INDEX

結婚指輪を購入するタイミングとは?

結婚指輪を購入するタイミング・いつ買うか|挙式の半年ほど前

結婚指輪を購入するタイミング1つ目は、「挙式の半年ほど前」です。結婚は決まったけれど、いつ買うか購入する時期について悩むカップルも多いです。

結婚式のセレモニー、「指輪交換」に憧れている方も多くいますよね。そんな方は少なくとも挙式の半年ほど前には結婚指輪を購入しておいた方が安心です。

結婚式の準備が本格的になる前に購入しておくと、より良いですね。「結婚式の準備で忙しくて、本当に気に入った指輪を選べなかった」なんてことのないようにしたいですね。

結婚指輪を購入するタイミング・いつ買うか|挙式後

結婚指輪を購入するタイミング2つ目は、「挙式後」です。いつ買うか、時期が決まらなくて挙式後に結婚指輪を購入する夫婦は以外に多いのです。結婚式のセレモニーである指輪交換はできませんが、特にこだわりのない方なら良いのかもしれません。

結婚式の後なら、いつ買うかと購入する時期を気にすることなくじっくりお気に入りの結婚指輪を選ぶことが出来るというメリットもあります。決して安いお買い物ではありませんし、一生モノなので、後悔のないように選びたいですね。

結婚指輪を購入するタイミング・いつ買うか|結婚式の4か月前から直前

結婚指輪を購入するタイミング3つ目は、「結婚式の4か月前~直前」です。結婚式の準備と共に指輪選びをするカップルも多くいます。準備と共に指輪を買ってしまえばいつ買うか、購入時期を悩む必要もありませんよね。しかしここで注意したいのが指輪の納期。

結婚指輪は購入したその日に渡されるわけではありません。指輪のデザインにもよりますが、およそ3週間~3か月の納期があります。そのことをうっかり忘れてしまうと最悪結婚式に間に合わないなんてことも。納期の確認を怠らないようにしましょう。

結婚式を挙げる予定があり、結婚指輪をいつ買うか悩んだら余裕をもてるように、すぐに購入すると安心して挙式当日を迎えられますよ。

結婚指輪を購入するタイミング・いつ買うか|入籍日に間に合うように

結婚指輪を購入するタイミング4つ目は、「入籍日に間に合うように」です。最近では結婚式を挙げない「ナシ婚」を選択する人も決して少なくはないですよね。そんなカップルは結婚式を気にする必要がないので、入籍日に間に合うように購入することが多いです。

最低でも、入籍日の1週間前までには指輪が手元にあるようにしておけば、安心して入籍できますよね。納期のことを忘れずに、結婚指輪のことのみじっくり考えられます。いつ買うか、購入時期について深く悩まずに済みますよ!

結婚指輪をつけるタイミングとは?

結婚指輪はいつからつけるのか|入籍前でもいい!手元に届いてすぐつける

結婚指輪をつけるタイミング1つ目は、「手元に届いてすぐ」です。「いつからつけよう」と悩む方も多い結婚指輪。しかし、結婚指輪にはいつからはめなくてはならないと言った決まりはないので、入籍前であっても結婚指輪が完成して手元に届いたらすぐに指輪をつけるカップルも少なくありません。

ずっと憧れていた結婚指輪、なおかつ自分の気に入ったデザインのものなら「まだ夫婦にはなっていないけれど、すぐに付けたい!」と思う方も多いくいらっしゃいます。

結婚指輪はいつからつけるのか|結婚式の指輪交換で

結婚指輪をつけるタイミング2つ目は、「結婚式の指輪交換で指輪を付ける」です。結婚式の一大セレモニーである指輪交換。その時に初めて結婚指輪をつけるというカップルも大勢います。指輪交換のときにはじめて指輪をつけるなんてなんだかロマンチックですよね。いつからつけるか悩んで決まらないカップルにはお勧めです。

しかし、指輪交換のタイミングだと「思っていたより指輪が緩い」と感じる花嫁も少なくはありません。結婚式に向けて一生懸命ダイエットしたり、エステに通ったりと指輪を買った時期と結婚式当日の体形が全く違うなんて言うことも珍しくはないので、無くしてしまう前にお直しに出すのを忘れないようにしましょう!

以下関連記事には、指輪が大きかったり緩かったりする際にすぐできる抜け対策をたっぷり10選紹介しています。困ったときは是非参考にしてみて下さいね。

Small thub shutterstock 143480098
関連記事 大きい・ゆるい指輪の抜け対策方法10選|サイズを小さくする方法も

サイズが大きい・ゆるい指輪が抜けないために指輪のサイズを小さくする対策

結婚指輪はいつからつけるのか|入籍日につける

結婚指輪をつけるタイミング3つ目は、「入籍日につける」です。結婚式前に入籍するカップルも多くいるのではないでしょうか。そんなカップルや、結婚式を挙げない「ナシ婚」を選択したカップルは、入籍日に結婚指輪を付けることが多いです。

実際、婚姻届けを提出し受理された時点で夫婦となるわけですので、結婚指輪をはめるタイミングとしては一番ふさわしいのかもしれませんね。「いつからつけよう」と悩む必要もありませんよ。

婚約指輪を渡す・つけるタイミングは?

婚約指輪を渡す時期やタイミング|両家顔合わせのおよそ2~3か月前

婚約指輪を渡すタイミング1つ目は、「両家顔合わせのおよそ2~3か月前」です。女性の多くが憧れているだろう婚約指輪。大きなダイヤが輝いてるのはもちろん、最近ではピンクダイヤをあしらったものや既存のデザインでもとってもおしゃれなものも多くありますよね。

そんな婚約指輪ですが、「両家顔合わせのおよそ2~3か月前」のタイミングでプロポーズの言葉と共に渡すと言う男性が多くいます。両家顔合わせはプロポーズの2~3か月後に行われることも多く、またそのタイミングで婚約指輪をお披露目するので、最低でも両家顔合わせの2~3か月前には渡しておくようにしましょう。

また、女性も婚約指輪のお返しの時計やスーツなどを用意する場合は両家顔合わせまでに準備して渡すことを忘れないようにしたいですね。

婚約指輪を渡す時期やタイミング|2人の記念日

婚約指輪を渡すタイミング2つ目は、「2人の記念日」です。プロポーズはとっても特別なものです。男性もいつすればいいのか迷う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。



「2人の記念日」は、プロポーズするのに最適な日取りと言えるでしょう。特に付き合った記念日にプロポーズをする男性は多いです。2人で記念日ディナーを楽しんでいる最中や後に渡すと良いですね!

婚約指輪を渡す時期やタイミング|彼女の誕生日

婚約指輪を渡すタイミング3つ目は、「彼女の誕生日」です。彼女の誕生日にプロポーズする男性も多いですよね。記念日と違って、相手の誕生日だと自分1人でレストランを予約したり、サプライズを考えられますね。

「なにか思い出になることをしたい」「彼女を心底びっくりさせたい」という人はぜひ彼女の誕生日にプロポーズしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪をつけるタイミング|プロポーズされた当日にはめる

プロポーズ

婚約指輪をつけるタイミング1つ目は、「プロポーズされた当日」です。「婚約指輪をもらったはいいけれど、いつからはめればいいの?どのタイミングでつければいいの?」と悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

自身も相手と結婚したいと考えていて、なおかつもしプロポーズされた際はすぐに返事が出来るという万全の状態でないと、なかなか当日につけることはないかもしれませんが、やはりプロポーズ当日に婚約指輪をつけたいと考える女性も少なくないですよね。

プロポーズにドキドキしながら返事をして、彼に左手の薬指に憧れの婚約指輪をはめてもらう…多くの女性が憧れるシチュエーションですね。

婚約指輪をつけるタイミング|返事を返す時

婚約指輪をつけるタイミング2つ目は、「返事を返す時」です。突然のプロポーズに心の準備が出来ていなくて、当日に返事を返せないという女性も決して少なくはありません。大好きな彼との結婚を自身も望んでいたはずなのに、いざとなったらしり込みしてしまうこともありますよね。

やっと結婚する決心ができたはいいけど、いつからつけようか悩む女性も多いですよね。そんな女性は、自身で答えが出て彼に返事を返すタイミングで婚約指輪をつける事が多いです。自分でつけて彼に会いに行くもよし、会って返事をしてから彼に着けてもらうも良しですね。

婚約指輪をつけるタイミング|指輪が手元に届いてすぐにはめる

婚約指輪をつけるタイミング3つ目は、「指輪が手元に届いてすぐ」です。「自身で婚約指輪を選びたい」と思う女性や、「自分のセンスで指輪を選んで彼女に喜んでもらえるのか」と不安に思う男性も少なくはないですよね。

プロポーズされた後に、彼と一緒に指輪を購入しに行き届いてすぐにつける女性もたくさんいます。プロポーズと一緒に渡されるのではなくとも、自身が選び気に入って購入してもらった指輪ならとっても嬉しいですよね。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

婚約指輪と結婚指輪の違い|婚約指輪は結婚の約束をする指輪のこと

婚約指輪と結婚指輪の違い1つ目は、「婚約指輪は結婚の約束をする指輪のこと」です。「結婚したい」と思った男性が、女性に婚約指輪を贈りそれを受け取ることによって「結婚の約束」が成立します。

しかしこの婚約指輪、元々日本にはなかった文化で戦後に根付きました。また婚約指輪はお葬式でつけてはいけないなどのルールもあります。最近では、婚約指輪のお返しに、妻となる女性から夫となる男性に腕時計やスーツを送ることもありますよね。

婚約指輪と結婚指輪の違い|結婚指輪は結婚の記念に購入するもの

婚約指輪と結婚指輪の違い2つ目は、「結婚指輪は結婚の記念に購入するもの」です。マリッジリングと呼ばれることもありますよね。入籍し、晴れて二人が夫婦になった記念として購入するもので、2人の結びつきをより強く感じさせるものです。

婚約指輪と違い、普段の生活ではもちろん、お葬式などの場面でもつけていて良いとされる結婚指輪。昔のドイツでは、結婚指輪をはずしたら夫婦仲が悪くなると言われ、外してはならないという言い伝えがあったんですよ。

婚約指輪と結婚指輪の違い|結婚指輪と比べ婚約指輪は高価

婚約指輪

婚約指輪と結婚指輪の違い3つ目は、「結婚指輪と比べ婚約指輪は高価」ということです。結婚指輪と比べ、婚約指輪は高価です。結婚指輪は夫婦2人分でおよそ25~30万円程で購入できますが、婚約指輪は1本でおよそ40万円とかなり高価ですよね。

それもそのはず、結婚指輪はダイヤモンドがついていないものも多く、ついていても「メレダイヤ」と呼ばれる、いわゆる0.1カラット以下の「屑ダイヤモンド」を使っています。それに対し婚約指輪は1カラット以上のダイヤモンドがついているので、高価になるのも当然ですよね。

昔は「給料3か月分」なんて言われていた婚約指輪ですが、「高すぎる」「付ける機会がない」「箪笥の肥やしになるだけ」との声も多く、最近では高価な婚約指輪を購入せずに少し高めの結婚指輪を購入するカップルも少なくありません。

婚約指輪と結婚指輪の違い|結婚指輪と違い婚約指輪は右手につけることも

婚約指輪と結婚指輪の違い4つ目は、「結婚指輪と違い婚約指輪は右手につけることもある」ということです。結婚指輪は、多くの人が左手の薬指につけていますよね。それに対し、婚約指輪は右手の薬指につける人も多くいます。左手の薬指はあくまでも結婚指輪のためにとっておきたい、と考える人も少なくはないのですね。

また、結婚式の指輪交換の際、左手の薬指はあけておかなければならないので、そのことを考えて右手の薬指のサイズに合わせて婚約指輪を購入してもらうという人もいらっしゃるんですよ。

左手の薬指に婚約指輪をつけ、挙式前日に婚約指輪が抜けないなんて事態を防ぐためにも、右手の薬指に婚約指輪をはめるのはいいかもしれませんね。以下関連記事には、指輪を外す方法について紹介しているので、是非参考にしてみて下さいね。

Small thub shutterstock 516264355
関連記事 指輪の外し方5選!糸を使う抜き方やむくみできつい時の取り方のコツは?

この記事では、きつい指輪の外し方や、指輪が外れない原因、自分でできる抜

結婚指輪を購入するタイミングを見極めてお気に入りの指輪をつけよう!

結婚指輪を購入するタイミングやつける時期について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。いつ買うか、いつからつけるか悩むことも多い結婚指輪ですが、それぞれの夫婦にあったタイミングを選ぶのが一番です。

しかし、「結婚式の指輪交換を絶対にしたい」などの夢がある方は、なるべく早い時期に結婚指輪を購入した方がいいですね。女性にとってアクセサリーはモチベーションにも繋がるので、婚約指輪のデザインとも相性の良い、お気に入りの結婚指輪を購入して結婚式や結婚生活を楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。