INDEX

いただけますといただきますの違いは?

いただけますといただきますの違い①いただけますは「できる」が追加される

画面を見る人

いただけますといただきますの違いの1つ目は、いただけますは言葉の意味に「できる」が追加されるということです。いただけますはいただきますとは違い、することができる、という意味合いが強い言葉です。できます、と言うよりも、いただけます、と言うことで、不躾な印象になるのを防ぐことができるでしょう。

いただけますといただきますは、1字しか違いがありませんが、どちらを使うかで意味はかなり異なってきます。相手に話す時はいただけます、という言葉を優先的に選ぶようにしたりと、場面場面に合わせて使い分けていくことが大切になってくるでしょう。

いただけますといただきますの違い②いただきますは言い切る形になる

スーツの人

いただけますといただきますの違いの2つ目は、いただきますは言い切る形になるということです。いただきます、と言い切ると、より事実をはっきりと伝えやすくなります。そのためいただけます、という言葉とは違い、自分の意見を伝えたいときや自分の言葉をしっかりと聞いてほしい時などに使うと良いでしょう。

いただきます、という言葉を使うことで、何かをします、と話すよりも責任感のありそうな印象を与えやすくなります。口語ではついつい言葉が緩みがちになってしまう方もいるでしょう。しかし、いただきます、というようにやや堅い印象の言葉も用いれば、フォーマルな場でも印象を良くすることができます。

いただけますといただきますの違い③いただけますは柔らかい印象になる

仕事場の女性

いただけますといただきますの違いの3つ目は、いただけますは柔らかい印象になるということです。丁寧に接するべき相手にいただけます、という言葉を使って呼びかけると、柔らかく選択肢を与えるような印象になります。そのため、顧客に対してはいただけますを使った方が、失礼のない言い方になるでしょう。

いただけますはいただきますとは違い、より丁寧な印象を与えることができる言葉遣いです。あえてできる、という意味を加えて表現をやや遠回しにすることで、より相手との距離感を弁えたような態度を演出しやすくなるでしょう。

いただけますといただきますの違い④いただきますは強制される印象になる

メガネの男性

いただけますといただきますの違いの4つ目は、いただきますは強制される印象になるということです。いただきます、というように相手に伝え何らかの行動を促すと、相手にははっきりと伝わりすぎて、そのようにしなければいけない、と言っているようなイメージを与えてしまいます。

丁寧な言葉である分、相手は圧力を感じてしまうこともあるでしょう。サービスを受ける側である顧客からすると嫌な印象を受けてしまいます。そのため、いただきますはいただけますとは違い、相手に何かしてほしいと感じている時には使うことを避けたほうが良い表現になっています。

いただけますといただきますの使い方と例文は?

いただけますといただきますの使い方と例文①お選びいただけます

会議する人々

いただけますといただきますの使い方と例文の1つ目は、お選びいただけます、という言い回しです。複数の選択肢を相手に対してやんわりと示すときに、このような種類からお選びいただけます、と表現できます。似た表現にはお選び下さい、というものがありますが、こちらはよりはっきりとした意味合いになるでしょう。

そのため、お選び下さい、と伝えると、人によってはやや強制されているような印象を受けることもあります。お選びいただけます、と述べたほうが、どのような相手にも礼儀を弁えている印象を与えやすくなるでしょう。

いただけますといただきますの使い方と例文②ご覧になっていただけますか

並べられた書類

いただけますといただきますの使い方と例文の2つ目は、ご覧になっていただけますか、という言葉遣いです。パンフレットを渡して閲覧するように求めたり、商品の計画などの文書をページ指定して開いてほしい時などに使える表現です。

ご覧になる、という尊敬語にいただく、という謙譲語が合わさっているため、とても丁寧な表現になります。また、こちらの表現をより短くまとめ、ご覧いただけますか、というような表現もできます。文章が長くなりすぎてしまうのを避けたい時や、より簡潔に物事を伝えたい時に使うと良いでしょう。

いただけますといただきますの使い方と例文③ご確認いただけますか

ビジネスのパソコン

いただけますといただきますの使い方と例文の3つ目は、ご確認いただけますか、という表現です。何か相手側に不備があって再度チェックしてもらいたい時や、自分が送ったメールや情報を把握してほしい時などに使えるでしょう。確認して下さい、と伝えるよりも丁寧な言い方になるため、嫌な印象を与えづらくなります。

確認していただけますか、というような表現もありますが、「確認して」を「ご確認」に直した方がよりマナーを押さえた言い回しになるでしょう。特により改まった態度を取らなくてはいけない相手に対しては、丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

いただけますといただきますの使い方と例文④発言させていただきます

提案する人

いただけますといただきますの使い方と例文の4つ目は発言させていただきますという言い回しです。より具体的な例文としては、私から発言させていただきます、というように述べる場合もあるでしょう。自分がさせていただく、というように伝えることで相手に対する敬意と自分の謙虚な態度を強調しやすくなります。

また、失礼ながら発言させていただきます、と伝えてから話し始めると、相手の話に対してすぐに返答する場合にも使いやすい表現となるでしょう。相手の話を遮ってしまうのは失礼にあたるため、相手の話を聞き終わった後にこのような表現を使って話し始めると良いでしょう。

またさせていただくという言葉遣いをする時には、注意するべき点がいくつかあります。こちらの記事では、させていただくという言葉の正しい使い方や使っても良い場面などについて紹介しています。会話だけではなくメールの文面でも使える例文についても説明されているので言葉遣いに興味がある方はぜひご覧になって下さい。

Small thumb shutterstock 503377519
関連記事 「させていただく」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

敬語ってむずかしい!「させていただく」の使い方ってこれで合ってる?意味

いただけますといただきますの使い方と例文⑤賞状をいただきました

リボン付きの筒

いただけますといただきますの使い方と例文の5つ目は、賞状をいただきましたという言葉遣いです。誰かから何かをもらったということをより丁寧に話したい時は、いただきました、というように過去形にして表現すると良いでしょう。「賞状」の部分を「お食事」や「お礼の品」などに変更することもできます。

また、いただきました、という言葉の後ろに名詞を持ってきて、いただきましたメールについてですが、というように表現することもできるでしょう。自分に送られてきたメールに対して質問を送ったり返信する場合に使うことができます。

いただけますといただきますの使い方と例文⑥おやめいただけませんか

手を突き出す人

いただけますといただきますの使い方と例文の6つ目は、おやめいただけませんか、という表現です。いただけます、という言葉は基本的には相手を敬い肯定するような気持ちで使うことが多いです。しかし、そういったことはおやめいただけませんか、というように相手の行動を拒否したり止めたい時に使える言い回しもあります。

やめて下さい、と伝えると直接的な表現になりすぎてしまうのを避けたい時には、おやめいただけませんか、というように静かに伝えると良いでしょう。柔らかい表現にはなりますが、丁寧な言い回しである分相手にしっかりと釘を刺すことができます。

いただけますの間違った使い方は?二重敬語がNGな理由は?

いただけますの間違った使い方①でしょうかを使ったいただけますでしょうか

額を押さえる人

いただけますの間違った使い方の1つ目は、でしょうかを使ったいただけますでしょうか、という言い回しです。具体的に間違っている部分を挙げると、いただけますに含まれている「ます」という丁寧語と、でしょうかに含まれている「です」という丁寧語が重複してしまい、二重敬語になってしまっている点です。

でしょうか、という言葉遣いはとても丁寧な印象を受ける言い回しではありますが、すでに文脈に丁寧語がある場合は使えないため、注意が必要です。この場合は、いただけますでしょうかではなくいただけますかに言い換えると良いでしょう。

また、いただけますでしょうか、といった言葉遣いと似たものには、いただけないでしょうかのような表現もあります。こちらの記事では、いただけないでしょうかの具体的な使い方や例文、英語での言い換えなどを紹介しています。使いやすく正しい言葉遣いについて知りたい方はぜひチェックしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 357964967
関連記事 敬語のいただけないでしょうかの使い方は?頂けないでしょうかとの違いも

「いただけないでしょうか」という言葉は社会人には欠かせない言葉です。こ

いただけますの間違った使い方②いただけますようお願いいたします

仲の悪い2人

いただけますの間違った使い方の2つ目は、いただけますようお願いいたしますという言い方です。いただきますよう、というように表現することはあるでしょう。しかし、いただけますよう、と使ってしまうと、回りくどいだけでなく違和感を与えるような言葉遣いをする人だ、という印象を抱かれてしまいがちです。

そのため、同じような表現で丁寧な印象にしたい時には下さいますようお願いいたします、というような言い回しを選ぶようにすると良いでしょう。

二重敬語がNGな理由①敬語を過剰にしてしまうと嫌味だと受け取られがち

偉そうな人

二重敬語がNGな理由の1つ目は、敬語を過剰にしてしまうと嫌味だと受け取られがちであるということです。敬語は、適した形で使えば相手に対して敬意を表することができます。しかし、過剰に複数重ねて使ってしまうと、大げさな態度だと思われやすくなり、あえてそのようにしているのではないかと疑われやすくなります。

そのため、敬語は尊敬語が2つ重なったり、丁寧語が2つ使われていたり、謙譲語を使いすぎたりしすぎないように注意が必要です。

二重敬語がNGな理由②敬語を正しく扱えるよう注意しないと信用が落ちる

グラフと人

二重敬語がNGな理由の2つ目は、敬語を正しく扱えるよう注意しないと信用が落ちることです。敬語を正しく扱うことができている人と、敬語に誤りがあっていつも直していない人では、前者の方が、仕事やマナーに対して丁寧な態度であるような印象を与えやすいでしょう。

特に仕事の取引先に対するメールなどでは、相手の信頼を得るためにも、敬語を正しく扱えているかどうか、読んでみて変な印象を受けたりわかりにくい文になっていないか確認することが大切になってきます。

いただけますと頂けますの違いは?正しいのは?

いただけますと頂けますの違いはもらうの謙譲語としてしか使えないかどうか

ネットで検索する人

いただけますと頂けますの違いは、もらうの謙譲語としてしか使えないかどうかです。ひらがなで表記するいただけますは、もらうの謙譲語以外にも「お選び」などと結びついて使うことができます。

しかし、頂けます、というように漢字で表記する場合もらうの謙譲語としてしか使えないため、間違った使い方をしないように注意が必要です。パソコンなどで文字を打っていると、いただけますまで漢字に変換されてしまうことがあるため、読み返して不備がないか確認してみましょう。

いただけますも頂けますも正しいのは物をもらう時

お金をもらう手

いただけますも頂けますも正しいのは物をもらう時です。物をもらったことを自分の位を下げて表現したい場合は、ひらがなでも、漢字でも、もらうの謙譲語のように使って表現することができます。頂けますのように漢字に変換するとより厳格で生真面目な印象の文章になるでしょう。

また、いただけます、とひらがなで書けば柔らかい印象になります。どちらにするか迷った時には、文章を見直して漢字が多めならいただけますを、漢字が少なめなら頂けますをチョイスするようにすると見た目のバランスが良くなるでしょう。

いただけますだけが正しいのは動詞の語尾を「して」と活用して使う時

頭を抱える人

いただけますだけが正しいのは動詞を「して」と活用して使う時です。例えば、「連絡する」の語尾を「して」と活用させれば、ご連絡していただけますか、というように表現することができます。頂けますを使いたい時には、連絡を頂けますか、というように何かをもらう形の文に直すようにしましょう。

もしいただけますが正しいのか頂けますが正しいのかわからなくなってしまって迷っている時間が惜しい時には、いただけます、というようになるべくひらがなで表記するように意識するのも良いでしょう。

いただけますの類語は?

いただけますの類語①いただいても構いません

会社の人々

いただけますの類語の1つ目は、いただいても構いませんという言葉です。構いません、という丁寧語を使うことでより丁寧な印象を与えることができます。目上の方に使うとやや失礼な印象にあたるのでは、と気になった場合は、いただいても差し支えありませんというように表現するようにしましょう。

また疑問形で相手に聞く時には、いただいても構いませんか、と表現したりいただいてよろしいでしょうか、というような言葉遣いにすると良いでしょう。

いただけますの類語②くださいます

会議のチーム

いただけますの類語の2つ目は、くださいますという言葉です。特にいただけますか、というように相手に尋ねたい場合は、代わりにこちらの類語を使いやすいでしょう。くださいますか、と言うとよりはっきりと相手に真意を伝えやすくなります。

またください、という言葉は気軽に使いやすいため、そこから派生した形であるくださいますという言葉もより直感的に使いやすいです。いただけます、という言葉では回りくどいような印象を受けたら、くださいますに置き換えてみると良いでしょう。

いただけますの正しい使い方を習得しよう

いただけます、という言葉の正しい使い方を習得しましょう。色々な言葉に結びついて使いやすいいただけます、という言葉は、使う頻度が高い分使い方を間違える方が多い言葉でもあります。正しい使い方を身につけることで、ビジネスの場で扱うメールの文面や目上の方に対しても失礼がないようにすることができるでしょう。

いただけますでしょうか、というように一見自然に見える表現でも敬語としては正しくないものもあります。普段自分が使っている敬語で間違っているものがないか、また認識があやふやになっているものがないか確認して、正しい敬語を使っていきましょう。

また、いただけますやいただきますのように正しい使い方の判断が難しい言葉には色々なものがあります。こちらの記事では、ややカジュアルに聞こえやすい言葉が正しい使い方なのか、適した敬語や言い換えの表現について紹介しています。より場の雰囲気にふさわしい敬語を使えるようになりたい方はぜひご覧になって下さい。

Small thumb shutterstock 513839743
関連記事 気に入っていただけて嬉しいですは正しい?敬語/謙譲語/丁寧語/言い換え

気に入っていただけて嬉しいですという尊敬語、謙譲語、丁寧語を使った表現

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。