INDEX

底辺生活を送る人間の特徴10選!

底辺生活を送る人間の特徴①めんどうくさがり

面倒な人

底辺生活を送る人間の特徴一つ目は、めんどうくさがりなことです。何に対してもめんどくさいという気持ちが先行してしまうような人は、底辺生活を送ることになりがちです。というのも、目の前の課題すら片付けることができないからです。これではなんの進捗も産むことができず、停滞してしまうのも無理はないでしょう。

底辺生活を送る人間の特徴②向上心がない

つまらない人

底辺生活を送る人間の特徴二つ目は、向上心がないというものです。上を向いて進んで行こうという気概がない人は、いつまでたっても底辺生活から抜け出すことができません、人間誰しも、向上心なくしては上に進んでいくことなどできないのです。底辺生活というぬるま湯に浸かり切っていると、どんどん堕落していくでしょう。

底辺生活を送る人間の特徴③目標がない

目標のない人

底辺生活を送る人間の特徴三つ目は、目標がないことです。なんの目標も持っていないような人は、どんどん底辺生活へと足を踏み入れることになります。目標があればそれに向かって努力することができますが、底辺生活を送るような人はなりたい自分の明確な像すら持つことができていないのです。

底辺生活を送る人間の特徴④友達がいない

友達のいない人

底辺生活を送る人間の特徴四つ目は、友達がいないことです。友達がいないと、底辺生活を送っている自分に対して喝を入れてくれる存在もいないことになるため、どんどん堕落していってしまうのです。また、そんな恥ずかしい自分の姿を見られるのが嫌な存在がいないことも、底辺生活を送るきっかけとなるでしょう。

友達がいれば、少なからず人の目を気にするようになり、底辺生活を送るのは恥ずかしいことだと自覚できるはずです。しかし、友達など周りに誰も親しい人がいない場合、それを送ることになんの問題もないように感じられてしまうでしょう。

底辺生活を送る人間の特徴⑤恋をしていない

恋なき女性

底辺生活を送る人間の特徴五つ目は、恋をしていないことです。人間は誰しも恋をすると底辺生活から抜け出そうという気になれるはずです。しかし、恋をしていないと底辺にいる自分を恥じることがないため、そこから抜け出せなくなってしまいます。どんなにみすぼらしくても、このままでいいやと思ってしまうのです。

底辺生活を送る人間の特徴⑥人に依存しがち

依存する人

底辺生活を送る人間の特徴六つ目は、人に依存しがちなことです。人に対して依存する傾向にある人は、底辺生活を送る羽目になることが多いとされています。だれかが自分の代わりに頑張ってくれる生活に慣れると、そこから這い上がって自力で何かをすることがハードルの高いことのように感じられてしまうのです。

依存する傾向にある人は特に、自分が底辺生活にどっぷりと浸かってしまっていないか注意することが必要でしょう。人に依存することは楽かも知れませんが、そのままの生活がずっと続くと思ったら大間違いです。いつか想像を絶する苦労を強いられる事になるのはほかでもない自分であるという自覚を持ちましょう。

底辺生活を送る人間の特徴⑦コミュニケーションが苦手

コミュ障の人

底辺生活を送る人間の特徴七つ目は、コミュニケーションが苦手なことです。コミュニケーションを取るのが苦手な人間は、誰とも接する事なく社会にも溶け込めず、どんどん自堕落な生活へと陥ってしまうこととなります。そんな自分に自己嫌悪の念も巻き上がり、さらに立ち直ることのできない状況へと沈んでしまうのです。

コミュニケーションが苦手な自覚のある人は、底辺生活を抜け出すべくまず人と話す訓練から始めるべきでしょう。挨拶でもなんでも良いので、人と関わることを覚えるのが先決です。

底辺生活を送る人間の特徴⑧趣味がない

無趣味な人

底辺生活を送る人間の特徴八つ目は、趣味がないことです。趣味がない人間は、なんのために自分が頑張っているのかが分からず、目標を見失ってしまいがちです。大げさなように思えるかもしれませんが、趣味を持つことは非常に大切なことなのです。底辺生活を抜け出すためのきっかけにもなり得るといって良いでしょう。

底辺生活を送る人間の特徴⑨インドア

インドアな人

底辺生活を送る人間の特徴九つ目は、インドアなことです。休みの日も常に家にいたいような思考を持つ人間は、底辺生活を送るきっかけを掴みやすいとされています。外に行くお金や時間があってもそうしないという人は、危険信号だと思っておきましょう。インドア派の人は、そのまま引きこもってしまうことがあるのです。

底辺生活を送る人間の特徴⑩ネットにはまっている

ネットする人

底辺生活を送る人間の特徴十つ目は、ネットにはまっていることです。ネットの世界にはまってしまうと、容易にはそこから抜け出せなくなってしまいます。リアルの世界よりもネットの世界の方が楽しいと思ってしまうと、もはや外に出かける必要性すら感じられなくなってしまうでしょう。

以下に関連記事として、高齢ニートについてまとめられたものがあります。35歳以上になっても底辺生活を送っている自分に危機感を覚えたら、一度読んでみてください。

Small thumb shutterstock 290172806
関連記事 高齢ニートの末路5選|35歳以上や40代無職・中年ニートの将来は?

今「高齢ニート」と呼ばれる人が増えているのを知っていますか?40代以上

底辺生活を送る男性と女性の実態は?暮らしや幸せや楽しいと感じる瞬間は?

底辺生活を送る男性と女性の実態①引きこもっている

引きこもり

底辺生活を送る男性と女性の実態一つ目は、引きこもっていることです。底辺生活を送る人間は、男性女性問わず引きこもりがちです。トイレや食事のとき以外、ずっと自室にこもっているという場合もあるでしょう。実家住まいだという場合は、自室まで食事を運んでもらっている人もいるようです。

末期になると、トイレに行くことさえ拒み、ペットボトルで用をたすという場合まであるようなので、引きこもりを悪化させてしまわないように注意が必要です。部屋の外に一歩も出なくなってしまったら、引きこもり底辺生活から抜け出すことは非常に困難になるでしょう。

底辺生活を送る男性と女性の実態②しばらく人と話をしていない

無口な人

底辺生活を送る男性と女性の実態二つ目は、しばらく人と話をしていないというものです。引きこもって底辺生活を送る男女にとって、しばらく人と話していない状態というのはそう珍しいことではないでしょう。

底辺生活を送る男性と女性の実態③楽しいと感じるのは娯楽をしている時

ゲームする人

底辺生活を送る男性と女性の実態三つ目は、楽しいと感じるのは娯楽をしている時だということです。ネットゲームなど娯楽をしている時だけが唯一の楽しみで、それ以外は何も感じないなどという状況に陥ってしまっている人もいるようです。

底辺生活から抜け出すためにできることは?

底辺生活から抜け出し社会に出るためにできること①ハローワークに行く

仕事を紹介

底辺生活から抜け出し社会に出るためにできること一つ目は、ハローワークに行くことです。ハローワークで自分にできる仕事を見つければ、これからの人生にも張り合いが出るでしょう。

底辺生活から抜け出し社会に出るためにできること②勉強して資格を取る

資格の勉強

底辺生活から抜け出すためにできること二つ目は、勉強して資格を取ることです。自分にできそうなものの中から、仕事に生かせる資格を見つけて勉強してみましょう。

以下に関連記事として、就職活動に有利な資格をまとめたものがあります。これを参考にすれば、あなたの人生を変える糸口が見つかること間違いなしです。

Small thumb shutterstock 203752900
関連記事 就職活動に有利な資格16選|理系と文系の就活で役立つおすすめの検定は?

就職活動において資格は自分をアピール出来る武器になります。この記事では

底辺生活から抜け出し社会に出るためにできること③人との関わりを持つ

人との関わり

底辺生活から抜け出すためにできること三つ目は、人との関わりを持つことです。底辺生活から抜け出し社会に復帰するには、まず身近な人との関わりから復活させることが一番です。社会に出たいと願うなら、まずコミュニケーション能力から鍛えましょう。

底辺生活を送る人のブログは?

底辺生活を送る人のブログ①40代底辺女の貧困生活

疲れる人

底辺生活を送る人のブログ一つ目は、40代底辺女の貧困生活です。月給15万で貯金ナシ、年金ほぼナシ、資産ナシの母親を養っているという女性がオーナーのブログです。ボロ賃貸暮らしの実態や貧乏ショッピング、貧民のご飯についてや1カ月の生活費などがまとめられています。

底辺生活を送る人のブログ②40代無職で独身(涙)の底辺生活ブログ

おちこむ男性

底辺生活を送る人のブログ二つ目は、40代無職で独身(涙)の底辺生活ブログです。オーナーは40代の男性です。無職、非正規、ひきこもりを繰り返し、ふと気づけば底辺の生活に陥ってしまっていたという男性が、日常を書き綴っています。

底辺生活から抜け出そう!

あなたが願えば、いつだって底辺生活から抜け出すことは可能です。願うばかりでなく、行動に移すことで間違いなくいまよりも向上することができるでしょう。底辺生活を送る自分が嫌になったら、この記事を参考にしつつ、社会に復帰することができるように努力してみてください。

底辺生活に入り浸っていても、この先良いことは訪れません。堕落しきった自分を変えることができるのは、他でもないあなた本人なのです。誇りを持って取り組めるような仕事に楽しい趣味、気の会う仲間など、外の世界でしか手に入らないものを求めて前向きに毎日を送りましょう。無理せず頑張ってくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。