INDEX

デッキシューズとは

船乗りが甲板で作業する時の皮靴

デッキシューズとは、船乗りが甲板で作業する時の皮靴で、ボートシューズと言われることもあります。濡れていることが多い甲板の上でも滑って海に落下する事故を防ぐために、様々な工夫がされています。

デッキシューズはアウトソールが特徴的!

デッキシューズは、先ほど述べたように、一般の靴とは違う工夫があります。一番大きな特徴は、滑ることの無いようにアウトソール(靴底)が波形になっていたり、深い切れ込が入っています。

これは、水が溜まらないようにするためで、濡れていない時と同じグリップ力を実感することができます。他にも、グリップ力を高める目的で、一般の靴に比べてアウトソールが柔らかく作られています。

皮靴以外にキャンバスやナイロン素材もある

デッキシューズはレザータイプが古くから親しまれており、水に濡れても大丈夫なように、古くから耐水性の高いオイルドレザーが使われています。オイルドレザーは撥水効果がとても高く、吸水や靴の劣化を防いでくれます。

レザーの場合は、そのまま使用し続けると撥水効果が薄れてしまうので、時折油分を補ってケアする必要があります。皮靴のデッキシューズ以外に、一般的な靴と同じように、キャンバス素材や、ナイロン素材も発売されています。カラーも豊富に揃っており、おしゃれな人の間でもよく愛用されている靴です。

靴はいくつあっても困らないおしゃれアイテムですが、増えてくると置き場に困ってしまいますよね。そんな時は、上手に収納できる方法を知っておくと便利ですよ。下記の記事では、おしゃれに靴を収納できるアイデアを27選紹介しています。是非チェックして、お気に入りの靴をスッキリまとめてくださいね。

Small thumb shutterstock 159343988
関連記事 靴の収納とDIYアイデア27選!おしゃれにすっきり収納するコツとは?

皆さん「靴の収納」に困っていませんか?今回は靴の収納とDIYアイデア2

デッキシューズの靴紐を通すときのポイント

靴紐を通すときのポイント①紐交換や通す時はリレースキットやピンが便利

Amazonで商品の詳細を見る

デッキシューズは、普通の靴やスニーカーと違って、履き口周囲まで紐が繋がって通っています。なので、手だけで通そとしたり交換しようとすると、なかなか思い通りに紐を動かすことができずに、かなりの時間を使ってしまう可能性があります。

そこであると便利なのが、リレースキットかヘアピンです。どちらかにデッキシューズの紐をつけて、ゴム紐を通す時の要領で通すと上手くやすいですよ。

靴紐を通すときのポイント②抜き取る時は思い切って抜く!

2つ目の靴紐を通すときのポイントは、抜き取る時は思い切ることです。デッキシューズの紐を交換する時、まず通っている紐を抜かなければなりませんが、甲部分から足首部分まで紐が通っているので、なかなか抜けないかもしれませんね。

特に新しめのデッキシューズの場合はかたくて抜けにくいでしょう。ですが、デッキシューズは丈夫にできているので思い切って抜いてしまって大丈夫です。力を込めて思い切って抜き取りましょう。

靴紐を通すときのポイント③硬くても無理やり押し込んでOK

3つ目の靴紐を通すときのポイントは、硬くても無理やり押し込んで通すことです。デッキシューズの紐を通す時に苦労する点として、「硬くて通りにくいので、靴が傷んでしまうのでは?と心配になる」ことがよく挙げられます。

皮のデッキシューズの場合、とても丈夫にできているので、皮が柔らかくなっても、壊れることはありませんので安心して行ってください。

靴紐を通すときのポイント④紐がねじれないように注意する

4つ目の靴紐を通すときのポイントは、紐がねじれないように注意することです。通す時に紐がねじれてしまうと、綺麗に仕上がりません。かっこよくデッキシューズを履きこなすためにも、ねじれないように慎重に通していきましょう。

デッキシューズには様々なデザインや素材の種類があり、ファッションを楽しむことができて便利ですよね。おすすめのデッキシューズの他に、人気のオフィスカジュアルの靴も知りたいという方は、下記の記事もチェックしてみてください。おしゃれな足元を演出して、周囲の注目を集めましょう。

Small thumb shutterstock 434199571
関連記事 オフィスカジュアルにおすすめの靴って?女性らしい足元を演出しよう

仕事をする上で外せない「オフィスカジュアル」スタイルとそれにぴったりの

靴紐を通すときのポイント⑤通りにくい時は皮を揉む

5つ目の靴紐を通すときのポイントは、通りにくい時は皮を揉むことです。デッキシューズの皮が硬い場合、力を入れながら通してもなかなか上手くいかないことがあります。

そんな時は、通している穴付近の皮を揉んでみると、柔らかくなって通りやすくなります。なかなか通らない時は是非試してみてくださいね。

以上が、デッキシューズの紐を通す時・交換する時のポイントです。これらのポイントは、デッキシューズだけではなくモカシンシューズにも応用できますよ。ここからは、様々なデッキシューズの紐の通し方・結び方をご紹介します。是非何通りもの結び方をマスターして、おしゃれを楽しんでください。

デッキシューズの靴紐の通し方

デッキシューズの靴紐の通し方①定番のおしゃれなオーバーラップ

1つ目のデッキシューズの靴紐の通し方は、ビジネス用革靴からスニーカーまで人気のオーバーラップです。きつさを調整しやすいので、歩きやすさも抜群ですよ。靴紐の結び方の定番なので、覚えておくと何かと役立つでしょう。

定番のオーバーラップのやり方
  1. 1段目の2つの穴に、外側からヒモを通します。
  2. 片方のヒモを、反対側の2段目の穴の外側から通します。
  3. もう片方のヒモを、反対側の2段目の穴に外側から通します。
  4. ②のヒモを、反対側の3段目の外側から通します。
  5. ③のヒモを、反対側の3段目の外側から通します。
  6. それぞれのヒモを、反対側の1つ上の穴に外側から通していく…を繰り返していきます。
  7. 1番上までいったら、蝶々結びをして完了です。

デッキシューズの靴紐の通し方②ビジネス用靴にもおすすめ!パラレル

2つ目のデッキシューズの靴紐の通し方は、オーバーラップと同じ位人気が高いパラレルです。こちらの紐の通し方は、見た目が平行で甲にぴったりフィットしてくれます。靴紐のきつさを調整しやすいので、脱いだり履いたりが多い方におすすめです。

パラレル結びのやり方
  1. まずは、1段目の穴2つに表側からヒモを通して長さを均等にします。
  2. どちらかのヒモを、反対側の2段目の穴に下から通します。
  3. もう片方のヒモを、反対側の3段目の穴に下からヒモを通します。
  4. ②で通したヒモを、反対側の2段目の穴に上から通します。
  5. ④で通したヒモを、反対側の4段目の穴に下から通します。
  6. ③で通した3段目のヒモを、反対側の3段目の穴に上から通します。
  7. ⑥で通した紐を反対側の4段目の穴に下から通し、最後に蝶々結びをすれば完了です。

デッキシューズの靴紐の通し方③結び目隠し!革靴に人気のディスプレイ結び

3つ目のデッキシューズの靴紐の通し方は、結び目隠しができるディスプレイ結びです。こちらのディスプレイ結びというのは、靴屋でディスプレイされた靴のように、結び目隠しができる結び方で、大人っぽい雰囲気でデッキシューズを履きこなしたい方に最適です。見た目をスッキリさせたい方は是非トライしてみてくださいね。

結び目隠しができるディスプレイ結びのやり方
  1. 1段目の2つの穴に、紐をそれぞれ外側から通します。
  2. 片方の紐を同じ列の1番上の穴に内側から通して20cmになるように調整します。
  3. ②の紐を反対側の2段目に下から通し、その向かいの穴に外側から通します。
  4. ③の紐を、すぐに1つ上の穴に内側から通します。
  5. ④の紐を、反対側の3段目の穴に外側から通します。
  6. ⑤の紐を、すぐに1つ上の穴に内側から通します。
  7. ⑥の紐を、反対側の4段目の穴に外側から通し、すぐに1つ上の穴に内側から通します。
  8. ⑦の紐を、反対側の5段目の穴に外側から通します。
  9. その後、1つ上の穴に内側から通す、同じ段の向かい側の穴に外側から通す…と繰り返します。
  10. そして、1番上の穴に外側から通します。
  11. 最後に、靴紐を内側に隠すか、かた結びしてカットすれば結び目隠しができるディスプレイ結びの完成です。

デッキシューズの靴紐の通し方④オーバーラップの逆のアンダーラップ

4つ目のデッキシューズの靴紐の通し方は、おしゃれな人の間で定番のアンダーラップです。圧迫感が少なく、歩きやすい結び方です。オーバーラップと似ていますが、オーバーラップが常に上から紐を通すのに対して、こちらは下から常に靴紐を通していきます。

アンダーラップのやり方
  1. 1段目の2つの穴に、内側からヒモを通します。
  2. 片方のヒモを、反対側の2段目の穴に内側から通します。
  3. もう片方のヒモを、反対側の2段目の穴に内側から通します。
  4. ②のヒモを、反対側の3段目の穴に内側から通します。
  5. ③のヒモを、反対側の3段目の内側から通します。
  6. 同じように反対側のいつ上の穴に内側からそれぞれ交互に通していく…を繰り返し、最後に蝶々結びをすれば完了です。

皮靴は、キャンバス記事の靴と違って洗うことができないイメージが強いかもしれませんが、実は水洗いすることができるんです。下記の「えっ、革靴の水洗い?洗い方は?臭いすっきり!」の記事では、正しい革靴の水洗い方法を紹介しています。是非マスターして、清潔で臭いの無い革靴をキープしてくださいね。

Small thumb shutterstock 289040627
関連記事 えっ、革靴の水洗い?洗い方は?臭いすっきり!簡単水洗い方法伝授

革靴は水洗いできないと思っていませんか?正しい洗い方を知れば目からうろ

デッキシューズの紐の通し方をマスターしよう!

定番のオーバーラップや、結び目隠しができる大人っぽいディスプレイ結びや、パラレル結びなど、様々なデッキシューズの紐の通し方、そして通す時・交換する時のポイントを紹介してまいりました。

トライしてみたい靴紐の結び方はありましたか?スッキリ派の方には、パラレルと結び目隠しのディスプレイ結びがおすすめですよ。デッキシューズに限らず、靴の紐は結び方を変えるだけで印象をがらりと変えることができます。

何通りもの結び方を覚えておけば、ファッションに合わせて変えて、様々な雰囲気を楽しむことができますので、是非この機会にデッキシューズの靴紐の結び方をマスターして、おしゃれを楽しんでくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。