INDEX

赤ちゃんが夜泣きをする理由は?

赤ちゃんが夜泣きをする理由①新生児の習慣として泣く

赤ちゃんが夜泣きをする理由の1つ目として、新生児の習慣として泣くことが挙げられます。新生児は何か理由があるから夜泣きするということではなく、本能的に夜泣きをすると言われています。そのため、理由がなくても周期的に夜泣きをするということなのです。まずこの新生児の本能をしっかり理解しておく必要があります。

もちろん成長を重ねていくにつれて、泣くことに対して理由が出てきますが、そもそも新生児の場合、夜泣きも含めて泣いている場合に、泣いている理由が毎回あるかというとそうではないのです。こういった状況で泣いていることを認識しているかしていないかで、夜泣きに対する対処法が大きく変わってくることでしょう。

赤ちゃんが夜泣きをする理由②環境の変化

赤ちゃんが夜泣きをする理由の2つ目として環境の変化が挙げられます。新生児においては元々寝る前は明るい場所にいるのに、眠って気が付いたら真っ暗な場所にいることに気付くと、この環境の変化に耐えられずに夜泣きするのです。つまり、大人の感覚ではとても一般的なものでも、赤ちゃんにとってはとても大きいのです。

赤ちゃんは経験の積み重ねがないので、ちょっとした環境の変化への気付きで夜泣きをすることが少なくありません。しかしながら段々と日々経験を積み重ねていくことで夜に眠り、次のタイミングには暗くなっているという状況に慣れてきて夜泣きをしなくなってくるのです。

赤ちゃんが夜泣きをする理由③体調の変化

赤ちゃんが夜泣きをする理由の3つ目として、体調の変化が挙げられます。体調が変化すると、その変化に戸惑って赤ちゃんは夜泣きをします。例えばこのような夜泣きをする時に、赤ちゃんは咳をしたり嘔吐をしたりすることがあります。こういった体調の変化における夜泣きについてはヘルプの明確なサインであると言えます。

赤ちゃんが夜泣きし、見に行くと体調面に変化がある場合には、その状態に合わせた対応が必要になります。赤ちゃんの状況に合わせて的確な対応ができるようにしておきましょう。

赤ちゃんが夜泣きする理由には様々な理由が挙げられますが、ここで紹介した様々な理由において赤ちゃんは夜泣きをしています。まずはこれら一つ一つを理解することで、ここから先に紹介することが理解しやすくなることでしょう。

海外では赤ちゃんの夜泣きを放置する理由は?

海外で赤ちゃんの夜泣きを放置する理由①泣き止まないことの方が少ないから

海外で赤ちゃんの夜泣きを放置する理由の1つ目として、泣き止まないことの方が少ないからという理由が挙げられます。赤ちゃんが泣くことは、理由がある場合と本能である場合の2パターンに分かれます。特に赤ちゃんの夜泣きに対s知恵は放っておけば泣き止むことも少なくないのです。そのために放っておくのです。

赤ちゃんの夜泣きについては疲れれば泣き止むという側面もあります。そのため、一旦理由が思い当たらない場合は放っておくことも一考です。ただし、赤ちゃんに何か異変があった時にはすぐに駆け寄れる体制にしておくことが大切です。

海外で赤ちゃんの夜泣きを放置する理由②夜泣きも睡眠サイクルに入っている

赤ちゃんの夜泣きを放置する理由の2つ目として、夜泣きも睡眠のサイクルに入っていることが挙げられます。夜泣きが少なくて楽な赤ちゃんもいますが、基本的に夜泣きも睡眠サイクルに入っています。つまり夜泣きをしているから赤ちゃんが寝ないというわけではないのです。夜泣き中も睡眠の効果を得ている側面もあります。

夜泣きに対して毎回親が構っていると、赤ちゃんの睡眠を妨げる可能性があります。赤ちゃんが夜泣きをして寝ないと慌てるのではなく、泣き止むのを待って見守るくらいでちょうどいいのです。しばらく泣き止まないことがあったとしても、時間が解決してくれることが少なくないのです。

海外で赤ちゃんの夜泣きを放置する理由③赤ちゃんの自主性を尊重する

赤ちゃんの夜泣きを放置する理由の3つ目として、赤ちゃんの自主性を尊重することが挙げられます。赤ちゃんから自主性を尊重して育てるのは大切です。赤ちゃんに変に構いすぎると、その人格形成が妨げられるという考え方もあり、そういった観点からも夜泣きに対してはある程度放置するのが効果的だと言われています。

大人になった時に自主性があるかどうかは、新生児の時の親の接し方も大きく影響しているのです。下記の関連記事は自主性のある人の特徴についてまとめた記事になっています。こういった人物を目指すのであれば、夜泣きに対して構いすぎず放っておくのも大切です。親として愛を持って常に見守ってあげることが大切です。

Small thub shutterstock 307447607
関連記事 自主性のある人の特徴とは?主体性の意味や自主性を持つにはについても

自主性と言う言葉があります。具体的にはどういった意味があるのでしょうか

海外で赤ちゃんの夜泣きを放置する理由④放っておくことが親の愛

赤ちゃんの夜泣きを放置する理由の4つ目として、放っておくことが親の愛であることが挙げられます。なんでもかんでも構うのが親の愛ではありません。ライオンは可愛い我が子を千尋の谷から突き落とすと言いますが、そこまでしなくても必要な時には構ってあげて、そうじゃない時は静かにしておくのも親の愛です。

下記の関連記事には共依存という状況が書かれています。親子の関わり方を間違えると、子供が成長してから親離れができなくなるどころか、親が子離れできないという最悪の状態にもなりかねません。赤ちゃんの時から子供に対して正しい接し方をすることで、いい関係のままで、親子で年をとっていけるのです。

Small thub shutterstock 680916895
関連記事 母親と娘の確執の原因~共依存関係を克服する方法とは?

最近、テレビや本などで、母親と娘との確執が話題になっています。その原因

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点は?

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点①泣き止まない時には様子を見に行く

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点の1つ目として泣き止まない時には様子を見に行くことが挙げられます。最初に赤ちゃんの夜泣きをそばで見守るような形にして、夜泣きしつつ何か異常を感じたら必要な対応をしてあげるようにしましょう。これは決して放置とは言いません。夜泣きへの必要で適切な対応をしているのです。

赤ちゃんのうちは親にとって子育てはすごく大変なものである側面は強いかもしれませんが、それでも根気強く子育てをしていくことで、きっと何らかの形で報われて来ることでしょう。見返りを求めて子育てをするわけではないかもしれませんが、いいことがあると信じて続けていくだけでも心持ちはきっと違うかと思われます。

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点②中々寝ない場合は注意深く見守る

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点の2つ目として、中々寝ない場合は注意深く見守ることが挙げられます。特に新生児のうちは赤ちゃんの夜泣きに対して両親が近くにおらず、何か起きた時に両方とも対応ができないということは絶対にあってはなりません。ベストは夜泣きしている時に親が傍らで見ていることです。

もしも何かあった時の想定については、赤ちゃんが夜泣きをしている間にも考えておいた方がいいでしょう。万が一何かあった時に慌てずに対応ができるからです。

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点③夜泣きして寝ない時は対応する



赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点の3つ目として、夜泣きして寝ない時は対応することが挙げられます。夜泣きが長く続き中々寝ない時には、体調が悪くなっている可能性がありますので、その対応をしてあげる必要があります。長く泣き止まない時は明確に寝ないなと感じる時には、相応の対応が必要なのです。

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点④本当に放っておくのはNG

赤ちゃんの夜泣きを放置する際の注意点の4つ目として、本当に放っておくのはNGだということが挙げられます。日本人全員がネガティブさを認識している、ネグレクトのような放置は絶対にNGです。赤ちゃんにしっかり関心を持つようにしましょう。そして放置をしている間に何かあれば一生その十字架を背負い生きるのです。

親も子も、決してそんな人生は望んでいないかと思いますので、ネグレクトをイメージさせるような放置は絶対にやめましょう。構いすぎもダメですが、放置のし過ぎはもっとダメです!ここで紹介しているようなバランス感を持ちながら、赤ちゃんにとって、そして赤ちゃんの成長にとってベストな対応をしましょう。

赤ちゃんの夜泣き対策は?

赤ちゃんの夜泣き対策①昼間のうちにたっぷり抱っこ等をしてあやしておく

赤ちゃんの夜泣き対策の1つ目として、昼間のうちにたっぷり抱っこ等をしてあやしておくことが挙げられます。昼間のうちに赤ちゃんとしっかりスキンシップをとっておくことで、夜泣きをする可能性が大きく下がります。スキンシップは赤ちゃんの成長を促し赤ちゃんを笑顔にするだけではなく、夜泣きを減らす効果があります。

特に抱っこや手をつないだりするスキンシップは赤ちゃんにとっては重要ですし、笑顔で接してあげることも重要です。夜泣きの対策については昼間の、何気ない時間から始まっていることを認識しておきましょう。

赤ちゃんの夜泣き対策②しっかり遊んで身体を動かしておく

赤ちゃんの夜泣き対策の2つ目として、しっかり遊んで身体を動かしておくことが挙げられます。赤ちゃんの夜泣き対策は、赤ちゃん自身が昼間をどう過ごすかにかかっています。大人も同じですが、疲れていれば深く眠ることができますし、疲れが浅いと深く眠れないことが少なくありません。

赤ちゃんが昼間にしっかり身体を動かして、体力をしっかり使うことで質の高い睡眠をとることができます。親が赤ちゃんを放っておくような状況でも自然とぐっすり眠り、夜泣きしづらくなるのです。

赤ちゃんの夜泣き対策③音楽を利用する

赤ちゃんの夜泣き対策の3つ目として、音楽を利用することが挙げられます。赤ちゃんの夜泣き対策には音楽が有効なことがあります。静かなクラシック音楽をかけたり、赤ちゃんの精神を落ち着ける効果のあるCDも売っていますので、そういった音楽を活用するのも非常に有効な夜泣き対策であると言えるでしょう。

赤ちゃんの夜泣き対策④入眠儀式を作る

赤ちゃんの夜泣き対策の4つ目として、入眠儀式を作ることが挙げられます。入眠儀式とは、例えば絵本を読んだり、何か特定のおもちゃで遊んだりすることです。毎日寝る前に決まったことをすることで、その行動に入ると本能として「そろそろ寝る時間だな」と全身で認識することになります。

これは赤ちゃんの夜泣き対策に限らず、大人が睡眠の質を上げることに関しても非常に効果が期待できますので、この入眠儀式というものを意識するといいでしょう。こういった入眠儀式がしっかり定着すれば、放っておくことができる時間が増えることでしょう。

赤ちゃんの夜泣き対策⑤生活サイクルをしっかり守る

赤ちゃんの夜泣き対策の5つ目として、生活サイクルをしっかり守ることが挙げられます。毎日、必ずしも同じ生活ではないのでごはんの時間がずれたり、寝る時間がずれたりしがちなのですが、これが毎日大きくずれていると夜泣きの原因になります。ごはんの時間と寝る時間だけでも決めておくと、夜泣きは大幅に減ります。

ちなみに食事の時間と入眠時間をしっかりと毎日守る、規則正しい生活は大人の健康にとっても非常にプラスになりますので、赤ちゃんと一緒にリズムを守るようにするといいかもしれないですね。

赤ちゃんの夜泣きに関するおすすめの書籍は?

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍①赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

Amazonで詳細を見る

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍の1つ目として「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」が挙げられます。この本は夜泣きに限らず、中々寝ない赤ちゃんとその親が安眠できるコツがまとめられています。初めての子育てをする親にとってはバイブルとなる一冊です。

泣き止まない赤ちゃんの睡眠に関しては親の睡眠は決して無関係ではありませんので、この本の目の付け所は非常に素晴らしいと思います。ここに書かれていることを是非実践して欲しいです!

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍②フランスの子供は夜泣きをしない

Amazonで詳細を見る

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍の2つ目として「フランスの子供は夜泣きをしない」が挙げられます。この本は日本の子育てと外国の子育ての違いが分かりやすく書かれている本で、睡眠以外にも勉強になる観点が盛りだくさんの本です。

特に、ここでも紹介した「放っておく」という概念に関する日本人と外国人の違いや、泣き止まないで寝ない赤ちゃんの夜泣きに対する対応の違いもしっかり紹介されていますので、是非とも子育ての参考にしてもらいたい一冊です!

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍③かんたんねんねトレーニングBOOK

Amazonで詳細を見る

赤ちゃんの夜泣きに関する書籍の3つ目として「かんたんねんねトレーニングBOOK」が挙げられます。泣き止まない赤ちゃんの夜泣きに関して、非常に分かりやすく読みやすく書かれています。忙しいと中々本を読む気分にならないものですが、そういうお母さんのために書かれている一冊です。

赤ちゃんの夜泣きにしっかり対応できるようになろう!

泣き止まない赤ちゃんの夜泣きへの対応は、赤ちゃんのことを考えることも大事ですが、両親としてどうするかも非常に大切です。赤ちゃんも親も安眠できるように考えることも大切ですし、夜泣き対策だけでなく、子供をどう育てていくかも大切です。

赤ちゃんの夜泣きに関して考えることはたくさんあります。しかしながらここで紹介した考え方や対応方法は、今後子育てをする上で役立つことでしょう。ここで紹介したことを家族全員で役立てて、いい親子関係を永らく築いていくことができたらうれしいです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。