INDEX

一目ゴムとは?

毛糸なのにゴムのように伸縮自在にできる編み方!

毛糸はウールで出来ている場合が多く、その性質上伸び縮みをしません。袖口などは動きやすいように伸縮自在に出来る編み方をする必要があります。そこで用いられる編み方として適当であるのが「一目ゴム編み」なのです。一目ゴム編みをすることで伸縮自在に仕上げることが出来ます。

表目と裏目を交互に編むだけだから初心者でも簡単!

一目ゴム編みという編み方は、初心者で編み物をしたことが無い人でも簡単に編むことが出来ます。編み目には「表目」と「裏目」があります。一目ゴム編みは、この表目と裏目を交互に編んでいく編み方になります。一目ゴム編みは作り目をする時から通常の目の作り方と異なります。

かぎ針編みと棒針編みのどちらでも出来る編み方

編み物は基本的に「棒針編み」がメインに編みます。しかし、かぎ針編みで作ることも可能です。棒針編みやかぎ針編みは好みにもよりますが、それぞれニュアンスの違う種類のニットが出来ます。アイテムによって、またはその日の気分やファッションのコーディネートによって編み方の種類を変え、デザインを変えましょう。

一目ゴムの基本の編み方は?

一目ゴム編みの基本的編み方種類|棒針編み編

一目ゴム編み方として一つ目に紹介するのが、「棒針で編む一目ゴム編みの基本的編み方」です。編み物は基本的に棒針編みがメインとして使用されます。棒針編みの一目ゴム編みは、初心者でニットの編み方が良くわからないという方でも簡単に作り目から作ることが出来ますので気負わずチャレンジしてみましょう。

棒針編み編一目ゴム編み作り目と編み方
  1. 左手に糸を持ち、右手に棒針を1本持つ
  2. 左手の毛糸に棒針を潜らせ輪を作り、表目、裏目と作り目をしていく
  3. 最初は浮き目をし、次に表目を一目編むと交互に行い、2段目が完成する。
  4. ひっくり返して表目を一目編み、次の目は編まずに隣の棒針に移す。これを交互に繰り返し3段目の完成。これで1段目と数える

一目ゴム編みの基本的編み方種類|かぎ針編み編

かぎ針でもゴム編みが出来ます。一目ゴム編みの作り目と編み方として二つ目に紹介するのが、この「かぎ針で編む一目ゴム編みの基本的編み方」です。かぎ針は棒針編みと違い少しテクニックが必要になるイメージが強く、初心者の編み方としては少々難しい面があるように感じるかもしれません。

動画などを参照の上、ゆっくりと実践してみると意外と簡単に編めますのでぜひ動画などを参考にしながらチャレンジしてみましょう。

かぎ針編み編一目ゴム編み作り目と編み方
  1. 毛糸を左手にかけ、右手にかぎ針を持つ
  2. 左手にかけている糸にかぎ針を潜らせ輪を作る
  3. 輪を元に鎖目を決められた目数分作り目をする
  4. 立ち上がり一目を編む
  5. 向こう側の半目を拾い糸を引っ掛けて引き抜き最後まで編む
  6. これらを繰り返し行う

一目ゴム編みの基本的編み方種類|輪針編

一目ゴム編みの作り目と編み方として三つ目に紹介するのが、この「輪針で編む一目ゴム編みの基本的編み方」です。輪針は、セーター袖口やニット帽などを編む際に使われる道具です。輪針も基本的に作り目や一目ゴム編みの編み方は棒針編みと同じような方法で行います。

輪針は棒針を何個も使って編む方法を簡単に道具一つで賄える画期的アイテムです。ニット帽を編んだことが無いという方にはおすすめですのでぜひ使用してください。

輪針編み編一目ゴム編み作り目と編み方
  1. 糸と針を持ち糸を針に潜らせるなどして作り目を作る
  2. ①を終えたら作り目の半分を片方の輪針に移し、目数リングを編み目の最初に付ける
  3. 最初の二目は表目を編み、次は裏目の部分を編まず糸を手前に置き、針に移す
  4. 終わったら表目を編むという動作を行う
  5. 半分に分けた作り目の部分を同じように編んで行く
  6. 一周したら、最初の目は編まずに糸を向こう側にし、針に移す
  7. 次の目は裏目を編むということを交互に行う

初心者にとって簡単で扱いやすい輪針ですが、輪針を使った編み方には一目ゴム編みの他に様々な方法があります。棒針で編むニット帽はハードルが高めで難しいイメージがあるという方におすすめの方法ですので気になる方はぜひ関連記事をご参考下さい。

Small thumb shutterstock 590988683
関連記事 輪針の編み方!棒針との違い・輪編みと平編み・ニット帽の作り方は?

輪針を使った編み方のご紹介です。 寒い季節になると、手編みに挑戦して

一目ゴムのマフラーのデザイン7選

一目ゴム編みのマフラーデザイン①単色でフリンジ付き

一目ゴム編みのマフラーデザインとして一つ目に紹介するのが、単色でフリンジ付きのマフラーです。単色ですので同じ種類で同じカラーの毛糸をひたすら一目ゴム編みの同じ編み方を編んでいく方法ですので、編み物を編んだことが無いという初心者でも簡単に作ることが出来るデザインのマフラーとなっています。

一目ゴム編みのマフラーデザイン②レインボー

一目ゴム編みのマフラーデザインで二つ目に紹介するのが、レインボータイプの毛糸を使い編んでいくタイプのマフラーです。一見たくさんのカラーを使ってマフラーを編んでいるように見えますが、これは元々の毛糸が様々なカラーを含んだ構成の毛糸ですのでこれを使う事でレインボーのようなデザインに仕上がるのです。

一目ゴム編みのマフラーデザイン③寒色カラー紡ぎ糸風

一目ゴム編みのマフラーデザインで三つ目に紹介するのが、寒色カラーの紡ぎ糸風の毛糸を使い編んでいくタイプのマフラーです。レインボータイプのデザインとは違い、一つのカラーをメインとした毛糸にいくつかのカラーの毛糸を少しだけ織り交ぜたようなデザインとなっていますので、仕上がりはまるでツイードようです。

一目ゴム編みのマフラーデザイン④太めの糸でザクザクアイスカラー

一目ゴム編みのマフラーデザインで四つ目に紹介するのが、太めの毛糸でザクザク編んでいくタイプのマフラーです。太目ですので編み針も糸に合わせて太めなもので編んでいく事がポイントです。ザクザク編める為、簡単に編めますし、ふっくらしておしゃれです。

一目ゴム編みのマフラーデザイン⑤ミストヤーン

一目ゴム編みのマフラーデザインで五つ目に紹介するのが、ミストヤーンで編んでいくタイプのマフラーです。ミストヤーンは毛足が長く、細いタイプの毛糸です。作り目などを作る際は糸が繊細なので扱いに気を付けるようにしなければなりません。ふわっとした手触りが気持ちいいのがポイントです。

一目ゴム編みのマフラーデザイン⑥ツートーンカラーボーダー

一目ゴム編みのマフラーデザインで六つ目に紹介するのが、ツートーンのカラーで編んでいくボーダータイプのマフラーです。ボーダーはマリンスタイルのデザインが一般的です。2色の毛糸を使う事がポイントとなっています。

一目ゴム編みのマフラーデザイン⑦カラーバリエーション豊富なボーダー

一目ゴム編みのマフラーデザインで七つ目に紹介するのが、いくつかのカラーを使って編んでいくタイプのマフラーです。ボーダーですが、様々なカラーを使う事でニュアンスをつけ、糸の色で雰囲気を変え、可愛くまたはおしゃれに作ることも出来ます。

一目ゴムのマフラーの編み方は?

一目ゴム編みマフラー編み方・材料

一目ゴム編みを使ったマフラーの編み方として簡単に編める方法をご紹介していきます。まず材料です。材料は毛糸極太1玉40gのものを7玉使います。編み針は、輪針もしくは棒針を使いましょう。15号を使いましょう。

初心者でも簡単!一目ゴムのマフラーの作り目・編み方

一目ゴム編みのマフラーは作り目をしっかり行えば簡単に出来ます。表目裏目の交互に編み、伏せ止めをするだけですので初心者でも簡単に出来る編み方となっていますよ。

一目ゴム編みマフラーの編み方
  1. 作り目を40目作る
  2. 最初の目は浮き目にし、次の目は表目を編む、このように交互に編み、2段目が出来る
  3. 編み地を変えて、最初目は表目で編み、次は浮き目をし、これで3段目となり、編み図では1段目で作り目とする
  4. ここから表編みと裏編みを交互に行い最後に伏せ止めをして完成

ここでは一目ゴム編みで編むマフラーについて紹介してきましたが、その他にも様々な編み方で初心者でも簡単にマフラーを編むことが出来ます。気になる方は関連記事にてご参考下さい。

Small thumb shutterstock 368604686
関連記事 手編みマフラーの編み方と編み図8選!かぎ針編みでアラン模様/縄編み

手編みのマフラーを作った事はありますか?手編みにもかぎ針編みや縄編み、

一目ゴムのニットのデザイン6選

一目ゴムのニットデザイン①ニット室内シューズツートンカラー

一目ゴム編みで作るアイテムはマフラー以外にも様々なニットデザインを編むことが出来ます。一つ目に紹介するのが、ルームシューズです。ツートンカラーでニュアンスを付けてとっても暖かいニットのルームシューズは冬に最適ですね。

一目ゴムのニットデザイン②アームウォーマー

二つ目に紹介するのがアームウォーマーです。アームウォーマーは冷え性で冬になると手が冷たくなる人におすすめです。手編みですのでとても暖かく、室内でも冷えに悩まされることがなくなりますよ。

一目ゴムのニットデザイン③白樺編みのニット帽

三つ目に紹介するのが白樺編みという一目ゴム編みを駆使して作るニット帽です。目の行き先がジグザクしていることで全体的に格子柄のようなデザインですが、これは一律の編み方で角度を変えて編む特殊な編み方です。個性的でおしゃれですね。

一目ゴムのニットデザイン④スヌード

四つ目に紹介するのがスヌードです。スヌードは頭からすっぽりと被り、首回りにゆったりとかけるというだけの装着が簡単なアイテムとなっています。

一目ゴムのニットデザイン⑤ネックウォーマー

五つ目に紹介するのがネックウォーマーです。アームウォーマーとは違って、外出する時にも活躍するアイテムとなっています。マフラーとは異なったデザインで、スヌードよりも短めに出来ており、首にフィットするように作られている為、首元を冷やしません。

一目ゴムのニットデザイン⑥ベスト

六つ目はベストです。一目ゴム編みを使って減らし目、増やし目を駆使して編むことが出来ます。袖口が無い分、セーターを編むよりも簡単で短時間で仕上がります。

一目ゴムのニットの編み方は?

一目ゴム編みで作るニット編み方・材料|帽子編

一目ゴム編みの編み方を使って様々なデザインのニットを編むことが出来る事を紹介してきました。それらのアイテムの中で初心者でも簡単に編むことが出来るのがニット帽子です。ニット帽子を編む材料は毛糸が極太40gが2玉とかぎ針8号を使います。

初心者でも簡単!一目ゴムニット帽子の作り目・編み方

一目ゴム編みで作るニット帽子は単純作業になる為あっという間に出来上がります。簡単に編むことが出来る為、初心者で編み物に苦手意識を持たれている方はぜひチャレンジしてみましょう。

一目ゴム編み風ニット帽子の編み方
  1. 鎖目の作り方で長さが50cmから54cmになるまで編む
  2. 向こう側の目のみを拾って細編みをしていく
  3. 頭がすっぽり入るくらいまで編んだら半分に折り、端と端を引き抜き編みをしながらくっつける
  4. ③が終わったら50cm糸端を残してカットし、とじ針で輪を閉じ、絞り、糸を始末し完成

一目ゴム編みを使ってニットやマフラーを作ってみよう!

一目ゴム編みという編み方の専門用語を見るとどうしても苦手意識を持ってしまいますが、簡単に編むことが出来ます。一目ゴム編みを使ってニット帽子やマフラーを作って色々な種類の編み物に挑戦してみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。