INDEX

大学生の平均貯金額は?貯金しにくい理由は?

大学生の平均貯金額は10万円未満

大学生の貯金の統計を取ると、平均貯金額は10万円未満が全体の半分以上を占めます。大学入学で親元を離れ仕送りだけで過ごしている人は、貯蓄までまわすお金が無い人も多いのではないでしょうか。アルバイト代だけで生活をしている人もいると思います。貯蓄をしたくてもそこまで回らないでしょう。

サークルや友人との付き合いで出費も多いでしょう。しかしちょっと考え方を変えるだけで出費を減らすこともできます。アルバイト代の1割でも貯蓄に回すことで貯金が0は避けられます。

大学生の平均貯金額が50万円以上の割合

半数以上の大学生の貯蓄が10万円未満の中、大学生の貯金が50万円以上あるは全体の3割ほどいるのも確かなことです。50万円以上貯めている人はどのように貯蓄しているのでしょう。

アルバイトの掛け持ちや時給のいいアルバイト、起業していたり投資で儲けいている場合もあります。目標に向かっての節約は一番の貯蓄術です。

大学生の貯金しにくい理由は生活費

大学生が貯金しにくい理由は生活費で出費が多くなっています。初めての一人暮らしで収支のバランスが分からず、食費にお金を使いすぎたり、新しい友人との付き合いやサークルの参加などでお金に羽が生えたよう飛んでいき出費がかさみます。

最初のうちは慣れないと思いますが、家計簿をつけることで「無駄な出費」を見つけることができます。外食を自炊に切り替えるだけでも出費は抑えられ、料理の腕前も上がるので一石二鳥です。家計簿アプリや手帳に収支をちょっと書くだけでも違いますよ。

大学生の貯金しにくい理由は学費

大学生の貯金しにくい理由は学費の支払いがあります。親が払ってくれている場合を除くと、奨学金を借りて進学しているケースが増えてきています。授業料以外にも、交通費、教科書代、実習や研修などでお金がかかります。

奨学金はいずれは返していくものです。大学在学中に貯金をできるだけしておくべきです。卒業後、就職して万が一辞めることになっても奨学金の返済は待ってくれません。

大学生のうちは将来のお金の事まで考えたくはないと思いますが、ちょっと先を見据えて考えるだけでもお金の使い方を改めるきっかけになるでしょう。

大学生が貯金する方法10選

大学生が貯金する方法①時給の高いバイトを選ぶ

バイト

大学生が貯金する方法の1個目は時給の高いバイトを選ぶことです。入ってくるお金をできるだけ増やします。時給1000円と時給900円では1日3時間働いたら300円の差が出ます。1ヵ月20日働くとしたら6000円の差です。同じような作業で時給に違いがあるなら時給の高いバイトを選びましょう。

大学生が貯金する方法②先取り貯金

大学生が貯金する方法の2個目は先取り貯金をすることです。簡単に始められる方法で、まずバイト代が入ったら貯金する金額を別の口座に入金することです。生活費と分けることで分かりやすく貯めやすくなります。

大学生が貯金する方法③貯金専用口座をつくる

大学生が貯金する方法の3個目は貯金専用口座をつくることです。貯金専用口座は自動積み立ての手続きや、ネット銀行などの金利のいい銀行などへの振替手続きをすると指定日に自動で引落としがあるので入金忘れがなくて便利です。

大学生が貯金する方法④目標を決める

大学生が貯金する方法の4個目は目標を決めることです。例えば卒業旅行するために「何年の何月までに50万円貯める」といった明確な金額を決めておきます。ただなんとなく貯めているだけだと、他に欲しいものが見つかると使ってしまう可能性があります。

大学生が貯金する方法⑤臨時収入は別で考える

臨時収入

大学生が貯金する方法5個目は臨時収入は別で考えることです。身内からもらったお年玉などの臨時収入は無かったことにして貯蓄に回しましょう。

大学生が貯金する方法⑥スマホ代を見直す

大学生が貯金する方法6個目はスマホ代を見直すことです。今は格安スマホが出て選択肢が広がり、自分にあったプランを選ぶことができます。2千円以下に収まることもあるので月々5千円以上払っている人は見直すべきです。

大学生が貯金する方法⑦食費の節約

大学生が貯金する方法の7個目は食費の節約です。一人暮らしには便利なコンビニも、毎日利用するとかなりの額になります。サークルなどのお付き合いがあるたびに参加すると1回3千円として月5回あったら1万5千円の出費です。食費節約レシピを紹介した記事もあるので読んでくださいね。

大学生が貯金する方法⑧ATMの利用は月1回

大学生が貯金する方法の8個目はATMの利用を月1回に決めることです。給料日や仕送りしてもらった日以外は引き出しをしないようにします。お金が入った日に貯金するお金を別口座へ移動させ、後は予算を立てた日常の生活費を下ろしましょう。

ATMも24時間便利に使えるようになっていますが、時間外手数料を取られる場合があります。金利がつかないのに時間外手数料で100円以上取られたら、貯金をしている意味がありませんよね。

大学生が貯金する方法⑨投資をする

大学生が貯金する方法の9個目は投資をすることです。投資は100%儲かるわけではないですが、投資をすることで経済の流れの勉強になります。貯金を全額回すのではなく、今ある貯金の1/3から半分を投資にまわしてみるのも考えてみましょう。

投資商品はいろいろありますが、毎月積み立てるタイプの金融商品があります。定期預金以外にも金融資産を貯める口座を持っておくのはいかがでしょうか。

大学生が貯金する方法⑩不用品は売る

大学生が貯金する方法の10個目は不用品は売ることです。一人暮らしや実家暮らしでも1年ほど使ってない物があるはずです。そういったものは迷わず売ってみましょう。フリマショップに持っていくのが面倒でも今はスマホで簡単に不用品を売れる時代です。

着なくなった洋服や、集めていた漫画など売れるものはたくさんです。自分ではゴミとしか思わない物でも高く売れる場合があるので思い切って処分しましょう。

貯金したい大学生におすすめのアルバイトは?

貯金したい大学生におすすめのアルバイト①塾講師

貯金したい大学生におすすめのアルバイトの1つ目は塾講師です。時給は勤務場所で変わって来ますが千円から2千円弱くらいであり、教えることが好きな人や教育関係に進みたい人にはとっておきのバイトではないでしょうか。

貯金したい大学生におすすめのアルバイト②家庭教師

貯金したい大学生におすすめのアルバイトの2つ目は家庭教師のアルバイトです。塾講師の時給よりは若干あがり平均2千円前後です。しかし評判の良い先生のなると時給が一気に跳ね上がることもあるようです。時給5千円も夢ではないかもしれません。

貯金したい大学生におすすめのアルバイト③在宅ワーク

貯金したい大学生におすすめのアルバイトの3つ目は在宅ワークです。アルバイトの掛け持ちをしたいが時間が無い人向けです。簡単なものでアンケートモニターや、ショッピングモニター、書くことが好きであればライティングなどたくさんの在宅ワークがあります。

自分でブログを書いて広告収入を得る方法もあり、SNSを十分に活用して収入を得ることができます。アンケートモニターなどは移動の時間などに活用できるの、通学や休憩時間に利用するといいでしょう。

大学生ができる貯蓄術

大学生ができる貯蓄術のコツ①1年で10万円貯める

大学生ができる貯蓄術のコツの1つ目は1年で10万円貯めることを目標にします。1ヵ月9千円弱を目標に貯めれば1年間で10万円は貯金できます。就職活動などでアルバイトができなくても3年間続ければ30万円です。

目に見えて分かりやすい10万円貯まる貯金箱で500円玉貯金をするのもいいですね。重くなるにつれて貯金している実感が湧くのではないでしょうか。

大学生ができる貯蓄術のコツ②1年で30万円貯める

大学生ができる貯蓄術のコツ2つ目は1年で30万円貯めることです。1年で貯めるとなると毎月2.5万円を貯金することになります。大学生のバイト代平均が3万円前後なのでバイト代をそのまま貯金です。

スマホなどの通信費の見直しや食費を削ると貯金に回せます。しかし大学生の本分は勉強なので、無理をせず2年間でもう少し上の50万円貯める目標を立てるのもいいでしょう。

大学生ができる貯蓄術のコツ③4年で100万円貯める

大学生ができる貯蓄術のコツ3つ目は4年で100万円貯めることです。1年間で25万、1ヵ月ににすると2から3万円貯めることになります。長期スパンなので貯まりやすいのではないでしょうか。

貯金したお金を自己投資に使うメリットは?

貯金したお金を自己投資に使うメリット①自分の将来のために貯める

将来

貯金したお金を自己投資に使うメリットの1つ目は自分の将来のために貯めることです。漠然と将来のためといわれても難しいかもしれませんが、家族や、自分自身が病気になることもあります。遠方の学校であれば帰省するのにもお金はかかります。

取りたい資格のために学校へ通うかもしれません。いつ何があっても動じないお金があることは強みです。学生のうちは貯金をするメリットを感じることは少ないと思いますが、今かお金を貯める「貯め癖」をつけておくのは大変大事なことです。

貯金したお金を自己投資に使うメリット②お金に働いてもらう仕組みを作る

運用

貯金したお金を自己投資に使うメリットの2つ目はお金に働いてもらう仕組みを作ることです。お金に働いてもらうことは「投資」です。投資することは社会の仕組みを理解することにつながり、お金の流れや税金の勉強になります。

学生のうちから「投資」するメリットやデメリットを勉強することは、これからの生活の強みになります。万が一病気で働けなくなった時に、他から収入が入る仕組みを作っておくと安心できます。

大学生でも貯金は出きる!貯めるコツを勉強し目標を持って貯金をしよう!

大学生が出きる貯蓄術やバイトの選び方を紹介しました。学生生活を楽しむのもいいですが、卒業時に貯金が0円では無いよう目標の金額を決めて貯金をしてみましょう。貯蓄術のコツさえつかめば簡単ですよ。一人暮らしの貯金方法の記事もぜひ参考にしてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。