INDEX

人見知り度合診断!チェック項目3選

人見知り度合診断のチェック項目①初対面でも物怖じしないかどうか

握手

人見知り度合診断のチェック項目一つ目は、初対面でも物怖じしないかどうかです。初対面の人を前にしても全く物怖じしないような人は、人見知りではないということができるでしょう。誰を前にしても自分の言いたいことをハキハキと言えるのはそう簡単なことではありません。

もしあなたが初対面の人を前にしてもいつもと変わらない自分でいられるというのであれば、それは人見知りではないからに他ならないでしょう。反対に、初対面の人の前に立つと緊張して上手く話せなくなるというようであれば、それはあなたが人見知りだからです。

人見知り度合診断のチェック項目②目をみて話せるかどうか

会話する人

人見知り度合診断のチェック項目二つ目は、目をみて話せるかどうかです。相手の目を見て話すことができるなら、あなたは人見知りではありません。反対に、相手の目を見て話すことが難しいようならあなたは人見知りであるということができます。人と話すとき、相手の目を見ることができているかどうかで診断しましょう。

相手の目を見ながら話すことができるかどうかというところに、その人が人見知りかそうでないかというのは顕著にあらわれます。深く考えずに相手の目を見て話すことができるという人は、人見知りでもコミュ障でもないと言えるでしょう。反対に、いつも相手の目を見ず別のところを見ているという場合はコミュ障の確率大です。

人見知り度合診断!チェック項目③話題が浮かぶかどうか

立っている人

人見知り度合診断!チェック項目三つ目は、話題が浮かぶかどうかです。人と話すとき、自分から率先して話題を作ることができるなら、あなたは人見知りではありません。特に初対面やあまり仲良くない人を前にしても話題を提供することができるというのなら、あなたはコミュニケーション力を備えた人間であると言えます。

しかし反対に、初対面の人かそうでないかを問わず、話しているときに話題を提供することが難しいという場合は、コミュ障である可能性大です。コミュニケーション力を増強するために、色々なトレーニングをすることが必要となるでしょう。話題を作れない人が、他人との会話を弾ませることはできません。

人見知りする心理と原因5選

人見知りする心理と原因①自分に自信がない

自信のない人

人見知りする心理と原因一つ目は、自分に自信がないことです。自分に自信が持てない人は、どうしても人見知りをしてしまいがちです。こんな自分が話しかけて良いのだろうか、と思うことで、初対面の人に対して積極的にアプローチすることが難しくなってしまうのです。自信がないと堂々とできなくなります。

自分に自信があれば、ありのままの自分で初対面の人に向き合うことができるでしょう。ですが、自信がないと初対面の人の前で萎縮してしまうこととなります。そんな姿勢では、とてもではありませんが人と仲良くなることなどできないでしょう。

自信が持てないというのなら、周りの人に自分の良いところを聞き出すなりして無理矢理にでも自分を好きになれるように努力するべきです。人見知りを直したいなら、まず自分を自分自身が認めてあげるところからスタートさせましょう。それができたら、他人とも積極的に関わることができるようになるはずです。

人見知りする心理と原因②嫌われないよう必死になりすぎる

必死な人

人見知りする心理と原因二つ目は、嫌われないよう必死になりすぎることです。相手に嫌われないようにと必死になりすぎる人は、人見知りをしてしまいがちな傾向にあります。嫌われることを極端に恐れるあまり、何も言えなくなってしまうのです。発言一つ一つに慎重になりすぎて、言いたいことも伝わらないでしょう。

どんな人からも好かれたいと思うような八方美人タイプの人は特に、この傾向にあるでしょう。誰にでも良い顔をして、気に入られたいと思うあまりコミュ障に陥ってしまうのです。これではまさに本末転倒で、誰からも好かれることはなくなってしまいます。

人見知りする心理と原因③自意識過剰になりがち

自過剰な人

人見知りする心理と原因三つ目は、自意識過剰になりがちなことです。自分が他人に見られているという意識の強い自意識過剰な人は、人見知りをしてしまいがちです。このタイプの人は常に自分が周りから注目されていると勘違いしているため、初対面の人を前にすると特に緊張してしまうのです。

見られていると思うと、あまり下手な言動はとれなくなります。その結果、思うように動くことができなくなり、言動に制限をつけてしまいます。好きなように振る舞うことができなくなった人間は、どんどん人見知りやコミュ障の症状を増幅させてしまうこととなるでしょう。

人見知りする心理と原因④人と話し慣れていないから

慣れない人

人見知りする心理と原因四つ目は、人と話し慣れていないからです。もし人と話すことに慣れていたら、滅多に緊張することはどないはずです。人見知りをしてしまうのは、場数を踏んでいないからであるとも考えられるでしょう。話すことに慣れてみると、人見知りはあっさり改善されるのではないでしょうか。

人見知りする心理と原因⑤他人が苦手だから

苦手な人

人見知りする心理と原因五つ目は、他人が苦手だからです。相手は自分に敵意を持っているに違いない、意見が合わない人間に違いない、といったように決めつけてしまっていると、無意識のうちに苦手意識を持つこととなります。こうなってしまっては、相手に心を開くことができず人見知りになってしまうのも無理ないでしょう。

他人が苦手だという人は、まずその固定概念を取っ払うところから始めた方が良いと言えます。相手のことを誤解したまま関わってしまうと、その後仲良くなることは難しくなるでしょう。コミュニケーション能力をつけたり克服する前に、他人に対する誤解を解いて好意的に接するとことから始めるべきです。

以下に関連記事として、無口な女性の心理についてまとめられたものがあります。無口な女性は、人見知りだけでなく一匹狼タイプの可能性もあります。普段から無口で自分は人見知りであると思い込んでいるあなたは、ぜひ一度読んでみてください。また、周りにいる無口な女性のことも良くわかること間違いなしです。

Small thumb shutterstock 742882693
関連記事 無口な女性の心理10選!人見知りだけじゃなく一匹狼タイプの可能性も?

今回は無口な女性の心理10選をご紹介します。無口な女性に出会い、どう接

人見知りを治す・直すための考え方3選

人見知りを治す・直すための考え方①自分がどう思われても気にしない

気にしない人

人見知りを治す・直すための考え方一つ目は、自分がどう思われても気にしないことです。このような考えに持っていくのは難しいように感じるかもしれませんが、意外とそうでもありません。常に好きなように振舞っていれば良いのです。つまり、深く考えずに行動するということが鍵となります。

自分が周りの人からどのように思われても全く気にせず、傍若無人に振舞っていると事故中心的になってしまうのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、人見知りの人やコミュ障の人がその性格を治すにあたっては、このような気持ちでいることが何より大切なのです。

元からコミュ障でない人がこれを実践すると文字通り傍若無人になってしまうかもしれませんが、人見知りの人が克服方法としてこの考え方を実践すれば、コミュ障を直すことができ、ちょうどバランスのとれた自分になれること間違いなしです。

人見知りを治す・直したい人向けの考え方②嫌われても良いと思う

嫌われても良い人

人見知りを治す・直すための考え方二つ目は、嫌われても良いと思うことです。最悪、本当の自分を出すことによって周りの人から嫌われてしまっても良いと考えましょう。とはいえ、嫌われることを恐れる人にとって、これは難しいことのはずです。そこでこう考えると良いでしょう。

「自分の家族や本当に親しい友人がいればいい」と思うようにするのです。どんなに周りの人たちから嫌われたとしても、本当に極々親しい人間だけが自分の身の回りにいてくれさえすれば、それで良いと考えるようにしましょう。こうすれば、人見知りになっている原因を直して新たな自分でいることができるようになるはずです。

人見知りを治す・直すための考え方③自分のダメなところを受け入れる

ダメな人

人見知りを治す・直すための考え方三つ目は、自分のダメなところを受け入れることです。どんな人にも、一つや二つ欠点はあるはずです。また、その欠点については、誰よりも自分自身が一番よくわかっているのではないでしょうか。そんな欠点を直そうと躍起になるのではなく、受け入れようとする姿勢を持ちましょう。

もちろん欠点をカバーしようとしたり、直そうと必死になること自体は良いことです。しかし、それによって自分が生きづらくなっているのなら、一層の事受け入れてしまった方が良い人生が待ち受けているはずです。特に人見知りの人は、自分の悪いところを受け入れるようにすると良い道が拓けるでしょう。

人見知りを治す・直すための行動3選

コミュ障の治し方・直し方・方法①なるべく新しいコミュニティに属してみる

新しいコミュニティ

人見知りを治す・直すための行動一つ目は、なるべく新しいコミュニティに属してみることです。これまでいたところで満足するのではなく、新しいコミュニティに参加してみましょう。最初こそ怖く感じるかもしれませんが、その行動がきっかけで、新たな自分に出会えることもあるはずです。

コミュ障の人は、人との関わりを得体のしれないものとして認識しているからこそ怖く感じているはずです。それを克服するには、新しい人間関係を構築することは怖いことでないと自分にわからせてあげることが大切なのです。場数を踏めば、人見知りなんて簡単に克服できてしまうでしょう。

コミュ障を治し方・直し方・方法②コミュニケーション力のある人を観察する

コミュ力のある人

人見知りを治す・直すための行動二つ目は、コミュニケーション力のある人を観察することです。自分からたくさんの人に話しかけることのできるようなコミュニケーション力の高い人のことを観察すれば、どのように動くべきかが見えてくるでしょう。その良いところを真似て自分の中に取り入れるようにするべきです。

コミュニケーション力のある人を見ていると、どのように他人に話しかけたら良いのか見えてくるのではないでしょうか。人見知りの治し方にも様々なものがありますが、実際の良い例を参考にするのが一番良い直し方になると言えるでしょう。身近に良いお手本がいたら、遠慮なく真似させてもらって克服の足がかりとしましょう。

コミュ障の治し方・直し方・方法③目を見る練習をして克服する

目を見る人

人見知りを治す・直すための行動三つ目は、目を見る練習をすることです。相手の目を見て話す練習を繰り返すことによって、これまで感じていたような恐怖心や、堂々とできない気持ちを取っ払うことができるようになるはずです。いきなり話し上手になることはできなくても、目を見るくらいならできるのではないでしょうか。

最初から知らない人の目を見て話すのが難しいというのであれば、まず身近な友達や恋人、家族などの目を見て話すようにすると良いでしょう。コミュ障を克服するには、身の回りの人の力を借りることが一番なのです。最初のハードルは低くして、徐々にあげて行けるように努力するようにしましょう。

以下に、関連記事としてコミュ障に向いている仕事をまとめたものがあります。人見知りを直すことができても、コミュ障はなかなか直すことができないというあなたに読んで欲しい記事となっています。口下手な人でも社会で楽しく生きていくためのヒントが得られること間違いなしなので、ぜひ一度目を通してみてください。

Small thumb shutterstock 556918507
関連記事 コミュ障に向いている仕事4選|口下手な社会人におすすめの職業とは?

コミュ障の人は仕事や会社で辛い思いをしています。ここでは、上司などとコ

人見知りを直して生まれ変わろう

人見知りを直すことができれば、新たな自分に生まれ変わることだってできるはずです。いまの自分でいることがなんだか息苦しいと感じている人は、思い切って人見知りを直すべく努力してみましょう。まずは、この記事に紹介したように、周りの目を気にしないようにすることから始めてみるべきです。

その上で、自分に合った人見知りの克服方法を見つけ、コミュニケーション上手な自分になれるように努力しましょう。これまでずっと人見知りだった人がそこから抜け出すのは容易なことではありませんが、その原因を突き詰めて排除してあげることによって、間違いなく変わることができるはずです。諦めずトライしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。