Large thumb shutterstock 519793093

福岡名物といえば?美味しいグルメ6選!食べ物のお土産やB級ランチも

更新:2019.06.21

美味しい食べ物が集まる場所、「福岡」ですが、福岡名物といえば何を思い浮かべますか?福岡には有名絶品料理から隠れたB級グルメまで様々な名物が揃っています。福岡に行ったら絶対食べたい福岡名物や、お土産、観光地の情報をご紹介します。

福岡名物のグルメ6選

①豚骨ラーメン|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの1つ目は、【豚骨ラーメン】です。福岡といえば、ラーメンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。福岡のラーメンは豚骨を煮出すことで白濁したスープに、細くてストレートな麺が使われているのが特徴です。

屋台などが多く立ち並ぶ「長浜地区」には、屋台のラーメン店や深夜まで営業しているラーメン屋さんも多く、飲んだ後の締めとして食べられることも多いです。また、今では当たり前になった「替え玉」や麺の固さを選べるのも、福岡のラーメン文化がはじまりとされています。

また、替え玉を行いスープが薄まってしまった時用の「ラーメンのかえし」や、ゴマや紅生姜などを好みでラーメンに加えて食べる方法は、福岡の長浜屋台で食べられた方式です。「博多一風堂」や「一蘭」、「赤のれん節ちゃんラーメン」など有名なラーメン店がたくさんあります。

②もつ鍋|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

View this post on Instagram

【great:5,000〜7,499円】恵比寿にある「蟻月」に行ってきました😊もつ鍋の季節到来ということで、定番の蟻月🐜へ🙋‍♀️蟻月は良い悪い、合う合わないと賛否両論ありますが、個人的に大好きなお店です💕スープの味がしっかりしていて、もつは脂はありますが、しつこ過ぎず、全体的にパンチの効いた味に仕上がってます👌味は以前に全種類食べましたが、定番の白(味噌)とお出汁が効いている赤(醤油)に帰着しました🤤あとは、サイドメニューの明太出汁巻、柚子胡椒と一緒に食べる酢モツがMy定番❤️今回は、カンパチの胡麻醤油も頂きました!!明太の量が少し減ったりしている気もしなくもないですが、もつ鍋の味など総合的にみるとやはりクオリティーは高しです🐜美味しい鍋と楽しい仲間と楽しい話☺️年末なんだと改めて実感しました⛄️そして、毎年懲りずに注文しすぎて、最後にお腹いっぱいで頼みすぎたなぁという会話になるやつ(笑)またリピします🙇‍♂️ #東京 #東京グルメ #恵比寿 #恵比寿グルメ #もつ鍋 #お肉 #肉 #もつ #蟻月 #酢もつ #出汁巻き卵 #鍋 #お鍋 #hgkbtやば #うまメシまとめ #tokyofood #tokyo #ebisu #ebisufood #nabe

A post shared by higekobuta(ひげ濃豚) (@higekobuta) on

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの2つ目は、【もつ鍋】です。もつ鍋といえば福岡、というイメージどおり、福岡の郷土料理となります。スープに大きめにカットされた「もつ」とキャベツ、ニラを加え、更にニンニクと鷹の爪で煮込む鍋料理です。土鍋ではなくステンレスの鍋が使われることも特徴となっています。

バブル期の1992年に東京上陸してからは、「もつ鍋」が流行語になるほど大流行し、現在では東京でももつ鍋は一般的に食べられるようになっています。「牛もつ鍋おおいし」「もつ料理かわ乃」「もつ鍋おおやま」など名店も多くあります。

③水炊き|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの3つ目は、【水炊き】です。福岡で鍋料理といえば「もつ鍋」があがりますが、「水炊き」も大変有名です。福岡の郷土料理でもある水炊きは、水から鶏肉を煮立たせ、鶏肉のお肉や骨の旨味を出した後野菜や豆腐を入れて作ります。

鍋自体の味付けは殆どしないのが一般的で、ポン酢やダイダイのつけダレなどをつけていただきます。締めは素麺が使われることがあります。「水たき長野(ながの)」や「博多水たき元祖水月(すいげつ)」、「博多味処水たきいろは本店」など名店がたくさんあります。

④明太子|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの4つ目は、【明太子】です。一般的にたらこは東北地方の名物ですが、明太子の老舗ブランド「ふくや」のオーナーが、韓国の「たらこのキムチ漬け」を参考に作ったのが福岡名物「辛子明太子」となり、全国に広まりました。

明太子の元祖、「ふくや」をはじめ、伝統のつぎ足しタレが使われる「やまや」、めんたいパークなど明太子のエンターテイメントにも一躍かっている「かねふく」など有名店がたくさんあります。めんたいパークは明太子の製造過程などを見学することもでき、観光地としても人気ですよ。

⑤久留米焼きとり|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの5つ目は、【久留米焼きとり】です。福岡県の久留米市は、全国で一番焼き鳥店が多い地域とされており、地元の方や観光客から長く愛されています。

久留米焼き鳥の特徴は、お肉も取りだけではなく豚や牛、馬なども使われ、そのほか魚介類や様々な野菜などもあるラインナップの豊富なところです。久留米焼き鳥フェスなども行われています。

⑥天窓(てんまど)|福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチ

福岡名物の美味しいグルメ料理・B級ランチの6つ目は、【天窓(てんまど)】です。あまり聞き馴染みのない料理名ですが、福岡では定番のB級グルメです。

その名前通り、焼きうどんや焼きそばの中心部分に卵を落とし、焼き上げた料理を「天窓」といいます。卵を月に見立てて、天窓から見える月をイメージされた人気のグルメ料理です。

福岡名物のお土産4選

①博多通りもん|福岡のお土産におすすめの食べ物

福岡のお土産におすすめの食べ物、1つ目は【博多通りもん】です。博多通りもんといえば、株式会社明月堂によって作られたお菓子で、現在では福岡の中でも代表的なお土産銘菓として親しまれています。1993年より発売されて以来、大人気の商品です。

練乳やバターを加えた白あんに、柔らかな皮を合わせたおまんじゅうで、そのしっとり感と柔らかさに、一度食べるとまた食べたくなると大人気です。モンドセレクション金賞も連続で受賞するなど、世界的にも有名なお菓子となっています。

②めんべい|福岡のお土産におすすめの食べ物

View this post on Instagram

わーい😋 #めんべい

A post shared by キャン (@cats19831111) on

福岡のお土産におすすめの食べ物、2つ目は【めんべい】です。めんべいは、明太子で有名な山口油屋福太郎が作っている、おせんべいです。高級なめんたいこにイカ、タコを加えて焼き上げた福岡名物となっています。パリッとした食感も人気の理由です。

「プレーン」「ねぎ」「マヨネーズ」など様々なバリエーションも楽しめることから大ヒットしているお土産です。大きくひらがなで「め」と書かれたパッケージもお土産にぴったりですね。

③鶴乃子|福岡のお土産におすすめの食べ物

福岡のお土産におすすめの食べ物、3つ目は【鶴乃子】です。元々、鶏卵素麺の専門店だった「石村萬盛堂」が、商品を作る際に大量に余ってしまう卵の「白身」を消費できるお菓子が作れないかと考えたのがはじまりで、白身を生かした「マシュマロ」の生地に黄身あんを合わせた、長く愛されている商品です。

尚、ホワイトデーにマシュマロを贈る習慣を考えたのは、石村萬盛堂の社長が3月14日をマシュマロの日と制定したためという説があります。

④チロリアン|福岡のお土産におすすめの食べ物

福岡のお土産におすすめの食べ物、4つ目は【チロリアン】です。チロリアンは、1630年創業の菓子店、千鳥饅頭総本舗によって誕生した洋菓子です。「チロリアン」の名前は商標登録されたものとなります。

さくさくと軽い食感に焼き上げたロール状のクッキーに、クリームを詰めたお子様にも喜ばれるお菓子です。1962年に発売されて以来、その優しい味のファンは多く、パッケージの可愛らしさからもお土産として選ばれることの多い商品です。お味は「バニラ」「ストロベリー」「チョコレート」「コーヒー」の4種類です。

福岡には他にもおすすめの福岡名物土産がたくさんあります。福岡空港や博多駅で買える食べ物のお土産をお探しの方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

福岡名物の観光地は?

①太宰府天満宮|福岡観光といえば

福岡名物の観光地の1つ目は、【太宰府天満宮】です。太宰府天満宮は、福岡県太宰府市に位置し、「学問の神様」「厄除けの神様」として有名な菅原道真公を祀っている有名な神社です。初詣や受験のシーズンになると、全国からたくさんの参拝客が訪れます。

太宰府天満宮といえば「飛梅」も有名で、これは菅原道真公が歌った俳句によるものとされています。境内には梅の花がたくさん植えられており、梅の季節になると満開の梅の花を見物することができます。

また、「梅」をモチーフにしたお土産物も多く売られており、梅の判が押された餅菓子である「梅ヶ枝餅」は名物でもあります。その名前から梅味のお菓子と間違われることがありますが、小豆の味が美味しいあんこの入ったお餅のお菓子です。

②屋台街|福岡観光といえば

福岡名物の観光地の2つ目は、【屋台街】です。福岡の名物でもある「屋台」といえば、「中洲屋台街」と「天神屋台街」の2つのエリアがあります。

天神にある屋台外は、金額が提示されているお店が多く、初心者の方でも安心して訪れることができます。中州は特に屋台数が多く、海外の観光客の方もたくさん訪れるため、日常にはない出会いができる場所です。

「屋台街」は福岡観光の目玉でもあります。お酒好きな方はもちろん、グルメだけを楽しむ方や、屋台が並ぶ様子を見学するだけでも良いでしょう。ただし、酔っ払ったお客さんや、呼び込みなどには注意して歩きましょう。

③糸島|福岡観光といえば

View this post on Instagram

#二見ヶ浦 #糸島 #福岡

A post shared by Ichi_Kiyo (@ichi_kiyo) on

福岡名物の観光地の3つ目は、【糸島】です。糸島は福岡県の最西部エリアにある地区で、絶景の海になど多くのフォトスポットがあると女性を中心に話題となっているエリアです。

白い鳥居が美しい「桜井二見ヶ浦」や、その後ろに見える「夫婦岩」など景色を楽しむのも良いですし、「フォレストアドベンチャー・糸島」で思いっきり体を動かして遊ぶこともできます。おしゃれなカフェや美味しい海鮮がいただけるレストランもあり、観光に大変おすすめです。

福岡を楽しむポイントは?

①自然を楽しむ|福岡を楽しむポイント

福岡を楽しむポイントの1つ目は、【自然を楽しむ】です。ご紹介した「糸島」以外にも福岡には景観を楽しめる自然が多くあります。素晴らしい夜景が見られる「皿倉山」や、花が咲き誇る「遠賀川」、「白糸の滝」など観光スポットもおすすめです。

美味しい空気や自然の景色を堪能できる、福岡のおすすめ絶景スポットに興味のある方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

②食べ物を楽しむ|福岡を楽しむポイント

View this post on Instagram

 「めんたいマヨ炒飯」  かねふくの明太子は粒立ちが違う。 是非かねふくの明太子で味わってみてください。  ■ 材料 かねふく 辛子明太子 1本 ご飯 茶碗1杯分 かねふく 生めんたいマヨネーズタイプ 大さじ2 卵 1個 小ねぎ 適量 胡椒 適量 刻み海苔 適量  ■ 手順 1.明太子は皮を外しておく。 2.フライパンにかねふく 生めんたいマヨネーズタイプを入れて火にかけたら、ご飯を加えて炒める。 3.ご飯をフライパンの端に寄せ、空いたところに溶き卵を入れてご飯と混ぜながら炒めたら、明太子を加えて更に炒める。 4.胡椒で味を調えたら、小ねぎを加えて軽く炒める。 5.お皿に盛り、明太子(分量外)と刻み海苔を乗せて完成!  #朝ごはん #お昼ごはん #晩ごはん #おうちごはん #福岡グルメ #福岡ごはん #和食 #居酒屋 #ごはん #foodprnshare #美味しい #美味しいご飯 #美味しいもの #飯テロ #ごちそうさまでした #めんたいこ #明太子 #辛子明太子 #グルメ #レシピ #たべすたぐらむ #手作り料理 #手作りごはん #料理動画 #料理好き #炒飯 #マヨネーズ #かねふく #東京かねふく #めんたいパーク

A post shared by 明太子のかねふく (@kanefuku_mentaiko) on

福岡を楽しむポイントの2つ目は、【食べ物を楽しむ】です。福岡にはご紹介した「明太子」や「もつ鍋」などをはじめとするグルメ料理がたくさんあり、食べ歩きにはとても適している観光地です。また、屋台が充実していることもあり、お酒好きな方にはたまらない「お酒の友」がたくさんあるのも特徴ですね。

福岡名物の美味しいグルメを堪能しよう!

いかがでしたか?美味しいものが集まる九州の中でも、福岡は特にグルメな街として人気のある地区です。屋台街でお酒とともに名物をいただくのも良いですし、専門店で本場の味を堪能するのもおすすめです。ぜひ福岡で名物料理を楽しんでくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。