INDEX

一人暮らしの生ゴミ処理方法7選

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方①冷凍する

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方1つ目は「冷凍する」という方法です。雑菌の繁殖を抑えることで臭いを予防できるので、増殖し肉い冷凍庫に入れてしまいましょう。野菜の皮や肉の筋なら冷凍庫に入れても特に問題はありません。もちろん袋の中に入れてしっかり口を閉じてから冷凍してください。

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方②新聞紙を敷く

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方2つ目は「新聞紙を敷く」という捨て方です。新聞の印刷に使用されているインクには吸着効果があるので、嫌な臭いを吸収してくれます。生ゴミは水を切ってから新聞紙で包み、ビニールの袋に入れて処分しましょう。

また、新聞紙の消臭効果は生ゴミだけではなく靴やゴミ箱にも活用できます。ゴミ箱の底に敷きこんだり、靴の中に新聞紙を詰めたりして取り入れてみてください。新聞紙は水分を吸ってくれるので、雨でぬれた靴を乾かしたいときにも役立ちます。

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方③牛乳パックに入れる

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方3つ目は「牛乳パックに入れる」という処分方法です。空になった牛乳パックを洗うだけで再利用できるのでビニール袋を買う必要がなくなります。牛乳パックの上を開いて生ゴミを入れたら折り曲げて蓋をするだけなので、簡単に生ゴミを処理することができます。

もともと牛乳が入っていたパックなので水漏れや臭い漏れの心配もいりません。自立するので、料理中キッチンに置いておいても邪魔にはならないでしょう。ゴミの分別などは地域によってルールが異なるので、お住いのゴミ捨てルールを確認してから捨ててください。

また、牛乳パックは収納にも活用できます。棚や冷蔵庫の仕切りとして活用すると、ごちゃごちゃしていたスペースもすっきり片付けることができるでしょう。牛乳パックをいくつも組み合わせればスツールやソファーを作ることも可能です。下の関連記事でアイデアを参考にしながらワンルームをおしゃれにDIYしてみましょう。

Small thumb shutterstock 288277301
関連記事 牛乳パックの収納方法・アイデア26選|おしゃれDIY&100均も

牛乳パックは環境にもやさしく、工作や収納など様々な用途で使えるとても便

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方④袋の口をしっかり閉じる

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方4つ目は「袋の口をしっかり閉じる」ということです。一人暮らしでは生ゴミの量もそれほど多くないので、そのままゴミ箱に入れている方もいるのではないでしょうか?しかし、それではゴミ箱の中で生ゴミの臭いが強くなってしまいます。

なので、ビニールの袋に入れてしっかり袋の口を閉じる必要があるのです。しっかりと口を閉じることでにおいが漏れることを防ぎますし、生ゴミがこぼれたり虫が寄ってくるのを防ぐこともできるでしょう。ただし、一度口を閉じた生ゴミの袋は開けないようにしてください。

生ゴミの臭いを出している雑菌は嫌気性菌という種類の菌で、酸素が少ない環境を好みます。そのため、密閉した袋の中は好条件で活性化しやすくなるのです。

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方⑤ディスポーザーを設置する

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方5つ目は「ディスポーザーを設置する」という方法です。ディスポーザーとは生ゴミを粉砕するアイテムのこと。粉砕した生ゴミはそのまま下水処理するので生ゴミを処分する必要もなくなります。

しかし、一人暮らしの賃貸では自分で設置するということは難しいでしょう。高級志向の住まいではディスポーザーが設置されていることもありますが、下水のつまりなどのトラブルもないとは言えないようです。

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方⑥有効活用できるものは使う

リンゴの皮やコーヒーの出がらしなどは一見ゴミに見えますが、有効活用することが可能です。そのまま捨てれば生ゴミですが、使い方を知っていれば生活を豊かにしてくれるアイテムになります。生ゴミも減るのでぜひ活用してください。使えるものは使うという考えは一人暮らしの節約でも役立ちます。

特にコーヒーやお茶の出がらしは消臭効果があるので、生ゴミの臭い防止にも一役買ってくれるでしょう。使い終わったコーヒーや茶葉は乾燥させて保管しておきましょう。生ゴミが出たときには上からふりかければ消臭効果が期待できます。

果物の皮はジャムやマーマレードにすることもできます。紅茶に入れてフルーツティーのように楽しむのもおすすめです。わざわざ消臭グッズを買わなくてもにおい対策ができるので、節約しなければならない一人暮らしでもおすす目の処理方法なのです。

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方⑦防臭のゴミ袋を使用する

Amazonで商品の詳細を見る

一人暮らしの生ゴミ処理方法・捨て方7つ目は「防臭のゴミ袋を使用する」という方法です。専用の袋なら臭いを防ぐ工夫が施されているので生ゴミの臭いも防ぐことができるでしょう。BOSの生ゴミが臭わない袋は医療向けに作られたアイテムで、生ゴミの臭いをしっかり閉じ込めてくれます。

生ゴミ用の袋にはサイズがいくつかあるので、自分の生活に合った大きさのものをチョイスしてください。大きすぎるアイテムは手狭なワンルームでは邪魔になります。コンパクトな袋でしっかり臭いを予防しながら生ゴミを処理しましょう。

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い対策3選

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策①ベランダに出しておく

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策1つ目は「ベランダに出しておく」という方法です。一人暮らしのワンルームはスペースも限られていますし、キッチンが臭いとワンルーム全体が臭くなってしまいます。そんな時は生ゴミをベランダに出してしまいましょう。

ただし、ご近所に迷惑をかけないことが鉄則です。ベランダに置いた生ゴミの臭いが周囲の人に迷惑をかける場合はやめてください。また、屋外に生ゴミを出しておくと猫やカラスが散らかす可能性もあります。そうなれば臭いが広がってしまいますし、片付けも大変になるので注意が必要です。

ベランダに鳥がたくさん来て困っているという方は鳥よけを設置してみてはいかがでしょうか?鳥よけ対策できるアイテムはは100均でも購入できるようです。鳥がたくさん来ると洗濯物も干せなくなってしまうので、下の関連記事を参考にダイソーやセリアで鳩対策を行いましょう。

Small thumb shutterstock 386681986
関連記事 100均のベランダ鳥よけ6選!ダイソー・セリア別!ベランダの鳩対策にも

ベランダで鳩など鳥の糞による被害に困っているという方!ベランダ鳥よけに

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策②重曹スプレー

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策2つ目は「重曹スプレー」です。重曹を水に溶かして生ゴミにスプレーするだけで臭い対策ができます。重曹を溶かす量は水100㏄に対して小さじ1杯程度です。食用の重曹ならキッチンで使用しても安心です。

重曹は生ゴミの臭い対策だけではなく、キッチンの掃除でも役立ちます。下の関連記事ではフライパンの焦げを重曹で落とす方法をご紹介しています。しつこい焦げ付きはこするだけではなかなか落ちませんし、フライパンを傷つけてしまうこともあるでしょう。

重曹を使った掃除方法を知っていればしつこい焦げ付きもしっかり掃除することができます。中には重曹が使いない鍋もあるので、鍋やフライパンの素材を確認して適した掃除方法を見つけてください。調理器具も清潔にして料理を楽しみましょう。

Small thumb shutterstock 323107886
関連記事 鍋とフライパンのしつこい焦げの落とし方13選!重曹が使えない鍋もOK

鍋やフライパンの焦げを見ると、ついこすりたくなりますね。けれど、鍋の焦

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策③キッチンをきれいにする

一人暮らし(ワンルーム)生ゴミ臭い・匂い対策3つ目のポイントは「キッチン・排水溝をきれいにする」ということです。生ゴミである野菜の皮や肉の切れ端などが排水溝にたまっていませんか?目についた生ゴミを集めてにおい対策をしても排水溝に生ゴミが溜まっていればにおいの原因となります。

水分もなくならないので臭いが発生しやすいといえるでしょう。排水溝にぬめりが付けば悪臭が発生し、さらにはパイプの中から臭いが発生します。こまめに掃除をしてシンクをきれいに保つことも臭い対策のポイントなのです。

排水溝の掃除方法や臭いの取り方を知りたい場合は下の関連記事をチェックしてください。排水溝が臭い原因は専用のグッズやアイテムを使ったり、分解して洗浄することで解決できるかもしれません。詳しい情報をチェックして一人暮らしのワンルームを清潔に保ちましょう。

生ゴミが臭い原因とは?

水分による雑菌繁殖

生ゴミの処理方法をご紹介する前に、なぜ生ゴミが臭くなるのかをチェックしておきましょう。原因を知ることで生ゴミの臭い予防にも役立つでしょう。

そもそも食品であった生ゴミには栄養が残っています。そして、水分も含んでいるのです。菌が増殖するために必要なのは栄養・水分・酸素・温度なのでにおいが出やすいゴミといえます。生ゴミを捨てるときにはできるだけ水分を絞るのもにおいを予防する1つのポイントです。

気温や季節

生ゴミで雑菌が増える際に必要な温度と水分は季節や気温によっても変化します。湿度の高い梅雨時期や気温が高い日には生ゴミの臭いも出やすくなるのです。生ゴミをビシャビシャの状態で袋に入れたり、塗れる場所に三角コーナーを置いておくのも臭いの原因となります。

生ゴミを捨てるときは水分を切りましょう。一人暮らしであればそれほど生ゴミの量も多くないので、三角コーナーはおかずにこまめに処分したほうが良いでしょう。三角コーナーはぬめりや臭いの原因にもなるのです。

一人暮らしの生ゴミは上手に処理しよう

一人暮らし向けのワンルームはキッチンと部屋を仕切る扉がない物件も少なくありません。そのため、ワンルームで生ゴミので臭いに悩む方も多いのではないでしょうか?仕事で疲れて帰ってきたときに締め切った部屋が生ゴミ臭いなんて嫌な気分になります。

休みでも臭い部屋ではゆっくりくつろぐこともできません。快適に毎日を過ごすためにも生ゴミの臭い対策は大切です。この記事で御紹介した生ゴミの臭い対策や処理方法は簡単なものが多いので、ぜひ生活に取り入れてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。