Large thumb shutterstock 1044160675

メルカリのローカルルールとは?初心者必見の商品を売るコツは?

更新:2019.06.21

自分で簡単に出品できる便利なフリマアプリであるメルカリを利用している方、またはこれから利用してみたい方も多いのではないでしょうか。今回はそんなメルカリのローカルルールについてご紹介します。メルカリ初心者の方が商品を売るコツなどもご紹介していますのでぜひ参考にご覧ください。

【前半】メルカリのローカルルールとは?

メルカリのローカルルールとはメルカリ側ではなく個人が決めたルールのこと

メルカリのローカルルールとは、メルカリ側が決めた規約にはない出品者が個人的に決めた独自ルールのことです。主にローカルルールは商品説明欄や出品者のプロフィール欄に書いてあることが多いため、購入時はローカルルールがないか目を通しましょう。

またローカルルールは必ずあるというものではなく、何も記載していない人もたくさんいます。何も記載していない場合は通常通りの購入で大丈夫です。守るべきローカルルールが多いと購入者にとっては面倒に思う方も多く、自分が出品する場合は何も定めないか最低限にする方が良いでしょう。

メルカリのローカルルールはメルカリ初心者の方も出来るだけ守りましょう!

個人でメルカリのローカルルールを定めている方から商品を購入したい場合には、メルカリ初心者の方も出来るだけ守りましょう。出品者の都合や絶対守ってほしいポイントですので、購入者はローカルルールを守ることで最後まで気持ちの良い取引ができるでしょう。

ローカルルールを守らずに購入すると、出品者の方からの評価が悪い評価をつけられてしまったり、次回以降にその方と取引しにくくなりますので、気をつけてください。面倒だと思うのであれば、ローカルルールが多い出品者との取引は避けるのが無難でしょう。

ローカルルールでトラブルがおきてもメルカリのサポートは受けられない

出品者が定めたローカルルールを守らないことで購入者との間にトラブルが起こってもメルカリのサポートは受けられません。これはローカルルールが、メルカリのルール上では守る必要のない個人的なルールでありメルカリ側での規約が優先されるためです。

そのため本来は、メルカリのローカルルールは守る必要がなく、購入者がメルカリのルールを守らないからといって出品者はメルカリ事務局にサポート依頼をすることはできません。出品者がローカルルールを定めたい場合はあくまでも個人的な独自のルールであることをしっかり理解することが大切です。

【後半】メルカリのローカルルールとは?

メルカリのローカルルール①即時購入不可・即購入禁止

メルカリのローカルルール1つ目は「即時購入不可・即購入禁止」などです。原則メルカリでは出品者に買いたいという意思を伝えなくても購入できますが、ローカルルールで出品者が購入前に即時購入を控えるように言っていることがあります。

買い手が、即時購入不可などのローカルルールを定めている出品者から商品を購入したい場合は、出品者に購入したい旨を伝えましょう。その際に他の人も購入してよいか聞いていた場合は、出品者が順番などで購入者を決めるため返事があるまで待ちましょう!

何も記載がない場合にもコメント欄で購入して良いか聞いている方が見受けられますが、普通は即時購入しても良いのがメルカリのルールですので、特にメッセージを送る必要はありません。自分が出品する場合も「即時購入OK」などと記載すると購入してよいか、聞いてくることもなくなるためおすすめです。

メルカリのローカルルール②取り置きのための◯◯様専用

取り置き

メルカリのローカルルール2つ目は、取り置きのための「◯◯様専用」です。この◯◯様専用とは、購入者が都合ですぐに購入できない場合に出品者に取り置きをお願いする際に使われます。通常メルカリでは誰でも即時購入してよいのですが、専用商品の購入は横取り行為になってしまうため控えましょう。

また出品者の方も専用出品にしたい場合はどのような商品かわからないように画像を変えたり、他の方に購入されないように金額を高く設定したりとメルカリを見ている方への配慮を忘れないようにしてください。専用出品は買い手にとってありがたい行為ですので、専用にしてもらったら必ず購入するのがマナーです。

買い手が期限になっても購入しなかったり、連絡が取れなかったりとトラブルもたまにあるためメルカリ出品が初心者の方にはあまりおすすめできません。またメルカリでは本来そうしたルールはありませんので、出品者の方も購入者の方も独自のローカルルールだということをしっかり理解することが大切です。

メルカリのローカルルール③プロフ必読

メルカリのローカルルール3つ目は「プロフ欄必読」です。これはプロフィール欄を必ず読んでから購入してくださいという意味であり、プロフィール欄に出品者が守ってほしい独自のローカルルールが記載されています。

出品者でプロフ必読と記載されている方の中には、「取引経験のない方の購入禁止」などのやたら細かなルールを記載している方もいます。メルカリでは、本来そうしたルールはありませんので、ローカルルールが多すぎる出品者との取引は気をつけた方が良いでしょう。

メルカリのローカルルール④NCNR(ノークレームノーリターン)

メルカリのローカルルール4つ目は「NCNR(ノークレームノーリターン)」です。NCNR(ノークレームノーリターン)とは、苦情も返品も一切受け付けませんという出品者側のローカルルールであり、効力はありません。

出品する際も本来このような記載をしてはならず、購入時の記載事項と違っていたり、届いた商品が違う場合など出品者側に落ち度があれば返品が可能です。またNCNRと記載していてもメルカリ本来のルールではないため、出品者側も返金に応じなければなりません。

メルカリのローカルルール⑤いいね!禁止など

メルカリのローカルルール5つ目は「いいね!禁止」です。「いいね!」とは、買い手がメルカリで気に入った商品があればブックマークできる機能であり「いいね!」をしておけばまた同じ商品を探す手間も省け大変便利です。

ローカルルールの中には買おうか迷っている段階での「いいね!」を嫌がる方もおり、買う人意思のない方以外の「いいね!」はしないでくださいとの書き込みもごく稀にあります。「いいね!」の機能はメルカリが設けている便利機能なので買い手としてはたくさん活用したいですよね!

そのため他の出品者の方から買えそうであれば、そのようなこだわりの強すぎるローカルルールを設けている方との取引は避けた方が良いでしょう。

メルカリで商品を売るコツは?

メルカリで商品を売るコツ①商品説明欄を詳しく記載する

メルカリで商品を売るコツ1つ目は、商品説明欄を詳しく記載することです。買い手にとって商品情報は画像か説明欄でしかわからないため詳しく記載することで商品が売れやすくなります。

例えば家電であれば、商品の正式名称・状態・型番・購入時期・使用頻度・付属品などです。自分が分かる範囲で詳しく記載することで買い手側も安心して購入できるでしょう。

特にキズやスレなどの商品の状態気になる部分の説明は、出来るだけ細かく記載し、見逃しているキズなどがないように気をつけましょう。商品状態をきちんと明記することは、売り手の信頼に繋がり、良い評価をつけてくれたり、今後またリピートしてくれることに繋がります。

メルカリで商品を売るコツ②写真を見やすく綺麗に撮影する

メルカリで商品を売るコツ2つ目は、写真を見やすく綺麗に撮影するということです。メルカリでの商品撮影は非常に重要で、撮影写真によって商品の売れ行きが左右します。買い手は欲しい商品を検索した時に似たような画像が一覧で並ぶため、綺麗で見やすい商品写真はそれだけで目を惹きます。

綺麗で見やすい写真を取るためには、背景や商品を構図、大きさなどを考えます。商品の背景に生活感のある物が散らばっていては商品が見辛いため、きちんと床やテーブルなどを片付けて撮影しましょう。また商品が見づらくならないためにアップすぎたり、ピンぼけなどには気をつけてください。

また次項ではスマホカメラを使った写真の綺麗な撮り方のコツをご紹介しています。メルカリでは写真撮影から商品出品まで全てスマホ一つで完結できるため、スマホで上手に商品撮影をすることはとても大切です。ぜひ次項の記事を参考に商品を美しく掲載しましょう!

メルカリで商品を売るコツ③売り手側が送料を負担する

メルカリで商品を売るコツ3つ目は、売り手側が送料を負担するということです。メルカリで商品を出品する場合、送料を出品者負担にするか購入者負担にするか選べるのですが、圧倒的に出品者負担にし、送料無料で出品する方がよく売れます。

買い手側の心理としても送料無料の方が計算しやすく、後から送料を払う必要もないためできるだけ送料無料の商品から選んで購入します。メルカリでは「らくらくメルカリ便」という便利な配送方法がありますので、初心者の方でも簡単に送料を負担し配送ができます。

また「らくらくメルカリ便」では宛名書きも不要で送料が一律のための売り手が楽なだけでなく、買い手も匿名配送で安心できメルカリ初心者の方には特におすすめです。

メルカリで商品を売るコツ④値下げ交渉には柔軟に対応する

メルカリで商品を売るコツ4つ目は、値下げ交渉には柔軟に対応するということです。メルカリでは頻繁に値下げ交渉が行われています。そのため値下げもある程度視野に入れて価格設定を考えましょう。

いきなり半額など無茶な値下げをしてくる方もいますが、こちらの想定を超えた値下げには応じる必要はありません。値下げ交渉が苦手な方であれば最初に商品説明の欄に値下げはしない旨を記載しましょう。苦手でないのであれば、ある程度交渉に応じることで商品が売れやすくなります。

また自分なりにこの値段まで下げて良いというものがあればその値段までなら大丈夫という旨を伝えましょう。コメント欄で値下げをする意思を示しても購入しないことがありますので、そうした場合はなるべく早めにコメントを消去した方が良いでしょう。

メルカリ初心者におすすめのメルカリの使い方や売るコツが学べる書籍は?

メルカリの使い方や売るコツが学べる書籍①メルカリの達人!

メルカリ初心者におすすめのメルカリの使い方や売るコツが学べる書籍1冊目は、泉澤義明さん著書の「メルカリの達人!」です。この本は、初心者の方から中級、上級者の方にもおすすめでしっかりとメルカリで稼ぐコツが記載されています。

Amazonでの評判も高く、これからメルカリを始めてみたいという方にもメルカリで稼げるようになりたいという方にも両方おすすめです。

メルカリの使い方や売るコツが学べる書籍②メルカリ公式ガイドBOOK

メルカリ初心者におすすめのメルカリの使い方や売るコツが学べる書籍2冊目は、メルカリが監修の「メルカリ公式ガイドBOOK」です。この本は、メルカリ初心者の方にもわかりやすい販売・購入の基本手順から、梱包方法まで基本情報が丁寧に記載されています。

また公式ガイドブックならではの裏技やアイデア商品なども紹介しているのでぜひ参考に読んでみてください。ただし定価が税込596円とお安いのですが、現在は新品で入手しにくく、中古価格がやや高くなっていることが難点です。

メルカリの使い方や売るコツが学べる書籍③超かんたんメルカリ

メルカリ初心者におすすめのメルカリの使い方や売るコツが学べる書籍3冊目は、宇田川まなみさん著書の「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ」です。この本は、メルカリ初心者の女性の方におすすめで、同じ女性をターゲットにしたノウハウを数多く紹介してくれています。

メルカリ販売で重要な写真撮影のコツや不用品も売れやすくなるタイトルや説明欄の書き方を丁寧に記載していますので、メルカリ初心者の方はぜひ参考にご覧ください。

ローカルルールを理解し楽しくメルカリを利用しよう!

メルカリには独自のローカルルールがありますが、しっかりと理解することで出品者の方とも気持ちよく取引ができます。自分が出品する場合は、ローカルルールはあまり定めない方が商品はよく売れるため、ご紹介した売るコツを参考にメルカリ初心者の方もぜひ出品してみてください。

メルカリの仕組みやローカルルールを理解し、メルカリをたくさん利用しましょう!慣れてくると出品に時間もかからずとても簡単ですよ。また次項ではメルカリと同じフリマアプリをランキング形式で多数ご紹介していますので、メルカリに慣れてきたらぜひ様々なフリマアプリを活用してみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。