INDEX

貯金ができない(出来ない)人の特徴は?

貯金ができない(出来ない)人の特徴①年齢的に節約貯金しまくるつもりの人

貯金できない人の特徴一つ目は「年齢的にも貯金したいと思っている人、節約しまくる生活を送っているつもりだけどなぜか貯まらない」という人が多いです。自分が節約しまくる生活をしているとただ思っているだけの人が多いです。

節約をしまくる生活をしていると思っているだけで、実際には全然節約などしていない生活を送っているのです。貯金したいと思っている人も思っているだけが多いです。

貯金ができない(出来ない)人の特徴②貯金できる人より買いたい欲求が多い

貯金ができない(出来ない)人の特徴二つ目は「貯金できる人より買いたい欲求が多い」です。貯金ができない(出来ない)人の特徴は貯金できる人より買いたい欲求が多いというのも特徴の一つです。

物を新しく買ったのにまた新しい物が欲しくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。貯金ができない方の特徴としてこのような新しいものをどんどん購入していくというのがはよく平均して多く見られます。

買うことは悪いことではないですが、買ったものを大切に使ったり、本当に必要なものなのかどうかを見極めるということはものすごく重要になっていきます。買ってみたら、そこまで本当は欲しくなかったということがないように、今必要なものなのか、本当に心から欲しいものなのかを物を買う前に考えてから買うと良いです。

貯金ができない(出来ない)人の特徴③まわりがうらやましく思う

貯金ができない(出来ない)人の特徴三つ目は「貯金できる人よりまわりの人やものがなんでもうらやましく感じてしまう」というのが多く見られます。これも貯金出来ない人のあるあるでもあります。節約しようと思っていても、誰かが良いバッグを持っていたり、洋服などがあるとついつい買ってしまうことはないでしょうか。

自分も新しい物を購入したのに、何か欲求が満たされないような感じがある方は要注意が必要です。見た目だけで判断したり、目の前にあるものだけで判断しないように注意しましょう。節約したい、貯金をしたいのであれば、広い視野をもつ練習が必要になります。周囲に流されない自分の価値観というものを作りましょう。

貯金ができる人の特徴は?

貯金ができる人の特徴①平均して家族の幸せを考えて貯金している人が多い

貯金できる人の特徴一つ目は「家族の幸せを考えて貯金している人が多い」です。貯金できる人の特徴として、なぜ貯金するのかを明確にしている人が平均して多くいらっしゃいます。子供や夫などの家族の幸せを考えて、いくら必要なのか、何をするためにどのくらいのお金が必要なのかということが明確な人が多いです。

そのため、貯金できない人の特徴としては、何をどれだけ貯めたらいいのか明確ではない方が多く見られます。目的や今どのくらい必要なのかきちんと把握していないと、いつまでも節約出来ないということにつながっていってしまいます。

貯金ができる人の特徴②自分の価値観をしっかりともっている

貯金できる人の特徴2つ目は「自分の価値観をしっかりともっている」です。貯金できる人の特徴として、自分は何にときめくのか、何が好きなのかなど、自分なりの価値観というものをしっかりともっている人が多いです。そのため、買うものでも今流行りだから買っておこうというのではなくて、自分がときめくかで買うのです。

貯金ができる人の特徴③他人と比べず自分の軸を大切にしている

貯金できる人の特徴3つ目は「他人と比べず自分の軸を大切にしている」です。貯金ができる人の特徴の一つとして、他人と比べず、自分の好きなことにお金を使う人が多く見られます。自分の好きなことを明確にして、それだけにお金を使うようにすることで、自然とお金も貯まってくるものです。

他人が良いと思っているから、または行きたくもないけど誘われたから外食に行くなども自分の本心ではないものにお金を使っていると、どんどんお金は貯まらなくなる一方です。年齢を重ねるにつれてブレない自分の基本軸を持つようにするのも貯金ができる人になるポイントでもあります。

貯金ができない(出来ない)人におすすめの貯金方法は?

貯金ができない人におすすめの方法①何の目的で貯金したいのかを明確にする

貯金ができない人におすすめの方法まず一つ目は「何の目的で貯金したいのかを明確にする」です。自分は何で貯金したいのか、節約しなくてはいけないのか目的を明確にすることで、行動もしやすく、貯金もしやすくなります。子供の養育費の為なのか、旅行に行くためなのか、美容に使いたいのかなどを決めるのです。

そして、その目的を達成するためにはどのくらいのお金が必要なのかを目標貯金額を出します。そこから、毎月入ってくるお金や出ていくお金などを計算していくのですが、なんとなくお金を貯めておかないとという気持ちだけでは貯金は出来ません。貯金する目的がわくわくする事だったりときめくものであるかも重要になります。

節約しまくる生活をなぜするのか、ご自身が貯金する目的は何なのか、果たしてそれは本当に達成したいものなのかをよく考えて、貯金をするのであればまずはじめに目的をはっきりとさせちゃいましょう。

貯金ができない人におすすめの方法②支出と収入を理解する必要がある

貯金ができない人におすすめの方法二つ目は「支出と収入を理解する」です。これを以外にもなんとなく把握している方も平均して多くいらっしゃいます。毎月どのくらいの収入があって、どのくらい出ていくのか、いくら毎月貯金することとができるのかを明確に把握するのです。

そうすることで、節約しまくる生活を送らなくてはいけないと思っていたのが、意外にも少し余裕があるなどという事が分かったりしてくるのです。毎月自分のご褒美にこれだけ使えるから、後は貯金に回そうなどの数字を明確にすることが、貯金できる人へとつながっていくのです。

少ない給料でもどうやって生活していくのかを考えるのも大切になります。下の記事では手取りが少ない生活などについて詳しく記載されておりますので、下の記事も参考にされてみてください。節約しまくる生活も以外に楽しいかもしれません。

Small thumb shutterstock 237930475
関連記事 実家住み・一人暮らしの手取り13万の給料の内訳は?家賃/貯金

仕事を始めたばかりだと、給料の手取り13万円で生活しなければいけないこ

貯金ができない人におすすめの方法③食べ物や物に感謝する

貯金ができない人におすすめの方法三つ目は「食べ物や物に感謝する」です。貯金できない特徴の一つとして、食べ物やお金や物などにあまり感謝の気持ちをもたない方が多いです。食べるものや普通に今の生活をしていることや行動があたりまえという風に感じているため、食べ物を食べても流すように食べてしまう人も多いです。

買いたいものも、本能のごとく何も考えずに買いたいときにすぐ買ってしまったりして、あとから買っても実際使わなかったなんてこともあるという方は多いのではないでしょうか。しかし、そんな生活はあたりまえではなく、もっと食べるものや持っているものに感謝の気持ちをもつべきなのです。

節約生活をすると、この気持ちが良くわかってくるのでぜひ節約生活を行ってみることもおすすめです。感謝の気持ちをもって生活をすることで、自然とお金も増えていきます。そして、無駄なものも買わなくなり、必要なもの必要じゃないものなどがちゃんとわかっていきます。ぜひ感謝の気持ちをもって生活してみましょう。

貯金ができない(出来ない)人におすすめのアプリは?

貯金ができない(出来ない)人におすすめのアプリ①マネーフォワード

貯金ができない(出来ない)人におすすめのアプリ一つ目は「マネーフォワード(MoneyForward)というアプリです。このアプリの特徴としては、家計が改善できる自動家計簿になっているのと、グラフ化されて節約ポイントがひと目でわかるというのが特徴になっております。

レシートを撮影するだけで、内容が自動転送されて、いちいち手で打つひまもなくなりとても便利です。GooglePlay「ベストオブ2016」を受賞した王道のアプリでもありますので、貯金や節約アプリが初めての方でも信頼があり、使いやすいのではないかと思います。ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

貯金ができない(出来ない)人におすすめのアプリ②おカネレコ

貯金ができない(出来ない)人におすすめのアプリ二つ目は「おカネレコ」です。こちらのおケネレコというアプリは400万ダウンロードを更新しているアプリとなっており、個人情報流出等が不安な方向けのアプリとなっております。貯金アプリなどは、ご自身のクレジットカードや口座の詳細を登録して行うものが多いです。

携帯で登録するとなると、個人情報がもし漏れた場合が心配という方も多く、そんな方はこちらのアプリを使うことをおすすめ致します。メールアドレスの登録も、銀行やクレジットカードなどの登録も一切不要なのです。しかし、その代わりに全て手入力となるアプリではありますが、安心してお金の管理ができるアプリです。

また、操作事体もシンプルでやりやすいというのも人気の一つで、収入を登録しておくと収支バランスをなんと自動計算してくれるというのです。安心して、貯金アプリを使いたい方はぜひおすすめです。

貯金できない人から出来る人へ・上手に節約ある生活を!貯金をしてみよう!

貯金できない人、貯金できる人の特徴や貯金をするコツなどについて詳しくみていきましたがいかがでしたでしょうか。貯金をすることは、自分にとっても財産になりますし、また自分の夢を叶える一歩にもなります。節約生活もきついイメージはありますが、実際やってみると意外にも楽しく、自分の必要なものが分かってきます。

節約生活や貯金を貯める生活をすることで、日々の暮らしに感謝できるようになったり、物を大切に使うようになったり、お金を大切に使ったりできるようになります。日々の暮らしが丁寧になるなど節約生活をすることで、学ぶことや自分に+になることがたくさんあるでしょう。この機会にぜひ貯金できる人になってみましょう。

貯金できる人になれば、普通に生活しているだけでストレスなく勝手に貯まっていくような人にもなれます。下の記事では一年で500万貯金を貯める方法などについて記載されておりますので、こちらも合わせてご覧ください。生活を見直せば、必ずお金は貯まります。少ないお給料でも溜まりますのでぜひ貯金をしてみましょう。

Small thumb shutterstock 597213389
関連記事 一年で500万貯金を貯める方法8選!400万、300万貯める方法は?

今回は、一年で500万貯金を貯める方法をご紹介します!貯金が苦手という

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。