Large thumb shutterstock 524398663

子どもの指編み毛糸マフラーの簡単な作り方は?手編み初心者のやり方も

更新:2019.06.21

子どもの指編み毛糸マフラーの簡単な作り方・やり方をご存知ですか?手で編む指編みは、子どもでも初心者でも簡単に作れます。指編みの基本や、アレンジ、ニット帽子の作り方などもご紹介します。あなたもきっと、今すぐ作ってみたくなりますよ!

子どもの指編みのやり方とは?

子どもの指編みのやり方①初心者でも簡単!指編みの基本

子どもの指編みのやり方の1つ目は「初心者でも簡単!指編みの基本」です。指編みは道具を使わずに手で編む簡単な編み物になります。子どもでも簡単に編める編み物ですが、手が小さいので、子どもが作った時にはその分小さな作品になります。子どもが身につけるのにピッタリのサイズのマフラーが作れますよ。

指編みの基本は、5本の指を使用して編んでいきます。8の字になるように5本の指に毛糸を巻き付けていき、指の前を通した毛糸に引っ掛けて編んでいきます。これを繰り返して長さを調整し編みましょう。詳しい編み方は、以下の手順と動画を参考にしてください。

指編みの基本の編み方・やり方

  1. 毛糸が外れないように、親指に毛糸を2~3重に巻きつけます。
  2. 残りの4本の指に8の字になるように毛糸を引っ掛けていきます。
  3. 人差し指まで毛糸が戻ったら、今度は毛糸を引掛けずに4本指の前に毛糸をもっていきます。
  4. ③の毛糸を、くぐらせるように指に引っ掛けていきます。
  5. 小指まで編んだら、毛糸を指の後ろに這わせて、また手前に持ってきます。
  6. ②~⑤を繰り返して、好みの長さになるまで編み進めます。
  7. 毛糸を30㎝ほど残してカットします。
  8. 指の前に毛糸を持ってきたら、指にかかった毛糸の下から入れて引き出していきます。
  9. 毛糸を指から外し、引き締めたら出来上がり!

子どもの指編みのやり方②Y字リリアン編み

子どもの指編みのやり方の2つ目は「Y字リリアン編み」です。こちらの編み方はY字道具を使用していますが指2本を使用して編むこともできます。一度で編み切ってしまえる時には指2本手で編む方法でOKですが、Y字リリアンを使用すると途中で休憩できるのでおすすめです。指で編む場合は親指と人差し指で編みましょう。

先程ご紹介した5本指の手で編む方法は、毛糸を手前に這わせて引っ掛けていきましたが、こちらの編み方・やり方は、必ず8の字に毛糸を引っ掛けていき編み進めます。細い仕上がりなので、写真のように六つ編みにして合わせたり、小物作りに向いています。Y字リリアンの詳しい編み方は以下の動画をご覧ください。

子どもの指編みのやり方③慣れてきたら!細編み

子どもの指編みのやり方の3つ目は「慣れてきたら!細編み」です。先程ご紹介した指編みは、簡単ですが完成品の幅が細めなので、大きな作品を作りたい時には向いていません。基本の指編みに慣れたら、ぜひ指編みの細編みのやり方を覚えてください。作品の幅が広がります。

細編みは、四角い作品はもちろん写真のように丸く編み進めることもできます。指編みの細編みの詳しい編み方・やり方は、以下の動画を参考にしてください。また、指編みの細編みはかぎ針編みと同じ方法で編んでいます。以下のかぎ針編みの基本の記事もぜひ参考にしてください。

子どもの指編みにおすすめの毛糸3選

子どもの指編みにおすすめの毛糸①超極太毛糸

子どもの指編みにおすすめの毛糸の1つ目は「超極太毛糸」です。太い毛糸は、ゆったりと編む指編みの作品でも仕上がった作品の目が詰まっており、温かいマフラーが作れます。また、目数が少なくても編み終えることができるので、小さな子供でも飽きずに仕上げられるでしょう。

超極太毛糸であれば、子ども用のマフラーであれば1玉、大人用でも2玉あれば完成できますよ。超極太毛糸の見た目や毛糸の感じなど、詳しくは上記Amazonをご覧ください。

子どもの指編みにおすすめの毛糸②並太毛糸

子どもの指編みにおすすめの毛糸の2つ目は「並太毛糸」です。並太毛糸は極太毛糸に比べると細いので、編み上がりに隙間が多くできます。マフラーを作るには少し物足りないかもしれませんが、並太毛糸は2本取りで編めます。色の組み合わせでいろいろな作品になるので、アレンジを加えて編むのが楽しくおすすめです。

2本取りですと毛糸が絡みやすく初心者の方には難しいかもしれませんので、太い毛糸での指編みに慣れたらチャレンジしてみてください。色とりどりの並太毛糸で組み合わせを考えたいという方は、上記Amazonをご覧ください。

子どもの指編みにおすすめの毛糸③モールTシャツヤーン

子どもの指編みにおすすめの毛糸の3つ目は「モールTシャツヤーン」です。通常のTシャツヤーンですとマフラー作りには温かさが少々物足りませんが、こちらのモールTシャツヤーンでしたら、もこもこで毛布のような肌さわりの良い手編みのマフラーが出来ます。

もちろん作るときの肌さわりも良いですし、色もたくさんありカラフルなので、子どもでもきっと楽しく作れますよ。モールTシャツヤーンについて詳しく知りたいという方は、上記Amazonをご覧ください。

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方は?

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方①手編みマフラー

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方の1つ目は「手編みマフラー」です。先程ご紹介した指編みの基本のアレンジで、簡単なマフラーの作り方になります。また、材料はもこもこも超極太毛糸かモールTシャツヤーンがおすすめです。作っており途中で、時々首に巻きながら長さを確かめるといいでしょう。

以下の動画のマフラーの編み方・作り方は、基本の編み方のように指の後ろを毛糸を這わせずに、指の手前だけを通して左右に編み進めていきます。基本の編み方よりも幅のある仕上がりになります。以下の手順と合わせて参考にして、ぜひ手編みマフラーを編んでみてください。

手編みマフラーの材料

  • 超極太毛糸またはモールTシャツヤーン…1~2玉
  • ハサミ
  • とじ針(なくてもOK)

手編みマフラーの編み方・作り方

  1. 毛糸が外れないように、親指に毛糸を2~3重に巻きつけます。
  2. 残りの4本の指に8の字になるように毛糸を引っ掛けていきます。
  3. 人差し指まで毛糸が戻ったら、今度は毛糸を引掛けずに4本指の前に毛糸をもっていきます。
  4. ③の毛糸を、くぐらせるように指に引っ掛けていきます。
  5. 小指まで編んだら、今度は小指から人差し指に向かって編みます。
  6. ②~⑤を繰り返します。時々首に巻きながら編み、好みの長さになるまで編み進めます。
  7. 糸の始末をしたら、出来上がり!

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方②ボタン付きマフラー

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方の2つ目は「ボタン付きマフラー」です。こちらのマフラーの編み方は裂くほどご紹介した「子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方①手編みマフラー」と同じ編み方になります。こちらのマフラーは、前をボタンで留めて襟のような形に仕上げます。

ですから、編む量は半分くらいでOKです。子どもでも飽きずに仕上げることができるでしょう。また、指編みで編んだマフラーは目が大きいので、ボタンホールを作らなくても好きなところにボタンを留められますので簡単です。ボタンではなくブローチで留めても可愛いですよ。詳しい作り方は以下の動画を参考にしてください。

ボタン付きマフラーの材料

  • 超極太毛糸またはモールTシャツヤーン…1玉
  • ボタン…1個(直径2㎝くらい)
  • ハサミ
  • とじ針(なくてもOK)

ボタン付きマフラーの編み方・作り方

  1. 「①手編みマフラー」の手順を参考に襟の長さになるまで編み進めます。
  2. 糸の始末をしたら、首に巻いてみて重なる部分にボタンを付けます。
  3. ボタンを留めたら出来上がり!ブローチなどで代用してもいいでしょう。

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方③細編みウォーマー

子どもでもできる指編みマフラーの材料と簡単な作り方の3つ目は「細編みネックウォーマー」です。指編みで細編みが出来るようになると、いろいろな作品が作れるようになりますが、ネックウォーマーは編み目の数が少なく編みやすいので、子どもや初心者の方におすすめの作品になります。

こちらのネックウォーマーは、細編みでらせん状に編んでいきます。以下の動画の作り方は、大人のサイズになります。子ども用の場合は子どもの頭周りを計って、スポンと入るサイズに仕上げましょう。細編みネックウォーマーの詳しい編み方・作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。

細編みネックウォーマーの材料

  • 超極太毛糸またはモールTシャツヤーン…2~3玉
  • ハサミ
  • とじ針(なくてもOK)

細編みネックウォーマーの編み方・作り方

  1. 指編みで鎖編みを20目作ります。
  2. 鎖編みを引き抜き編みで輪にします。
  3. 鎖編みの裏山を拾いながら細編みをらせん状に編んでいきます。
  4. 好みの幅になるまで編み進めていきます。
  5. 糸の始末をしたら、出来上がり!

子どもでもできる指編みの毛糸小物7選

子どもでもできる指編みの毛糸小物①初心者でも簡単!指編みブレスレット

子どもでもできる指編みの毛糸小物の1つ目は「初心者でも簡単!指編みブレスレット」です。先程ご紹介した「子どもの指編みのやり方①初心者でも簡単!指編みの基本」の編み方で、手首サイズに編むだけでOKの簡単指編みブレスレットです。そのままでもOKですし、花のモチーフなどを付けても可愛いですよ。

花編みのモチーフは、指編みでも編めます。かぎ針編みの編み方を参考にして編めますので、興味のある方は以下の記事も併せてご覧ください。

子どもでもできる指編みの毛糸小物②ニット帽子

子どもでもできる指編みの毛糸小物の2つ目は「指編みニット帽子」です。先程ご紹介したネックウォーマーの編み方のように、輪から減らし目をして編んでもいいですし、輪から編み始める細編みでトップから編んでもいいでしょう。ニット帽の編み方は以下のかぎ針編みのニット帽の編み方が参考になります。ぜひご覧ください。

子どもでもできる指編みの毛糸小物③手で編む三つ編みマフラー

子どもでもできる指編みの毛糸小物の3つ目は「手で編む三つ編みマフラー」です。5本指で編む基本の編み方や、Y字リリアンで編む細めの指編みで編んだものを三つ編みでまとめたマフラーです。そのままでもOKですがゆるみが気になるときには部分的に縫って留めておくといいですよ。

写真のように、ポンポンを箸につけても可愛いですね。ポンポン作りは、メーカーを使用すると簡単に作れます。もっと詳しくポンポンの作り方を知りたいという方は、以下の動画を参考にしてください。

子どもでもできる指編みの毛糸小物④指編みリボン

子どもでもできる指編みの毛糸小物の4つ目は「指編みリボン」です。Y字リリアン編みで編んだ細い指編みをリボンの形に仕上げたものになります。写真の様にヘアゴムと合わせることで、可愛いヘアアクセサリーになりますね。ぜひ作ってみてください。

子どもでもできる指編みの毛糸小物⑤手で編むシュシュ

子どもでもできる指編みの毛糸小物の5つ目は「手で編むシュシュ」です。こちらのシュシュは、ヘアゴムを内側に編み込みながら作ります。細編みや長編みでゴムが見えなくなるまで編めば完成です。毛糸の種類を変えることで、同じ編み方でも雰囲気の違うシュシュが出来ますよ。ぜひいろいろ作ってみてくださいね。

シュシュの編み方をもっとたくさん知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。以下の記事はかぎ針編みのシュシュの編み方ですが、指編みでも作れます。

子どもでもできる指編みの毛糸小物⑥指編みリース

子どもでもできる指編みの毛糸小物の6つ目は「指編みリース」です。先程ご紹介した三つ編みのマフラーと同じ作り方で、輪にして仕上げます。縛った部分は大きなリボンや松ぼっくり柊などで仕上げクリスマスらしくしましょう。

オレンジや紫、黒を基調にしてリースを作ればハロウィンにもピッタリですね。ぜひ、いろいろなイベントに合わせてアレンジを加えながら指編みリースを作ってみてください。

子どもでもできる指編みの毛糸小物⑦指編みヘアバンド

子どもでもできる指編みの毛糸小物の7つ目は「指編みヘアバンド」です。毛糸で編んだ指編みヘアバンドは、幅のあるヘアバンドなので、おしゃれにはもちろん、洗顔やメイクの時にも使える便利アイテムになります。ネックウォーマーの作り方のように、鎖編みを輪にして好きな幅になるまで編めば出来上がりです。

毛糸の種類や幅を変えるだけでも雰囲気の違うヘアバンドが作れます。1か所を縛るように仕上げると、リボンの結び目のようになって可愛いですよ。ぜひお試しください。

子どもでもできる指編みを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?手で編む指編みは簡単なので、子どもでも初心者の方でもチャレンジ出来そうですね。まずはまっすぐ編むだけのマフラーなどから作ってみてください。慣れてきたらあなたのアイデアをプラスしてオリジナルの指編みを楽しんでくださいね!

WRITER

avatarImage
marceau(マルソー)

ファッションや占い、DIYに関するライティングが得意です。なるほど、と思ってもらえるような記事が執筆出来るよう心掛けています。毎日の生活に役立つ、新しい発見がありますように!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。