INDEX

記憶力とは

記憶力とは「物事を記憶する力」

物事を記憶する力

『記憶力』とは、「物事を記憶する力」です。ここでいう『物事』とは、あなたが経験したり、学んだりしたことすべてを含みます。それらはすべて脳に蓄積されていきます。この脳に蓄積されていく量であったり、明確さであったり、といった事を指すのが『記憶力』です。これまで体験したことを覚えている能力の事を言います。

記憶力が悪い原因は覚え方があっていない

覚え方があっていない

記憶力には良い人と悪い人がいます。中でも記憶力が悪い人は、勉強や仕事で支障をきたす場合もあるでしょう。記憶力が悪い原因は、覚え方があっていない、ということが考えられます。これから記憶力を鍛えるコツについてご紹介してまいります。記憶力に自信のない方は、ぜひ、参考にしてみてください。

記憶力を鍛えるコツ20選(五感編)

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法①眼球を動かす(五感)

眼球を動かす

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の1つ目は、眼球を動かす、という五感を使ったトレーニング方法です。仕事や勉強をする前に、目を動かしてストレッチをしましょう。眼球と脳は実は繋がっています。その為、目を動かすという五感のストレッチをすることで、脳にも刺激が与えられ、記憶力がアップします。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法②音読(五感)

音読

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の2つ目は、音読、という五感を使ったトレーニング方法です。自分の声を一番よく聞いているのは、自分自身です。また、言葉を発するという行為と、耳から入ってくる五感の情報の両方を使うことで、記憶力がアップします。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法③香りで覚える(五感)

香りで覚える

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の3つ目は、香りで覚える、という五感を使ったトレーニング方法です。匂いの記憶はダイレクトに脳に伝わります。花の香りがすると、鮮明に記憶が思い出されるということがあるでしょう。それは、香りという五感の記憶が直接脳に刺激を与えるからです。

香りという五感による記憶はプルースト効果と言います。このプルースト効果について、詳しくご紹介している関連記事がありますので、リンク致します。ご覧ください。

Small thub shutterstock 526532299
関連記事 プルースト効果とは?記憶が匂いによって蘇るのは嗅覚が特別だから

プルースト効果をご存じでしょうか? ふと嗅いだ匂いによって、何の脈絡

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法④メモを取る(五感)

メモを取る

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の4つ目は、メモを取る、という五感を使ったトレーニング方法です。「手を動かす」という動作が触覚になります。行動を伴う記憶は、脳を刺激し、記憶力をアップしてくれます。勉強などでも書く事で覚えられるのは、「書く」という動作が脳を刺激し、記憶力を向上させているからです。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑤味でインプット(五感)

味でインプット

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の5つ目は、味でインプット、という五感を使ったトレーニング方法です。人間の記憶の中で、絶対に消えない記憶というものがあります。それは『味覚』です。味覚は直接生命にかかわることにも繋がっている為、記憶が消えることはありません。味の記憶だけは、ずっと覚えているのです。

記憶力を鍛えるコツ20選(その他編)

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑥名前と場所を関連付ける

名前と場所を関連付ける

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の6つ目は、名前と場所を関連付ける、という鍛えるコツです。たとえば「山川」という名前の人を覚えないといけなかった場合には、「山と川に囲まれた閑静な住宅街に住んでいる山川さん」などのように場所を関連付け、ひとつのストーリーを作って覚えるようにすると良いでしょう。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑦楽しい思い出を結びつける

楽しい思い出を結びつける

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の7つ目は、楽しい思い出を結びつける、という方法です。楽しい思い出というものは、いつまでも記憶に残っているものです。あなたの中にある楽しい思い出や記憶を呼び覚まし、それらを関連付けて覚えるようにすると、記憶力がアップし、思い出す際にも簡単に思い出せるでしょう。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑧俳句や短歌にする

俳句や短歌にする

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の8つ目は、俳句や短歌にしてみる、という方法です。俳句や短歌は文字数が制限されています。ここにあなたが覚えたい情報を入れてみましょう。自分で俳句や体躯を作ったという記憶と、更に少ない文字数になったことで覚えやすくなり、あなたの記憶力も向上されるでしょう。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑨間違いチェック

間違いチェック

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の9つ目は、間違いチェック、という方法です。間違えたところは必ずチェックを入れて、繰り返し覚え直すようにしましょう。間違ったということは、あなたの記憶に残らなかったということです。ですが、それは繰り返し記憶を上塗りすることで、必ずあなたの記憶に残るようになります。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑩図式やイメージにしてみる

図式やイメージにしてみる

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の10個目は、図式やイメージにしてみる、という方法です。文字の羅列ばかりで覚えにくい、という場合には図式やイメージにしてみるというのもひとつの方法です。図式やイメージにする事で、あなたの脳が更に刺激され、記憶力がアップします。より明確に覚えられるようになるでしょう

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑪誰かに教える

誰かに教える

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の11個目は、誰かに教える、という方法です。あなたが覚えたことや記憶したことは、誰かに教えてあげましょう。この時、正確に相手に伝えるように意識してください。正確に伝える為には、しっかり覚えていなければいけません。これがあなたの脳を活性化し、記憶力を向上してくれます

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑫反復する

反復する

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の12個目は、反復する、という方法です。覚え切れていないことはもちろん、覚えていることも他の情報が頭の中に入ってくることで、だんだん薄れていきます。反復して記憶力を高めましょう。この時、順序を変えて反復するようにすると、脳が活性化され、記憶力も向上していきます。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑬言葉を逆から言う

言葉を逆から言う

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の13個目は、言葉を逆から言う、という方法です。一度試してみるとすぐにわかるでしょう。意外と難しいのです。「これがなんの役に立つのか」と思う人もいるかもしれません。記憶力を鍛えるには脳を刺激する必要があります。逆から言うことで脳が刺激され、記憶力が向上するのです。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑭左手と右手で同時に文字を書く

左手と右手で同時に文字を書く

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の14個目は、左手と右手で同時に文字を書く、という方法です。これも実際に試してみるとわかるでしょう。意外と難しく、なかなか文字が書けません。これも脳に刺激を与える方法のひとつです。普段とは異なる行動をすることで脳が刺激され、あなたの記憶力は向上していくでしょう。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑮日記をつける

日記をつける

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の15個目は、日記をつける、という方法です。毎日日記をつけましょう。一日の終わりに、その日にあった出来事を日記に綴ってください。その日にあった出来事を思い出して日記に書く、という一連の作業が、あなたの能に刺激を与えます。すると、あなたの記憶力も向上していきます。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑯会社関係の人たちの名前

会社関係の人たちの名前

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の16個目は、会社関係の人たちの名前をフルネームで覚えるようにする、という方法です。これはあなたの社内の人だけではありません。取引先の人たちも含みます。すべて、フルネームで、更に漢字で書けるようにもしておきましょう。「覚える」という行動が、記憶力をアップします。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑰料理をする

料理をする

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の17個目は、料理をする、という方法です。料理を侮ってはいけません。料理をするにはその前の準備や手順、時間配分など、さまざまなことを考慮に入れる必要があります。これらの一連の作業は大変脳を使います。これがとても良い刺激になり、あなたの記憶力を向上させてくれます。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑱楽器を始めてみる



楽器を始めてみる

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の18個目は、楽器を始めてみる、という方法です。楽器は必ず手を使います。手を使うという作業は、実は脳に大変良い刺激を与えてくれるのです。脳が刺激されれば、記憶力も同時に向上していきます。また楽器を始めることで、覚えることも増えていく為、良いトレーニングになるのです

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑲トレーニングを短時間で繰り返す

トレーニングを短時間で繰り返す

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の19個目は、トレーニングを短時間で繰り返す、という方法です。記憶力を鍛える為のトレーニングは短時間に何度も繰り返すようにしましょう。短時間で記憶の上書きを繰り返すことで、脳が刺激され、活動が活発になります。すると、それがあなたの記憶力の向上につながっていきます。

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法⑳覚えることを好きになる

覚えることを好きになる

記憶力を鍛えるコツやトレーニング方法の20個目は、覚えることを好きになる、という方法です。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。「好き」という気持ちはそれだけで楽しいという感覚を湧き上がらせてくれます。覚えることが楽しくなれば、それに引っ張られる形で、あなたの記憶力も上がっていくでしょ

エピソード記憶などの様々な記憶の種類についてご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、参考にしてみてください。

Small thub shutterstock 753339043
関連記事 エピソード記憶や記憶の種類・例とは?意味記憶/長期記憶/短期記憶

エピソード記憶や意味記憶、短期記憶や長期記憶など記憶には様々な種類のも

記憶力を鍛えることのできる食べ物7選

悪い記憶力を鍛える食べ物①ブルーベリー

ブルーベリー

悪い記憶力を鍛える食べ物の1つ目は、ブルーベリーです。ブルーベリーには認知力の低下を防止する効果があると言われています。ベリー系にはその成分が含まれていますが、中でもブルーベリーはもっとも多く含まれていると言われています。

悪い記憶力を鍛える食べ物②バナナ

バナナ

悪い記憶力を鍛える食べ物の2つ目は、バナナです。バナナは脳のエネルギーの源である良質な糖質がたくさん含まれています。脳にたくさん栄養を与えることで、記憶力がアップするでしょう。

悪い記憶力を鍛える食べ物③ほうれん草

悪い記憶力を鍛える食べ物の3つ目は、ほうれん草です。ほうれん草にはアルツハイマー病に効果があると言われています。脳細胞の損傷を修復する効果があり、これが認知力が下がることを予防してくれるのです。

悪い記憶力を鍛える食べ物④イワシ

悪い記憶力を鍛える食べ物の5つ目は、クルミです。クルミは脳の中にある血管を開き、血流を良くしてくれる働きがあります。血流が良くなると、脳の働きが大変良くなり、記憶力も向上します。

悪い記憶力を鍛える食べ物⑥緑茶

悪い記憶力を鍛える食べ物の6つ目は、緑茶です。緑茶には、脳の中で行なわれている情報の伝達を円滑にする為の効果があると言われています。この効果があることで、脳が活性化され、記憶力が向上していきます。

悪い記憶力を鍛える食べ物⑦チョコレート

悪い記憶力を鍛える食べ物の7つ目は、チョコレートです。チョコレートは脳の血流をスムーズにする効果があります。また、脳の機能自体も活性化させる作用もあわせ持っている為、記憶力の向上に最適な食べ物と言われています。

記憶力を鍛えることのできるアプリ7選

記憶力を鍛えるアプリ①PEAK(ピーク)

PEAK(ピーク)

記憶力を鍛えるアプリの1つ目は、『PEAK(ピーク)-脳トレ』というアプリです。有名大学の専門家が携わって開発された脳トレゲームです。それぞれの能力にあったミニゲームが用意されています。

記憶力を鍛えるアプリ②プチつぶし

プチつぶし

記憶力を鍛えるアプリの2つ目は、『プチつぶし-脳が良くなるストレス発散ゲーム』です。こちらは9色のボールを与えられた題に従ってつぶしていくゲームです。1ステージにつき、10秒ほどでクリアできるゲームになっています。

記憶力を鍛えるアプリ③DNB

DNB

記憶力を鍛えるアプリの3つ目は、『DNB-15分IQアップ脳トレゲーム-』です。少し前に表示された文字を覚えます。記憶型の脳トレゲームです。難易度は10段階あります。

記憶力を鍛えるアプリ④限界記憶Lv99

限界記憶Lv99

記憶力を鍛えるアプリの4つ目は、『限界記憶Lv99』です。一回のミスも許されない、かなり厳しい判定の脳トレゲームです。記録はオンラインでつながっていて、全国一を目指すことも可能なゲームになっています。

記憶力を鍛えるアプリ⑤Dotra

Dotra

記憶力を鍛えるアプリの5つ目は、『Dotra』です。すばやく光るオブジェクトを、その光った順番に記憶して、タッチしていきます。とてもシンプルに楽しめる脳トレゲームになっています。

記憶力を鍛えるアプリ⑥チャレンジ!脳トレ

チャレンジ!脳トレ

記憶力を鍛えるアプリの6つ目は、『チャレンジ!脳トレ』です。全部で6種類のミニゲームが用意されています。プレイ操作はタップのみで、シンプルな時間つぶしてとしても最適です。

記憶力を鍛えるアプリ⑦記憶力!特訓!みんなの記憶力

記憶力!特訓!みんなの記憶力

記憶力を鍛えるアプリの7つ目は、『記憶力!特訓!みんなの記憶力』です。5種類のゲームが用意されています。毎日こつこつ続けることで、記憶力を活性化させることができます。

暗記力を高める方法

勉強で暗記力を高める方法①三角方式

三角方式

勉強で暗記力を高める方法の1つ目は、三角方式、という方法です。たとえば、西暦とその年にあった歴史上の出来事、更に関連する人物を三角形に書き、目を動かしながらそれらを関連付けて覚えます。すると、記憶力がアップします。

勉強で暗記力を高める方法②睡眠時間をしっかり確保する

睡眠時間をしっかり確保する

勉強で暗記力を高める方法の2つ目は、睡眠時間をしっかり確保する、という方法です。勉強ではどうしても睡眠時間を削りがちです。ですが、寝不足の頭では暗記力を高めることはできません。睡眠時間をしっかり確保するだけでも、暗記力がアップします。

記憶力を鍛える為にはまず睡眠時間の確保から

睡眠時間の確保から

記憶力を鍛える為にもっとも大切なことは、睡眠時間の確保です。寝不足の頭では、どれだけ記憶力が良い人でも、たくさんの情報を正確に覚えることは難しくなります。記憶力を本気で鍛えたいと思うのなら、まずはしっかり睡眠をとるという生活習慣から実行していきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。