INDEX

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果は?

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果①電気代の節約

①電気代の節約

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果の1つ目として紹介するのが、「電気代の節約」です。エアコンは冷風を送り出すことで室内にある熱気を外へ逃がそうとするメカニズムによって成り立っています。しかしそうした働きによって室外機は大きな負担がかかるので、結果として効率を下げてしまいます。

そのためすだれまたはよしずなどを使用してエアコンの室外機日よけを付けることで、室外機の熱を下げて効率をアップさせることで結果として必要な電気量を節約することができるので、電気代も節約に繋がります。関連記事においては、エアコンに関する仕組みと電気代節約のテクニックを紹介しているので参考にして下さい。

Small thub shutterstock 793237669
関連記事 エアコンの除湿と冷房の違いとは?電気代を抑えつつドライを使う方法は?

エアコンの除湿(ドライ)と冷房は、気温や湿度によって使い分けることが大

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果②冷房効果のアップ

②冷房効果のアップ

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果の2つ目として紹介するのが、「冷房効果のアップ」です。エアコンの室外機は基本的に正常に起動するための要となる部分です。そのため、熱を生じて機体温度が高まってしまうとその負荷によってグンと冷房効果を下げてしまうことになります。

そのため、結果としてエアコンの効きが悪くなったように感じてしまうことがあります。つまりエアコンの室外機日よけを付けることで本体の温度を下げるようにすれば、本来の効果を取り戻すことができます。そのため結果として、冷房効果をアップさせることができるのです。

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果③本体の温度を下げる

③本体の温度を下げる

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果の3つ目として紹介するのが、「本体の温度を下げる」です。先にも触れたとおり、エアコンの効きが悪くなったり、電気代が高くなってしまう原因として室外機が高温になったことで効率が下がってしまい、多くの電気を必要としてしまうことが原因として考えられます。

つまりそういったデメリットを解消するには、室外機が本来の効果を発揮できるような環境に整えてあげる必要があります。そういったことから、エアコンの室外機日よけは陰になるので直射日光などから避けることができるので、効果的と言えます。

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果④自作できる

④自作できる

エアコンの室外機日よけを付けることのメリットや効果の4つ目として紹介するのが、「自作できる」です。エアコンの室外機日よけというのは、ホームセンターで販売されているアイテムで簡単につくるることができるので、DIY初心者もチャレンジしやすいメリットがあります。

また、ホームセンターで販売されているアイテムでなくとも、ダイソーなど百均ショップで販売されているアイテムでも十分に効果を発揮できるエアコンの室外機日よけをつくることができます。ダイソーなどで出来るだけ材料費を抑えることができるという点も、DIYしたい人におすすめです。

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料は?

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料①サンシェード

①サンシェード

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料の1つ目として紹介するのが、「サンシェード」です。サンシェードとは所謂日よけのことで、主に車のフロント部分などに重ねることで影をつくり、車内の気温を上昇してしまうのを防ぐ際に使用するアイテムとなっています。

そういったことから、室外機に被せても同じ効果を発揮します。関連記事においては、ダイソーなどで百均ショップで販売されているサンシェードについて詳しく解説されていますので、使用する室外機などのサイズに合わせて購入する際の参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 478072558
関連記事 100均のサンシェード・日除け17選!ダイソー・セリア別!車便利グッズ!

みなさんはどんなサンシェードをお使いですか。ここでは100均ダイソー、

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料②すだれ(よしず)

②すだれ(よしず)

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料の2つ目として紹介するのが、「すだれ(よしず)」です。すだれ(よしず)とは竹を編んだもので室内の日が射すところにかけることで、日よけとして効果のあるアイテムです。よしずというのは、植物の茎で編んだものを指し、基本的な効果はすだれと同じです。

すだれとよしずは、どちらかというと後者の方が高級品とされます。効果に関しては先に紹介したサンシェードと同じで、室外機に使用しても効果があります。関連記事においては、ダイソーなどで販売されているおすすめのすだれについてまとめてありますので、購入の際に参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 565621294
関連記事 100均のすだれ4選!ダイソー・セリア別!サイズは?日よけに

夏の家の暑さ対策には日よけが効果的です。そこでおすすめなのが100均の

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料③PP紐

③PP紐

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料の3つ目として紹介するのが、「PP紐」です。PP紐とは、新聞紙などをまとめるときに使用する白い紐のことを言います。自作の室外機日よけをDIYする時は、日よけとなるアイテムをしっかりカバーできるように固定する必要があるので、そのために使用するアイテムです。

PP紐を使用するメリットとしては、屋外にある室外機は日によって悪天候に見舞われることがあります。そういった点においてPP紐は天候に左右されず一定の耐久性があるのでおすすめです。

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料④ダイソーのアルミシート

④アルミシート

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料の4つ目として紹介するのが、「ダイソーのアルミシート」です。アルミシートというのはレジャーなどにおいて地面に敷くことで食事をとったりするなどを目的として使用されることの多いアイテムです。しかし使用されている素材がアルミなので、日よけとしても効果があります。

室外機日よけとして用いる場合の使い方としては、基本的にサンシェードと同じようにカバーのように被せることで日よけの効果を発揮します。また、ダイソーなどで入手しやすいアイテムのひとつとしてもおすすめです。

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料⑤スーツケースベルト

⑤スーツケースベルト

100均で揃う自作の室外機日よけに必要な材料の5つ目として紹介するのが、「スーツケースベルト」です。スーツケースベルトとは、もともとスーツケースがなにかしらの衝撃などによって開いてしまうことで中身が出てしまわないように防ぐために用いるアイテムです。

そのためにがっちりとスーツを固定する効果を持っていることから、室外機の日よけとして用いるアイテムをしっかり固定することができます。紐のように縛る必要がなく、金具を嵌め合わせるだけなので簡単にDIYできる点においても初心者や効率よく自作したい人におすすめのアイテムです。

100均商品で室外機日よけの作り方は?

100均商品で室外機日よけの作り方①大きさに合わせてカバーをつくる

①大きさに合わせてカバーをつくる

100均商品で室外機日よけの作り方の1つ目として紹介するのが、「大きさに合わせてカバーをつくる」です。室外機のサイズに合わせないまま使用すると、吹き出し口をふさいでしまうなどして逆効果となってしまうことがあります。そういったことにならないように、サイズに合わせてカットしてください。

もし巻き癖がついているような素材を使用する場合には、上手にカットするコツとして巻き癖がついている方向を横方向すると良いでしょう。そして四隅を丸くカットすることで、カバーとしても見栄えもよくなります。

100均商品で室外機日よけの作り方②紐などを通す穴を開ける

②紐などを通す穴を開ける

100均商品で室外機日よけの作り方の2つ目として紹介するのが、「紐などを通す穴を開ける」です。室外機のカバーを自作するとき、カバーとなる部分を固定していないと風などでズレてしまい日よけとしての効果がなくなってしまいます。よりしっかり固定するために、素材に穴を開けておきましょう。

素材にもよりますが、基本的に穴を開けるのは四隅の四か所です。あとは室外機が置いてある場所や、固定方法によって紐を通しやすくしっかり固定できるように臨機応変に穴を開けていきましょう。

100均商品で室外機日よけの作り方③カットした紐を通す

③カットした紐を通す

100均商品で室外機日よけの作り方の3つ目として紹介するのが、「カットした紐を通す」です。カバーとなる素材に穴を開けたら、次に紐を通していきます。このとき、ジョイントする部分を考えて穴を通していきましょう。もちろん素材によっては穴を開けなくともその上から直接固定してしまっても構いません。

100均商品で室外機日よけの作り方④室外機に取り付ける

④室外機に取り付ける

100均商品で室外機日よけの作り方の4つ目として紹介するのが、「室外機に取り付ける」です。カバーに空けた穴に紐を通したら、いよいよ本体に取り付ける作業に移行します。このとき、下準備として本体に水がついているのであればあらかじめ拭き取っておきましょう。

室外機の上部に帽子を被せるようにカバーをかけたら、紐を室外機の下部で結びます。このとき、室外機のアルミフィンは壊れやすいので触らないようにして取り付けてください。

100均商品で室外機日よけの作り方⑤固定する

⑤固定する

100均商品で室外機日よけの作り方の5つ目として紹介するのが、「固定する」です。前の工程で基本的に取り付ける手順は完了なのですが、しっかり固定できているかどうか確認しておきましょう。また、カバーがずれていると効果が半減してしまうので、ズレている場合はカバーをかけ直してください。

100均のDIY室外機日よけの注意点は?

100均のDIY室外機日よけの注意点①ダイソー商品に頼りすぎない

①ダイソー商品に頼りすぎない

100均のDIY室外機日よけの注意点の1つ目として紹介するのが、「ダイソー商品に頼りすぎない」です。確かに百均ショップで販売されているアイテムは入手しやすくDIYしやすいというメリットを持っていますが、自作しているなどの理由もあり既製品よりは劣りますので、あまり過信しないようにしてください。

100均のDIY室外機日よけの注意点②オフシーズンはカバーを取り外す

②オフシーズンはカバーを取り外す

100均のDIY室外機日よけの注意点の2つ目として紹介するのが、「オフシーズンはカバーを取り外す」です。先にも触れたとおり、DIYしたカバーは基本的に時間経過によってはその効果は徐々になくなっていきます。そういったことから、使用するのはシーズン中に限り、オフシーズンは使用しないようにしましょう。

基本的に作成したカバーは今シーズンのみ効果があるものなので、もしまた使用したい場合は新たに作り直したほうが良いと言えるでしょう。

100均のDIY室外機日よけの注意点③自作する場合はしっかり固定する

③自作する場合はしっかり固定する

100均のDIY室外機日よけの注意点の3つ目として紹介するのが、「自作する場合はしっかり固定する」です。先にも何度か触れていますが、室外機は屋外に設置されているので、その日の天候によってカバーを置いたままでは風などで飛ばされてしまうことがあります。そういったことがないように、固定しておきましょう。

100均で必要な道具を集めてエアコンの室外機日よけをつけよう!

今回は、自作できる室外機日よけについて詳しく解説しました。基本的に必要な材料は百均ショップで販売されているものばかりなので、入手しやすいだけでなく、作り方も簡単なので初心者もチャレンジしやすい点がメリットです。カバーを自作してエアコンの効果をアップして快適な環境をつくりだしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。