Large thumb shutterstock 518480599

復習のタイミングは?テストの管理と数学や暗記の勉強方法も

更新:2019.06.21

復習をしようと思ってもタイミングを掴んでいなければ勉強は身につきません。記憶に残りやすい暗記勉強のやり方や、普段の授業での復習タイミングを教えます。更にテスト前と後の復習の方法、復習を管理できるアプリまで紹介しましょう。復習の仕方を覚えてライバルたちと差をつけるチャンスです。

普段の授業の勉強の復習タイミング!

授業の勉強の復習タイミングは学習した翌日

授業の勉強の復習タイミングは学習した翌日がいいです。授業を聞いたその日にやるのが良いと思ってしまいがちですが、それは間違えた復習のタイミングです。授業で何を記憶し身についたか知る必要があります。真剣に授業に取り組んでいれば、それだけで記憶しているものもありますね。

その日に覚えているのは当たり前です。一度眠り翌日になって復習すれば、何を記憶できているのかはっきりわかりますよ。忘れたことは勉強し直しましょう。覚えていることも翌日にもう一度覚えるという復習の仕方をすれば、更に記憶に残すことができますね。復習タイミングは翌日と覚えておいてください。

勉強はやる気がなければ中々手につきません。ましてや復習はなおさらですね。どうしてもやる気を出せないという人のために、やる気を出す方法を教えてくれる関連記事を用意しました。ぜひ勉強に身が入らないときに参考にしてくださいね。

授業で理解できなかった部分はその日に復習勉強する

授業で理解できなかった部分はその日に復習勉強してください。授業を聞いていたのにそれだけではわからないといったことが勉強にはつきものですね。そのままにしておいてその翌日にもわかるわけがありません。授業でわからなかったと思った時はメモをして、先生に聞いたりわかる友達に教えてもらいましょう。

そういった授業復習の仕方をすれば、わからないことが無くなり家での勉強もはかどらせることができますね。理解できたのなら家で復習する必要はありません。家での復習は最初に載せた通り翌日にタイミングをとるやり方を取り入れてください。

復習は日を開けたタイミングで四回は繰り返すのが正しいやり方

復習は日を開けたタイミングで四回は繰り返すのが正しいやり方です。一度復習しただけでは、記憶に残りません。何度も繰り返すことで頭に入れ込むという勉強の仕方が一番いいですよ。翌日に一回復習タイミングを取ったのなら、二回目はその一週間後に勉強しましょう。

三回目はその二週間後に、四回目はその一か月後にタイミングを取ることがベストとなります。こうしてコツコツと積み上げることによって、確実に記憶を安定させるのです。多いと感じる人もいるかもしれませんが、こうした復習の方法をとれば必ず身につけさせられますよ。

テスト勉強の復習のタイミング!

テスト勉強の復習のタイミングは一週間前

テスト前の復習のタイミングは一週間前に取りましょう。テストは必ず普段の授業内容から問題が作られます。先生に聞いた範囲を思い出してください。普段の授業内容をしっかり復習していれば、テスト前は一週間前の復習だけで取り組むことができますよ。

一番よくないのは一夜漬けです。その日に覚えたとしてもすぐに忘れてしまいます。授業内容を復習できていないのであれば、一か月前から準備する必要があります。普段の復習方法を見直してテスト前の復習タイミングを考えましょう。前もって準備することがテスト前に焦らない方法ですね。

テストの前日というタイミングでも最後の復習をする

テストの前日というタイミングでも最後の復習は欠かせません。人間は自分が得意なことを覚えるのは早いですが、やはり苦手なものは暗記しにくいのです。得意科目によっても自分の苦手を理解して、そこを重点的に勉強するやり方をするのがいいですよ。得意なことは重ねた復習で身になっています。

苦手なところを前日にしっかりやり込むことで、テストの点数を確実に上げることができますね。事前準備をしたうえで、前日はささっとやれるようにするのが気持ち的にも楽になります。不安だからと言って徹夜だけはしないで下さい。集中力が一気に下がり覚えたことも出ていきます。復習後はしっかり睡眠を取りましょう。

テスト前なのにどうしても勉強に集中できないという人のために、対処方が載っている関連記事を下に用意しました。どうしてもやらなくてはいけないという状況の時に、合わせて読んでくださいね。

テスト後の復習のタイミング!

テスト後の復習タイミングはテストが返ってきた後

テスト後の復習タイミングはテストが返ってきた後がいいです。自信があったところでも人間なので間違えてしまうことがあります。はっきりと間違いを指摘してもらえるので、勉強するところもわかりやすいですね。復習の仕方も自分で見つけやすくなります。

返ってきた教科の間違いをみて、自分で復習すべき場所をまとめてください。それだけでさらに勉強スキルを上げることができますよ。覚えたはずなのに覚えられていないという状況ならば、復習の方法を変えてみるのも一つの手です。テスト後の復習は自分にあったやり方を見つけられるチャンスにもなりますよ。

間違えているところは日を開けてもう一度

間違えているところは日を開けてもう一度復習しましょう。日を重ね繰り返すことが大切なので、間違えも繰り返してください。その場でできたのなら身になっていますし、また間違えたのなら記憶に残せていません。普段の復習と同じで、間違いこそ繰り返し頭に叩き込むやり方でレベルアップを心掛けてください。

勉強の復習のタイミングや方法を管理してくれるアプリは?

勉強の復習タイミングや方法を管理するアプリ①復習管理ノート

復習を管理するアプリ

勉強の復習タイミングや方法を管理するアプリに「復習管理ノート」があります。授業で取ったノートを写真にとってアプリに記憶します。そうすると忘れてしまいそうなころに、復習をアプリが促してくれるのです。グラフでチェックも出来る管理アプリなので、達成感も感じられますよ。

勉強の復習タイミングや方法を管理するアプリ②コソ勉

「コソ勉」も勉強の復習タイミングや方法を管理するアプリでおすすめです。使い方は管理アプリの中でもシンプルで、自分が復習した教科を方眼紙の画面に色塗りしていくだけです。教科ごとに色が分かれていて、やっていない教科とやった教科がまるわかりになるのが魅力ですね。

苦手なことは後回しにしてしまいがちですが、色付けで管理されているのでやらざるを得なくなりますよ。自分で何を勉強したのか管理するのが下手な人こそ使ってほしい復習管理アプリです。

暗記科目の復習方法ややり方!

暗記科目の復習方法ややり方①口に出しながら何度も書く

暗記科目の復習方法ややり方の一つ目は、口にだしながら何度も書くことです。呪文のように覚えたいことを唱えるのも効果的ですが、覚えるのに時間はかかってしまいます。そこで唱えるようにしながら紙に書くことで、より頭の中に入りやすくなりますよ。

何度も何度も書くことと口に出すことを繰り返すと身体も一緒に覚えてくれます。中々覚えることができない漢字や単語さらに人物名なんかにはより効果的です。新しく暗記したいものがある時は、一番最初にこの勉強に仕方を試してみてくださいね。

暗記科目の復習方法ややり方②人に教えるつもりで勉強する

暗記科目の復習方法ややり方二つ目は、人に教えるつもりで勉強することです。ただ教科書を読んだりするのではなく、人に教えるような口調で覚えることを説明してみてください。本当に誰かに教えるのも効率的な暗記の仕方ですし、一人でも説明するように教科書を読むだけで普通より格段に覚えやすいです。

自分に教えてあげるつもりで暗記復習をやってみてください。説明するように覚えて聞かれた時に人に教えられるようなレベルまで暗記できたのなら、暗記科目はバッチリですよ。

暗記科目の復習方法ややり方③答えから問題を作ってみる

暗記科目の復習方法ややり方三つ目は、答えから問題を作ってみることです。一つの答えだけ覚えても問題の出し方を変えられて、覚えた答えられなくなるということがありますね。そんな時の対策のために、自分でもいろんな出し方で問題を作ってみるのがおすすめです。特に日本史や世界史などは、無数に作ることができます。

自分が先生になったらどんな問題の出し方をするだろうと考えながら作成しましょう。ゲーム感覚で楽しめますし、普通の勉強の仕方に集中できなくなった時にいいですよ。同じことの繰り返しだと飽きてしまうので、刺激を与えるつもりでやってみてくださいね。

暗記科目の復習方法ややり方④思い出す作業を心掛ける

暗記科目の復習方法ややり方四つ目は、思い出す作業を心掛けることです。復習や暗記は覚えることにあまり時間は書けなくていいのです。一度覚えたことは忘れてしまいますが、記憶の片隅には残ります。それを思い出そうとする作業をすることで忘れにくくなるのです。

勉強しているときに覚えたはずなのに思い出せないからと、すぐに答えは見ないでください。思い出そうと頑張ることが肝心です。そこで思い出せたのなら妙にすっきりして、記憶に残る感覚が味わえます。暗記をする時は覚えることより、思い出すことに時間をかけてくださいね。

暗記科目の復習方法ややり方⑤間違えたノートを作る

暗記科目の復習方法ややり方五つ目は、間違えたノートを作ることです。その名の通り間違えたことをまとめたノートになります。そうするだけで覚えにくいものが、少し時間の空いた時にチェックすることができるんです。間違えた答えはより記憶に残さなければいけないので、綺麗にまとめてくださいね。

教科ごとにまとめてもいいですし、間違えたというくくりで一緒のノートにしても大丈夫です。もう間違えることはないと自信を持つまで覚えることができたらばっちりです。その部分に線を引いて自分で消していくと効率が良くなりますよ。

数学などの解き方の復習方法ややり方!

数学などの解き方の復習方法ややり方①公式を徹底的に暗記

数学などの解き方の復習方法ややり方一つ目は、公式を徹底的に暗記することです。数学などで一番大切なことは公式です。公式を暗記しないことには、問題を解くことが不可能です。なので基礎となる公式を理解してから暗記することが問題を解く鍵となります。

公式の意味がわからないまま暗記しても、難しい問題に当たるとできなくなります。なのでしっかり理解してから暗記することを心掛けてくださいね。そこから基礎をしっかりやりましょう。

数学などの解き方の復習方法ややり方②応用問題集をやり込む

数学などの解き方の復習方法ややり方二つ目は、応用問題集をやり込むだけです。数学などは色んな方面から問題を出してきます。せっかく公式を覚えてもどれを使うのか分からなければ台無しですよね。なので数をこなすことが大切になってきます。

同じ問題集ばかりでなく、色んな問題集を解くことで身になっていきますよ。意地悪な問題もでやすいので、どんな所から問題をだされても答えにたどり着けるような勉強の仕方をしてください。

数学などの解き方の復習方法ややり方③間違えた問題と同じ形式のものを勉強

数学などの解き方の復習方法ややり方最後は、間違えた問題と同じ形式のものを勉強することです。数学は苦手が出やすいので、対策もしやすいです。自分でテストをしてみて間違えた問題と同じ形式のものを勉強すれば、理解して解けるようになりますよ。苦手なものをあぶりだして、復習や勉強をしてください。

予習の仕方やタイミングは?

予習の仕方やタイミングは一か月前に軽めの勉強がよい

予習の仕方やタイミングは一か月前に軽めの勉強がよいです。予習はまだ習っていないことをするので、最初はがっつりするのではなく軽めにしましょう。復習と違い一か月前なら教科書を読む程度でも大丈夫です。運動でいうウォーミングアップですね。特別にはやらず手短めにするというのを覚えておいてください。

授業前日に二回目の勉強で予習の仕方はバッチリ

授業前日に二回目の勉強で予習の仕方はバッチリになります。翌日の授業の前にがっつりした予習をしておけば、先生のいうことがより頭に入りやすくなってくれます。授業でノートをとるなら、教科書を読みこむだけでもいいです。また別に予習のノートを作り、自分だけではわからないところを理解しておきましょう。

復習を完璧にして周りと差をつけよう

勉強で差をつける

復習することは勉強の中で一番重要な役割を果たします。タイミングや復習のやり方を理解していただけましたか?すべてやるのではなく、自分にあった方法で勉強してくださいね。完璧に復習して周りと差をつけてしまいましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。