Large thumb shutterstock 288277301

ふるさと納税のタイミングは?12月は期限に間に合う?期間はいつまで?

更新:2019.06.21

ふるさと納税のタイミングや期限がいつまでがなのかについて紹介します。ふるさと納税に興味があるけど難しそうで躊躇している方もいますよね。なので、所得税の還付や住民税の控除などの税制面での優遇についてや受けるための期間も紹介します。12月の期限に間に合うようにふるさと納税をおこなってみましょう。

ふるさと納税の基本的な仕組みとは?

ふるさと納税の基本的な仕組み①所得税の還付や住民税の控除

ふるさと納税の基本的な仕組み1つ目は、確定申告をすることによって税金還付や控除があることです。自己負担額である2000円を支払うだけで残りは返ってきます。すでに納めている所得税がお金で戻ってきたり、翌年の住民税の金額が下がるという利点もありますよ。

ただ、税制上優遇される金額は収入によって最大が違うので気を付けてください。最大金額以上に納税しても税金還付や控除はないので注意してください。あとは、所得税の還付や住民税の控除を受けるにはいつまでの期間に手続きをするか期限を設けられているので間に合うように手続きを行ってください。

ふるさと納税の基本的な仕組み②好きな地域を選べる

ふるさと納税の基本的な仕組み2つ目は、好きな地域を選ぶことができることです。「ふるさと」納税ですが、ふるさとに納税する必要はありません。災害で被害を受けた地域への復興支援のためや好きな地域への納税にもぴったりです。もちろん、本当のふるさとに納税しても構いません。

ふるさと納税の基本的な仕組み③寄付の使い道も選べる

ふるさと納税の基本的な仕組み3つ目は、寄付の使い道も選べることです。普段、納めている住民税の使い道は個人では決められないですよね。でも、ふるさと納税ならば使い道を決めることができます。ただ、使い道は選択肢から選ぶという形になるので完全に好きに選ぶことができる訳ではありません。

ふるさと納税の基本的な仕組み④一か所だけじゃない

ふるさと納税の基本的な仕組み4つ目は、一か所にしか納税できない訳ではありません。普段の住民税では自分の住民票がある地域にしか納めることができません。でも、ふるさと納税であれば複数の地域に納税することが可能です。

なので、迷った場合は複数の地域に納税しましょう。ただ、税金還付や控除を受けるためには上限金額やいつまでの期間に手続きをするか期限を設けられているので間に合うように手続きを行ってください。

ふるさと納税の基本的な仕組み⑤返礼品がもらえる

ふるさと納税の基本的な仕組み5つ目は、返礼品がもらえるということです。返礼品をもらうことが目的でふるさと納税をしている方も多いのではないでしょうか?ふるさと納税は、自己負担金2,000円で金額に応じた豪華な返礼品をもらうことができるのでお得であるという声が多いですよ。

返礼品は、地域の特産品である食べ物や地元の人気ショップのスイーツなどから工芸品まで幅広く用意されています。納税金額によって返礼品の種類も違うので何が用意されているのかを確認しておきしょう。返礼品から納税をする自治体を考えることもできます。返礼品で好きなものを頂いてみましょう。

ふるさと納税の基本的な仕組み⑥サラリーマンも含めた納税者のみの制度

ふるさと納税の基本的な仕組み6つ目は、納税者のみの制度であるということです。専業主婦であり収入がないなどの理由により納税をしていない方は税金還付や控除はできません。なので、主にサラリーマンや自営業者などが行うことができる制度になります。

ふるさと納税の基本的な仕組み⑦住民税の約2割の金額が上限

ふるさと納税の基本的な仕組み7つ目は、住民税の約2割の金額が上限であるということです。ふるさと納税をする金額には制限がありません。でも、所得税の還付や住民税の控除を受けようと思えば上限があります。その上限金額が住民税の約2割程度の金額になっています。

なので、住民税の納税額が多い方ほど、多くふるさと納税を行うことができるでしょう。扶養家族の有無などによって上限金額が変わるのでシミュレーションサイトなどでシミュレーションすることがおすすめです。

ふるさと納税の基本的な仕組み⑧住民税を支払う自治体を変えただけ

ふるさと納税の基本的な仕組み8つ目は、ふるさと納税は住民税を払う自治体を変えただけである制度だということです。本来ならば、自分の住民票がある地域のに払うべき住民税を違う自治体に払うという趣旨の制度になっています。なので、節税というよりは返礼品の分だけ得をしていると考えた方が良いかもしれません。

ふるさと納税の基本的な仕組みについて紹介しました。ふるさと納税の返礼品にもなっている各地域のお土産について気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ふるさと納税のおすすめタイミングとは?

ふるさと納税のおすすめ期間やタイミング①1・2・3月

ふるさと納税のおすすめタイミング1つ目は、1・2・3月です。1・2・3月は、1年で1番申し込みの数が少ないタイミングになっています。なので、人気の返礼品に申し込むこともできますよ。あとは、さくらんぼや桃など返礼品である夏場に収穫するフルーツの申し込みの受付の時期でもありますよ。

なので、人気の返礼品を必ず手に入れたい方や夏場のフルーツの返礼品を手に入れたい方におすすめの期間です。また、ふるさと納税の期限が毎年12月なので昨年にふるさと納税をした人がもう1度、ふるさと納税をすることができる時期でもあります。検討してみましょう。

ふるさと納税のおすすめ期間やタイミング②4・5・6月

ふるさと納税のおすすめタイミング2つ目は、4・5・6月です。4月が年度の始めなので返礼品の内容を変える自治体が多いタイミングでもあります。返礼品の内容が変われば、昨年度よりも自分が欲しいものを手に入れることもできるかもしれませんよ。わくわくしますよね。

また、10月ごろに送られる新米の返礼品の受付期間でもあります。新米を返礼品で手に入れたい方や昨年度なかった新しい返礼品を手に入れたい方におすすめの時期です。

ふるさと納税のおすすめ期間やタイミング③7・8・9月

ふるさと納税のおすすめタイミング2つ目は、7・8・9月です。自治体が返礼品の内容をリニューアルすることもあるタイミングです。7・8・9月は、お中元としてふるさと納税の返礼品を使う方もいます。また、7月の土用の丑の日用にうなぎを申し込むことも多い時期になります。

お中元として返礼品を利用したい方やうなぎなどの土用の丑の日用の食材を手に入れたい方にもおすすめの時期でもあります。検討してみましょう。

ふるさと納税のおすすめ期間やタイミング④10・11・12月

ふるさと納税のおすすめタイミング3つ目は、10・11・12月です。10・11・12は、ふるさと納税の期限である年末のタイミングなので1年で最も申込者数が多い時期です。ふるさと納税を知って慌てて納税する人や面倒であると後回しにしていた人たちが動き出す時期でもあります。

申込数が増加することで人気の返礼品を手に入れることができなかったり、返礼品の発想が遅くなってしまったりすることも多いです。なので、スムーズに手続きを行いたいのであれば避けた方が良い時期でもありますよ。12月はギリギリなので期限に間に合うように申し込みを行ってください。

ふるさと納税のおすすめタイミングについて紹介しました。ふるさと納税の返礼品にもなっている各地域のお土産について気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

ふるさと納税の申し込みの期限やタイミングは?

申し込みの期限やタイミングはいつまで①1月1日から12月31日まで

ふるさと納税を申し込む期限やタイミング1つ目は、ふるさと納税の期間についてです。所得税の還付や住民税の控除を受けることができるふるさと納税の受付期間は、毎年1月1日から12月31日までになっています。なので、12月31日が期限となっており1月1日になれば再びふるさと納税を行うことが可能です。

ただ、支払い方法などの要素により期限が違うので注意してください。自分がふるさと納税を行いたい自治体の期限に間に合うようにいつまでであるか情報をチェックしておきましょう。

申し込みの期限やタイミングはいつまで②自治体によって間に合う時期が違う

ふるさと納税を申し込む期限やタイミング2つ目は、自治体によって締切日が違うということです。基本的には、ふるさと納税は12月31日が締め切りになっています。

でも、自治体によっては早めに締切日を設定しているので注意してください。ふるさと納税を行いたい自治体の締切日がいつまでであるかをチェックしておきましょう。

申し込みの期限やタイミングはいつまで③間に合う支払い方法で

ふるさと納税を申し込む期限やタイミング3つ目は、支払い方法で変わってしまうこともあることです。12月31日までに支払えば大丈夫という訳ではありません。クレジットカードは決済完了日、銀行振り込みは指定口座に振り込みをした日、現金書留は自治体が受領した日、払込取扱票は支払いが完了した日になります。

それぞれ支払い完了の定義が違うので気を付けてください。銀行振込であれば銀行の振込受付日、現金書留は自治体が営業している日でないと支払いが完了しないので注意しておきましょう。支払い方法によって違う締切日を設けている自治体もあるので間に合うようにいつまでかをチェックしておいてください。

ふるさと納税の確定申告や控除の手続きのタイミングは?

確定申告|2月の確定申告の時期

ふるさと納税の確定申告や控除の手続きのタイミング1つ目は、確定申告の時期です。毎年2~3月に税務署で行われていますよね。確定申告をすべき方は、自営業などが理由で確定申告をふるさと納税の有無にかかわらず行分ければならない方や2カ所以上の会社から給料を得ている方などが主になります。

基本的に会社勤めのサラリーマンの方は6カ所以上の自治体に申請をしていなければ、必要がない場合が多いです。また、サラリーマンでも医療費控除や住宅ローン控除の確定申告をする必要がある方は同時にふるさと納税の確定申告も行ってください。

ワンストップ特例|翌年1月10日まで

ふるさと納税の確定申告や控除の手続きのタイミング2つ目は、ふるさと納税を行った年の翌年1月10日までです。ワンストップ特例は、サラリーマンなどの会社勤めの方向けの制度になります。1月10日必着で専用の申請書を送るだけでふるさと納税の手続きが完了します。

1月10日の期限に間に合わなければ、確定申告を行えば行いましょう。また、ワンストップ特例の申し込み用紙を送ったあとに医療費控除や住宅ローン控除の確定申告を行った場合は無効になってしまうので注意してください。

申請書はふるさと納税を申し込むときに自治体に送ってもらうかネットでダウンロードをすれば手に入れることができますよ。なので、サラリーマンも気軽にふるさと納税を行うことができますよね。

税金の還付の時期|所得税が還付される時期

所得税が還付される時期がいつまでなのかを紹介します。確定申告を行ってから1~2ヶ月後ぐらいです。なので、3月下旬から5月上旬付近の時期になると思います。その時期にあなたが指定したあなたの銀行口座に還付金を振り込んでくれますよ。

税金の還付の時期|住民税の安くなる時期

住民税の安くなる時期は、ふるさと納税を行った翌年の6月からです。住民税の納税金額が決まる時期が6月だからです。前年度の収入によって住民税の金額が決まります。

なので、6月から次の5月まではふるさと納税を行ったことにより控除された金額を支払うことになります。住民税は所得税と違い還付でなく控除なので間違わないように気を付けましょう。源泉徴収票を確認すると住民税の金額が控除されているのかを知ることができます。

年末調整について|必要なし

年末調整については、書類を提出する必要はありません。年末調整では、生命保険料についての情報を提出して控除を受けるのでふるさと納税も年末調整が必要であると思いがちですが必要はありません。ふるさと納税は、12月31日が期限なので12月の給与の支払いに間に合うようにできないからです。

ふるさと納税のタイミングを知ってやってみよう

ふるさと納税のタイミングや期限がいつまでがなのかについて紹介しました。意外とふるさと納税の制度は簡単ですよね。所得税の還付や住民税の控除などの所得税の還付や住民税の控除についてや受けるための期間も紹介しましたよ。

確定申告になれていない方でもワンストップ特例の制度を使えば簡単に申請することができます。気に入った返礼品を見つけることができたら、12月の期限に間に合うようにふるさと納税をおこなってみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。