INDEX

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いとは?

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い①食感

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い1つ目は、食感です。木綿豆腐の表面は絹ごし豆腐に比べて、若干ザラザラとした印象があるように、食感でも結構な違いがあります。

木綿豆腐は、柔らかいけど、しっかりとした食感があり、水気も絹に比べると少ないのです。一方絹ごし豆腐は、木綿豆腐以上に柔らかく、水分も多いためなめらかな舌触りになっています。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い②味

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い2つ目は、味です。豆乳とにがりで固められた絹ごし豆腐は、シンプルでさっぱりとした味わいの豆腐になっています。

木綿豆腐は、絹ごし豆腐と同じような作り方ですが、圧して成型され、水分が少ない状態になるというところに違いがあります。水分が少ないので、より濃厚でしっかりとした味わいを楽しめます。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い③成分

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い3つ目は、成分です。木綿豆腐と絹ごし豆腐のどちらも、カルシウムやビタミンB、タンパク質などの成分が含まれていますが、製法の違いにより成分の量に違いがあります。

圧して作られる木綿豆腐は栄養成分も圧縮されていて、絹ごし豆腐に比べるとカルシウムやタンパク質、ビタミンE、鉄分などが多く含まれています。水分豊富な絹ごし豆腐は、木綿豆腐以上にカリウムやビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれています。

木綿豆腐と絹ごし豆腐のどちらを使って料理をするか迷った時は、その時摂りたい成分が含まれている豆腐を選ぶのもおすすめですよ!

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い④調理方法

木綿豆腐と絹ごし豆腐の種類・違い4つ目は、調理方法です。木綿豆腐と絹ごし豆腐には違った特徴があるので、それぞれの特徴を活かした調理をすれば、さらに美味しい料理を作ることができます。

木綿豆腐は、型崩れしにくいしっかりとした豆腐なので、焼く・炒める・煮る・揚げるといった加熱料理に適している豆腐です。絹ごし豆腐はそのまま食べれるサラダや冷奴など、なめらかな舌触りとさっぱりとした味わいを活かせる料理におすすめです。

関連記事では、豆腐の賞味期限・消費期限について詳しく紹介しています。豆腐を日持ちさせる方法なども載っているので、こちらもぜひご覧ください。

木綿豆腐の水切り方法は?

木綿豆腐の水切り方法①重りを乗せて圧をかける

木綿豆腐の水切り方法1つ目は、木綿豆腐に重りを乗せて圧をかけて水切りする方法です。やり方は、キッチンペーパーで木綿豆腐を包み、木綿豆腐が潰れないくらいの重りを豆腐の上に乗せ、30分ほど圧をかけます。

この方法は、比較的よく水が切れるので、木綿豆腐を揚げるときや炒めものなど、水分をできる限り減らして使いたい時におすすめです。

木綿豆腐の水切り方法②電子レンジで水切り

木綿豆腐の水切り方法2つ目は、電子レンジを利用して水切りする方法です。耐熱皿にキッチンペーパーで包んだ木綿豆腐を乗せ、600Wの電子レンジで1~2分ほど温めて冷やすだけで水切りできます。温めて水を切るので、若干風味が落ちますが、濃い味の料理に使いたいときにはおすすめですよ。

木綿豆腐の水切り方法③ふきんなどで絞る

木綿豆腐の水切り方法3つ目は、ふきんなどで絞って水切りする方法です。綺麗なふきんで木綿豆腐を包み、ギュッと絞るようにして水を切ります。このやり方は、豆腐を崩して調理する際におすすめの方法です。また、木綿豆腐の水切り方法の中では、最も短時間で水切りできる方法なので、急いでいる時などにおすすめです。

木綿豆腐の水切り方法④茹でる

木綿豆腐の水切り方法4つ目は、熱湯で茹でて水切りする方法です。木綿豆腐を沸騰したお湯で5分ほど茹でて、20分ほどザルで水を切れば完了です。また、熱湯で茹でる水切り方法は、他の水切り方法とは違い、木綿豆腐を食べやすいように小さめに切った状態でも水切りできます。

少しだけ余った豆腐を使いたい時や、カットした豆腐を事前に加熱しておきたい時などにおすすめです。こちらも電子レンジと同じように加熱して水を切るので、木綿豆腐の風味がおちやすくなってしまうので、麻婆豆腐などの濃いめの味つけの料理で使用したい時におすすめですよ。

木綿豆腐の水切り方法⑤豆腐の重みを利用する

木綿豆腐の水切り方法5つ目は、豆腐自体の重みを利用して水切りする方法です。やり方は、豆腐をキッチンペーパーに包み、20~30分ほど置いておくだけです。

重りなどを使用しないので、比較的水気が残りやすいですが、冷奴などのあまり水分を無くさない方が美味しく食べられる料理の時に便利なので、ぜひ試してみてくださいね!

自家製木綿豆腐の作り方は?

大豆から作る自家製木綿豆腐の作り方

大豆から作る自家製木綿豆腐の作り方は、少し難しいですが、大豆の風味を堪能できる美味しい木綿豆腐が作れます。大豆ならではの奥深い味わいの豆腐を楽しみたい人は、ぜひ作ってみてくださいね。

材料
  • 大豆 100g
  • 水 700~750ml
  • にがり 10ml
大豆から作る自家製木綿豆腐の作り方
  1. 大豆を一晩浸水させておきます。
  2. 浸水させた大豆をミキサーでドロッとした液体状にして豆乳を作ります。
  3. 豆乳を鍋に入れ、10分ほど煮込みます。
  4. ボウルにザルを乗せ、その上にさらしを乗せたものに煮込んだ豆乳を流し入れて絞ります。
  5. 絞った豆乳を75℃ほどで温めて、にがりを2回に分けて加えて混ぜます。
  6. 白い塊ができ始めたら、火を止めてフタをして10~15分ほど置いておきます。
  7. 全体的に塊ができたら、ザルにガーゼを敷き、その中に温めたものを少しずつ入れていきます。
  8. 全て入れ終えたら、ガーゼを包み、重りを30分ほど乗せて成型します。
  9. 水に浸けながら型(ザルとガーゼ)を外し、30分ほど水にさらせば完成です。

豆乳から作る自家製木綿豆腐の作り方

豆乳から作る自家製木綿豆腐の作り方は、大豆から作る方法に比べると工程が少ないので簡単です。通常の木綿豆腐よりも若干クリーミーな味わいと食感に仕上がるので、やさしい味わいの豆腐が食べたい人にはおすすめです。

材料
  • 豆乳 900ml
  • にがり 10~15ml
豆乳から作る自家製木綿豆腐の作り方
  1. 豆乳を76℃に温めます。
  2. にがりを2回に分けて加えて混ぜます。
  3. ドロッとした白い塊ができ始めたら、蓋をして5分ほど温めます。
  4. 5分経ったら火を止め、5分ほど置いておきます。
  5. 全体的に塊ができたら、ザルにガーゼを敷き、その中に温めたものを少しずつ入れていきます。
  6. 全て入れ終えたら、ガーゼを包み、重りを30分ほど乗せて成型します。
  7. 水に浸けながら型(ザルとガーゼ)を外し、30分ほど水にさらせば完成です。

【前半】木綿豆腐を使った美味しい料理のレシピ7選

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ①豆腐ステーキ

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ②1つ目は、豆腐ステーキです。食欲をそそるしょうゆとかつお節の香りが漂う豆腐ステーキは、とても簡単に作れるので、あと一品おかずが欲しいと思った時におすすめですよ!

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1丁
  • 薄力粉 適量
  • ごま油 適量
  • 濃い口しょうゆ 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 万能ネギ 適量
  • かつお節 適量
豆腐ステーキの作り方
  1. 豆腐を水切りして、薄力粉をまぶします。
  2. 濃い口しょうゆ・酒・みりんを混ぜてタレを作ります。
  3. ごま油を引いたフライパンで、両面を焼き色がつくまで焼いていきます。
  4. お皿に豆腐ステーキを乗せて、作ったタレとかつお節、刻んだ万能ネギをかければ完成です。

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ②豆腐ハンバーグ

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ2つ目は、豆腐ハンバーグです。豆腐ハンバーグは、お肉だけで作ったハンバーグに比べるとあっさりした味わいですが、ふっくらとしていてボリュームもあるので満足感も得られます。

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 鶏ひき肉 200g
  • パン粉 20g
  • 片栗粉 5g
  • 鶏がらスープの素 大さじ1
  • 塩こしょう 適量
  • 大根おろし 適量
  • ポン酢 適量
豆腐ハンバーグの作り方
  1. 豆腐を水切りします。
  2. ボウルに豆腐・鶏ひき肉・パン粉・片栗粉・鶏がらスープの素・塩こしょうを入れて、よく捏ねます。
  3. 粘り気がでたら、楕円になるように形に整えます。
  4. 油を引いたフライパンで焼いていきます。
  5. 焼き色がついて、中まで火が通ったらお皿に盛りつけて、大根おろしやポン酢などをかければ完成です。

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ③豆腐ナゲット

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ3つ目は、豆腐ナゲットです。豆腐ナゲットは、チキンだけで作るナゲットに比べるとヘルシーかつ、外はカリッと中はフワッとした食感のナゲットになります。一個一個は小ぶりなので、お弁当のおかずにもおすすめですよ!

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 鶏ひき肉 150g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • すりおろしたニンニク 適量
  • 塩 適量
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 小麦粉 大さじ3
  • ケチャップ 適量
豆腐ナゲットの作り方
  1. 豆腐をしっかり水切りします。
  2. 玉ねぎをみじん切りにします。
  3. ボウルに豆腐・玉ねぎ・ニンニク・塩・砂糖・小麦粉を入れて混ぜ合わせます。
  4. スプーンなどで丸くナゲットの形にしていきます。
  5. 170~180℃の油でキツネ色になるまで揚げていきます。
  6. 揚げ終わったら油をしっかり切って、お皿に盛りつけます。
  7. 最後にケチャップを添えて完成です。

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ④肉豆腐

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ4つ目は、肉豆腐です。思わず食べ過ぎてしまう味わいの肉豆腐は、ごはんと相性がとても良いので、おかずとしてだけではなく、丼にしてみるのもおすすめです。肉豆腐は味が濃いめなので、薄味が好みの人は調味料の量を減らして作ってみてくださいね!

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1丁
  • 豚こま肉 150g
  • えのき 40g
  • しらたき 適量
  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ3
  • 和風だし 小さじ1
  • 水 大さじ1
  • 万能ネギ 適量
肉豆腐の作り方
  1. 豆腐を軽く水切りして、食べやすい大きさに切ります。
  2. えのきの石づきをとり、しっかりほぐしておきます。
  3. しらたきを食べやすい大きさに切ります。
  4. ボウルに酒・みりん・しょうゆ・和風だし・水を入れて混ぜてタレを作ります。
  5. フライパンで豚こま肉・えのき・しらたき・作ったタレを入れて加熱します。
  6. 全体的に火が通り、味が染み込んだら火を止めます。
  7. お皿に盛りつけて、刻んだ万能ネギを散らしたら完成です。

【後半】木綿豆腐を使った美味しい料理のレシピ7選

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ⑤豆腐の白和え

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ5つ目は、豆腐の白和えです。出汁がほんのり香るやさしい味わいの豆腐の白和えは、和食の付け合せにぴったりのメニューになっています。野菜もたくさん入っているので、ヘルシーな食事がしたい人にもおすすめですよ。

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • 人参 適量
  • ほうれん草 適量
  • 塩 適量
  • 白だし 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1/2
  • すりごま 大さじ1
豆腐の白和えの作り方
  1. 豆腐を水切りして、手で豆腐をちぎります。
  2. 人参・ほうれん草を細切りにします。
  3. お湯を沸かし、沸騰したら塩を入れてほうれん草と人参を茹でます。
  4. 茹で上がったら、水で冷やし、絞って水を切ります。
  5. ボウルに豆腐・野菜・白だし・砂糖・すりごまを入れて、よく混ぜ合わせてお皿に盛りつけて完成です。

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ⑥揚げ出し豆腐

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ6つ目は、揚げ出し豆腐です。あっさりとした味の揚げ出し豆腐は、おかずにもおつまみにもピッタリのメニューです。ショウガを効かせれば、より風味豊かな揚げ出し豆腐になるので、さらにごはんに合うおかずになりますよ。

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1丁
  • 片栗粉 大さじ5
  • めんつゆ 大さじ1
  • 万能ネギ 適量
  • すりおろしたショウガ 適量
揚げ出し豆腐の作り方
  1. 豆腐を水切りします。
  2. 豆腐を食べやすいように4等分に切ります。
  3. 豆腐に片栗粉をまぶして、180℃の油で揚げます。
  4. 揚げた豆腐の油をしっかり切って、お皿に盛りつけます。
  5. 仕上げにめんつゆとショウガ、万能ネギをかければ完成です。

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ⑦豆腐サラダ

木綿豆腐を使った美味しい料理・おつまみのレシピ7つ目は、豆腐サラダです。豆腐サラダは、いろいろなドレッシングと相性が良く、和食や洋食を問いません。いつものサラダに切った木綿豆腐を乗せるだけで完成するので、簡単な木綿豆腐料理が作りたい人におすすめですよ!

材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1/2丁
  • レタス 3枚
  • プチトマト 2~4個
  • ドレッシング 適量
豆腐サラダの作り方
  1. 豆腐を水切りします。
  2. レタスとプチトマトを食べやすい大きさに切ります。
  3. お皿に野菜と豆腐を盛りつけて、お好みのドレッシングをかけたら完成です。

【番外編】絹ごし豆腐を使った美味しい料理のレシピ3選

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ①麻婆豆腐

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ1つ目は、麻婆豆腐です。麻婆豆腐は、豆腐を使った人気の中華料理です。辛い麻婆豆腐も美味しいですが、甘めに仕上げれば子供でも食べられます。反対に山椒を多くすればピリッと辛い大人な味の麻婆豆腐に仕上がります。

材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐 1丁
  • 牛豚合挽き肉 100g
  • 長ネギ 1/4本
  • 甜麺醤 大さじ2
  • 豆板醤 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • 水 200ml
  • 水溶き片栗粉 大さじ3
  • ごま油 大さじ1
  • サラダ油 適量
麻婆豆腐の作り方
  1. 長ネギをみじん切りにします。
  2. 豆腐を水切りして、食べやすい大きさに切ります。
  3. サラダ油をひいたフライパンを中火で熱し、ひき肉を炒めます。
  4. ひき肉に火が通ったら、甜麺醤と豆板醤を加えます。
  5. 全体的によく絡んだら酒・しょうゆ・鶏がらスープの素・水を加えてさらに煮ます。
  6. 水溶き片栗粉を作り、加えてよく混ぜてとろみをつけます。
  7. ごま油を回し入れて、火を止めます。
  8. お皿に麻婆豆腐を盛りつければ完成です。

麻婆豆腐の付け合わせって結構悩みますよね。関連記事では、麻婆豆腐に合う副菜・おかずなどのおすすめの献立を紹介しています。簡単に作れるおかずの作り方も載っているので、ぜひ麻婆豆腐の付け合わせの参考にチェックしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 288277301
関連記事 マーボー豆腐の献立26選|付け合わせや副菜・おかずの組み合わせも

マーボー豆腐の献立についてご紹介しています。マーボー豆腐の付け合わせや

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ②味噌汁

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ2つ目は、味噌汁です。豆腐入りの味噌汁はシンプルですが、疲れた時やホッとしたい時に飲みたくなりますよね。今回は、味噌と出汁が香る豆腐とわかめの味噌汁の作り方を紹介します。素朴な味わいなので、リラックスしたい時などに、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐 1/2丁
  • 乾燥わかめ 大さじ1
  • 和風だし 小さじ1
  • 味噌 小さじ2
  • 水 400ml
味噌汁の作り方
  1. 乾燥わかめを水で戻して水気をよく切ります。
  2. 豆腐を食べやすい大きさに切ります。
  3. お鍋に水を入れ、温まったら豆腐とわかめを加えます。
  4. 和風だしを加えて、よく混ぜてから煮立てます。
  5. 味噌を加えてしっかり溶けたら、お椀によそって完成です。

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ③あんかけ豆腐

絹ごし豆腐を使った簡単で美味しい料理の人気レシピ3つ目は、あんかけ豆腐です。トロッとしたあんかけがかかったあんかけ豆腐は、和食の副菜にピッタリの料理になっています。あんかけ豆腐はやさしい味わいになっていて、大人も子供も食べやすいのでおすすめです。

材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐 300g
  • しいたけ 50g
  • 人参 30g
  • 三つ葉 適量
  • めんつゆ 大さじ4
  • 水 大さじ6
  • すりおろしたショウガ 小さじ1
  • 水溶き片栗粉 小さじ4
  • 万能ネギ 適量
あんかけ豆腐の作り方
  1. しいたけ・人参・三つ葉を細切りにします。
  2. フライパンにしいたけ・人参・めんつゆ・水・ショウガを入れ煮立てます。
  3. ある程度煮立ったら、三つ葉を加えてさらに煮ます。
  4. 水溶き片栗粉を作り、フライパンに加えてよく混ぜ合わせて、とろみが出たら火を止めます。
  5. 豆腐を600Wの電子レンジ1~2分温めて水抜きします。
  6. お皿に温めた豆腐を乗せ、作ったあんかけをかけます。
  7. 仕上げに刻んだ万能ネギを散らせば完成です。

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いを知って美味しい豆腐料理を堪能しよう!

そんな木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いや、木綿豆腐の作り方、水切り方法、豆腐を使った美味しい料理レシピを紹介させていただきました。木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いを知れば、それぞれの種類の豆腐の特性を活かした美味しい料理を食べることができます。両方の特徴を知って美味しい豆腐料理を堪能してみてくださいね!

関連記事では、豆腐を使うおすすめのレシピを詳しく紹介しています。木綿豆腐と絹ごし豆腐の特徴を活かせるさまざまな料理が載っているので、ぜひ参考にチェックしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 379445158
関連記事 豆腐を使うお弁当の人気&簡単レシピは?おすすめのおかずも!

豆腐はヘルシーだしお弁当に入れることが出来るかな、柔らかいし水っぽいし

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。