INDEX

お年始とは?お年賀との違いは?

お年始とはお正月に新年の挨拶に伺うこと

冬

お年始とはお正月に新年の挨拶に伺うことです。お正月の1月1日から3日までの三が日の間に、親戚や知人、会社の上司などお世話になった方のお宅を訪問して、ご挨拶します。日頃の感謝を伝えて、今年もよろしくお願いしますと挨拶しに行く、その行為のことを「お年始」とよんでいます。

特に会社関係の方にはお正月の三が日で回るのは難しいことから、一般的には1月7日まで、関西エリアでは「松の内」の15日までに済ませるとよいと言われています。

お年賀とはお年始で持っていく手土産のこと

プレゼント

お年賀とはお年始で持っていく手土産のことです。お年始はお正月に挨拶に行くことでしたが、その際にお渡しする手土産が「お年賀」となりますので、2つはセットで行われるということになります。もともと日本では、新年に年神様をお祀りする習慣があり、お互いに神棚や仏壇へのお供え物を持ち寄る習慣がありました。

それがいつしか家人には「お年賀」を、子供には「お年玉」を送る習慣になったと言われているのです。現在では神棚や仏壇にお供えするものというよりも、お正月に先方への感謝の気持ちを伝える贈り物としてお年賀が送られています。それではお年始でのビジネスマナーについて、詳しくみていきましょう。

お年始のビジネスマナーとは?

お年始のビジネスマナー①お年賀にはのし紙をつける

プレゼント

お年始のビジネスマナーの1つ目は、「お年賀にはのし紙をつける」ことです。ことです。「お年賀」は何度も繰り返していいお祝い事なので、紅白の蝶結びがついたデザインののし紙を選びます。表書きには「御年賀」「御年始」と入れ、名前がきは結び目の下に小さめにフルネームで入れていきます。

のし紙ではなく、細長い「短冊」を使うこともあり、その際も「御年賀」「御年始」を使うのが一般的です。おのしも短冊も「賀正」と入れることもあります。のしについては、お正月以外にも結婚式などでも見かけるものですが、実は細かな決まりがありますので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

お年始のビジネスマナー②先方が喪中の場合には寒中見舞いを送る

カレンダー

お年始のビジネスマナーの2つ目は、「先方が喪中の場合には寒中見舞いを送る」ことです。喪中の場合はめでたいこととしてお年始のご挨拶をしてしまうと、新年早々失礼にあたりますので気をつけましょう。事前にお断りを入れ、相手先から了解を得た上で、松の内を外した1月16日から2月3日あたりが寒中に訪問します。

その時ののし紙や短冊の表書きは、必ず「寒中見舞い」にします。喪中の場合には、先方に事情を説明しておけば新年のご挨拶を欠礼しても、失礼にはあたりません。

お年始のビジネスマナー③お年賀を郵送するのはマナー違反

郵便

お年始のビジネスマナーの3つ目は、「お年賀を郵送するのはマナー違反」ということです。遠方のため、お年始に伺えないケースもあるでしょうが、郵送をしてしまうのはNGとなりますのでご注意くださいね。「おl年賀」は直接渡す贈り物への表書きとなりますので、宅配便で送ることができないのです。

お年始のビジネスマナー④お年始は会社や相手の都合を伺ってから挨拶に行く

会社

お年始のビジネスマナーの4つ目は、「お年始は会社や相手の都合を伺ってから挨拶に行く」ことです。訪問するときには、元旦を避け、時間帯は午後1時から2時頃に伺うとよいでしょう。会社の場合には会議の多い午前中も避けたほうが無難なので、覚えておくと相手の負担にならずに伺うことができます。

長い休暇のある会社もあることから、仕事のお年始は1月15日ごろまでに済ませることができるように、スケジューリングしていくとよいでしょう。会社の新年会にご招待されたときには、その場でお年賀をお渡ししてもOKです。荷物にならないように品物には気をつけておくといいですね。

お年始のビジネスマナー⑤お年賀にお返しはいらない

NO

お年始のビジネスマナーの5つ目は、「お年賀にお返しはいらない」ということです。お年賀は訪問する人が持参する挨拶の贈り物のため、受け取る側がお返しを用意しておく必要はないのです。ただし、子供と一緒に新年の挨拶に来てくれた場合には、その子にお年玉を渡すのはよいでしょう。

ただし、上司などの目上の方の子供に現金を渡すのは失礼になってしまうので、図書券や文具券などを贈るのがおすすめです。親戚や近所の子供であれば、現金のお年玉で大丈夫です。

お年始のビジネスマナー⑥お年賀の相場は3000円

お金

お年始のビジネスマナーの6つ目は、「お年賀の相場は3000円」ということです。お年賀は直接お渡しするものなので、受け取る側が恐縮するような高額な品物は贈らないようにするのもマナーです。

値段は2000円から5000円ほどが目安となっていますので、お世話になっている方やお互いの立場に合わせて、予算を決めていくとよいでしょう。

お年始のビジネスマナー⑦お年賀は喜んでもらえるものを贈るのがマナー

嬉しい

続いてご紹介する、お年始のビジネスマナーの7つ目は、「お年賀は喜んでもらえるものを贈るのがマナー」ことです。せっかく新年のご挨拶に伺ってお渡しするものなので、喜んでもらえるものを送りたいですよね。受け取る側の家族構成や好みをヒントに選ぶとよいでしょう。

お酒好きな人にはお酒やおつまみを、親戚や近所の家族暮らし方には入浴剤や洗剤、キッチンタオルなどの日用品、紅茶やコーヒーなどの嗜好品も喜ばれます。1人暮らしの方には日持ちのする食べ物や、タオルなどの消耗品も喜ばれます。

お年始のビジネスマナー⑧幅広い方に人気のお年賀はお菓子

プレゼント

お年始のビジネスマナーの8つ目は、「幅広い方に人気のお年賀はお菓子」ということです。特に子供がいるご家庭では、お菓子類にすると喜ばれることが多いようです。小分けのお菓子の詰め合わせなどは、一人暮らしの方でも家族暮らしの方でも、自分の食べたいときに食べることができるので、どんな方にも喜ばれるでしょう。

なるべく日持ちのするものを選ぶと、より喜んでもらえることができます。お好みがわかればお好みに合わせて選ぶのもいいですし、話題や人気の商品や、その地域限定のお菓子も特別感があって喜ばれます。

お年始のビジネスマナー⑨贈り物を受け取っても大丈夫かどうかを確認する

聞く

お年始のビジネスマナーの9つ目は、「贈り物を受け取っても大丈夫かどうかを確認する」ことです。公務員の方や一部の企業では、特別な接待や賄賂、パワハラなどにつながることを懸念して、贈答品の受領が禁止されている場合があります。

お年賀はもちろん、お歳暮やお中元、お土産なども含まれますので心配に感じた場合には、前もって事前確認しておくとよいでしょう。受け取れないのにご挨拶に伺ってしまった場合には、お相手にも負担をかけてしまうことにつながります。

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍は?

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめ書籍①高島屋のしきたり事典

Amazonで商品の詳細を見る

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍の1冊目は、「高島屋のしきたり事典」です。創業180年を誇る、老舗の高島屋の作法が詰まった1冊です。季節のご挨はいつまでにしたらいいのか、贈り物はどんなものを選べばいいのかなど、おつきあいのマナーが紹介されています。

知っているようで正解がわからなかった、日本人のしきたりがまとめられていますので、これまでよくわからなかった日本の伝統について触れる機会を与えてくれます。全国の高島屋が協力しているので、地方の伝統や慣習も盛り込まれているのが特徴です。

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍②大人の冠婚葬祭

Amazonで商品の詳細を見る

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍の2冊目は、「大人の冠婚葬祭マナー新事典」です。1月から12月までの季節の行事から、結婚式や弔辞、節目でのお祝いのマナーなど大人として知っておきたいマナーを丸ごと紹介してくれています。

お見舞いや贈り物、訪問するときのマナー、手紙の書き方まで、知っていそうで知らなかった情報まで網羅してくれています。急にマナーが必要になったときに、頼りになる一冊になるでしょう。

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめ書籍③贈るとお返しのマナー

Amazonで商品の詳細を見る

続いてご紹介する、季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍の3冊目は、『「贈る」と「お返し」のマナー』です。お中元やお歳暮などの季節のご挨拶だけでなく、結婚祝いや出産祝い、香典まで何をいくらくらいの予算で送ったらいいのか、逆にお返しはどうしたらいいのかということがまとめられた一冊です。

予算やタイミング、添えたいメッセージなど贈り物にまつわる「こんなことを知りたかった!」ということが詰まっていますので、プレゼントで迷ってしまいがちだったという人にもおすすめです。手土産や誕生日プレゼント、母の日のギフト選びのヒントも紹介されています。

季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍④贈りもののマナー

Amazonで商品の詳細を見る

続いてご紹介する、季節の挨拶のマナーなどに関して学べるおすすめの書籍の4冊目は「心から喜んでもらえる贈りもののマナー」です。挨拶に伺いたいときには、贈り物を一緒にもっていきたいところですが、そのシーンや相手に合わせた、ぴったりの贈り物を選ぶヒントが紹介されています。

どんな物を選んだらいいのか迷ってしまう人におすすめの本です。ビジネスシーンについても掲載されていますので、ビジネスマナーを知りたかった人もぜひ手にとってみてください。贈って喜ばれるものと、贈ってはいけないものも紹介されていますので、贈り物のマナーについて深めることができます

お年始のマナーを身につけて新年の挨拶に伺おう!

お年始のマナーをご紹介しました。新年の挨拶は、1年の始まりの習慣でもありますから、ビジネスマナーを守って気持ちよくご挨拶したいものですね。お年賀を喜んでもらえたら、先方との関係性もさらに深めることができるのではないでしょうか。

贈り物や手土産、お土産などをお渡しするときにはタイミングや、ご挨拶の言葉も気になるところですよね。ビジネスマナーとして、知っておくと安心してご挨拶に伺うことができるでしょう。こちらの記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 531987787
関連記事 手土産・お土産の渡し方やタイミングは?挨拶の言葉・ビジネスマナーも

手土産・お土産を持って行ったときに渡し方やタイミングで悩んだことはあり

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。