INDEX

「訴求」の意味は?

「訴求」の意味とは「相手の気持ちに訴えかけて行動を求めること」

訴求効果のある広告を打ち出そうとする人の画像

「訴求」の意味とは「相手の気持ちに訴えかけて行動を求めること」です。訴求という言葉は主に広告業界や商品セールスなどの宣伝に関する分野で使われる言葉であると言われています。

商品やサービスの強みや持ち味を消費者などに対して強く訴えかけて、自社の商品などの購入を促進させる際などに「当社の商品を強く訴求していこう」などと使われる言葉です。

「訴求」のそれぞれの漢字の意味

「訴求」のそれぞれの漢字の意味を調べる辞書の画像

「訴求」のそれぞれの漢字の意味を把握することで、「訴求」という言葉をより深く理解できると言われていますので、詳しく見てみましょう。「訴」という漢字には、「裁きを求める」、「相手に知らせる」といった意味合いがあります。「訴」という漢字は、音読みで「そ」と読み、訓読みでは「うったえる」と読みます。

また、「求」という漢字には「物事を求める」、「真ん中に向かう」といった意味合いがあります。「求」という漢字は音読みで「きゅう」や「ぐ」と読み、訓読みで「もとめる」と読みます。

「訴求」の読み方は「そきゅう」

訴求の効果を最大限に引き出そうとする人の画像

「訴求」の読み方は「そきゅう」です。今までに訴求という言葉に馴染みがない方にとっては、訴求という漢字が読みづらいと感じるケースが少なくありません。また、口頭で話をしている時に「そきゅう」という言葉を聞いたとしても「訴求」という言葉が頭に思いうかばない人も少なくないと言われています。

そのため、この機会に「訴求」という文字と「そきゅう」という読み方をセットで覚えておくことで、今後「訴求」という言葉に出くわした時に、すぐに意味やイメージが連想できると言われています。

ちなみに、何かを見聞きした際に、別のものをイメージしてしまうことを「彷彿とさせる」や「彷彿させる」などと表現されます。以下の記事では、そんな彷彿とさせるという表現について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 540159820
関連記事 彷彿とさせる(ほうふつとさせる)の意味とは?彷彿させる/彷彿する

「彷彿とさせる(ほうふつとさせる)」と「彷彿させる」の違いをご存知です

「訴求」の使い方は?

「訴求」の使い方①宣伝に力を入れてさらに商品を訴求していこう

宣伝に力を入れてさらに商品を訴求していこうと相談する人の画像

「訴求」の使い方の1番目は、「宣伝に力を入れてさらに商品を訴求していこう」という使い方です。商品は多くの場合、企業に利益をもたらすために作られるものですが、それと同時に、消費者の役に立つものでなければなりません。

なぜなら、世の中から必要とされない商品は売れないからです。売れない商品は企業に利益をもたらしません。そのため、商品には役立つ要素や魅力が不可欠です。その一方で、商品自体に魅力があっても、その商品の存在や魅力が消費者に伝わっていなければ、その商品が購入されることはありません。

このようなことから、商品の存在と魅力を強くアピールして、広く商品の価値を知ってもらうために、宣伝を活用して、商品の良さを知ってもらおうという意味合いが「宣伝に力を入れてさらに商品を訴求していこう」という言葉には込められています。

「訴求」の使い方②価格だけでなく高級感も訴求してはどうだろうか

価格だけでなく高級感も訴求してはどうだろうかと言う人の画像

「訴求」の使い方の2番目は、「価格だけでなく高級感も訴求してはどうだろうか」という使い方です。商品の中には、低価格を強みとして多くの人に魅力を訴えるものも少なくありません。価格が安いということは、その分消費者も購入しやすいことから、価格の安さは大きな魅力となります。

その一方で安さにこだわる余り、商品自体の魅力が薄れたり、安っぽさが出たりすると、販売力が鈍るケースがあります。そういった場合に、低価格でありながら、高級感を演出することで、商品の販売を伸ばすことができるケースがあります。

このようなことから、「この低価格で、このリッチ感」といった趣旨で商品を訴求することによって、消費者に対してさらなる魅力を提案できることがあります。「価格だけでなく高級感も訴求してはどうだろうか」という例文は、このように商品の販売をさらに伸ばしたい時に見受けられる使い方です。

「訴求」の使い方③デザイン性を訴求することで若年層も狙っていこう

デザイン性を訴求することで若年層も狙っていこうという人の画像

「訴求」の使い方の3番目は、「デザイン性を訴求することで若年層も狙っていこう」という使い方です。ある商品がヒットして、継続的な利益を上げている場合、商品を販売している企業としては、そのヒット商品を利用してさらに利益を伸ばしたいと考えるケースが多いと言われています。

そのような時に考えられる方法が商品を購入してくれる新しいターゲット層です。これまでは50代以上の女性に人気のあった下着でも、少しデザイン性にひねりを加えると若年層もターゲットに加えられる可能性があります。

このように既にヒットした商品にさらなる改良をして、新しいターゲット層を狙いたいという状況の時に、「デザイン性を訴求することで若年層も狙っていこう」といった使い方がされることがあります。

「訴求」の使い方④CMにタレントを起用して訴求することを検討しよう

CMにタレントを起用して訴求することを検討しようと話し合う人達の画像

「訴求」の使い方の4番目は、「CMにタレントを起用して訴求することを検討しよう」という使い方です。ある商品をヒットさせたいと願う企業にとって、テレビCMを使って商品を訴求することは、大きなメリットがあります。

テレビCMの効果は絶大だと言われていることから、その広告費、宣伝費は莫大なものになりますが、それを補って余りある利益が確保できると考えた場合に、企業の中にはテレビCMの活用を前向きに考えるケースがあります。テレビCMを放送するだけでも強力に商品を訴求することができます。

ちなみにテレビCMに起用する際のタレントの印象によって、商品の訴求効果は大きく異なると言われています。人に与える印象の効果はとても大きく、特に第一印象はその後の評価にも大きく影響すると言われています。以下の記事では、そんな第一印象について詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 293193293
関連記事 第一印象を良くする方法8選|初対面の人に好印象を与える重要性は?

第一印象を良くすることはその後の人間関係や環境づくりのために大切です。

「訴求」の類語は?

「訴求」の類語①アピール

うまくアピールして仕事を成功させた人の画像

「訴求」の類語の1番目はアピールという言葉です。物事の長所やメリット伝えるアピールという言葉は、商品やサービスなどの良さを訴えるという意味合いの訴求の類語であると言われています。

「商品の良さをアピールする」という表現と、「商品の良さを訴求する」という表現は、ほぼ同じ意味合いとなり、ニュアンスも損なわれないと言われています。

「訴求」の類語②営業

営業が成功した人の画像

「訴求」の類語の2番目は営業という言葉です。営業をする時は、自社の商品やサービスなどの長所を相手に訴えかけて、購入につながるような努力をします。そのため、商品の良さや魅力を訴えるという意味の訴求するという言葉の類語であると言われています。

営業は商品を販売するために重要な要素であり、営業マンの腕によって、商品が売れるか売れないかに大きな差が出るとも言われています。営業には、地道に訪問を繰り返す訪問営業や、たくさんの電話をかけて営業の約束をとりつける営業電話などがあります。

ちなみに以下の記事では、営業電話の話し方について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。営業電話の基本や、営業電話をかける際の準備について紹介している記事です。営業電話で話す際のコツなどについても詳しくお伝えしているので、社会人としての基本スキルを身につけるのに役立つ内容になっています。

Small thumb shutterstock 400217065
関連記事 営業電話の話し方12選|基本や準備と上手く話せるようになるコツも

営業電話はとても難しく、苦手意識を持っている人が多いと言われています。

「訴求」の類語③提案

提案する人の画像

「訴求」の類語の3番目は提案という言葉です。提案とは、相手に対して何らかの案を出すことを意味します。また、商品などを販売する際にも、「今回、ご提案する商品はこちらです」などといって、商品を販売するケースが多く見受けられます。

このようなことから、提案という言葉には、商品やサービスの良さを訴えて、相手に対して「この商品を購入されてはいかがでしょうか?」といった提案をすることであると理解することができます。

これらのことから、訴求という言葉のもつ商品の良さや魅力を訴えるという意味合いに類似していることから、提案という言葉は訴求の類語であると考えられています。

「訴求」の英語表現は?

「訴求」の英語表現①商品の良さを訴求する

「訴求」の英語表現を解説する人の画像

「訴求」の英語表現の1番目は、「商品の良さを訴求する」という意味の「Appeal the merit of product.」という英語表現です。「Appeal」という英単語によって、訴求という意味を表現しています。

アピールという言葉は日本語でもよく使われるので、イメージしやすい例文であると言われています。このように日本語としても使われる英語表現は、すぐに意味が理解できるので、英語表現にする際にも頭に浮かびやすいと言われています。その一方で、日本語は複雑なので、英語表現にすることが難しいとの意見もあります。

以下の記事では、そんな英語表現にすることが難しいと考えられている「黄色い声」という言葉についてお伝えしています。以下の記事では、黄色い声という言葉の意味や語源や、英語表現について紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。なぜ声が黄色で表されるのかといった理由もお伝えしています。

「訴求」の英語表現②この宣伝には客に対する訴求力がある

この宣伝には客に対する訴求力がある

「訴求」の英語表現の2番目は、「この宣伝には客に対する訴求力がある」という意味の「This advertisement has the power to appeal to customers.」という英語表現です。

「the power to appeal」という英語表現によって、「訴求する力」という意味を表現しており、ビジネスシーンなどでよく使われるフレーズであると言われています。

訴求するという言葉の意味を理解して正しく使いこなしましょう

訴求するという言葉は、日常生活で使わない人も多いことから、意味や使い方、読み方がわからないという人も少なくありません。しかし、こういった言葉を理解しておくことで、ふとした時に社会人としてしっかりとした人物であるというアピールができますので、訴求するという言葉の意味を理解して正しく使いこなしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。