとは何なのか不要なものとは何なのか、ぜひこちらの記事でチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 589377596
関連記事 ミニマリストの持ち物リスト!女性に欠かせない15個のアイテムとは?

ミニマリストの持ち物リストって気になりますよね。本当に必要なものを持つ

物を減らしたい心理・理由⑥日常生活でストレスが溜まっている

ストレス

物を減らしたい心理・理由6つめは、ストレスが溜まっているからです。物を減らしてお部屋をすっきりきれいにすると、気持ちもリフレッシュできます。物を減らすと心がすっきりという心理から、ストレスが溜まったときに自然と物を減らそうと断捨離を始めるという人もいます。

物を捨てられない心理・理由5選

物を捨てられない心理・理由①もったいないという気持ちがある

もったいない

物を捨てられない心理・理由1つめはもったいないという気持ちがあるからです。身の回りにもったいなくてなかなか捨てられないというものはありませんか?このもったいないという気持ちが物を捨てられない状況を作ってしまっている場合があります。もったいないけど使わないものは譲るなどして手放してみてはいかがですか。

物を捨てられない心理・理由②貰い物を捨てるのに罪悪感がある

罪悪感

物を捨てられない心理・理由2つめは、貰い物を捨てるのに罪悪感があるからです。引き出物やプレゼントにもらったものなど人からの貰い物は使わないものでも罪悪感からなかなか捨てることができないという人も多いかと思います。こういった罪悪感も物を捨てられない原因のひとつです。

物を捨てられない心理・理由③思い出が詰まっているから捨てられない

思い出

物を捨てられない心理・理由3つめは、思い出があるからです。旅先で買ったお土産や記念の品など思い出のあるものもなかなか捨てられませんよね。こういったものも無理に捨てる必要はありませんが、増え過ぎて困っている場合には少しでも手放す必要があります。どうしても手放せない場合は写真に残すのもおすすめですよ。

物を捨てられない心理・理由④いつか使う・着る時がくると思うから

靴

物を捨てられない心理・理由4つめは、いつか使う時、着る時が来るだろうと思うからです。こちらは断捨離をするときにつまずきやすい原因のひとつですね。もったいなくてついついいつかの日のためにと取っておいてしまいがちですが、そのような場合はいつまでに使わなければ捨てると期限を設けると良いですよ。

こちらの記事では実際に捨ててしまって後悔してしまった物、失敗してしまった物の例をご紹介しています。断捨離をしているときに本当に捨ててしまって良いのだろうかと困ってしまうものは多いかと思います。そんなときに行き詰まってしまった場合にはぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 357490304
関連記事 断捨離で捨てて後悔した物10選|思い切って捨てたけど失敗したものは?

はじめての断捨離では、後々「捨てなきゃよかった」と後悔することが結構多

物を捨てられない心理・理由⑤高級品だから

高級

物を捨てられない心理・理由5つめは、高級品だからです。高いお金を出して買ったものや高級な貰い物ももったいなくて捨てられないという人も多いかと思います。このような高級品も使わなければタンスの肥やしになってしまうだけですので、使ってくれる人へ譲ったり、フリマアプリに出すなどすると良いでしょう。

物を減らしたい!物を捨てる方法は?

物を持たない!物を捨てる方法|1年以上使っていない物・服は捨てる

服を選ぶ女性

物を減らしたいときに物を捨てる方法1つめは1年以上使っていない物や服は捨てる方法です。捨てるか捨てないかの基準としておすすめの方法が1年以上使っているかどうかで判断する方法です。1年以上使っていない物や服は、ほとんどの場合この先も使う可能性は低いですので、処分したり譲ってしまっても問題ないでしょう。

物を減らしたい!物を捨てる方法|1つ増やしたら1つ捨てる

選ぶ

物を減らしたいときに物を捨てる方法2つめは、1つ増やしたら1つ捨てるというルールを作ることです。ものは捨てないと増えてしまう一方です。ですので、新しく何かを買うときは、代わりに何かひとつ手放すようにしてみましょう。そうすることで物を捨てやすくなりますし、物が増えるのを防ぐこともできますよ!

物を減らしたい!物を捨てる方法|もったいないと思わない

段ボール

物を減らしたいときに物を捨てる方法3つめは捨てるときにもったいないと思わないことです。もったいないと思うとなかなか捨てにくくなってしまいます。ですので、もったいないと思うかわりに、今までありがとうと感謝の気持ちを込めるようにしてみましょう。気持ちが楽になり手放しやすくなりますのでおすすめですよ。

物を減らしたい!やり過ぎるとデメリットも?

物を減らしたい!やり過ぎるデメリット|捨てたい病に陥ってしまう

捨てたい病

物を持たない生活でやり過ぎるデメリットは、捨てたい病に陥ってしまう点です。捨てることに快感を覚えてしまい、何でもかんでも捨てないと気が済まなくなってしまうようになってしまうと少し注意が必要です。捨てる前に何のために捨てるのかというのを1度立ち止まって考えてから捨てるようにすると良いですよ!

物を減らしたい!やり過ぎたシンプルライフのデメリット|神経質になる

ストレス

物を持たない生活でやり過ぎるデメリットは神経質になってしまうということです。神経質になってしまうと捨てなくちゃいけない!と自分を追いつめてしまいストレスになってしまう場合があります。義務ではありませんし、身の回りや自分自身をすっきりさせるためにすることですので、あまり追いつめないようにしましょう。

物を減らしたい人は物を捨ててシンプルライフを叶えよう!

リフレッシュ

物を捨てたいのになかなか捨てることが出来ない!とお困りの方は、ぜひ今回ご紹介した物を減らしたい人の心理や理由を参考にしてみてくださいね。シンプルライフを送るコツを掴んで、身の回りや頭や心のなかをすっきりさせてみてはいかがでしょうか。神経質になりすぎないよう、心に余裕を持つと成功しやすいですよ!

シンプルな暮らしを送りたいという方は、ぜひこちらの記事も合わせて参考にしてみてくださいね。不要なものを捨てて無駄のない生活を送るためのコツや方法をご紹介しています。実際に手放すべきものの例も分かりやすくご紹介していますので、断捨離ができなくてお悩みの方にもおすすめですよ!

Small thub shutterstock 646806103
関連記事 不要な物を持たない・捨てる生活で無駄のないシンプルライフを送るには?

物が多い人にとっては家に不要な物がないシンプルライフを送っている人は憧

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。