INDEX

抱っこ紐ケープとは?

抱っこ紐ケープの必要性①赤ちゃんを寒さや紫外線から守るおくるみ

赤ちゃん

抱っこ紐ケープの必要性1つ目は、「赤ちゃんを寒さや紫外線から守るおくるみ」です。外に出ると、紫外線や寒さが気になりますよね。しっかりとした温かいアウターを着ればいいのですが、抱っこ紐をしていると苦しくなってしまうこともあります。抱っこ紐の外に付けられるものなら、バタバタ脚を動かす赤ちゃんも快適です!

抱っこ紐ケープの必要性②たくさんのメーカーからいろんな種類を販売

赤ちゃん

抱っこ紐ケープの必要性2つ目は、「たくさんのメーカーからいろんな種類を販売」です。赤ちゃんメーカーはもちろん、他にもいろんなメーカーから発売されています。今回ご紹介する冬におすすめな寒さ対策ケープから、夏の涼し気なものまで種類も豊富です。使い方や季節によって変えてあげるといいでしょう。

子育ての冬の必需品ともいえる抱っこ紐ケープは、寒い季節になると多くのママが愛用しています。たくさんありすぎて、どれを購入していいか迷ってしまうかもしれません。今回はしっかりと寒さをしのいでくれる、人気の抱っこ紐ケープや選び方もご紹介していきます!

赤ちゃんの防寒グッズ!抱っこ紐ケープの選び方のポイントは?

赤ちゃんの防寒グッズの選び方①防寒防風素材

赤ちゃん

赤ちゃんの防寒グッズの選び方1つ目は、「防寒防風素材」です。ケープにはいろんな種類が販売されていて、それぞれ使われている素材が違います。防寒としてよく使われているのがダウン、フリース、ボアです。フリースは軽くて使いやすいですが、寒さをしっかりとしのいでくれるものを選ぶならダウン素材がいいでしょう。

中のボアを取り外すことができるものなども販売されていますので、使い方に合わせて選ぶといいですよ!温かいだけでなく、しっかりと冷たい風を防いでくれる素材を選びましょう。

赤ちゃんの防寒グッズの選び方②機能性

赤ちゃん

赤ちゃんの防寒グッズの選び方2つ目は、「機能性」です。ベビーカーにも取り付けられるもの、前向き抱っこに対応しているもの、ママポケットが付いているものなどいろいろ販売されています。使い方に合わせて必要な機能を選ぶようにしましょう。

授乳をするなら授乳ケープにもなるものなら荷物を減らすこともできます。パパも使うならサイズ調節ができるものなどという選び方も大切ですね!

赤ちゃんの防寒グッズの選び方③軽さとコンパクトさ

赤ちゃん

赤ちゃんの防寒グッズの選び方3つ目は、「軽さとコンパクトさ」です。赤ちゃんを連れての外出は、どうしても荷物が多くなってしまうものです。抱っこ紐をしていると、更にママへの負担も大きいですよね。寒さ対策も大切ですが、軽くてコンパクトにできるものなら荷物の量や負担を減らせます。

収納バッグが付いているもの、コンパクトに丸めておけるものなど、ママの使いやすさや負担を考えて選ぶのも選び方の1つですね。

赤ちゃんの防寒グッズの選び方④デザインやカラー

赤ちゃん

赤ちゃんの防寒グッズの選び方4つ目は、「デザインやカラー」です。寒さ対策がしっかりとできることは、赤ちゃんのためにも必要なことです。しかし抱っこ紐はママも一緒に身に着けるものです。赤ちゃんのものとはいえ、やっぱりおしゃれなものがいい!という方も多いのではないでしょうか。

抱っこ紐ケープは、シンプルなものからとてもかわいらしいデザインのものまで、たくさんの種類が販売されています。ママがかわいい!と思うものを選ぶのもいいですね!おしゃれなものなら、ママが抱っこするときの気分も上げてくれるかもしれませんよ。

抱っこ紐ケープの他にも、下記の記事では人気のマザーズバッグやリュックをご紹介しています。子供がいると、哺乳瓶やおむつ、おやつなどを入れるために荷物が多くなってしまいます。おしゃれで使いやすいものがいいですよね!妊婦さんや子育てにおすすめなものがたくさんありますので、是非参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 111348149
関連記事 人気マザーズバッグ・リュック18選!妊婦・子育てにおすすめなママバッグは?

おしゃれなマザーズバッグやマザーズリュックを探している方は、どのブラン

【前半】赤ちゃんの防寒グッズ!抱っこ紐ケープおすすめ人気商品5選

前半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品①TWONE抱っこひもカバー

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品前半1つ目は、「TWONE抱っこひもカバー」です。保温性に長けたボア素材を使用しているので、ケープの中はとても暖かく作られています。装着は、抱っこ紐の肩紐部分にクリップで留めるだけなのでとても簡単なのが嬉しいポイントです。

ケープの表面には撥水加工がしてあるので、雨の日にも気兼ねなく装着できそうです。フットカバーが付いているので、飛び出してしまいがちな赤ちゃんの足もちゃんと温めてあげられます。ケープを持って外に出ると、荷物になってしまって大変なママに便利な収納バッグもついています。

フードについている耳がとてもかわいらしく、しっかりと防寒をしながらおしゃれに使用できる抱っこ紐ケープです。かわいいだけでなく、機能性も高いのがいいですね!

前半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品②5Star抱っこ紐ケープ

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品前半2つ目は、「5Star抱っこ紐ケープ」です。ダウン部分には天然の綿が詰められていて、空気を逃さず保温性を高めてくれます。スナップボタンが付いていて、肩紐部分にしっかりと装着することができるのでおんぶをするときにも便利です。

被っていると段々と落ちてきがちなフードですが、ずり落ち防止のためにロープ入りフードになっています。絞ってあげれば耳まで温かく、首回りの冷気も防ぐことができますね!ケープの両脇には、伸縮調整ゴムが付いているので、子供の成長に合わせて長さを変えることができますよ。

足元はU字になっていて、包むように足を寒さから守ってくれます。ママ用のハンドポケットが付いているので、手も温かいのも嬉しいですね!ブラウンとブルーが用意されていて、とてもシンプルなデザインだからママだけでなくパパにも使えるケープですよ!

前半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品③kerata抱っこ紐防寒ケープ

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品前半3つ目は、「kerata抱っこ紐防寒ケープ」です。肌ざわりのいいボア素材は、繊細な赤ちゃんの肌を温かく、そしてやさしく包んでくれます。背部にはバックルが付いていて、調節も可能です。ベルト収納ゴムもついているので、ベルトがダランと出てしまうのも防いでくれます。

強い風の日でも、ヒラヒラと飛んでしまう心配がありません。ストラップが付いているので、ベビーカーへの装着も楽々です。ケープの幅が広く作られているので、ベビーカーに乗っていてもすっぽりとカバーできるようになっています。

表面は撥水加工になっているから、お手入れも簡単です。冷たい風から頭を守ってくれるフードもついていて、耳付きだからとても可愛いんです!

前半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品④dstper5WAY抱っこ紐ケープ

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品前半4つ目は、「dstper5WAY抱っこ紐ケープ」です。抱っこ、おんぶ、ベビーカーに使えるのはもちろん、ベビー寝袋やおくるみとしても使用することができる5WAY仕様になっています。ママ用ポケットには、携帯などを入れておくのにも便利ですね!

ケーブの表面はウインドブレーカー生地を使っているので、冷たい風をしっかり防いでくれます。反射テープが付いていて、夜間のお出かけにも配慮されています。カラーはブルー、グレー、ピンクの3種類用意されているので、好みに合わせて選ぶことができます。

前半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品⑤ベビーマフィン4WAYプレミアム

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品前半5つ目は、「ベビーマフィン4WAYプレミアム」です。フードを取り外すことができるので、前向きの抱っこをするときでもフードを被せてあげることができます。表面にはジッパー付きのシークレットポケット付きなので、携帯やおしゃぶりなどをしまっておいても落とす心配がありません。

1番の嬉しいポイントは、水洗いができることです!いつでも綺麗な状態で装着することができるはいいですね。ダウン素材よりも暖かいと言われている「SOLARball」という素材が使われていて、赤ちゃんもぽかぽかです。インナーのボア素材は取り外しが可能なので、気温に合わせて使い分けることができます。

下記の記事では、エルゴの抱っこ紐人気色ランキングをご紹介しています。人気の抱っこ紐エルゴには、たくさんの色や柄が販売されています。抱っこするのが楽しくなる色ばかりですので、是非参考にしてくださいね!

Small thumb shutterstock 233134342
関連記事 エルゴの抱っこ紐人気色ランキングTOP5|おしゃれで可愛い柄ものは?

人気色やおしゃれな柄が常に注目されてるエルゴの抱っこ紐は、赤ちゃん連れ

【後半】赤ちゃんの防寒グッズ!抱っこ紐ケープおすすめ人気商品4選

後半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品①日本育児3wayコンフィケープ

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品後編1つ目は、「日本育児3wayコンフィケープ」です。ダウンのような温かさがある「シミュレーテッドダウン」を使用しているから、温かさと軽さがあります。色はネイビーとカーキ、グレープ、ブラックが用意されていて、男性でもつけやすいシンプルなデザインです。

赤ちゃんの足元部分には伸縮調整ゴムが付いているので、出てしまいがちな脚もしっかりとカバーしてくれます。くるくると丸めて収納袋に入れられるので、持ち運びもとても便利です!ネットに入れて30度以下の水を使えば洗濯機で丸洗いが出来るのが嬉しいポイントです。

汚れてしまったら洗濯ができるので、清潔な状態で使ってあげることができますね。約230gと軽量なので、ママへの負担も軽くしてくれます。

後半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品②Abweijpベビーケープ

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品後半2つ目は、「Abweijpベビーケープ」です。表面は撥水加工がされているので、雨の日でも安心してお出かけができます。ケープの外面と裏面は取り外すことができます。内側はブランケットやおくるみとしても使用できるので、とても多機能です。

気温によって取り外して調節すれば、冬だけでなく春や秋など長く使えそうですね。ケープの丈も長めにつくられていて、足元をしっかり包んでくれます。お財布などを入れられるハンドポケットや収納袋もついていて、ママにも優しい作りになっています。

ネック部分が調節できたり、フードを固定することができたりととても機能性にも優れています。グレーとピンクが用意されていて、どちらも優しい色合いになっています。柄もかわいいので、おしゃれな抱っこ紐ケープが欲しい方にもおすすめです。

後半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品③ダブルシャープリバーシブルダウン

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品3つ目は、「ダブルシャープリバーシブルダウン」です。70パーセントがダウンという高配合になっているケープなので、温かさは抜群な防寒性抜群です。表面は撥水加工をしているので、雪からも雨からも、そして汚れからも守ってくれます。

両面にポケットが付いているので、リバーシブルで使うことができます。ママの気分や気温によって変えることができるのが嬉しいですね!雨や雪などの時には撥水加工面、ボア面を表にすればもこもこ感がとてもかわいいです。

シンプルな無地が3色、星のデザインがかわいいニュースターも3色用意されているので、ファッショナブルな抱っこ紐ケープです。

後半|防寒抱っこ紐ケープの人気商品④スイートマミー8wayダウンブラン

Amazonで商品の詳細を見る

防寒抱っこ紐ケープの人気商品後半4つ目は、「スイートマミー8wayダウンブラン」です。抱っこ、おんぶはもちろん、おくるみやスリーピングバッグ、ママバッグ、ブランケット、フットマフ、横抱っこにもつかえる8wayになっています。フードも取り外しができるから機能性も抜群です。

1つ持っていれば、たくさんのことに使えるのが嬉しいですね!抱っこ紐だけでなく、お昼寝やベビーカー、チャイルドシートなどいろんなシーンで活躍してくれます。コットン100パーセントというベロア素材を使っている裏地は、繊細は肌をやさしく包んでくれます。

色はネイビー、ピンク、ブラック、ベージュの4色から選ぶことができます。無地でとてもシンプルなので、ママのファッションや年齢性別を選びません。

手作り抱っこ紐ケープの作り方は?

手作り抱っこ紐ケープの作り方①超簡単!ブランケットケープ

手作り

手作り抱っこ紐ケープの作り方1つ目は、「超簡単!ブランケットケープ」です。型紙などは必要ありません。必要なのは、好きなブランケットと100均などで販売されている帽子クリップです。クリップを挟んで、もう片方のクリップを抱っこ紐に止めるだけだからとても簡単です。

簡易的なものですが、ブランケットは付け替えができるのでファッションに合わせることもできます。汚れたら取り換えることもできますよ!室内で大きな抱っこ紐ケープを使うのは大変ですが、これなら軽くて便利ですよ。冬だけでなく少し肌寒い春や秋にもぴったりです。

下記の記事では、くま耳防止の編み方をご紹介しています。ちょこんとついた耳を子供に被せるととってもかわいいんです!簡単な作り方や実例、編み図などもまとめていますので、赤ちゃんの防寒対策に是非参考にして作ってみてくださいね。

Small thumb shutterstock 607492355
関連記事 くま耳帽子の編み方とその種類は?簡単可愛い作り方&実例9選!編み図付

赤ちゃんが生まれたら、可愛い洋服や帽子を沢山用意して着せてあげたいです

手作り抱っこ紐ケープの作り方②リバーシブルになる冬ケープ

手作り

手作り抱っこ紐ケープの作り方3つ目は、「リバーシブルになる冬ケープ」です。抱っこ紐がすっぽりと入る大きさのフリースやブランケットなどの布、アクリル紐2本、スナップボタン2つを用意します。布を合わせ、2つの角に2つ折りにした紐を挟みます。ミシンでぐるりと1周縫います。紐の端にスナップボタンをつけます。

抱っこ紐の肩部分にスナップボタンで留めて使用します。リバーシブルで使うことができるので、とても便利です。表面の布を防水性のあるものに変えると、更に使いやすくなりますよ!

下記の記事では、ペットボトルの手作りおもちゃの作り方をご紹介しています。赤ちゃんでも遊べるおもちゃもありますので、手作りで温かみのあるおもちゃを作ってはいかがでしょうか?是非参考にしてくださいね。

Small thumb shutterstock 584553520
関連記事 ペットボトルの手作りおもちゃ・工作15選!赤ちゃん・幼児と遊ぶ際の注意点は?

赤ちゃん・幼児のいるお母さん、お父さん必見!捨ててしまうペットボトルが

抱っこ紐ケープ以外におすすめの赤ちゃんの防寒グッズは?

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ①ベビージャンプスーツ

Amazonで商品の詳細を見る

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ1つ目は、「ベビージャンプスーツ」です。ジャンプスーツは、手首足首までしっかりと包んでくれるものが多く、寒い冬のベビーアウターとして重宝します。デザイン性のあるものも多く、かわいいアウターを着せたいおしゃれママに人気です。

抱っこ紐をつけられるような、薄手のものも販売されています。足元がズボン型になっているので、1人で歩けるようになった子供にも使いやすいです。中には、ズボン型やスカート型に形を変えられるものもあります。

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ②ベビーカーシート

Amazonで商品の詳細を見る

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ2つ目は、「ベビーカーシート」です。ベビーカーの上にブランケットなどをかけても、意外と寒いのが座面です。1枚ベビーカーシートを敷いてあげるだけで、座った時の体感が違ってきます。防寒だけでなく、冷感機能も付いていれば夏にも使うことができるので、1年中使用ができます。

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ③マフラー付きニット帽

Amazonで商品の詳細を見る

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ3つ目は、「マフラー付きニット帽」です。小さい子供にマフラーをつけると、引っ張って首がしまってしまったり、自分で取ってしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、帽子と一緒になっていればしっかりとした防寒対策にもなりますし、取れてしまう心配もありません。

耳も温かいですし、まだ髪が薄い赤ちゃんには欠かせないアイテムなのではないでしょうか。寒くなる冬は、できるだけ温かい恰好をさせてあげたいですね。キュートな耳付きのものや、てっぺんにボンボンがついたものなど、デザイン性のあるものがたくさん販売されています。ファッションに合わせて変えるのもおすすめです!

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ④スリーパー

Amazonで商品の詳細を見る

寒さ対策に必要なおすすめ防寒グッズ4つ目は、「スリーパー」です。おでかけだけではなく、お部屋の中での防寒対策も必要です。そこでおすすめなのがスリーパーです。頭から被って、脇を紐やマジックテープで留めるものが多く販売されています。脚をバタバタと動かしやすいので、まだ歩けない赤ちゃんも使いやすいです。

他にも、布団をかけても足で蹴飛ばしてしまう子にもおすすめです。コットンなどで作られているものも販売されていて、特に低年齢の子供には肌に優しいものを選んであげるといいでしょう。

下記の記事では、赤ちゃんはなぜ指しゃぶりや指吸いをするのかをご紹介しています。指しゃぶりの癖がついてしまうと、止めさせるのって結構大変なんですよね。防止してくれる子供の指しゃぶりグッズや原因、対処法などもまとめていますので、参考にしてくださいね!

抱っこ紐ケープでしっかり防寒対策をしよう!

いかがでしたか?抱っこ紐ケープはいろんな種類が販売されています。それぞれ使っている素材や機能、デザインがありますので、使い方や好みによって選べるのが嬉しいですね!寒い冬には、赤ちゃんの防寒対策をしっかりして温めてあげましょう。是非参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。