Large thumb shutterstock 552164044

定番のお正月遊び11選|新年の遊び/ゲーム/かるた/だるま落とし

更新:2019.06.21

家族が集まるお正月は、昔から定番の遊びが伝えられていますね。新年を迎えてみんなで盛り上がれるゲームで遊ぶのは、いくつになっても楽しいものです。そこで今回は改めてお正月の定番遊びを紹介します。昔ながらのお正月遊びをみんなで存分に楽しみましょう。

【室内遊び・前半】定番のお正月遊び4選

【前半】定番の室内でのお正月遊び①新年の始まりに書き初め

お正月前半におすすめの定番の遊び一つ目は「書き初め」です。新年の目標を描くのにもふさわしく、一年の始まりをピシッとした気持ちで過ごすことができます。いつもは墨汁で書く文字もこの日は墨をするのもまた風流ですね。みんなで好きな文字を書くことで遊びとして楽しむことができます。

お題を出してお正月にふさわしい文字を書いてみたり、だれが一番うまく書けたか競い合うのも楽しいです。目標を立てて書いたのなら、お互いに発表してみるといいですよ。目標達成する気持ちがより引き締まってくれます。小さな子供がいるのなら、墨で手形を取るのもおすすめですよ。

来年にも同じように手形を取ることで成長を楽しむことができます。普段はあまり書き初めをしないという家庭もお正月の遊びにぜひやってみてくださいね。

【前半】定番の室内でのお正月遊び②新年を楽しくする福笑い

お正月前半におすすめの定番の遊び二つ目は「福笑い」です。こちらは新年を楽しくするのにぴったりの遊びですね。目隠しをしておかめの顔を完成させるという単純な遊びですが、出来上がりがひどいほど笑いが起こります。もちろん完璧に顔を作るのがルールではありますが、なかなか難しいのでむきになりますね。

小さな子供でも楽しむことができますし、家族はもちろんのこと友達や恋人とやるのも盛り上がります。普段はあまりやらない遊びではありますが、お正月に遊ぶにはもってこいです。沢山の笑いで良い福が家の中に招かれるでしょう。一番面白かった人や、一番うまくできた人に分けて勝敗を決めるとまた楽しいですよ。

いまはおかめやひょっとこだけでなく、子供が好きそうなキャラの福笑いも手に入ります。新年の始まりや文化を教えるためにも、ぜひお正月遊びに取り入れてくださいね。

【前半】定番の室内でのお正月遊び③ゲーム感覚で楽しいかるた取り

お正月前半におすすめの定番の遊び三つ目は「かるた取り」です。こちらはゲーム感覚で楽しいので定番化しているのにも納得ですね。昔からあるようないろはかるたでもいいですし、大人や高学年の子供なら百人一首もおすすめです。小さい子供でも遊べるようなかるたも多数存在してますよ。

自分たちにあったかるた取りをするのが一番ですね。意外と熱くなってしまうので、遊ぶと白熱するのもまた魅力的です。もし百人一首でかるた取りをしたのであれば、坊主めくりも楽しいですよ。読み札を山にして一人づつ引いていき、坊主が出たら手持ちのカードを没収されるゲームです。

姫が出たら没収カードがもらえて、最後に手持ちが多い人の勝ちとなります。百人一首のかるた取りより簡単で、子供と一緒に盛り上がれます。人が集まるお正月遊びにも最適ですよ。かるた取りも坊主めくりもぜひ正月にやってみてください。

【前半】定番の室内でのお正月遊び④日本の風物詩だるま落としで遊ぶ

お正月前半におすすめの定番の遊び四つ目は「だるま落とし」です。日本の風物詩であり、単純でありながら難しいのが魅力です。下からの順にトンカチで叩き、上のだるまを落とさないようにするのが遊ぶ方法です。これは意外に奥が深いので、コツを掴まなければうまくいきません。

大人も子供もついつい集中してしまう正月遊びの一つでしょう。協力して倒さないように挑戦してもいいですし、一人づつやっていき誰がうまいか競い合うのも楽しいですよ。小さなサイズのものから大きいものまであるので、好みのだるま落としを手に入れてお正月に盛り上がってください。

【室内遊び・後半】定番のお正月遊び3選

【後半】定番の室内でのお正月遊び①すごろくゲーム

お正月後半におすすめの定番の遊び一つ目は「すごろくゲーム」です。サイコロをふって進んでいき一番にあがった人の勝ちというボードゲームですね。すごろくは今でも色んなゲームとして使われている大人気の遊びです。一般的に売られているすごろくで遊ぶのも素敵ですが、手作りするのも面白いですよ。

自分の好きなことを書いていけるので、お正月に遊ぶ用に年明け前に作っておくのがおすすめです。いつもと違った新鮮なすごろくができるので、ワイワイと楽しむことができますね。お正月らしく昔ながらのすごろくで遊ぶのもいいですが、人生ゲームなどの新しい形のすごろくをやるのも盛り上がること間違いなしですよ。

【後半】定番の室内でのお正月遊び②みんなで楽しくけん玉

お正月前半におすすめの定番の遊び二つ目は「けん玉」です。みんなで楽しく技の披露をしあえるので、お正月から盛り上がれます。色んな技に挑戦してみたり、うまい人に教えてもらいましょう。新年から新しい特技が見つかる可能性もありますね。落とした人はリタイヤなど、サドンデス形式にするのも楽しいです。

普段はけん玉なんか触りもしないという人でも、日本の正月らしく昔の遊びに挑戦してみてください。伝統的に伝えられている遊びなので、やってみると楽しいです。お皿に乗った時の達成感に感動してしまいますよ。お正月の空気で喜びも倍増です。

【後半】定番の室内でのお正月遊び③いろいろ作れる折り紙

お正月前半におすすめの定番の遊び三つ目は「折り紙」です。いろいろ作ることができるので、子供も大人も楽しい遊びですね。特に家族が集まる家庭では、だれか一人は器用な人がいたりしますね。先生になってもらえば夢中になって折ることができます。

お正月ののんびりとした家族団らんの中でもできる手軽な遊びとしても、折り紙はかなりやりやすいです。お正月らしく千代紙を使ってみたり、おめでたいものを折っておせちの横に飾ってみたりするのも風流です。折り紙作品の独特な良さが、お正月を色づけてくれますよ。

正月の飾りをぜひみんなで楽しく作りたいという人の為に、簡単な折り方が載っている関連記事を載せておきますね。可愛い干支も作れるので折り方を覚えて、お正月にぜひみんなに教えてあげましょう。

【屋外遊び】定番のお正月遊び4選

定番の屋外のお正月遊び①二人ずつ遊ぶ羽根つき

定番の屋外のお正月遊び一つ目は「羽根つき」です。二人で遊ぶお正月の遊びとして有名ですね。羽子板で羽根をお互いについていき、落とした方が負けという遊びです。落とした方には罰として顔に墨を塗りましょう。羽根つきで遊ぶなら必須です。お正月といった特別な日なので、顔が真っ黒になるのも面白いですね。

墨がないといった場合には、水性のマジックペンでも代用できます。せっかくなので昔ながらの伝統的な遊び方に従ってみましょう。もちろん本来の遊びのように二人でやるのもいいですが、道具をそろえてダブルスにするのもおすすめです。寒い時期ですが夢中になると身体もほかほかになりますね。

定番の屋外のお正月遊び②子供と一緒に凧揚げ

定番の屋外のお正月遊び二つ目は「凧揚げ」です。こちらも昔から伝わっている伝統的なお正月の遊びですね。新年のお祭りとして、地域で行われることが多いです。コツが必要になる遊びですが、風に乗って高く高く上がった時には興奮を覚えます。自分があげる凧を選ぶのもテンションが上がってしまいますね。

凧揚げは子供にも人気なので、高く上げられたら尊敬してもらえるチャンスですよ。やったことがないという人でも、達成感を味わえて楽しめるお正月遊びなのでぜひ取り入れてください。コツを掴んで空高く凧を揚げて、新年を楽しく過ごしましょう。

凧揚げの凧はもちろん買うことができますが、自分で作ることも可能です。オリジナル要素をいれて、よく飛ぶ凧を作りたいという人は下の記事をチェックして下さい。簡単に作れる方法を教えてくれますよ。

定番の屋外のお正月遊び③競い合えるコマ回し

定番の屋外のお正月遊び三つ目は「コマ回し」です。コマをうまく回してぶつけ合いどちらが先に止まるかを競い合います。紐の巻き方や回し方にコツがいりますが、覚えてしまえば簡単にできますよ。慣れてくれば手に乗せて回せたり、技を覚えることもできます。

土俵を作ってみてトーナメントミニ大会を開催するのも楽しいです。折角のお正月なので、何か賞品をつけると白熱しますよ。普通のコマはもちろんのこと、ベーゴマなんかを使えばさらに日本文化を楽しむことができますね。子供も大人も盛り上がれるので、屋外でのコマ回しも正月遊びに取り入れてくださいね。

定番の屋外のお正月遊び④運動にもなる竹馬

定番の屋外のお正月遊び四つ目は「竹馬」です。バランス感覚やセンスが必要であり運動にもなる遊びです。こちらもお正月に遊べるものとして、昔から有名ですね。手作りしてくれる人がいるなら、作ってもらえると風流さが増しますね。もちろん普通に購入もできますよ。子供が好きな遊びなので夢中になって遊んでくれます。

乗れることを目標にすると、子供に達成感を味合わせて上げることができます。慣れている子同士なら鬼ごっこをしたりという遊び方もできますよ。慣れていない子は危ないので怪我をしないように、プロテクターをつけておいてあげると安心です。お正月遊びとして昔の遊びを教えてあげてくださいね。

【番外編】世界のお正月遊びは?

【韓国①】チェギチャギ

世界のお正月の遊びで最初に紹介するのは韓国の「チェギチャギ」です。日本でいう蹴鞠がこの遊びです。チェギは羽根という意味で、小銭に紙を巻いたものを羽根にします。こちらを地面に落とすことがないように、蹴り続けるという韓国の正月遊びです。

一人でも遊ぶことができるチェギチャギですが、元は四人で行う遊びです。北から東・西・南・北という順番で続けて蹴っていき、落としてしまった人が負けというゲームです。しかし四人にこだわらなくても何人でも遊べる遊びですね。

【韓国②】ユンソリ

View this post on Instagram

송년회😄즐거운 놀이👍#윷놀이

A post shared by Kumi Omae (@kunko.500.w) on

韓国では「ユンソリ」というゲームも正月に遊ばれています。こちらは日本でいうすごろくです。サイコロではなく「ユッ」と呼ばれる四本の木を投げ、その裏表の組合せでコマを進ませられます。二チームに分かれて一チームにつき四つのコマを与えられますが、そのコマを最初に全てゴールさせた方が勝ちですよ。

韓国ではとても盛り上がる遊びとして、お正月から白熱してしまうのがこの遊びです。最後はピッタリとした数字でなければゴールができないので、お互いに興奮してしまいますね。

【韓国③】ノルティギ

韓国の正月遊びに「ノルティギ」というものもあります。こちらはシーソーのような板に乗って、順番に飛び合うという遊びになっています。バランスを崩して落ちてしまったり、踏み外すと負けになりますよ。主に婦人や女の子が行う新年の遊びだったのですが、今では男性も行っています。

バランス感覚や飛ぶタイミングなどが大切になってくるので、頭も身体も使います。一対一のスポーツのようなので、新年からみんなで盛り上がれる屋外遊びですね。

【タイ】ソンクラーン

世界のお正月の遊びタイで行われるのは「ソルクラーン」です。新年からみんなで水をかけあうというお正月のお祭りです。みんなで盛り上がれる遊びとしても魅力的なお祭りですね。元々は仏像のお清めとして行なわれていた神聖なものでしたが、いつの間にか水をかけあって盛り上がる遊びに変化したのです。

確かに日本でも夏は水をかけあう遊びが盛り上がるので、大人も子供も関係なく盛り上がれますね。旧正月に行われているので、水を被ることで新しい気持ちにさせてくれそうな遊びです。

【ボリビア】幸運のケーキ

世界のお正月の遊びボリビアでは「幸運のケーキ」という占い遊びが行われます。家族でコインを入れたケーキを食べ、コインを見つけた人は一年幸せでいられるという遊びです。お正月からほっこりするような占いなのが魅力的ですね。コインを当てるために必死になってしまいそうです。日本でいうおみくじですね。

定番のお正月の遊びで家族と楽しもう!

お正月は新年を迎える特別な日ですね。また家族が集まる素敵な休日でもあるので、楽しく過ごせると一年が素敵なものになります。のんびりと会話するのもいいですが、定番のお正月遊びで盛り上がるのも楽しいですよ。

紹介した中から盛り上がれそうなものを選んで、ぜひ家族で楽しんで下さい。普段とは違った空気があるのがお正月なので、幸せな気分で楽しめること間違いなしです。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。