INDEX

満天の星空はどこが間違っているのかや正しい日本語・熟語や英語表現も

満天の星空は間違った日本語表現:正しくは満天の星

間違い

満天の星空は間違った日本語表現です。正しくは満点の星というのが正しいです。そもそも、満天という言葉の意味は空いっぱいのという意味です。同じ表現の言葉を使うことになるので、夜空を見上げながら言う時には気を付けましょう。

満天の星の英語表現や熟語・使い方:starryskies

英語

満天の星は英語に直訳する言葉がないので、ニュアンスによる表現で熟語を作るしかありません。星と空を形容詞の形に直したstarry skiesという熟語が一番意味としてはピッタリします。また、夜空の場合には、night skyになります。使い方は通常の使い方通りです。

満天と満点の違い:満点は点数で満天は夜空という意味

違い

満天と満点の違いは、夜空か点数かの違いです。満天は、夜空を見上げながら言う言葉であり、満天の星空という間違った日本語表現のように使われますが、満点は100点満点など主にテストの点数などで使われます。使い方に注意しましょう。

満天の星空のように間違えることの多い日本語10選その1

満天の星空のように間違った日本語表現①雨模様

雨模様

満天の星空のように間違った日本語表現の1つ目は、雨模様です。近年では雨模様は小雨が降っている様子を指して表現する言葉として使われますが、正しい表現は、雨が降りそうな曇り空の様子のことを意味します。

他にも、天気や時刻を表す表現には間違った日本語表現として理解されている言葉がいくつかあります。例えば、豪雨とは、災害を引き起こす程の大雨のことであり、通常の大雨では豪雨という言葉は使いません。実際に災害が起きてから豪雨という言葉を使います。

他にも、未明という言葉は、まだ明けないという漢字から連想されるのか、4時から5時くらいを想像されますが、実際には0時から3時のことを指します。同様に、五月晴れという言葉も、5月の様な晴れ間ではなく、梅雨の時期の晴れ間のことを意味しているので、天気や時間に関しての言葉を正しく使いましょう。

満天の星空のように間違った日本語表現②よろしいですか

よろしいですか

満天の星空のように間違った日本語表現の2つ目は、よろしいですかです。よろしいですかの正しい表現はよろしいでしょうかです。よろしいですかという言葉はくだけた言い方になります。目上の人に使う敬語としてくだけた言い方は間違っていますので注意しましょう。

ビジネスなどの場で、よろしいですかという言葉を使ってしまうと恥をかくこともあるので注意してください。以下の記事は、よろしいですかに関してまとめてある記事です。そちらも参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 753339043
関連記事 よろしいですかは間違い?目上の方へ使う同じ意味の敬語と返答方法も

「よろしいですか」という言葉はよく耳にすることがありますが、敬語として

満天の星空のように間違った日本語表現③とんでもございません

とんでもございません

満天の星空のように間違った日本語表現の3つ目は、とんでもございませんです。ともでもないという意味は、思いもかけないや全くそうではないという意味です。この「ない」という意味の言葉にさらに丁寧に言おうとした結果がとんでもございませんとなるのですが、とんでもないで1つの言葉なのでとんでもないが正しいです。

「ない」という言葉だけを見た場合、ないを丁寧に言えば、ございませんという言葉として表現はできます。しかし、とんでもございませんという言葉は間違った日本語であり、そんな日本語は存在しないのです。

満天の星空のように間違った日本語表現④いやがおうにも

いやがおう

満天の星空のように間違った日本語表現の4つ目はいやがおうにもです。正しい表現は、いやがうえにもです。漢字で書くと、弥が上にもと書きます。否が応でもという漢字表記もあるのですが、仕方なしにという意味で使われ、正しい表現はいやがうえにもとなります。以下の記事に詳しい解説が載っています。

Small thumb shutterstock 601656524
関連記事 いやがおうにもの意味や漢字は?間違い例文と「いやがうえにも」とは?

今回の記事で紹介する「いやがおうにも」の意味を皆さんは、正しく答える事

満天の星空のように間違った日本語表現⑤前人未踏

前人未踏

満天の星空のように間違った日本語表現の5つ目は、前人未踏です。一見すると正しい表現に見えますが、実は間違った日本語です。前人未踏とは、人がまだ足を踏み入れたことが無い場所に到達したという意味で使われます。

しかし、正しくは人跡未踏という表現です。人跡とは人の足跡のことです。つまり、人がまだ踏み入れたことない土地に赴いた場合には人跡未踏となります。ちなみに、誰も至らない境地に至ることを、前人未到と表現します。この前人未到と混同されて前人未踏という表現が出てきたと考えられています。

満天の星空のように間違えることの多い日本語10選その2

満天の星空のように間違った日本語表現⑥失笑

失笑

満天の星空のように間違った日本語表現の6つ目は、失笑です。笑いを失うと書くせいか、笑わないことやしらけることを失笑という意味だと勘違いしている人が多いようですが、実際には笑ってはいけない場面で笑ってしまうことなどを指します。会議の時などに思わず吹き出してしまう場合に使いましょう。

同じ笑うという表現に爆笑があります。こちらは大きな声でものすごく笑ったという意味で使っている場合には間違った日本語となります。爆笑とは、大勢の人が一斉に笑うことを表しています。笑いの規模を表す場合には腹を抱えて笑うという表現が正しいのです。

満天の星空のように間違った日本語表現⑦熱にうなされる

熱

満天の星空のように間違った日本語表現の7個目は、熱にうなされるです。高熱で病気でうわ言を言うという意味を、熱に浮かされると表現することはあります。しかし、熱にうなされるという表現は間違っています。もしも、うなされるという言葉を使いたい場合には、熱が出てうなされるという表現が正しい使い方と言えます。

満天の星空のように間違った日本語表現⑧舌の先の乾かぬ内に

舌の根の乾かぬ内

満天の星空のように間違った日本語表現の8個目は、舌の先の乾かぬ内にです。今言ったことや約束を忘れる前に破ったり違うことを言うことです。すぐに嘘をつく人の例えとしても使われますが、正しくは舌の根の乾かぬ内です。舌の先は間違いです。

満天の星空のように間違った日本語表現⑨眉をしかめる

顔をしかめる

満天の星空のように間違った日本語表現の9個目は、眉をしかめるです。しかめるのは眉ではなく顔なので正しくは顔をしかめるです。不満や不機嫌な様子を表す言葉です。眉はひそめるものなので、嫌悪感を表す言葉で眉をひそめるという言葉を使いましょう。

満天の星空のように間違った日本語表現⑩泥試合

試合

満天の星空のように間違った日本語表現の10個目は、泥試合です。正しくは泥仕合と書きます。確かに醜い試合や見ていられないようなことに対して使う表現方法ですが、ミスなどをしてドロドロとしたみっともない試合ではなく、揚げ足取りなどをする醜い争いのことを言います。

満天の星が見れるおすすめのスポット22選

満天の星が見れるおすすめのスポット①旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁

コンクリートアーチ

満天の星が見れるおすすめのスポットの1つ目は、北海道の旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁です。ローマの水道橋をイメージさせるその風貌は、幻のめがね橋とも呼ばれています。まるでタイムスリップしたような体験をすること間違いなしです。ぜひ夜空の星を眺めてください。

満天の星が見れるおすすめのスポット②銀河の森天文台

天文

満天の星が見れるおすすめのスポットの2つ目は、北海道にある銀河の森天文台です。名前の通り天文台として夜空の星を観測することができます。星空を見上げながらのデートなんてものもいい思い出に残るかもしれませんね。人工オーロラは一度は見ておきたいものです。

満天の星が見れるおすすめのスポット③然別湖

然別湖

満天の星が見れるおすすめのスポットの3つ目は、北海道にある然別湖です。湖の周りはいくつもの小さな火山に囲まれています。そのためか様々な伝説がある場所です。流れ星がよく見られることでも有名なので、夜空の流れ星を探索するのもいいかもしれません。

満天の星が見れるおすすめのスポット④満天の星の丘

満天の星の丘

満天の星が見れるおすすめのスポットの4つ目は、北海道の満天の星の丘です。肉眼でも星が観測できるスポットとして有名です。言わば天然のプラネタリウムというところです。告白するスポットとしてベストな場所です。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑤モエレ沼公園

公園

満天の星が見れるおすすめのスポットの5つ目は、北海道のモエレ沼公園です。全体を一つの彫刻作品にすることをコンセプトに作られた公園です。晴れた日の夜空は満天の星が観測できます。春夏秋冬それぞれを感じることができます。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑥望羊の丘

望羊の丘

満天の星が見れるおすすめのスポットの6つ目は、北海道にある望羊の丘です。ちょっと寂しい山道を抜けると丘の上に突然出ます。思ったよりも標高が高くまさに絶景です。夜空に輝く満天の星はまさに100点満点です。野生の動物にも出会えますので自然と触れ合うにはピッタリの場所です!

満天の星が見れるおすすめのスポット⑦種山高原星座の森

森

満天の星が見れるおすすめのスポットの7つ目は、岩手県にある種山高原星座の森です。名前の通り、夜空に浮かぶ星座が魅力的な神秘の森です。キャンプが楽しめるのでアウトドアに最適な場所です。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑧秋元湖

湖

満天の星が見れるおすすめのスポットの8つ目は、福島県の秋元湖です。湖の水が美しいことで有名で、その美しさは蛍が生息しているほどです。昼間も自然を鑑賞するベストスポットですが、夜には当たりが真っ暗になり、夜空に満点の星を観測することができます。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑨鹿角平天文台

天文台

満天の星が見れるおすすめのスポットの9つ目は、福島県にある鹿角平天文台です。天文台の名の通り、夜にはたくさんの星を観測することができます。辺りには牧場もあるので、昼間から楽しむことができるおすすめスポットです。過去には、天体観測に優れた場所ベスト3にも選ばれました。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑩竜頭ノ滝

天体観測

満天の星が見れるおすすめのスポットの10個は、栃木県にある龍頭ノ滝です。落差200メートルを超えるこの滝には、茶屋があったり展望台があったりするので、観光にはもってこいのスポットです。ただ星空があるだけではなく、木の隙間や滝を背景にした星空は他ではなかなか見ることができません。

満天の星が見れるおすすめのスポット⑪南原千畳岩

南原千畳岩

満天の星が見れるおすすめのスポットの11個目は、東京都の南原千畳岩です。都内で満天の星が見れる絶景スポットです。夕方に行くと小島と夕陽が幻想的に映し出されます。デートやドライブに最適の場所と言えます。

満天の星が見れるおすすめのスポット22選パート2

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所①三日月山展望台

三日月山展望台

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の1つ目は、東京都の三日月山展望台です。父島の西側を望む展望台ではホエールウォッチングに最適の場所と言われています。夜には満点の星が観測できるので夜景を見たい人にはおすすめの場所です。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所②横浜

夜景

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の2つ目は、神奈川県の横浜です。特に大さん橋は夜景スポットとして人気があり、夜空を見上げれば、夜景があるにも関わらず星が観測できます。夜景を見たい人も星空を観測したい人にもおすすめの場所です。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所③江ノ島

江ノ島

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の3つ目は、神奈川県にある江ノ島です。海のイメージが強い江ノ島ですが、島がちゃんとあり、展望台もあります。夜には星空が一面を照らしてくれます。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所④南大平ダム湖公園

南大平ダム湖公園

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の4つ目は、新潟県の南大平ダム湖公園です。キャンプ場として使われているため、自然が多く、星を観測するにはもってこいのスポットとなっております。運がよければ流れ星も見れるかもしれません。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑤大正池

大正池

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の5つ目は、長野県の大正池です。山々が湖に反射している様子は絵画などでも見たことがある人も多いのではないでしょうか。焼岳などがよく見えるスポットで、これから先は見れなくなるかもしれないので、ぜひ一度足を運んでおきたいスポットです。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑥しらびそ高原

高原

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の6つ目は、長野県のしらびそ高原です。南アルプスを間近に感じることができる絶景スポットです。夜には天然のプラネタリウムになり、夜空一面が星々で覆われます。

【満天の星空】夜空に点数満点の星が見れる場所⑦富士見パノラマリゾート

パノラマ

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の7つ目は、長野県にある富士見パノラマリゾートです。冬場はスキー場として有名な場所です。スキーのリフトからは、八ヶ岳や富士山を見ることができ、夜には様々な星を観測することができます。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑧河口湖

山

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の8つ目は、山梨県の河口湖です。逆さ富士でも有名な河口湖は、星空を観測するにももってこいの場所です。キャンプ場としても人気なので山梨県に寄る時には訪れてみましょう。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑨白川郷

白川郷

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の9つ目は、岐阜県の白川郷です。世界遺産にも認定されており、それだけでも一度は訪れたいスポットと言えます。一瞬でタイムスリップしたかのような世界観に酔いしれながら夜空の星たちを見上げてみましょう。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑩大野山

大野山

満天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の10個目は、兵庫県の大野山です。六甲連山に向かい合う高峰として有名です。ハイキングコースなどもありますが、山頂には天文台があるので、そこで夜空の星を眺めることができます。

【満天の星空】夜空に100点満点の星が見れる場所⑪星降る展望台

天文台

天の星空編、夜空に100点満点の星が見れる場所の11個目は、広島県の星降る展望台です。その名の通り、星が降るようなスポットとなっており、まさに天然のプラネタリウムです。高い場所にそびえ立ち、街を見下ろしながら空を見上げれば無数の星が散りばめられています。天体観測にもってこいのスポットです。

満天の星の言葉の意味を覚えて恥ずかしくないようにしよう!

いかがでしたか?満天の星空という言葉が間違った日本語表現であるということが理解できたはずです。間違った日本語を使わないようにして恥をかかないようにしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。