INDEX

ワイドスクワットの効果は?

ワイドスクワットの効果①内転筋を鍛え太ももの足痩せ効果

ワイドスクワットの効果として1つ目に紹介するのが、太ももの足痩せ効果に期待が出来るという点です。スクワットにはやり方が数種類あり、その種類によって効果が期待できる箇所が異なります。ワイドスクワットでは複数の筋肉を鍛えることができますが、特に内転筋部分を中心として鍛えることができます。

内転筋は太ももの内側部分にありダイエットをしていても中々落ちない部分の1つですが、ワイドスクワットではこの内転筋を鍛えるため、内ももの足痩せ効果に期待ができます。また内転筋は下半身のバランスを調整する機能を担っているので、内転筋を鍛えることでバランスの良い脚へと導いてくれます。

ワイドスクワットの効果②うれしい美尻効果

ワイドスクワットの効果として2つ目に紹介するのが、美しく引き上がった美尻効果にも期待できるという点です。ワイドスクワットではお尻部分の筋肉である、大臀筋もしっかりと鍛えることができるのでヒップアップすることができます。

太ももとお尻の境目がわからなくなって悩んでいる人や、美しいボディラインをつくりたいという方は多いのではないでしょうか。足痩せと美尻を同時にかなえてくれるワイドスクワットは、女性の美しいボディラインを作る上で特におすすめしたいスクワットといえます。

ワイドスクワットの効果③太りにくい身体づくり

ワイドスクワットの効果として3つ目に紹介するのが、基礎代謝を上げることができることによる太りにくい身体づくりをすることができます。年を重ねることにどうしても基礎代謝というものは落ちていくため、中々脂肪が落ちなくなったり、今までなかった部分に肉がついたと感じる方も多いのではないでしょうか。

ワイドスクワットでは身体の中で最も大きい筋肉の1つである大腿四頭筋を刺激するため、消費カロリーが大きくなります。また継続してワイドスクワットを行い大腿四頭筋を鍛えれば、基礎代謝も上げることができ結果太りにくい身体へと変化していきます。

太もも痩せを目指したい方におすすめの記事を紹介します。下の記事では太ももの付け根に肉がついてしまう原因についてや、痩せるための方法についてをまとめています。原因を知ることでトレーニングもより効率的に行うことができるので、ぜひ足痩せをしたい方はチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 546629683
関連記事 太ももの付け根に肉がつく原因は?太い足の付け根が痩せる方法も

太ももの付け根が太いとお悩みの方いませんか。脚痩せの中でも最もダイエッ

ワイドスクワットの正しいやり方や注意点は?

ワイドスクワットの正しいやり方と注意点①正しい股割りポーズを意識

ワイドスクワットの正しいやり方として1つ目は、正しいポーズを意識してトレーニングをするという点です。通常のスクワットとは異なり股割りのように足を広げて行うワイドスクワットですが、姿勢が正しくないと効果を発揮しないばかりか、身体に負荷がかかってしまう危険性があります。

まずは目標回数をこなすことよりも、無理のない回数を正しいポーズで行う方が大切です。ワイドスクワットに慣れてきたら少しずつ回数を増やしたり、ダンベルなどで負荷をかけていくことでより効率があげることができるのでおすすめです。

ワイドスクワットの正しい姿勢でのやり方手順
  1. 肩幅よりも広めに両足を左右に広げる
  2. 両足のつま先を外側に向けまっすぐ前をみる。胸を張り背筋が伸びた状態にする
  3. ※腕は45度程度上げ、手を軽く握っておく
  4. そのままの姿勢でひざを曲げ、地面と太ももが平行になるくらいまで腰を落とします
  5. ゆっくりと初めの姿勢まで戻します
  6. ※太もも内側に力が入っていることを意識する

ワイドスクワットの正しいやり方と注意点②呼吸も大切

ワイドスクワットの正しいやり方として2つ目は、ワイドスクワットをする際の呼吸のやり方です。はじめの内は呼吸と動きの両方を意識するのは難しいので、最初の内は呼吸を止めずにトレーニングすることを大切に行いましょう。

ワイドスクワットでは腰を落としていく時に息を吸い、腰を上げる際に息を吐いてきます。ワイドスクワットの正しいやり方になれてきたら呼吸方法も意識して、効果アップを目指しましょう。

ワイドスクワットの正しいやり方と注意点③姿勢に意識する

ワイドスクワットをやる際の注意点1つ目は、正しい姿勢をしっかりと意識しながらトレーニングするという点です。このことはトレーニングに対してもいえることですが、崩れた姿勢でトレーニングを行うことは思うように効果が発揮しないだけでなく、身体に負担がかり怪我をしてしまうということも考えられます。

ワイドスクワットの場合は、ひざがまっすぐ前を向いているか腰が曲がってしまってないか、目線はしっかりと前を見ているかなどをしっかりと注意しながらトレーニングを行うようにしましょう。

ワイドスクワットの正しいやり方と注意点④ひざは前にでないようにする

ワイドスクワットをやる際の注意点2つ目は、腰を落としたときにひざの位置がつま先よりも前に出ないように注意するという点です。ワイドスクワットではひざに負担がかかりやすいトレーニングのため、ひざを落とし過ぎないようにすることでひざの負担を最小限に抑えることができます。

正しい姿勢をキープするポイントとしては、自分の後ろに椅子があるようなイメージでその椅子に腰掛けているような気持ちで腰を落とすようにすることで、膝が前にですぎにくくなります。

ワイドスクワットの正しいやり方と注意点⑤股関節が固い方は無理をしない!

ワイドスクワットをやる際の注意点3つ目は、この股割りのように足を広げるのがキツイ人やひざが内側に向いてしまう人は無理してトレーニングを行わないようにするということです。ワイドスクワットでは股関節周辺の柔軟さが重要になってくるため、ここが固いままトレーニングをすると必要以上に負荷がかかってしまいます。

股関節が固いと感じる方や、どうしてもひざが内側に向いてしまうという方は、ワイドスクワットの前後に股関節をほぐすストレッチを取り入れるようにしましょう。決して無理してワイドスクワットをしないように注意しましょう。

ワイドスクワットのような筋トレと一緒に行うことで、より効果を高めることができるのがストレッチや柔軟体操です。身体をほぐしておくことでトレーニングがしやすくなり、腰やひざなどの負担を減らすことができます。下の記事で紹介している体が柔らかくする方法を参考に、全身をやわらかく解しましょう。

Small thumb shutterstock 608932694
関連記事 効果的なストレッチや柔軟体操が知りたい!体を柔らかくする方法31選。

体が硬くて悩んでいる人も多いはず。今回は体を柔らかくする方法やストレッ

ワイドスクワットの効果をあげるコツは?回数や頻度は?

ワイドスクワットの効果アップな回数と頻度①初心者は無理をしない

ワイドスクワットの効果をあげるための回数や頻度というのには、特に決まりがあるわけでないので無理しない範囲でトレーニングを行うことが大切です。しかしながら特に足の筋トレはやりすぎると、筋肉がつきすぎてしまい反対に足が太くなってしまったということにもなりかねません。

足痩せを目標としてワイドスクワットを行うのであれば、10~25回程度を目安に行っていくのがおすすめです。何より1番大切な事は自分自身が無理なく続けることができる回数であることが大切なので、実際にワイドスクワットを行う中で自分が適切だと感じる回数を見つけるのが、なによりも効果的だといえます。

ワイドスクワットの効果アップな回数と頻度②毎日継続して行う

足痩せやヒップアップ効果を期待するのであれば、ワイドスクワットを毎日続けていくことが大切です。ワイドスクワットはダンベルなどで負荷をかけて行うことも可能ですが、基本の自重でのトレーニングであれば負荷はそこまでかからないトレーニングです。

そのため筋肉への負担も軽いため毎日ワイドスクワットを行っても問題ありません。またトレーニングを始めたばかりの頃は筋肉がつき太ももなどが太くなったと感じるかもしれませんが、毎日続けることで引き締まった美脚へと変わっていきます。ある程度継続し続けることが大切です。

ワイドスクワットの効果アップな回数と頻度③負荷をプラスしよう

ワイドスクワットをしばらく継続して続けていくと、自重だけだと負荷がかからないと感じる方におすすめなのがダンベルなどを利用して負荷をプラスするやり方です。ダンベルなど自重以外で負荷をかける方法は、ある程度筋トレなどに慣れてきてから行うようにしましょう。

ダンベルを使用してワイドスクワットをする場合には、適度な重さのダンベルやペットボトルなどを利用して基本のワイドスクワット同様にトレーニングをするようにしましょう。自重トレーニングよりも、より太ももの筋肉を鍛えることができます。

下の記事ではダイソーやセリアなどの100均で購入することの出来る、ダンベルなどの色々な筋トレグッズをたくさん紹介しています。トレーニング方法についても紹介しているので、ぜひワイドスクワットトレーニングと共に色々なトレーニングに挑戦してみませんか。ぜひこちらの記事と合わせて参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 571370923
関連記事 100均のダンベル他筋トレグッズ19選!ダイソー・セリア別!トレーニング方法も!

夏にかけて薄着になってくると気になる二の腕です。二の腕と言えばダンベル

ワイドスクワットの正しいやり方で足痩せ効果アップを目指そう!

ワイドスクワットの正しいやり方や注意点、効果アップのコツなどについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。中々痩せにくい太ももの内側部分も、内転筋を鍛えてくれるワイドスクワットなら太ももの足痩せに期待ができます。

また太ももの足痩せだけでなくヒップアップや基礎代謝が上がることで太りにくい身体づくりができるので、ダイエットとしても効果を発揮してくれます。ぜひワイドスクワットを習慣の中に取り入れて、美脚づくりに挑戦してみてください。

ワイドスクワットと並行して行うことで、より足痩せ効果をアップすることができるのがマッサージです。下の記事ではおすすめのマッサージオイルについてまとめています。むくみ解消や足痩せ効果を期待できるものまで効果も様々なので、ぜひチェックしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。