INDEX

年齢ごとの転職のタイミングは?

年齢ごとの転職のタイミング①25歳

転職

年齢ごとの転職のタイミング1つ目は、「25歳」です。大学を新卒で就職した場合、ちょうど3年を迎えるこの時期は、仕事にも慣れてきた時期であり、「石の上にも3年」という言葉があるように、3年我慢したうえで、今の仕事が自分に合っているかを考え始める時期でもあると思います。

今の世の中は、20代のような若手を積極的に採用するという企業も少なくありませんので、そういう意味でも比較的、転職で苦労するという事もそんなにないかもしれません。しかし、25歳というのは、社会人になってからの日も浅いという事で即戦力という意味では、あまり期待できません。

その為、企業側は「将来性」を期待してからの採用となるわけです。数年でまた会社を辞めるような事がある事は、懸念されていると認識した方がいいでしょう。「我慢強さ」「行動力のある人材」「コミュニケーション能力」など仕事や将来への成長を期待しての採用であると理解してください。

年齢ごとの転職のタイミング②30~34歳

男性

年齢ごとの転職のタイミング2つ目は「30~34歳」での転職のタイミングです。30代前半と言えば、社会人になってからだいぶ経っているという事もあり、「将来性+即戦力」という意味合いでの採用が基本です。また、30代前半と言えばまだまだ若手の部類に入るので、若手を牽引してほしいという期待も含まれています。

即戦力としての期待の幅が大きいので、そういう意味でも過去の実績という点で評価される事が多いでしょう。その為、将来、転職を意識しての就職である場合には、実績を評価される事を意識して実績を積んでいくという事も大事なポイントです。しかし、必ずしも実績というのは、大きな成果ばかりを指しません。

人間関係を構築していくスキルも求められるのです。同じジャンルの転職先を探す人も多いので、その人の噂や評価は、自然と転職先の人の耳にも届く事も多いものです。その為、コミュニケーション能力の高さや人当りなど「人」として、どのような人物かという事が一番の争点になってくると思います。

年齢ごとの転職のタイミング③35~39歳

男性

年齢ごとの転職のタイミング3つ目は、「35~39歳」です。35歳を過ぎてくると、企業側は、転職を希望している人を「管理職候補」として採用する傾向にあります。その為、仕事のスキルや実績はもちろん、「統率力」も求められるという事になります。過去に大きなプロジェクトの中心人物であれば、それが強みです。

そして、いかに大きな組織をまとめていたかどうかという事も重要になってきます。その為、マネージメント力に長けている人物は、転職が難しいと言われている年代ではありますが、人をまとめる力のある人である場合、積極的に採用する傾向にあるという事を覚えておきましょう。

ここに、営業に向いていない女性の性格を紹介している記事があるので、併せて読んでみて下さい。転職活動が上手く行かない時のストレス解消法についても紹介しているので、ぜひ転職の準備や流れを進めていく中で、参考にして下さい。

ライフイベントごとの転職のタイミングは?

ライフイベントごとの転職のタイミング①結婚

結婚

ライフイベントごとの転職のタイミング1つ目は、「結婚」です。ライフイベント事の転職のタイミングで結婚を意識する人の多くは、女性かもしれません。女性は、結婚をすると必然的に子供を持った時の事を考えると思います。その為、今の仕事が休日出勤があったり、残業が多い職場だと難しくなってきますよね。

その為、時短勤務があったり、子供が病気になってしまった場合でも休みやすい職場というのが長く仕事を続けていく上でも、大事なポイントになってきます。結婚後も続けやすい環境の職場を探す為に、今の職場ではそれが難しいと判断した場合には、早めに転職の準備をしておくと、後々スムーズな流れで出産できると思います。

また、男性においても休日出勤が多かったり、夜勤のある職場である場合には、必然的に家族との時間は減ってしまう事になります。その為、家族の時間を優先できる職場への転職を考える人も多いと思います。しかし、お給料が減るという事もあるかと思いますので、そこは準備をする前に家族との話し合いが重要だと思います。

ライフイベントごとの転職のタイミング②出産

出産

ライフイベントごとの転職のタイミング2つ目は、「出産」です。出産してからは、怒涛のような毎日が待っています。仕事をしている人だと、仕事との両立をしながらの育児になるので、それだけ母親に掛かる負担は計り知れません。しかし、多くの企業が就職してから1年間は、育休を取れないという事も多いです。

その為にも、出産を考える1年以上前から準備しておく必要があるという事は、覚えておかなければいけないと思います。早めに準備しておけば、出産したとしても基本的には育休までしっかりと取れる事が期待できますので、結婚をするタイミングで転職しておいた方が、負担は少ないと思います。

ここに、転職の最適なタイミングや手順についての記事があるので、参考にしてみて下さい。年齢、ライフイベントなど転職のタイミングは、人それぞれですので、そういう意味でも自分のライフスタイルに合ったタイミングを模索してみて下さい。

転職の求人が多いタイミングは?

求人数が多いのは2~3月と8~9月の時期

パソコン

転職の求人が多いタイミングというのは、一番多い時期は企業の事業年度である「2~3月」が一番激化する時期です。新年度を迎えるにあたって、社内体制を整え準備する時期でもあるこの時期は、1年間の中でも一番求人数が増える時期となるのです。また、下半期が始まるタイミングでもある8~9月も同様の理由です。

これらの時期では、普段見ないような企業が求人を出している事も多いので、そういう意味でも定期的に求人をチェックしておく必要は、あると思います。しかし、転職活動する人にとっては、基本中の基本事項であるという事もあり、応募者も殺到する事が予想できます。その為、早めの準備や行動が功を奏します。

4月入社を目指す人は、1月ごろから念入りに準備を進め、10月入社を希望している人は、7月ごろから準備を進めておきましょう。早めの行動が就職活動を制すとも言われているので、気を引き締めて行動してくださいね。ここに、転職のベストの時期についてまとめた記事があるので、併せて読んでみて下さい。

ライバルが少ない4~5月は転職活動の穴場

男性

転職の求人数が増える時期は、先ほどもお話しましたが、転職活動を行っている人にとっての穴場的シーズンがあるのをご存知でしたか?4月入社を目指して行動していた人が入社し、就職活動も一旦落ち着きを取り戻したこの時期ですが、実は求人数は減っても企業側の採用に対する本気度は高まる時期でもあるんです。

この時期は、基本的に新体制を組んで、実際に稼働してから気付いた人材の不足分を補ったり、退職者が出て、急に穴が空いてしまったポジションを埋める為に企業側は、応募者を募る事があるのです。急を要する事も多いので、そういう意味でも採用してもらいやすいという事が期待できます。

また、新年度を迎えるにあたり、転職活動をしていた人も今の職場での仕事が忙しくなり、なかなか転職活動に充てる時間がなくなってしまうので、ライバルが減るという意味でも穴場と言えます。しかし、在職中の人でも敢えて、仕事の合間を縫って転職活動していく事で、スムーズに転職できるのもこの時期と言えます。

転職や退職を会社に伝えるタイミングは?

転職や退職を会社に伝えるタイミング①転職先が決まってから辞めると伝える

報告

転職や退職を会社に伝えるタイミング1つ目は「転職先が決定してから伝える」という事です。このタイミングがベストという人がほとんどです。このタイミングであれば、上司や同僚とも後腐れなく、その後もスムーズに転職まで過ごす事ができるという事も期待できます。

転職や退職を会社に伝えるタイミング②繁忙期は避けた時期に言うのも流れ

女性

転職や退職を会社に伝えるタイミング2つ目は、「繁忙期は避ける」という事です。一般的に12月の年末や年度の切り替え時期でもある3月を目途に退職する人が多いのは、引継ぎをスムーズに行う事ができる時期であるという見方もできます。繁忙期に退職の意識を伝えた所で、取り合ってもらえない可能性の方が高いです。

上司の気持ちの余裕もないという事も多いと思いますので、そういう意味でも転職までの数か月を気まずい雰囲気で過ごさなければいけないという事にもなりかねません。大きなプロジェクトを抱えている時期もタイミングとしておすすめできません。この場合には、周囲にも会社にも多大な迷惑を掛けてしまう事もあるからです。

大きなプロジェクトをしっかり成功させ、人事異動などが終わった後というのは、引継ぎも比較的しやすいので、退職を伝えるベストタイミングと言えます。しかし、あくまでこの時点では、同僚などには口外せず、直属の上司のみに伝える事をおすすめします。

転職や退職を会社に伝えるタイミング③退職の1~3ヶ月前には手順を進める

上司

転職や退職を会社に伝えるタイミング3つ目は、「退職の1~3ヶ月前」です。会社に伝えるタイミングは、会社の就業規則に従って、退職日の少なくとも1ヶ月前には伝えるようにしましょう。この時、最初に退職の意志を伝えるのは、直属の上司にして下さい。直属の上司以外に最初に言うのは、転職の流れでもマナー違反です。

もし、直属の上司以外の上司に退職の意志を最初に伝えた場合、直属の上司が気分を損なってしまうという事も懸念されますので、そういう意味でも直属の上司にまず、最初に伝えるというのが一番円満に転職をする流れのポイントになってくると思います。

ここに、上司へスマートに退職を伝える為の流れのハウツーを紹介している記事があるので、併せて読んでみて下さい。転職までの流れをスムーズに進めていく為には、マナーをしっかり守る事がポイントです。

転職する前に考えるべき事5選

転職する前に考えるべき事①今の仕事は本当に続けていけないか

男性

転職する前に考えるべき事1つ目は、「今の仕事は、本当に続けていけないか」という事です。今の仕事が限界だと感じているのであれば、転職してもいいかもしれません。しかし、今の会社に特段不満もなく、ただ何となく転職してみようかなという安易な理由によっての転職であれば、失敗する事も多いと思います。

転職したところで、今の会社よりも必ずしも同じ条件で働けるという保証はどこにもありません。引き抜きなどであれば、今の会社よりもメリットが多い事もあるかもしれませんが、自己都合である場合には、お給料の面でも下がる事も懸念されます。その点を考慮して、転職活動を進めていくのも大事なポイントです。

転職する前に考えるべき事②変えたいのは仕事の内容か会社かを判断する

男性

転職する前に考えるべき事2つ目は、「変えたいのは、仕事の内容なのか会社自体なのか」という事を的確に判断するという事です。仕事の内容を変えたいという場合には、やりたかった事が他に見つかったり、スキルアップの目的である事も多いと思います。また、会社を変えたいというのは、同じ職種で探すという事になります。

同じ職種であれば、過去の実績を評価してもらえる可能性も高いと言えるので、比較的スムーズに転職活動を進めていく事も可能かと思います。しかし、ここで注意が必要なのは、今の会社で自分のやりたい事は本当にできないのかというのを確認する事です。もし、可能であれば会社に残る事も選択肢に入れる事もできます。

転職する前に考えるべき事③自分の過去の実績で転職は可能か

実績

転職する前に考えるべき事3つ目は、「自分の過去の実績を持って、転職は可能なのか」という事です。過去の実績に絶対の自信がある場合には、問題ありません。しかし、特段目立つような実績もなく、ただ単に今の会社に不満がある事が転職理由であるという場合には、転職後もまた転職したくなる可能性も否めません。

転職できたとしても、実績を積まなければ徐々に転職すること自体、難しくなってしまうという事も少なくありません。その為、転職を考える前に、自分に足りない物は何なのか、今の自分には何ができるのかを今の会社でもう少し、考えながら頑張るという選択肢もあると思います。焦らない事が一番大事です。

ここに、円満に住む退職理由についての記事がありますので、どんな理由で転職する事が成功に繋がっているのかという事を参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 574669327
関連記事 円満に済む退職理由5選|上司への伝え方や書き方・転職時の面接も

会社を退職する時に、退職理由を何て伝えようか困る時もあるでしょう。でき

転職する前に考えるべき事④自分の理想は何かを明確にして準備を始める

お金

転職する前に考えるべき事4つ目は、「自分の理想は何かを明確にする」という事です。転職を考えた時点で、今の会社に何らかの不満があるという事ですよね?その不満が、給料なのか、休日の日数なのか、仕事内容なのかを明確にし、その中でも優先順位をつけて考えてみましょう。

その中で、一番最初に来たものがあなたの理想とする物という事になります。その理想を叶えてくれる転職先を見つけるというのも、スムーズに転職活動を進めていくポイントになります。しかし、お給料という面で今の会社よりも上であったとしても、それに対しての対価があるという事は、覚えておきましょう。

今よりも、休日が少なかったり、残業が増える事も覚悟しなければいけないと思います。その対価を受け入れる事ができるようであれば、転職を進めても良いと思いますし、その対価が受け入れがたいとなれば、転職活動を一旦保留にしても良いと思います。

転職する前に考えるべき事⑤仕事に不満がある人はどこに行っても同じ

不満

転職する前に考えるべき事5つ目は、「仕事に不満がある人はどこに行っても同じ」という事です。完全に自分の不満を解決してくれる職場は、ないに等しいという事を理解してください。また、その不満を解消したいが為に、転職を考えているのであれば、それは失敗に終わってしまうという事も理解してください。

会社というのは、大きな組織ですので、全ての人の要求を呑んでいては成長できませんし、無理があります。その為、不満を解消する為に転職は、また転職先でも新たな不満ができてしまうという事になりかねません。そういう意味でも、転職する際には、不満を解消する為という理由での転職は、おすすめしません。

しかしながら、自分自身の成長を目指しての転職であれば、良いと思います。スキルアップの為に、転職を繰り返しているという人がいるのも事実です。その為にも、明確な理想と目標を持っての転職が転職を成功させるカギであって、流れのコツであるという事です。

転職は明確な目標を持つ事こそが成功のカギ

今回は「転職のタイミング」をテーマに、会社に退職を伝えるタイミングや流れなどにも触れて紹介してきましたが、いかがでしたか?転職と言えど、その理由は人それぞれだと思います。しかし、明確なビジョンがあっての転職と、何となく転職しようかと考えている人では、その後の人生は雲泥の差となる事が多いのも事実です。

その為、これから先、転職を考えているという人は、なぜ転職したいのか、という事をしっかり考えてから、転職活動を行いましょう。そうする事で、転職するまでの流れもスムーズにいくはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。