INDEX

略儀の意味とは?

略儀とは「踏むべき手続きを省略したやり方」という意味

挨拶

略儀とは「踏むべき手続きを省略したやり方」という意味をもちます。略儀(りゃくぎ)の「略」は省略の意味、「儀」は踏むべき手続きという意味をもっていて、両方合わせると「踏みべき手続きを省略したやり方」という意味になります。

「略儀ながらは」は会えないときに使うフレーズ

ペン

「略儀ながらは」は会えないときに使うフレーズです。「略儀ながら」の「ながら」は、「〜しながら」という意味ではなく、「〜にもかかわらず」「〜ではありますが」という意味を持ちます。「略儀ながら」は、「本来直接お会いして申し上げるべきところですが、まずは省略してお伝えします」という意味を表します。

結びの言葉で慣用句のように使う

チェックリスト

略儀は、慣用句のように使える結びの言葉です。本来お会いしたい気持ちは伝えますが、あとから直接伺う予定がなくても使うことができます。この後には「お礼申し上げます」「ご挨拶申し上げます」「お詫び申し上げます」など、挨拶やお礼、お詫びの内容にあった言葉で締めくくって使います。

結びの言葉となりますので、文頭や文末では使わないのでご注意くださいね。略儀ながらというフレーズは、さまざまな場面でメールやお手紙、書面などで幅広く使うことができますので、次のパートから例文を踏まえて細かくみていきましょう。

略儀ながらの使い方例文8選

略儀ながらの使い方例文①「略儀ながら書面にて」の挨拶

花

略儀ながらの使い方例文の1つ目は、「略儀ながら書面にて」の挨拶をする場合です。就任や退任、転任の挨拶をするときや、季節の挨拶でもよく使われます。「この度私〇〇は、今月付を持ちまして、本社勤務に転任することとなりました。こちらの営業所は本当に温かくて、毎日皆さんと仕事をするのが何よりの楽しみでした。

これからは毎日お会いできなくなりますが、また全国会議やプロジェクトなどで、ご一緒させていただけることを楽しみにしています。3年間本当にありがとうございました。略儀ながら書面にてご挨拶申し上げます。」

略儀ながらの使い方例文②「略儀ながら書中にて」の御礼

プレゼント

続いてご紹介する略儀ながらの使い方例文の2つ目は、「略儀ながら書中にて」の御礼をする場合の例文です。御礼状や御礼メールでも使うことができるので、便利なフレーズだと覚えておくと良いですよ。御礼の場合には「まずは」を前につけるとより丁寧な印象になります。「この度はご注文いただきありがとうございました。

とてもお似合いだったので、毎日愛用していただけると私どももとても嬉しいです。またお近くにお越しの際は、お店に遊びにいらしてくださいね。まずは略儀ながら書面にて、御礼を申し上げます。」

略儀ながらの使い方例文③「略儀ながらメールにて」の御礼

ビジネス

略儀ながらの使い方例文の3つ目は、「略儀ながらメールにて」の御礼文です。メールだとお手紙よりももっと気軽に送ることができるので、普段から重宝できるでしょう。特にビジネス関係の方に送るメールの文末に結びの句として「略儀ながら」を入れることができたら、メール全体の格が上がるのでぜひ積極的に使いましょう。

「本日は御社にお伺いさせていただき、誠にありがとうございました。お話を伺う中で、これからのビジョンや方向性が明確になったと感じています。まとめたものを明日中にメールさせていただきますので、少々お待ちくださいませ。まずは略儀ながらメールにて、御礼申し上げます。」

略儀ながらの使い方例文④「略儀ながら書中をもって」の御礼

パーティー

続いてご紹介するのは、略儀ながらの使い方例文の4つ目「略儀ながら書中をもって」の御礼文です。御礼状の最後に付け加えることで、結びの言葉となるのでよく見受けられます。「書面にて」「書中にて」「書中をもって」は同意義語となりますので、しっくりくる言い回しを使ってくださいね。

「先日は弊社に立派なカニをお送りいただき、ありがとうございました。全社員でカニ鍋をして美味しくいただき、この上なく幸せな時間を過ごすことができました。おかげさまで団結力も高まり、納品までの2週間をチーム一丸となって乗り越えていきたいと思っています。略儀ながら書中をもって、御礼申し上げます。」

略儀ながらの使い方例文⑤「略儀ながら書面にて」のお詫び

トラブル

略儀ながらの使い方例文の5つ目は「略儀ながら書面にて」のお詫び文です。本来お詫びをする場合には、直接お会いして伝えたいところですが、止むを得ず伺えない場合もあるでしょう。その場合には「本来直接お詫びを申し上げるべきですが、失礼ではございますが手紙やメールにてお詫び申し上げます」という意味で使います。

「この度は弊社のシステムでご迷惑をおかけして、誠に申し訳ありませんでした。少しでも早く原因究明をし、今後はこのようなことがないように努めていく所存です。まずは略儀ながら書面にてお詫び申し上げます。」

略儀ながらの使い方例文⑥「略儀ではございますが」のお詫び

トラブル

続いてご紹介する、略儀ながらの使い方例文の6つ目は、「略儀ではございますが」のお詫び文です。「略儀ながら」でもよいですが、お詫びをするときにはより丁寧な言葉を選びたい方もいるでしょう。そこで「略儀ではございますが」を使うと、より丁寧な印象を残すことができます。

お詫びをすることになった事の背景や改善点をまとめ、今後の注意点や心がけをまとめた上で、最後に結びの言葉として「略儀ではございますが、書中にてお詫び申し上げます」と締めます。きちんと手順を踏んで正しい言葉選びをしていれば、相手に失礼な印象を与えずにすむでしょう。

略儀ながらの使い方例文⑦「甚だ略儀ではございますが」のお詫び

スーツ

続いてご紹介する、略儀ながらの使い方例文の7つ目は、「甚だ略儀ではございますが」のお詫び文です。先ほどの「略儀ではございますが」の前に、「甚だ(はなはだ)」をつけると「大変失礼を致しますが」という意味をプラスすることができます。

この言い回しはとても丁寧な言い方なので、直接お詫びに伺わずにメールだけで済ませる場合には使わない方が良いでしょう。手紙で使うのがおすすめです。「甚だ略儀ではございますが、書中にてお詫び申し上げます。」と使います。お詫びの部分を「ご挨拶」「御礼」に変えても使うことができます。

略儀ながらの使い方例文⑧「略儀ながら書中にて」のお悔やみ

お悔やみ

最後にご紹介する、略儀ながらの使い方例文の8つ目は、「略儀ながら書中にて」のお悔やみ文です。お悔やみの文章にも「略儀」は使うことができるので、お手紙を送る際には覚えておきましょう。メールでお悔やみを伝えるときに「略儀」を使うと、失礼な印象を与えることがあるので使わないようにしましょう。

「略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げます。」と最後に添えるか、もっと丁寧な言い回しにする場合には「甚だ略儀ではございますが、書面にてお悔やみ申し上げます。」とします。お悔やみの気持ちが伝わるような心を込めた文章にまとめましょう。

略儀ながらの類語・言い換え表現3選

略儀ながらの類語・言い換え表現①失礼・不躾・非礼・無作法

言い換え

略儀ながらの類語・言い換え表現の1つ目は「失礼・不躾・非礼・無作法」です。「略儀ながら」は本来ならば行いたい礼儀ができていないことを意味しているので、同じように使うことができるのです。使うときには「失礼とは存じますが、まずは書中にてお礼申し上げます。」というように使います。

「失礼」と同じような意味で、「不躾」「非礼」「無作法」も使われ、「不躾ながら、まずはメールにてご挨拶申し上げます」「比例ながら書中をもってお詫び申し上げます」などのように使われます。しかし、ネガティブな漢字が入っているので「略儀ながら」の方が印象が良いと言われています。

略儀ながらの類語・言い換え表現②取り急ぎ書面・メールにて

急ぐ

続いてご紹介する、略儀ながらの類語・言い換え表現の2つ目は、「取り急ぎ」です。「とりあえず」という意味を持ちますので、「略儀ながら」と同じようなニュアンスで使うことができます。使うときは「取り急ぎ、メールにて御礼申し上げます。」と使います。

ただし「略儀ながら」に比べると、少しカジュアルな砕けた印象になりますので、本当に急いでいるときや、関係性がきちんとできている間柄の方に送るのがおすすめです。

略儀ながらの類語・言い換え表現③まずは書面・メールにて

急ぐ

続いてご紹介する、略儀ながらの類語・言い換え表現の3つ目は「まずは」です。「まずは」も「とりあえず」という意味を持ちますので、「略儀ながら」と同じように言い換えることができます。「まずは書面にてご挨拶申し上げます」「まずはメールにてお祝い申し上げます。」というように使うことができます。

「まずは」も「取り急ぎ」と同じようにカジュアルな印象になりますので、使う相手や状況から、使って良いかどうかを判断するのが賢明です。迷ったら「略儀ながら」を使っておくと、間違いありません。

略儀ながらを使うときの注意点3選

略儀ながらを使うときの注意点①締めの言葉として使う

書く

略儀ながらを使うときの注意点の1つ目は、「締めの言葉として使う」ことです。「略儀ながら」は文末に使うのがルールになりますので、そのあとに文章をもってくるのはNGです。たとえば「略儀ながらメールにて御礼申し上げます。ありがとうございます」では、最後の「ありがとうございます」は取らなければいけません。

せっかく「略儀ながら」を使ったとしても、使い方のルールが間違っていると相手に残念な印象を与えてしまいますので、文章の締めの言葉だということを覚えておいてくださいね。

略儀ながらを使うときの注意点②書き言葉のみで使う

話す

略儀ながらを使うときの注意点の2つ目は、「書き言葉のみで使う」ことです。「略儀ながら」は手紙や文書、メール上だけで使う言葉です。直接話しているときは礼儀を省略する必要はないためです。特にビジネスの場では間違った使い方をしないように、気をつけましょう。

略儀ながらを使うときの注意点③丁寧な場では「略儀ではございますが」

会社

略儀ながらを使うときの注意点の3つ目は、丁寧な場では「略儀ではございますが」を使うことがです。「略儀ながら」は目上の方でも、年下の方へも使える便利な表現ですが、目上の方へ送る時や、謝罪をしなければいけない丁寧な場では「略儀ではございますが」を選ぶのが正解です。

お詫びを書面だけで済ませるのは本来はいけませんが、やむを得ない事情がある場合には「甚だ略儀ではございますが」という丁寧な表現を使って、相手への配慮を最大限表現しましょう。

略儀ながらの英語表現は?

略儀ながらの英語表現はない

英語

「略儀ながら」の英語表現は直接的にはないと言われています。日本のビジネスシーンで見られるような相手への配慮を表す言葉が存在しないためです。ただし、英語でも「略儀ながら」を言い換えることができます。

略儀ながらは"gratitude"か"thankyou"で表現する

ありがとう

英語で「略儀ながら」は、"gratitude"か"thank you"で表現しましょう。"gratitude"を使った場合は"I will express my gratitude informality." "I will show gratitude through this letter."

"thank you"を使った場合には"Finally, I would like to thank you for 〜 this letter to you.(まずは略儀ながら書面にて〜のご挨拶を申し上げます" となります。その場にあった表現方法を選ぶとよいでしょう。

略儀ながらを使って手紙やメールを格上げしよう

略儀ながらは、ビジネスシーンやお手紙などで相手への敬意を示すことができる便利なフレーズです。難しいと感じていた人も、幅広いシチュエーションで使うことができるので、ぜひポイントをおきましょう。最後の締めの言葉として使うだけで、手紙やメールが格上げしたような印象に変わります。

ビジネスで使う独特な言い回しは、マナーやルールさえ知っておけば便利に使うことができます。こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 484709755
関連記事 「重ねてお礼申し上げます」ビジネスメールでの使い方&シーン別例文も

「重ねてお礼申し上げます」という言葉の使い方は、メールをはじめとするビ

Small thumb shutterstock 575334511
関連記事 よろしくお伝えくださいの意味・使い方|ビジネスで使用する際の注意点5つ

「よろしくお伝えください」という言葉の意味をご存知ですか?日常の中でも

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。