INDEX

嬉しいの類語は?

嬉しいの類語①喜ばしい

喜ばしいことがあった人の画像

嬉しいの類語の1番目は、「喜ばしい」という言葉です。「嬉しい」という言葉には「自分にとって良い状況」や「喜ばしい」という意味合いがあります。

「喜ばしい」という言葉にも「嬉しい」という意味や「喜びを表すべき状況」といった意味合いがあることから、「喜ばしい」という言葉は「嬉しい」の類語であると言われています。相手が「嬉しい」と感じていると自分にとっても喜ばしいと感じる人は多いと言われており、嬉しさを表現することは大切であると言われています。

ちなみに以下の記事では、男性が嬉しいと思う女性の可愛いわがままについて詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。わがままはわがままでも、うざいと思われるわがままと嬉しいと思われるわがままがあります。そのため、男性にとって嬉しいと思われるわがままを知りたい方におすすめの記事です。

Small thumb shutterstock 645212389
関連記事 男性が嬉しいと思う可愛いわがまま10選!うざいと思う彼女のわがままも

男性が嬉しいと思う彼女の可愛いわがままと、うざいと思うわがままにはどん

嬉しいの類語②嬉々たる

「嬉々たる」という言葉に含まれる意味の「笑ったり楽しんだりする様子」のカップルの画像

嬉しいの類語の2番目は、「嬉々たる」という言葉です。「嬉々たる」という言葉には「笑ったり楽しんだりする様子」や「喜んで嬉しがる様子」といった意味合いがあることから、「嬉しい」という言葉の類語であると言われています。

ちなみに「々」という字は、漢字ではなく記号であると言われています。「々」は、「踊り字」や「同の字点」と呼ばれている、繰り返すことを意味する記号です。「々」という字がカタカナの「ノ」と「マ」が組み合わさって書き表すことができるため、「ノマ点」などと呼ばれることもあります。

この「々」という記号は、同じ字を繰り返して使う時に用いられて、繰り返す対象となる文字の意味を強調する役割を果たします。そのため、「嬉々たる」という言葉は「嬉しい気持ち」を強調して、より強い意味合いで言い表した言葉であることから、嬉しいの類語であると言われています。

嬉しいの類語③気持ち良い

気持ち良いと感じている人の画像

嬉しいの類語の3番目は、「気持ち良い」という言葉です。「気持ち良い」という言葉には「心や体の状態が良い様子」や「よい気持ち」、「好ましい様子」といった意味合いがあることから、「嬉しい」という言葉の類語であると言われています。

気持ちが良い時には、体の状態が良いことが多く、色んなことに対して前向きに考えられる傾向が見られやすいと言われています。その一方で、精神的に辛い状況や気持ちが落ち込んでしまっている時には、物事に対して悲観的になりやすいと言われています。

ちなみに以下の記事では、精神的に辛い時の対処方法や失恋の乗り越え方、気持ちが楽になる本などについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。人生で辛いと感じる瞬間や、気持ちが辛い時にやってはいけない乗り越え方なども合わせて紹介しているので、今後のために役立てていただける記事になっています。

Small thumb shutterstock 556918507
関連記事 精神的に辛い時の対処法20選!失恋の乗り越え方や気持ちが楽になる本は?

精神的に辛い時は誰にでもあります。そんなときの対処法や乗り越え方につい

嬉しいの類語④楽しい

楽しい気分の人の画像

嬉しいの類語の4番目は、「楽しい」という言葉です。「楽しい」という言葉には「心が充足している」や「愉快な感情」という意味合いがあります。また「嬉しい」という言葉にも、「満足である」や「愉快な」といった意味合いがあることから、「嬉しい」という言葉と「楽しい」という言葉は類語であると言われています。

「嬉しい」や「楽しい」と思うことは、日常の暮らしの中であまりないと感じている人もいれば、毎日を生き生きと楽しそうに暮らしている人もいますので、「その違いはどういったところにあるのか?」と疑問に思っている人も少なくないと言われています。

以下の記事では、「何か楽しいことないかな?」と思う人の特徴や心理について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。また「何か楽しいことがないかな?」と思う人が、毎日を楽しく過ごすコツやおすすめの趣味、おすすめの運動なども紹介していますので、日々を楽しく過ごすための参考になさってください。

Small thumb shutterstock 252025963
関連記事 何か楽しいことないかなと思う心理は?いいことないかな/なんかないかな

何か楽しいことないかな、いいことないかな、面白いことないかなと思うこと

嬉しいですの敬語表現は?

嬉しいですの敬語表現①嬉しい限りです

電話で嬉しい限りですと伝える人の画像

嬉しいですの敬語表現の1番目は「嬉しい限りです」という表現です。「嬉しい限りです」という言葉の意味は、「これ以上ないほど嬉しいと思います」という意味です。「限り」という言葉が「限度」、「限界」といった意味合いになることから、「嬉しさがこれ以上ない」といったニュアンスが含まれると言われています。

「嬉しい限りです」という言葉は対面での会話でも使われますが、表情や仕草が伝わりにくいとされる電話での対応時にもよく使われると言われています。「嬉しい限りです」と強調することで、表情や仕草が伝わらない電話でのコミュニケーションをカバーしていると考える人もいます。

「嬉しい」という言葉は形容詞であることから、「嬉しい」には敬語表現が存在しないと言われています。「嬉しい限りです」という言葉を、より丁寧に表現したい場合には「喜ばしい限りです」という表現もありますので、状況や使う相手によって使い分けてください。

嬉しいですの敬語表現②嬉しく思いますの謙譲語「嬉しく存じます」

顧客に対して「嬉しく存じます」と伝えるビジネスマンの画像

嬉しいですの敬語表現の2番目は、嬉しく思いますの謙譲語である「嬉しく存じます」という表現があります。「存じます」という表現は、「思います」という言葉の謙譲語に、丁寧語の「ます」を付けた使い方です。そのため「嬉しく存じます」という表現には「嬉しいと思います」といった意味合いが込められます。

ちなみに謙譲語とは、目上の人に対する自分の行為について、へりくだった表現をすることで目上の人の顔を立てる言葉のことです。

嬉しいですの敬語表現③幸いです

「書類を送り返していただけると幸いです」と伝える女性の画像

嬉しいですの敬語表現の3番目は、「幸いです」という表現です。「幸いです」という表現は、ビジネスシーンや目上の人に対して、何かのお願いする時に使われることが多いと言われています。

例えば、目上の人に対して「書類を送り返してください」と言うと、失礼であったり、角が立ったりするというケースは珍しくありません。

そういう時に「書類を送り返していただけると幸いです」といった表現で言い表すことによって、相手の顔を立てつつ、柔らかい表現にすることができることから、ビジネスシーンでは頻繁に使われる表現であると言われています。

嬉しいですの敬語表現④光栄です

「褒めていただけて光栄です」と答える女性の画像

嬉しいですの敬語表現の4番目は、「光栄です」という表現です。「光栄です」という表現は、かしこまった場面や、目上の人から喜ばしいことをしていただいた際に使われることが多いと言われています。

例えば、目上の人から褒めていただいた時には、「褒めていただいて嬉しいと思います」と言うよりも「褒めていただけて光栄です」と表現した方が、より相手に対する敬意を表せると言われています。

嬉しいですの敬語としての使い方や例文は?

嬉しいですの敬語としての使い方①有難いお言葉をいただき嬉しい限りです

「有難いお言葉をいただき嬉しい限りです」と言う女性の画像

嬉しいですの敬語としての使い方の1番目は、「有難いお言葉をいただき嬉しい限りです」という表現です。この表現は、ビジネスシーンでよく見受けられる表現です。取引先や上司などから、能力を評価していただいた時などに使われる表現です。

例えば、取引先の人から「御社の商品にとても魅力を感じましたので、うちの会社でも取り扱いを始めさせていただけないでしょうか?」などといった申し出があった場合などです。こういった申し出を受けた際には、「有難いお言葉をいただき嬉しい限りです」という表現で返事をするケースが多く見受けられます。

ちなみにビジネスシーンでは、建前も重要であるとされるので、こういうった申し出に対して断るケースであったとしても、「有難いお言葉をいただき嬉しい限りですが…」といった前置きをしたうえで丁重にお断りをするケースも珍しくありません。

嬉しいですの敬語としての使い方②お役に立てたことを大変嬉しく存じます

上司に対して「お役に立てたことを大変嬉しく存じます」と伝えるビジネスマンの画像

嬉しいですの敬語としての使い方の2番目は、「お役に立てたことを大変嬉しく存じます」という表現です。この表現は、礼儀を重んじる相手やビジネスシーンなどで多く見受けられる表現です。礼儀を重んじる人の中でも目上の人に対して、何かの貢献をした時などに使われる表現です。

例えば、目上の人から頼まれごとをして、それに対して一生懸命に力を尽くし、目上の人から喜びの言葉やお褒めの言葉をいただいた時に「そう言っていただけて嬉しく思います」といった返答をする時に使われます。

目上の人から「君は本当によくやってくれた。感謝しているよ」などと言っていただけた際に、「お役に立てたことを大変嬉しく存じます」という表現で返事をする際などに使われます。

嬉しいですの敬語としての使い方③ご理解いただけますと幸いです

大勢の人が集まる場で「ご理解いただけますと幸いです」という人の画像

嬉しいですの敬語としての使い方の3番目は、「ご理解いただけますと幸いです」という表現です。「ご理解いただけますと幸いです」というフレーズは、大勢の人が集まる場で相手に理解を求める際に使われることが多い表現です。

例えば、新しいマンションを建てる時など、大規模な工事や住環境の変化を生じさせる仕事を進める場合には、社内の関係部署のみならず、取引先や周辺住民などの理解が必要な場合があります。

特に周辺住民から「景観が悪くなる」、「日当たりが悪くなる」などと言って反対運動などが起こると面倒なことになりますので、あらかじめ住民説明会や文書によって、「この度のマンション建設について、ご理解いただけますと幸いです」などと伝えておくことが無難であると考えられています。

嬉しいですの敬語としての使い方④そのような賞をいただき光栄です

「そのような賞をいただき光栄です」と挨拶した人を称える人達の画像

嬉しいですの敬語としての使い方の4番目は、「そのような賞をいただき光栄です」という表現です。この表現は、スポーツ界や芸能界などでよく使われる表現です。

スポーツの分野や芸能の分野では、特に優れた成績を残した人や、大きな影響を及ぼした人物に対して、何らかの賞が贈られることが珍しくありません。そういった賞をいただいた人物が「そのような賞をいただき光栄です」といったコメントを残すケースが多く見受けられます。

嬉しいですの類語や敬語を把握して適切に感情表現をしましょう

嬉しいですという気持ちを表すことは、相手にとっても嬉しく思うことが多いと言われています。特にビジネスや礼儀を重んずる相手に対しては、きっちりと嬉しく思う気持ちを表しておくことが、今後の人間関係や仕事にも良い影響を及ぼすと言われています。

間違った意味で使ってしまったり、場違いな表現をしてしまったりすることがないよう、「嬉しいです」の類語や敬語を把握して、その状況に応じた適切な感情表現をしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。