INDEX

お世話になっている上司にバレンタインチョコをあげるメリットは?

上司にバレンタインチョコをあげるメリット①感謝を伝えられる

感謝を伝えられる

上司にバレンタインチョコをあげるメリット一つ目は、感謝を伝えられるということです。上司になぜバレンタインチョコをあげなければいけないのか、疑問に思っている方も多いですよね。

バレンタインチョコをあげる一番のメリットは、まさに感謝を伝えられるということです。普段一緒に仕事をする上司ですが、なかなか感謝を伝える機会がありません。そのためバレンタインというイベントを利用して、相手に感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

上司にバレンタインチョコをあげるメリット②上司のご機嫌取りができる

上司のご機嫌取りができる

上司にバレンタインチョコをあげるメリット二つ目は、上司のご機嫌取りができるということです。男性上司は、バレンタインにチョコをもらえないと気にしてしまうことが多いです。

そのため義理でもとりあえずあげておくことで、上司のご機嫌を取ることができます。また安いチョコでも、あげるだけで仕事での対応も優しくなるかもしれません。そういった意味でも、上司にチョコをあげることはメリットの一つです。

バレンタインチョコをあげるとき、どのようなチョコをあげたらいいのか分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、手作りでバレンタインチョコをあげる場合の簡単なチョコの作り方について紹介しています。バレンタインチョコに悩んだら、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 576364936
関連記事 バレンタインにおすすめ!手作り&簡単チョコアイデア12選

今はもうバレンタインは恒例行事になっていますね。好きな人にあげる手作り

上司にあげるチョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方10選

バレンタインチョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方①誰からか

誰から贈ったか

バレンタインチョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方一つ目は、誰から贈ったかということです。チョコにメッセージを添える際、注意が必要なのは誰から贈ったのかということです。バレンタインで多くの人が渡す可能性があるため、しっかりと氏名や団体名を記載しておきましょう。

例文としては「女子社員より」といった内容になります。女子社員一同から出す場合は、その旨を記載すると分かりやすいです。個人的に渡す場合も同様で、部署と名前を書くと相手に伝わりやすいためおすすめです。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方②いつものお礼を伝える

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方二つ目は、いつものお礼を伝えるということです。チョコに添えるメッセージの定番は、やはりいつものお礼になります。お礼を言われて嬉しくない人はいないですよね。

そのため、お礼は必ず添えるようにしましょう。例文としては「いつもご指導いただきありがとうございます。」といった内容になります。この一文を入れるだけで、相手に対して感謝を伝えることができます。ぜひ実践してみてください。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方③体を気遣った言葉

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方三つ目は、体を気遣った言葉になります。体を気遣う言葉というのは、生活習慣のあまりよくない上司におすすめのメッセージになります。このメッセージを記載する場合は、あまり踏み込まない内容のメッセージがおすすめです。

例文としては「これからもお体ご自愛下さい。」といった内容になります。もしも病気で入院した経験があるなら、それも織り込むといいかもしれません。このように体を気遣うメッセージを入れることで、よく見てくれているということが伝わるためおすすめになります。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方④仕事に対する一言

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方四つ目は、仕事に対する一言になります。職場の上司ですので、やはり仕事に対する一言はメッセージの定番になります。仕事に力を入れている人に対してであれば、特に喜んでもらえる内容です。

例文としては「いつも○○部長のお仕事ぶりを参考にさせていただいています。」といった内容になります。この一言をいれることで、相手に対する尊敬を伝えることが可能です。尊敬する上司にバレンタインチョコをあげる場合は、取り入れてみましょう。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑤お世話になった出来事

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方五つ目は、お世話になった出来事になります。これは以前上司に仕事のフォローをしてもらったり、指導してもらったりした経験を入れるということです。

例文としては「○○の企画の際、ミスをフォローしていただきありがとうございました。」といった内容になります。この一言を入れることで、その出来事を覚えていることを伝えることが可能です。それを伝えるだけで、今後の仕事でもさらに手厚くフォローしてもらえる可能性があります。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑥冗談っぽいお返し催促

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方六つ目は、冗談っぽいお返し催促になります。上司にバレンタインチョコをあげる大きな理由の一つが、ホワイトデーのお返しですよね。

冗談っぽくお返しを催促することで、嫌みなくお返しをもらうことができます。例文としては「ホワイトデーのお返し楽しみです。」といった内容になります。ここに星や顔文字を付けることで、女の子らしさをアップさせることができるためおすすめです。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑦チョコに対する一言

チョコに対する一言

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方七つ目は、チョコに対する一言になります。これは手作りでバレンタインチョコをあげた場合に、おすすめのメッセージになります。

例文としては「○○部長の好きなチョコを作ってみました。後で感想を聞かせてくださいね。」といった内容になります。この一言を入れることで、親しみやすさを与えることができます。そのため、上司と円滑にコミュニケーションを取ることにつながるメッセージの一つです。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑧今後についての一文

今後についての一文

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方八つ目は、今後についての一文になります。今後についての一言を入れることで、文章がまとまりやすくなるためおすすめです。例文としては「今後もご指導よろしくお願いします。」といった内容になります。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑨上司を褒める一文

上司を褒める一文

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方九つ目は、上司を褒める一文になります。褒められてうれしくない人はいないですよね。そのためメッセージでも喜ばれる内容です。

例文としては「○○部長のお仕事ぶりにはいつも憧れています。」といった内容になります。ここで褒めすぎると、本命と勘違いしてしまう可能性があるため注意しましょう。

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方⑩気楽な食事の誘い

気楽な食事の誘い

チョコに添えると喜ばれるメッセージ・例文の書き方十つ目、気楽な食事の誘いになります。これは社交辞令として入れておくことで、相手も喜んでくれる内容になります。

例文としては「今度職場の人たちでお食事にでもいきましょう。」といった内容になります。あくまで職場の上司に贈るものなので、ラフになりすぎないように気を付けましょう。

上司ではなく本命にバレンタインのメッセージを書きたい時、何を書けばいいか分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、男性が喜ぶバレンタインメッセージについて紹介しています。本命にもメッセージを書きたいという方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 559598881
関連記事 男性が喜ぶバレンタインメッセージとは?男性の気を引く手紙の書き方!

女性にとってバレンタインは年に1度の大イベントです。しかし無事にチョコ

伝えると嬉しい職場でバレンタインチョコをあげる際の挨拶の内容は?

職場で嬉しいと思われるチョコをあげる際の挨拶の内容①お礼を言う

お礼を言いながら

職場で嬉しいと思われるチョコをあげる際の挨拶の内容一つ目は、お礼を言うということです。伝えると嬉しい内容に、普段のお礼というものがあります。そのため、普段のお礼を挨拶に交えながらバレンタインチョコをあげることで相手に喜ばれるためおすすめです。

職場で嬉しいと思われるチョコをあげる際の挨拶の内容②何の日か言う

何の日か伝えて

職場で嬉しいと思われるチョコをあげる際の挨拶の内容二つ目は、何の日か言ってあげるということです。突然チョコをあげても、バレンタインに疎い相手だと伝わらないかもしれません。そのため渡すときは、今日がバレンタインだと伝えながら挨拶とともにあげることがおすすめになります。

上司にあげて喜ばれるバレンタインチョコのメッセージを実際に贈ろう!

上司にあげると喜ばれるバレンタインメッセージの例文について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。バレンタインに添えるメッセージのポイントを押さえることができたと思います。上司にあげるチョコのメッセージは特に迷ってしまいますよね。そういった時は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。