INDEX

内定の予兆?面接から読み取れる採用フラグ4つ

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ①採用後の話が出る

人生計画

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ1つ目は、採用後の話が出ることが挙げられます。最短での入社可能日を聞かれたり、実際の勤務についての説明をされるといった、採用後の具体的な話が出ると、内定の予兆なのではないかと捉える人が多くいます。

不採用者には説明する必要のないことを、面接の時点でわざわざ伝えてくるのは、面接官にとって好感触だったということの表れなのではないでしょうか。面接官に決定権がない場合もありますが、面接官の報告によって上の立場の人が合否を決定するため、面接官から太鼓判を押されることが必要です。

また、勤務内容や勤務地などについて希望を聞かれると、具体的に採用を考えてくれていると捉える人が多いでしょう。具体的な話は正式な採用が決まるまでしない会社もありますが、面接官が採用を決められる会社であれば、面接の段階で具体的な話が出てくることもあります。

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ②自社の魅力を語られる

笑顔の男性

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ2つ目は、自社の魅力を語られることが挙げられます。就活生がいくつもの会社の面接を受けていることは明白ですので、どうしてもほしい人材に対しては、自社の魅力や入社するメリットなどを語っておきたくなるでしょう。

面接は、会社側からしてもアピールの場になり得ます。良い人材であれば、いくつもの会社から自社を選んでほしいという気持ちが働き、自社の魅力を語るという行動に出ます。内定をたくさんもらっているような人は、会社側から魅力を語られることが多いのではないでしょうか。

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ③社風に合うと言われる

握手をかわす男女

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ3つ目は、社風に合うと言われることが挙げられます。就活とは相性であり、どんなに能力やスキルの高い人であっても、その会社が必要としていなければ採用されません。社風に合わない場合も同様です。会社としては、自分の会社の社風に合った人材がほしいのです。

社風に合うと言われることは、会社側から見て相性が良いと感じていると言われているようなものです。ほしい人材と違う方向性のアピールをしていたならば、「うちの会社の社風に合う」とは言われないでしょう。「採用を積極的に考えている」と言われているようなものだと、捉えて良いのではないでしょうか。

職務内容がどのような性格の人に合っているかどうかも、面接官であれば把握しています。面接の感触で「この人はうちの会社の職務内容と相性が良さそうだ」と感じる場合には、「あなたに合っている仕事だと思います」「やりがいを感じてもらえると思います」といった発言があるかもしれません。

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ④面接時間が長い

和やかな雰囲気

面接から読み取れる内定の予兆・合格採用フラグ4つ目は、面接時間が長いことが挙げられます。グループ面接などであらかじめ面接時間が決められている場合はわかりにくいですが、個人面接で面接時間が長い場合は、採用フラグと捉えることができるでしょう。

面接官がこちらの話について興味深く聞いてくれていたり、メモをたくさんとっていたりといった「もっとあなたのことを知りたい」という姿勢が態度で示されている場合は、採用の可能性が高いのではないでしょうか。興味を持って質問を投げかけてくれるような対応であれば、期待が持てます。

ただ、こちらが一方的に長々とアピールするばかりで、あまり質問されないような面接の場合は、面接時間が長くても関心は持たれていないでしょう。あまりにも短い面接では申し訳ないと考え、仕事に関係のない雑談をして面接を短くしすぎないように気を遣う場合もあります。

無い内定の予兆?面接から読み取れる不採用フラグ4つ

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ①そっけない態度

真顔の男性

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ1つ目は、面接官がそっけない態度であることが挙げられます。採用するに値しない人材を面接している時間は、面接官にとって時間の無駄です。それが態度に出てしまって、そっけない反応になることもあります。

ただ、自社に応募してくれた人に対して、あまりにもそっけない態度をとるのは、失礼ですよね。採用する見込みのない人であっても、雑な対応するような面接官のいる会社は、こちらからも願い下げでしょう。対応の良い面接官のいる会社に就職したいところですね。

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ②質問への回答が雑

怖い雰囲気

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ2つ目は、質問への回答が雑であることが挙げられます。採用するつもりがある人から聞かれた質問であれば、丁寧に答えるでしょう。しかし、採用するつもりがない人からの質問には、あまり丁寧には答えない場合があります。

あまりにも雑な対応をすると、現代はSNSで拡散されるおそれもあるため、会社の評判に響かない程度の対応になるかと思われます。ただ、聞きたかった内容・質問した内容について「正式採用後にお答えします」といった返答をされた場合には、不採用フラグの可能性があります。



面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ③自己PRを否定される

断る様子

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ3つ目は、自己PRを否定されることが挙げられます。作ってきた自己PRに矛盾があった場合などは、否定されたり論破されたりする可能性があります。ただ、「しっかりと自己PRを作り直した方が良い」という、就活へのアドバイスであると受け取ることができます。

その会社は不採用かもしれませんが、自己PRを否定されることによって、自己PRを見直す必要性があると気付くことができます。ただ不採用にするのではなく、「このままでは他の会社でも採用されない」と教えてくれているので、とても親切な面接官だとも言えます。

自己PRを否定されると落ち込む人が多いですが、自分自身を否定されているわけではありませんので、落ち込む必要はありません。アピールの仕方が良くなかったというだけで、あなた自身を否定しているわけではないのです。早めに気付かせてもらえて良かったと前向きに捉え、自己PRを練り直しましょう。

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ④面接時間が短い

時間を気にする様子

面接から読み取れる落ちる予兆・不合格不採用フラグ4つ目は、面接時間が短いことが挙げられます。面接官がメモをとっていない、何も質問してこないなど、こちらに対して興味や関心を持っていない様子である場合は、面接時間が短くなる傾向にあります。

下記の関連記事には、秋になっても無い内定な人の特徴について書かれています。内定を獲得するには、どこをどのように改善したら良いのかについても載っていますので、就活がうまくいかない人もこれから就活をするという人も、ぜひあわせて読んでみてくださいね!

Small thub shutterstock 680916895
関連記事 未だに無い内定な人の特徴5つ|就活全落ち/内定出ない/内定なし

この記事では、就活で内定が出ない人や複数受けたのに全落ちした人の特徴を

面接の手応えが良くても合否の判断材料にはならない

交渉

面接の手応えが良くても、合否の判断材料にはならない場合があります。これは、自分の思い描いていた通りに面接を進めることができた、自己PRがうまく言えたと満足してしまって、面接官の反応をよく見ていないケースが多いことから生じます。

こちらが伝えたいことを一方的に伝えるだけでは、採用は決まりません。面接官が聞きたいことに対して、的を得た答えを返すことができるかどうかが重要です。面接官との会話がキャッチボールになっていなければ、コミュニケーション能力が疑われてしまいます。

大切なのは、面接官と対話をすることです。こちらが長々と自己PRをしていても、面接官が何も質問してこない、食いついてこない場合には、うまくいっていないのです。「面接の手応えが良かったのになぜか不採用だった」と感じたことのある人は、自分だけが一方的に話していないか確認した方が良いと言えるでしょう。

就活生におすすめの面接のマナー本は?

就活生におすすめの面接のマナー本①要点マスター!就活マナー

Amazonで詳細を見る

就活生におすすめの面接のマナー本1つ目は、マイナビ2020オフィシャル就活BOOK「要点マスター!就活マナー」です。就活に必要な書類の書き方、面接での服装や挨拶の仕方など、社会人として身につけるべきマナーとルールについて、丁寧に説明している本です。

就活生におすすめの面接のマナー本②一問一答面接攻略

Amazonで詳細を見る

就活生におすすめの面接のマナー本2つ目は、一問一答「面接攻略」です。タイトルの通り、面接で聞かれる質問についての良い回答の例と悪い回答の例を取り上げ、なぜ良いのかなぜ悪いのか、その理由についても解説しています。面接時のマナーについても載っています。

面接対策の前に、そもそも就活のやり方がわからないという人もいるでしょう。下記の関連記事には、就活に必要な準備から効率の良い就活の仕方まで書かれています。これから就活を始める人は、こちらもあわせて読んでみてくださいね!

Small thub shutterstock 507679744
関連記事 効率の良い就活のやり方は?就職活動の仕方がわからない大学生必見!

就活のやり方がわからないという大学生はいませんか?就活の仕方って難しい

内定の予兆はあくまでも目安に!

今回は、面接からわかる内定の予兆・合格採用フラグと、無い内定の予兆・不合格不採用フラグについて見てきました。自分としては面接の手応えがあったように感じたけれども、面接官と会話のキャッチボールができていないケースもあるとおわかりいただけたのではないでしょうか。

面接は緊張するものですが、面接官とうまく対話をしていくことが重要となってきます。あまりにもそっけない態度をとると、会社の評判が落ちることもありますので、不採用者に対してもあからさまに冷たい態度はとらない可能性もあります。内定の予兆は、あくまでも目安として捉えてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。