INDEX

正月におせちを食べる意味・由来やルールも

正月におせちを食べる意味・由来やルールも|おせち料理の由来

まずはおせち料理の由来ですが、おせち料理は漢字で「御節料理」と書き、お正月に食べるお祝い事の料理のことを言います。もともとは元旦や五節句といった節日を祝うために神様にお供えし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んだ事が由来です。

ですが、江戸時代に庶民にこの行事が広まったことから、一年の節目で最も大切なお正月にふるまわれる料理のことを「おせち料理」と言うようになったそうです。

正月におせちを食べる意味・由来やルールも|おせち料理の意味

本来は収穫物の報告や感謝の意味を込めて、その土地でとれたものをお供えしていたようですが、食文化が豊かになるにつれて、ご馳走を盛り込んだ今の原型ができたと言われています。お正月の下記記事もぜひご覧ください。

Small thub shutterstock 465736094
関連記事 歳神様・年神様の読み方と意味とは?お正月飾りの飾り方や期間も

歳神様または年神様は、お正月にまつわる神様です。しかし、具体的なことは

正月におせちを食べる意味・由来やルールも|おせち料理のルール

おせち料理は重箱に詰めるのが一般的ですが、これは『めでたさを重ねる』という意味が込められています。おせち料理に詰める具材にはそれぞれ意味があり、各段に詰める料理も決まっています。

おせちの具材の意味

おせち料理の具材の意味①一の重・祝い肴と口取り

「おせち料理の具材の意味」、一番上にくる一の重は“祝い肴・口取り”です。祝い膳の前に出すお酒の肴のことで、祝い肴の基本は、田作り・数の子・黒豆の3種類の具材となります。口取りとはかまぼこや栗きんとんなどの酒の肴になるような甘めの料理のことを言います。

おせち料理・一の重の料理と意味一覧
  • 数の子:たくさんの卵が付いていることから「子孫繁栄」を願う。
  • 田作り:イワシは田んぼの肥料として使われていたことから「五万米(ごまめ)」とも呼ばれ、五穀豊穣を願う。
  • 黒豆:マメに丈夫に過ごせるよう願う。
  • たたきごぼう:家の土台が堅牢であることや、家業が土地に根付くことを願う。
  • 紅白かまぼこ:赤は魔除け、白は清浄や神聖さを意味する。
  • 伊達巻:巻物に似ていることから「学問成就」や文化の繁栄を願う。
  • 昆布巻き:「喜ぶ」との語呂合わせより縁起の良いものとされる。
  • 栗きんとん:「金団(きんとん)」より豊かさを連想させ、勝負運を願う。
  • ちょろぎ:「長老喜」「千世呂木」の漢字をあて、長寿を願う。
  • 錦玉子:卵の白身が銀、黄味が金に見えることから「錦」とされる。

おせち料理の具材の意味②二の重・焼き物

「おせち料理の具材の意味」二の重は、“焼き物”です。二の重にはぶりや鯛、エビなどの海の幸を焼いたものを詰めます。食事のメインとなるお重なので、肉類やフライを入れる場合も、この二の重に詰めます。

おせち料理・二の重の料理と意味一覧
  • ぶり:ぶりが出世魚であることから立身出世を願う。
  • 鯛:「めでたい」との語呂合わせで縁起が良いものとされる。
  • エビ:腰が曲がるまで長生きしようという意味と、赤色から縁起物で魔除けとされる。

おせちの料理の具材の意味③三の重・煮物

「おせち料理の具材の意味」、三の重は“煮物”です。ここでは、れんこんや里芋、ごぼうといった山の幸の煮物を詰めます。他の重のようにいろんな種類の料理を詰めるのではなく、煮物をたっぷり詰めるのが基本となっています。

おせち料理・三の重の料理と意味一覧
  • れんこん:穴が開いている事より「見通しの良い一年」を願う。
  • 里芋:種芋に子芋がたくさんつくことから「子宝」を願う。
  • 八つ頭:頭となって出世するよう願う。
  • くわい:大きな芽が出ている事から「立身出世」を、また、子球が多くつくので「子孫繁栄」を願う。
  • ごぼう:根を深く張ることから、家業が根付くことを願う。

おせち料理の具材の意味④与の重・酢の物と和え物

「おせち料理の具材の意味」、与の重は“酢の物”です。忌み数字とされる「四」は使わずに「与の重」とされます。酢の物のような日持ちする具材や箸休めになるものを詰めますが、スペースが空くようなら三の重に詰め切れなかった煮物もここに詰めると良いでしょう。

おせち料理・与の重の料理と意味一覧
  • 紅白なます:配色より水引を連想させることからめでたいものとされる。
  • 菊花かぶ:国花である菊は祝い事に欠かせない。「繁栄」「健康」「邪気払い」「長寿」などを願う。
  • 小肌栗漬け:出世魚である小肌は成長するとコノシロになることから、将来の出世を願う。

おせち料理の具材の意味⑤五の重・空または好きなもの

「おせち料理の具材の意味」、五の重は“空または好きなものを入れる”です。昔から後の重は“年神様から授かった福を詰める場所”として、空っぽにしておくという意味があるそうです。入りきらなかった具材や好きな物などを詰めることもあります。

おせちのおすすめ人気店5選

お正月!おせちのおすすめ人気店①シェ松尾

おせちのおすすめ人気店、1つ目は「シェ松尾」です。一流の正統派フレンチを味わえるレストランのおせちは、伝統的な由来を元にした料理もフレンチにアレンジされた新感覚な中身となっています。いつもと違う、おしゃれなお正月を過ごしたい方におすすめです。

お正月!おせちのおすすめ人気店②菊乃井

おせちのおすすめ人気店、2つ目は「菊乃井」です。ミシュラン3つ星を獲得したこともあるという名店のおせち料理は中身の味や見た目の美しさはもちろんですが、それだけではなくお重の可愛さも人気があるようです。

お正月!おせちのおすすめ人気店③賛否両論

おせちのおすすめ人気店3つ目は「賛否両論」です。お任せメニューのみというユニークな名店は、おせち料理も伝統的な料理に斬新なアレンジが効いた独創的で種類豊富な中身となっています。縁起が良い八角形のお重も珍しいですね。

お正月!おせちのおすすめ人気店④八百彦

おせちのおすすめ人気店、4つ目は「八百彦」です。名古屋の老舗の仕出し料理店のおせちは、だしにこだわり基本を大切にした中身となっています。仕出し料理のお店という事もあり、冷めても美味しい料理はお墨付きです。

お正月!おせちのおすすめ人気店⑤下鴨茶寮

おせちのおすすめ人気店、5つ目は「下鴨茶寮」です。京都の老舗料亭のおせちは、京野菜を積極的に取り入れ、一品一品が丁寧に作られた格調高い美しさと美味しさが人気です。なかなか京都に行けないという方も、お取り寄せで老舗料亭のおせちが楽しめると人気です。

おせちの簡単なレシピ紹介【パート1】

お正月のおせちの中身レシピ①数の子

おせちの簡単なレシピ、1個目は数の子です。数の子は塩漬けで売られていることが多いので、味付けの前にしっかりと塩抜きをしておきましょう。塩抜きから漬け込みの日数はかかりますが、工程はシンプルなのでたっぷり食べたいご家庭では手作りがおすすめです。

数の子のレシピ
  1. 塩漬け数の子は水に浸けて水を入れ替えながら2~3日かけて塩抜きする
  2. 薄皮を丁寧に取り除く
  3. 昆布だし2/3カップ・醤油1/4カップ・みりん大さじ2を煮立てて冷まし、2を1日漬け込む

お正月のおせちの中身レシピ②田作り

おせちの簡単なレシピ、2個目は田作りです。難しそうに見えて実はとても簡単に作れるおせちの具材の一つです。フライパンでじっくりとパリパリになるまで炒るのがポイントですが、電子レンジを使えば時短も可能なので更に簡単に作れます。

田作りのレシピ
  1. ごまめ(50g)はパリパリになるまでフライパンで炒る
  2. 鍋に砂糖(大さじ3)・みりん、醤油(大さじ2)・酒(大さじ1)を煮詰めて熱いうちに1とごま(大さじ1)を入れ和える

お正月のおせちの中身レシピ③黒豆

おせちの簡単なレシピ、3個目は黒豆です。こちらも数の子同様、水に浸して味をしみ込ませるまでの日数こそかかりますが、アクをとってコトコト煮るだけのシンプルな工程なので意外と簡単に作れます。黒豆の固さも好みで調整できるので手作りがおすすめです。



簡単!黒豆のレシピ
  1. たっぷりの水で黒豆(250g)を優しく洗う
  2. 水(1600cc)に醤油(大さじ2)を入れ人に立ちさせ、黒豆を入れてフタをして半日から一晩置く
  3. 鍋を中火にかけ沸騰直前に弱火にしてアクを取り、落し蓋をして1時間ほど煮たら火を止めて1時間置く
  4. 再度中火にかけ沸騰直前に弱火にして1時間煮て、しばらく置く。
  5. 黒豆が好みの固さになったら落し蓋をしたままゆっくり冷ます。

お正月のおせちの中身レシピ④紅白かまぼこ

おせちの簡単なレシピ、4個目は紅白かまぼこです。お正月前にはいろんな種類のかまぼこが売っていますが、こちらはシンプルなかまぼこにちょっと飾り切りを加えるだけでお重の中身がグッと華やかになるのでぜひ実践して下さいね。

紅白かまぼこの飾り切りのレシピ
  1. 赤のかまぼこを板から外して1cm幅に切り分ける
  2. 赤と白の境目部分を剥くように切り、最後の2㎝ほどは残す
  3. 向いた部分の真ん中を縦に1.5cmほどの切り込みを入れる
  4. 切り込み部分に端をくぐらせて手綱にして形を整える

お正月のおせちの中身レシピ⑤伊達巻

おせちの簡単なレシピ、5個目は伊達巻です。伊達巻は少し手間がかかりますが、慣れれば簡単に作れるようになります。手作りの伊達巻は甘さも調整できるので、ふわふわでほんのり甘い伊達巻をご自宅で作ってみて下さいね。

フライパンで簡単!伊達巻のレシピ
  1. はんぺん(100g)は小さく切る
  2. フードプロセッサーに卵(4個)・はんぺんの順に入れ、めんつゆ3倍濃縮(大さじ1と1/2)・砂糖(大さじ2)。みりん(小さじ1)・塩(少々)も入れてなめらかにする
  3. フライパンに油を熱し余分な油は拭き取る
  4. 2をフライパンに一気に流し込み、空気抜きをする
  5. 強火で15秒焼いたら弱火にし、アルミホイルをかぶせて15分焼く
  6. まわりがきつね色になったら、生地を巻きすに移して巻いて形を整える

お正月のおせちの中身レシピ⑥昆布巻き

おせちの簡単なレシピ、6個つ目は昆布巻です。昆布とかんぴょうのみで作るシンプルな昆布巻の作り方をマスターしておけば、鮭やたらこを巻き込んだいろんな種類の昆布巻にも応用できます。

初心者さんも簡単!シンプルな昆布巻のレシピ
  1. 昆布(30g)は水に浸し柔らかくする
  2. かんぴょう(15g)は塩もみして洗い流し、適当な長さに切っておく
  3. 昆布を巻いてかんぴょうで結ぶ
  4. 鍋に水(600cc)・砂糖(50g)・醤油(大さじ3)・酢、みりん(各大さじ1)と3の昆布巻を入れて、弱火で煮汁が少なくなるまで煮詰める

お正月のおせちの中身レシピ⑦錦玉子

おせちの簡単なレシピ、7個目は錦玉子です。裏ごしの際は白身→黄味の順で作業すると白身が黄味で汚れず綺麗に作れますよ。しっかりと押し固めて崩れにくい錦玉子を作りましょう。お重がパッと華やかになりますよ。

レンジで簡単!錦玉子のレシピ
  1. 固茹で卵(4個)を作り、白身と黄味に分けたらそれぞれを裏ごしする
  2. 白身には砂糖大さじ1と塩ひとつまみを、黄味には砂糖小さじ2と塩ひとつまみを入れて混ぜる
  3. 耐熱容器にラップを敷き、白身を入れてスプーンなどで押し固める
  4. 3の上に君の2/3量をのせて同じようにスプーンなどで押し固めて残りの黄味をふんわりのせる
  5. ラップをふかけ500wのレンジで2分加熱し、冷ます
  6. 好みの大きさに切り分ける

おせちの簡単なレシピ紹介【パート2】

お正月のおせちの中身レシピ⑧鯛の塩焼き

おせちの簡単なレシピ、8個目は小鯛の塩焼きです。盛り付けた時に左側にお頭が来るように、頭を右側にした面から焼くのがポイントです。見た目がとても重要な具材なので、ひれを焦がさないようにたっぷりと塩を付けておきましょう。

見栄え良し!小鯛の塩焼きのレシピ
  1. 小鯛(5匹)はウロコと内臓を取り除き、洗ってペーパーで水気を拭き取る
  2. 背びれ・腹びれ・尾びれを拡げて塩をたっぷりつけ、全体にも塩をまぶしておく
  3. グリルで両面を焼く

お正月のおせちの中身レシピ⑨エビの塩焼き

おせちの簡単なレシピ、9個目は海老の塩焼きです。こちらも鯛同様見た目がとても重要な具材なので、きちんとした処理をして向きが揃うように焼くのがポイントです。素材は新鮮なものを選びましょう。

有頭海老の塩焼きのレシピ
  1. 有頭エビ(5尾)は爪楊枝などで背ワタを取り除き、塩をまぶしておく
  2. 1のエビをグリルで両面パリパリに焼いて出来上がり

お正月のおせちの中身レシピ⑩たこの酢の物

おせちの簡単なレシピ、10個目はたこの酢の物です。サッパリとした、たこの酢の物はお酒にもよく合うのでお正月におすすめです。

たこの酢の物のレシピ
  1. 茹でタコ200gは一口大のぶつ切りにする
  2. ボウルに三杯酢を入れて1のタコを漬け込む
  3. 3時間程置いたら汁気をきり、わかめを添える

お正月のおせちの中身レシピ⑪たこのうま煮

おせちの簡単なレシピ、11個目はたこのうま煮です。縁起の良いたこのレシピをもう一つご紹介します。甘辛い味付けのたこのうま煮は柔らかく仕上げるために炭酸水を使うのがポイントです。

たこのうま煮のレシピ
  1. たこ(500g)は大きめに切っておく
  2. 鍋に水(400㏄)・炭酸水(200㏄)・酒(100㏄)と1のたこを入れて落し蓋をし、中火で10分ほど煮る
  3. たこに竹串がスッと通るくらい柔らかくなったら、砂糖・みりん(各大さじ1)と醤油(大さじ3)を加えて弱火で20分煮る
  4. 粗熱が取れたら食べやすい大きさに切って盛り付ける

お正月のおせちの中身レシピ⑫煮物

おせちの簡単なレシピ、12個目は煮物です。お重の中身の中でも最もたっぷりと詰める具材なので、野菜の種類も多く、見た目も楽しくなるように飾り切りや彩にこだわってみましょう。味のしみ込んだ煮物は、連日食べても飽きの来ないおいしさです。

お煮しめのレシピ
  1. 乾燥椎茸(5個)は水で戻しておく
  2. 人参(小1本)は飾り切り、筍(1袋)は1cm幅に、里芋(小5個)は六方切り、ごぼう(1本)は斜め切り、蓮根(400g)は1㎝幅に切り酢水にさらしておく
  3. きぬさやはスジを取って茹で、斜め半分に切る
  4. 里芋は耐熱皿に並べてラップをし、600wのレンジで3分加熱する
  5. 鍋にだし汁(300cc)・椎茸の戻し汁(100cc)・酒(大さじ3)・砂糖、みりん、薄口しょうゆ(各大さじ2)と2の里芋以外の野菜を入れて煮る(強火→沸騰→中火)
  6. 10分後に里芋を加えてさらに10分煮たら、冷まして味をなじませる
  7. 器に盛りきぬさやを飾る

お正月のおせちの中身レシピ⑬たこ入り紅白なます

おせちの簡単なレシピ、13個目はたこ入り紅白なますです。人参と大根が定番の紅白なますですが、たこを加えるだけでいつもと違ったちょっと豪華ななますに大変身です。たこをカットして混ぜるだけなのでとても簡単ですよ。

たこ入り紅白なますのレシピ
  1. 茹でたこ(180g)は一口サイズに切っておく
  2. 大根(500g)・人参(5㎝)は5㎝長さの千切りし、塩をまぶして揉んで10分おく。しんなりしたらサッと洗って水けを絞る
  3. ボウルに1と2を入れ、酢(大さじ4)・砂糖(大さじ1と1/2)・醤油(少々)を入れて混ぜ合わせる
Small thub shutterstock 519793093
関連記事 洋風おせちのレシピ8選!定番からおしゃれで人気な作り方も

洋風おせちでお正月料理を盛り上げませんか?御節料理はいいけれど、どうし

おせちのようにいい意味のある日本料理

おせちのようにいい意味のある日本料理の種類①するめ

するめは漢字で「寿留女」となり結納をはじめとしたお祝いの席に欠かせない食材です。また、縁起を担いで「あたりめ」と呼ぶこともありますね。保存がきくことから、昔から重宝されています。お酒の肴にも人気の食材ですね。

おせちのようにいい意味のある日本料理の種類②おむすび

「おにぎり」と「おむすび」の明確な違いはありませんが、漢字をあてると「鬼切り(おにぎり)」は災いを退けるという由来が、「お結び(おむすび)」は縁を結ぶという由来がそれぞれあり、いずれも縁起のよい食べ物とされています。

おせちのようにいい意味のある日本料理の種類③おたふくまめ

漢字をあてると「お多福豆」となるように、福を多く招くという意味が込められています。おせち料理にもいれる具材です。黒豆よりも大きく、食べごたえがあるのが特徴です。見た目がおたふくに似ていることも名前に関係しているようです。

おせちのようにいい意味のある日本料理の種類④たこ

おせちの具材としては定番ではありませんが、たこは漢字で「多幸」となり、茹であがった赤色も縁起が良く、また吸盤があることで「善いものに吸い付く」、墨を吐くことで「苦難を煙に巻く」という言い伝えもあるようです。

伝統のある「おせち料理」の意味を知って手作りにも挑戦しよう!

日本の伝統であるおせち料理は各具材に意味や由来が込められた奥深い料理でしたね。種類が多いので作るのが難しいと思いがちですが、シンプルなレシピがほとんどです。お取り寄せや市販の具材も便利ですが、ぜひ手作りにも挑戦して下さいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。