INDEX

感性とは?

五感を通して状況を認識する感覚

感性とは、五感を通して状況を認識する感覚のことをいいます。「感性豊か」、「感性が敏感」など様々な使い方をされますが、人が物事に対して受ける印象を総じた意味です。人は、生まれながらに感性を持っています。それぞれ違った感じ方や理解の仕方、表現の得意不得意があります。

また、カント哲学では感性的直観の形式としての時間・空間に規定された現象界・感覚界ともいわれるようです。この感性があるとどのようなことがあるのか、みていきましょう。

感性を養うには

感性を養うには、時間と努力が必要になります。生活をしている中で、感性を刺激するような経験や知識が必要です。少しづつの積み重ねで、自分の感性が高まるのです。

感性を磨くことで得られるメリットは?

感性を磨くことで芸術的センスを得られる

感性を磨くことで得られるメリット1つ目は、芸術的センスがあります。人はそれぞれ独自の価値観があり、物事に対しての解釈が異なります。感性が高い人は感動する力が大きく、五感をフルに使って多彩に感じとる事が得意です。独自のセンスを持った感性は、誰にも真似できないオリジナリティの高いものになります。

感性を磨くことで人生が豊かになる

感性を磨くことで得られるメリット2つ目は、人生が豊かになります。感受性が強いので小さなことにも感動したり感謝することができます。季節の移ろいや草花の香りなどの変化を楽しむことができます。また、人の繊細な機微を感じることができようになり、思いやりをもって接することが得意なので人間関係が良好になります。

感性を磨くことで人として成長する

感性を磨くことで得られるメリット3つ目は、人として成長できます。感性を磨くことは外から刺激を得て、内側からアウトプットをすることです。そのためには、新しいことを学んだり、経験を通して磨いていくのです。好奇心や向上心を持ち、自分の心に素直になり様々な事に挑戦することで、人間的にも深みがでてきます。

感性を磨く方法7選

感性を磨く方法①芸術に触れる

感性を磨く方法1つ目は、芸術に触れることです。美術、音楽、演劇などジャンルは問いませんが、本物の芸術に触れることで直感的、感覚的に何かを感じ取る能力を高めることができます。感性を磨く方法で一番ベーシックになります。人を感動させる芸術に触れ、センスも同時に養うことができます。

感性を磨く方法②本を読む

感性を磨く方法2つ目は、本を読むことです。新しい情報の収集や異なる価値観や思想などに触れることで物の見方に変化が訪れます。文章を読み想像力で物語を読むことで、自分とは違った人生を疑似体験できます。また、歴史や科学などの本には、既成概念を超えた新しい価値観や人生の教訓を学ぶことができます。

感性を磨く方法③旅行をする

感性を磨く方法3つ目は、旅行をすることです。自分が旅したことのない土地へいきましょう。知らない場所へ行くと地図を見たり、目的地を探したりと脳内が活発化します。洞察力や判断力、直観力などを使う事によって新しい発見やプチ成功体験、コンフォートゾーンから抜けだす事ができます。

また、旅行をする時はひとりで行くのがオススメです。ひとりの方が自分と対話する時間も増え、行きたい場所に自由に行けます。自己の欲求に素直になりましょう。また、地元の人達との会話や車内広告のメッセージ、地域情報誌のコラムなど思いもよらぬ処で、あなたの感性を刺激するモノに出会うかもしれません。

言葉や文化が全く違う国に旅行すると、慣れ親しんだ環境から外れることができます。これをコンフォートゾーンから抜ける出すことをいいます。詳しく書いてある記事が下記にありますので、紹介しますね。凝り固まった価値観を外して、眠っている感性を目覚めさせましょう。

感性を磨く方法④創造活動をする

感性を磨く方法4つ目は、創造活動をすることです。気負わずに簡単なものでも大丈夫です。料理、裁縫、DIY、イラスト、作詞、楽器を演奏するなどジャンルは問わず、興味のあるものに挑戦してみましょう。まずは、自分の中にあるアイディアをアウトプットする練習です。感性の磨き方の中でも重要なプロセスです。

本やYouTubeを見ながら始めるのも良いですが、思い切ってワークショップに参加するのもオススメです。創作活動を知らない人と同じ空間で経験することで、新しい刺激を得れることができます。

感性を磨く方法⑤真似をする

感性を磨く方法5つ目は、真似をすることです。人は真似て学びます。たとえば、絵を上達する近道は、真似て描くことです。たとえば、ゴッホはドラクロワ、ミレー、日本の浮世絵などを模写し、色彩や遠近法などの技法を習得しました。その結果、ゴッホのオリジナルの世界観を表現しています。

感性を磨く方法⑥日記を書く

感性を磨く方法6つ目は、日記を書くことです。頭で考えてることを言語化し視覚化することが重要です。このプロセスは創造活動でとても役に立ちます。ノートに自分から湧き出るものを書き留め、分析してみます。イラストを描いたりマスキングテープなどでデコレーションするのもいいでしょう。

自分の感性をノートに表現することと同時に、情報の整理ができます。本当に自分がやりたいこと、ほしいもの、行きたい場所などを明確化する作業が自分の「好き」を見つけ、独自の感性を磨くことに繋がります。また、「好き」に出会うことで、激しい感情が揺さぶられ眠っていた感性が呼び起こされるのです。

可愛くておしゃれなノートの書き方について、下記で紹介しています。アートなノートを作ってみたい方は是非読んでみてくださいね。色とりどりのペンやシールなどを使ってオリジナルで自分を表現してみましょう。

Small thumb shutterstock 579867070
関連記事 可愛い・おしゃれなノートの書き方5選|日記や手帳・ノートの使い道も!

近頃Instagramでおしゃれ可愛い楽しそうなノート・手帳をアップし

感性を磨く方法⑦発信する

感性を磨く方法7つ目は、発信することです。創造活動したものを世の中に発信していきましょう。他の人に見られることによって、人を感動させたり、人に様々な影響を与え、フィードバックを受けることになります。自分自身を表現して感性を養うという磨き方です。他の人からの意見にも耳を傾けてみましょう。

また、「好き」や「嫌い」という抽象的な感情を形あるものとして表現することは、簡単なものではありません。このプロセスは、インプットした情報と自分の感性を表現する大事な磨き方のひとつです。

感性の磨き方での注意点

感性の磨き方のインプットとアウトプット

豊かな感性を養うには、インプットとアウトプット

豊かな感性を養うには、インプットとアウトプットが必要になります。この2つを繰り替えしていくことで、研ぎ澄まされたオリジナリティ溢れる感性が誕生するからです。誰にも真似できないあなただけのセンスは、仕事をするにしても、人間関係を構築するにも強い武器になります。

感性の磨き方の近道は感性の高い人に聞く

感性の磨き方を学ぶには、感性が高い人に聞くことが近道です。見て、聴いて真似するだけでなく、直接尊敬する人に聞くことも大切な磨き方です。自分の世界に籠らずに、他の人から優れた感性を盗み、自分のものにしていくことは感性のアップグレードになります。

感性を養うには楽しみながら

感性を養うには、楽しみながら磨きましょう。心の底から興味が沸き、感動したりしない限り、感性とは磨かれません。しっかりと、自分の好きなものを追求しましょう。受け止め方はひとりづつ違います。他の人と比べずに、自分の素直な気持ちを大切にしてください。

感性とは鈍化する

疲れていたり、気分がふさぎ込んでいると感性が鈍化します。たとえば感動的なシーンで何も感じない、人の気持ちが急にわからなくなってしまうことになってしまいます。そんな時は、一度心と体を休め、感性は鍛えることができるので感性の磨き方を①から順に取り入れてみましょう。

感性を磨くことができる仕事は?

感性を磨くことができる仕事①役者

感性を磨くことができる仕事1つ目は、役者です。役者は、自分以外の人になりきって演技をします。役作りの為に参考になる本や時代背景を学び、性格や人間関係での位置づけなども脚本を基に想像して作りあげていきます。また、台詞や動きと一緒に表情や声のトーンなどで感情を表現するのです。

これは感受性を大いに発揮する仕事ですね。多くの役者は演技だけでなく歌やダンス、楽器の演奏なども得意としています。自分の感性を磨くとともに様々な表現力が磨かれる仕事です。

感性を磨くことができる仕事②芸術家

感性を磨くことができる仕事2つ目は、芸術家です。芸術家は自分の中にある抽象的なイメージを形づけます。目に見えないものを表現し、その作品を通して人々を魅了することができます。いつまでも高い感性を養うことができるお仕事です。

感性を磨くことができる仕事③セラピスト

感性を磨くことができる仕事3つ目は、セラピストです。人の気持ちが手に取るようにわかる才能が発揮される職種は、あなたの感性をさらに高めることができるといえます。カウンセラーや心理学者、ヒーラーなどは人の悩みを共感し癒す、解決を導く手助けをします。ただ、感情移入しすぎて疲れすぎないように注意が必要です。

感性を磨くことができる仕事④研究者

感性を磨くことができる仕事4つ目は、研究者です。意外かもしれませんが、研究職は常に最先端の情報を基に新しい学説や実験を繰り返します。また、既成概念に捉われないで新仮説を立て立証していくお仕事です。その為、感性を磨きつつ同時に養うこともできるお仕事です。

感性を磨いてスーパーオリジナルな自分に出会おう!

感性を磨く方法は時間がかかるものかもしれませんが、一度手に入れれば一生モノになります。他の人の気持ちが手にとるようにわかり、日常で些細なことに感動できるなんて、とても美しい心の持ち主ですよね。

また、デザイナーや画家などもオリジナルの感性と表現する技法を身に付け、表現し続けたのです。表現しない限り、生み出せないのです。この過程は時には苦しいかもしれませんが、満足のいくものが完成できた時の達成感や充実感は他では味わうことはできません。

この素晴らしい感性を養うと、人から一目置かれるようになっていきます。知識や技術は学べば誰でも同じレベルに到達します。しかし、そこに差がでるのが感性であり、センスです。どんなシーンにも感性が活かされ機会があります。オリジナリティ溢れる才能で、周りの人にいつでも素敵な影響を与えられるといいですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。