INDEX

春の季節を感じる桜の和菓子9種類

①本郷三原堂|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの1つ目は、【本郷三原堂(ほんごうみはらどう)】のお菓子です。本郷三原堂は、昭和7年に東京の本郷にて創業して以来、80年以上も地元で愛されている和菓子店です。

最中や、栗まんじゅうなどの焼き菓子、どら焼きなどの和菓子が並ぶ中、春の季節に大人気なのが最中「播磨坂」です。お店の近くにある、さくら並木が大変美しくお花見にもぴったりの「播磨坂」をイメージして作られており、可愛らしい桜の花びらの形をしています。

最中の色も桜色と白色の2色あり、中身の餡も白あんと黒あんの2種類があります。本郷三原堂は本店の他、茗荷谷にも店舗があります。お取り寄せについては、電話注文、FAX注文、注文フォームから行えます。

②御菓子司塩野|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの2つ目は、【御菓子司塩野】のお菓子です。御菓子司塩野は、赤坂にて昭和22年に創業した有名和菓子店で、70年以上もの歴史を持っています。有名人や政界の偉い方にも好まれているお店です。

季節に特化した美しい生菓子を得意としており、毎月季節に合った生菓子が作られています。他にも羊羹やどら焼き、最中など様々な和菓子があります。

春になるとお目見えするのが桜のお菓子です。桜の美しさを表現する生菓子「花衣(はなごろも)」や「吉野山(よしのやま)」、半生の食感が楽しい「桜干菓子」春の定番である「道明寺桜餅」、など多くの桜の和菓子が並びます。桜餅の種類について興味のある方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 303832652
関連記事 桜餅の種類は?道明寺と長命寺の違いや由来・おすすめの和菓子店7選も

桜餅の種類について紹介します。桜餅は、関西と関東でそれぞれ初めて見たら

③笹屋伊織|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの3つ目は、【笹屋伊織】のお菓子です。笹屋伊織は、京都にて享保元年(1716年)に創業した老舗の和菓子店です。伝統や和菓子の技術を大切にしながら作品が生まれています。

春になると笹屋伊織の軒先に並ぶのが、「伊織のさくら」です。ピンク色で桜の形をしており、一見生菓子のように見えますが、「桃山」を思わせるおまんじゅうになっています。桜の風味が香り高く、上品な一品です。日持ちするのも魅力の1つとなっています。

④紅梅屋|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの4つ目は、【紅梅屋】のお菓子です。紅梅屋は、三重県伊賀にて1712年に創業した、250年以上もの歴史を持つ和菓子店です。

松尾芭蕉翁の句に出てくる情景をイメージして作られている桜のお菓子は数多くあり、花紋干菓子である「さまざま桜」や、刻んだ桜の塩漬けが使われた「ゆめみ桜」は通年購入できます。

1月からは押し菓子の「花の雲」や半生菓子の「味こよみ(桜)」、「桜まんじゅう」なども並びます。Yahooと楽天に公式ショップを開いているため、お取り寄せも可能となります。

⑤鶴屋吉信|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの5つ目は、【鶴屋吉信】のお菓子です。鶴屋吉信は、1803年に京都にて創業した老舗の和菓子店です。現在は京都西陣にある京都本店をはじめ、全国に店舗を展開しています。

鶴屋吉信では季節に合わせた和菓子が作られ、春には桜をイメージした商品が並びます。桜の美しさと儚さをイメージした羊羹「花はらり」は春のお楽しみでもあります。前後には梅や桃、花菖蒲などをイメージした羊羹も作られています。

鶴屋吉信には公式のオンラインショップがありますので、通年商品や季節商品、手土産や贈り物に利用したいギフトなどがお取り寄せできます。

⑥銀座菊廼舎|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの6つ目は、【銀座菊廼舎】のお菓子です。銀座にて江戸の和菓子を作り続けている、明治23年創業の老舗和菓子店です。

銀座菊廼舎で一番人気なのが、大正時代に生み出された登録商標「冨貴寄(ふきよせ)」です。冨貴寄とは、江戸和菓子や干菓子、豆菓子などが缶いっぱいに入り、日本の四季や情景などを描いた美しいお菓子です。フォーマルなギフトにも利用されることが多いです。

「桜色缶」は、春になると登場する冨貴寄です。桜色を中心に白や若草色で彩られるお菓子たちは、どれも美しく桜の情景を描いています。

⑦鎌倉豊島屋|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの7つ目は、【鎌倉豊島屋】のお菓子です。鎌倉豊島屋は明治27年に創業された、全国的にも有名な「鳩サブレー」はじめとするお菓子を製造販売しているお店です。

鎌倉市にある豊島屋本店には、お菓子の鳩サブレーをモチーフにした様々なグッズが販売されています。鎌倉豊島屋では、鎌倉の四季をイメージした干菓子、「鎌倉の彩」も人気商品となっています。季節によりお菓子のモチーフが変わり、春にはもちろん桜モチーフの干菓子が入ります。



鎌倉豊島屋には、公式オンラインショップがありますが、鳩サブレーの配送がメインとなっています。その他高島屋オンラインストアでも取り扱いがあります。

⑧花園万頭|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの8つ目は、【花園万頭】のお菓子です。花園万頭は、石川県金沢にて天保5年(1834年)に創業したところから始まり、昭和5年に新宿の花園神社近くに移転し、名物の「花園饅頭」を作ったことから名前にも花園を入れた歴史があります。

手土産やフォーマルなギフトに利用されることの多い「花園饅頭」をはじめとする「ぬれ甘なっと」「きんつば」など和菓子を製造販売しています。「さくら万頭」は桜の季節に店頭にならぶ、桜の塩漬けが乗ったおまんじゅうです。季節を感じられるギフトにもおすすめの桜の和菓子です。

⑨甘春堂|春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せ

春の季節を感じる桜のおすすめ和菓子・お取り寄せの9つ目は、【甘春堂】のお菓子です。甘春堂は、江戸慶応元年に創業された歴史ある和菓子店です。京都にて伝統を守り抜き、現在では6代目となっています。

甘春堂には、器まで食べられるユニークな和菓子「茶寿器(ちゃじゅのうつわ)」や、お菓子で出来たコーヒーカップ「西方瑠璃(さいほうるり)」など、見た目にも楽しい和菓子をはじめ、京都の大仏をイメージした大仏餅なども販売されています。

季節ごとに変化する季節菓子も楽しみの一つで、春には村雨生地と桜が合わさった見た目にも上品な「かすみ桜」や、本物のハマグリの貝殻を使い、桜あんを入れた「貝合せ」、上生菓子など美しい商品が並びます。お花見をしながらいただきたくなりますね。

お花見に持っていくのもおすすめな桜の和菓子に合うお茶は?

①煎茶|お花見にもおすすめの桜の茶菓子やスイーツに合うお茶の種類

お花見にもおすすめの桜の茶菓子やスイーツに合うお茶の種類の1つ目は、定番の「煎茶」です。煎茶とは日本茶の一種で、茶葉をお湯に浸し、煎じたお茶のことをいいます。緑茶の中でも最も一般的なお茶なので、一度は口にしたことのあるお茶となります。

爽やかなお茶の味と、甘い和菓子はとても良い相性です。更に桜のお菓子は桜の塩漬けや桜あんなど少し塩気も含む和菓子が多いので、煎茶との相性も抜群です。

②ほうじ茶|お花見にもおすすめの桜の茶菓子やスイーツに合うお茶の種類

お花見にもおすすめの桜の茶菓子やスイーツに合うお茶の種類の2つ目は、定番の「ほうじ茶」です。ほうじ茶とは香ばしさが特徴のお茶となります。渋みなどがなく、飲みやすいお茶なので多くの方に好まれます。また、胃に優しいという特性もあります。

最近では「ほうじ茶ラテ」という、ミルクと合わせる飲み方も流行しています。香ばしさはそのままでまろやかさが加わった「ほうじ茶ラテ」は、和菓子とも相性が良いですよ。人気のお茶の種類に興味のある方は下記の記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 708121162
関連記事 【人気】お茶のおすすめ種類は?玄米茶/煎茶/かぶせ茶

飲むとほっとする飲み物、お茶は日本人にはなくてはならないものですね。今

【番外編】桜の見た目をした和菓子の作り方・レシピは?

桜大福|春を思わせる桜を使った和菓子の作り方

春を思わせる桜の和菓子は、ご家庭でも簡単に作ることができます。ここでは簡単に作れる桜大福の作り方をご紹介します。材料も簡単に揃いますが、桜の塩漬けや紅麹などはお近くのお店になければ製菓店などを探してみてくださいね。

桜大福の材料
  • 切り餅
  • 白あん
  • 紅麹(赤く染まるものなら何でもOK)
  • 片栗粉
  • 少量のお水
簡単な桜大福の作り方
  1. まずは切り餅を耐熱ボールに入れ、電子レンジで1分程加熱します。様子を見て、柔らかくなるまで加熱しましょう。
  2. 加熱したお餅に少量のお水を入れ、お餅に馴染ませるように混ぜ込みます。少し緩くなったらOKです。
  3. 片栗粉をまぶし、平べったく伸ばします。餃子の皮をイメージしましょう。
  4. 皮の中に、白あんと紅麹を混ぜた餡を入れ、包み込みます。
  5. 上にちょこんと桜の塩漬けを飾れば完成です!

桜の形の抜き型を手に入れる|桜の見た目をした和菓子の作り方

桜の見た目をしたスイーツは、ご家庭でも簡単に作れます。製菓店などでは、通年を通して「桜の形」をした抜き型が販売されていますので、そちらを手に入れましょう。

クッキーなどを作る際に抜き型で抜くだけで簡単に桜の見た目のお菓子やスイーツが出来上がります。和菓子も羊羹などを桜の抜き型で抜いてあげるだけで、雰囲気が高まりますのでおすすめです。桜の形の抜き型はスイーツ以外にも用途があるので、1つあると大変便利な道具です。

桜の和菓子を楽しもう!

いかがでしたか?春は入学、卒業、お花見などイベントごとも多く、季節を感じるにはぴったりの季節です。そういった行事には桜の和菓子も欠かせません。ご紹介したお店以外にも、春は見た目も美しいお菓子がたくさん並びますので、ぜひ購入して楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。